秘書室

TEL:03-3871-8265

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2021.5.20
秘書室

えれな
20才 T168.B90(F).W57.H87

えれなの体験記事|秘書室 吉原高級店ソープ

2021.05.20
Fカップの美巨乳でスタイル抜群の美人秘書!超ミニスカ&パンスト姿のセクシー秘書!【tokyotokyotokyo記者の体験投稿・口コミ情報】


 体験記者名
『tokyotokyotokyo』記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<高級店>秘書室 120分コース

 遊んだ時期
・2021年5月

 総評 ※記者の印象です。


・ビジュアル
 ★★★★★

・プロポーション
 ★★★★★

・接客態度
 ★★★★

・感度
 ★★★★

・攻め
 ★★★

・コスパ
 ★★


 受付から女の子に会うまで
27弾の入浴料無料券ありがとうございます。早速、利用してきました。
入浴料無料券の利用期間が待ちきれずGW中から悶々と過ごしていました。利用期間の初日に我慢できずに早速お店に電話しました。非常に丁寧な電話対応から直ぐに日暮里駅に向かいます。日暮里駅に到着すると既に送迎車が待機しています。名前を告げ送迎車に乗り込みます。同志はいなく、直ぐの出発です。静かな丁寧な運転のもと、程なくしてお店に到着です。

靴を脱ぎ、待合室に通されます。無人ですね。スタッフに飲み物を尋ねられトマトジュースを依頼します。トマトジュースが運ばれてきますが、それ以外のことがまだ何も起きません。なんとなく余裕を感じます。トマトジュースを一口、二口飲んで落ち着いた頃に別のスタッフが2枚の写真を持って待合室に入ってきます。
「直ぐに対応できるのは、この2名です。如何でしょうか?10時、12時、14時というタイミングですとご案内できる人数が増えるのですが、如何ですか?」
13時頃にお店に到着していたので仕方ないかぁ、でも好みじゃないなぁと思いながら、
「では、1時間待ったら別の素敵な女性も紹介してもらえますか?」と、尋ねます。
「もちろんです!少々お待ちください。」と、待合室を出て新たに4枚の写真を持ってきてくれました。
電車の中でホームページをチェックした際に出勤している姫様たちの中で気になっていた2人の姫様たちも4枚の写真の中に含まれています。スタッフにその2人の姫様の情報を細かく尋ねます。2人のうちの「えれな」さんのほうがかなりスタイルも良いとのこと。さらに美人で人気もあるとのこと。心の中で「おおお!」と叫びながらえれなさんを選択です。

残りの料金を支払い、昼食を食べるために外出です。近所のお蕎麦屋さんを紹介してもらい、昼食後街をプラプラです。平日の真昼間に更にコロナ過の中この街を徘徊する輩は全くいないので、ほぼ全てのお店のスタッフに声を掛けられてしまいました(笑)

お店に戻り、待合室でお茶を飲みながらまったりしていると同志が3名やってきました。人気ですね。同志が1人呼ばれた後にお呼びです。

 女の子の第一印象
待合室を出ると階段下でえれなさんとご対面です。スタイル抜群の美人さんです!超ミニスカから美脚がのぞきます。そそられます。
「こんにちは!お部屋は2階になります。」
と、明るく満面の笑みでご挨拶です。えれなさんの案内で部屋に向かいます。

 プレイ内容
部屋に入ると改めて三つ指ついて、
「えれなです。本日はよろしくお願いします。」
と、丁寧な挨拶です。

「おみ足、こちらにどうぞ」
と、太腿の上に足を誘い靴下を脱がしてくれます。
「黒パンストがそそられるね~」
「パンストをリクエストしてもらえると嬉しいんです。ガーターはいろいろめんどくさくて」
と事前にガーターではなくパンストをリクエストして正解です。
フルアシストでの脱衣の開始です。リーバイス501もすんなり脱がせてくれます。腰のタオル一枚になったところで、えれなさんは自身でスーツを脱いでいきます。黒パンストから透ける白い肌が更にムスコに元気を与えてくれます。
「パンストどうしますか?脱ぎますか?このまましますか?」
ちょっと迷いましたが、全部脱いでもらうことにしました。
ブラを外すと素晴らしく綺麗なバストが現れます。Bチクがツンと上を向いています。色白にピンクのBチクです。外国人のグラビアみたいな美乳です。スタイル抜群です。
Tバックを脱がすと処理途中のヘアが現れます。それも結構エロいです。
全裸になったえれなさんを抱き寄せDKしながら、美乳を揉みしだきます。張りがあります。プリンプリンです。事前に肌が弱くてBチクが敏感なのでBチクを集中的に攻められると痛くなっちゃうからお手柔らかにお願いと言われていたので、Bチクはそっと触る程度にしますが、直ぐにBチクがコリコリになっていきます。
「う~ん、うっ、あ、あ、あああん」
えれなさんの口から喘ぎ声が漏れ始めます。
「おっぱい好きですかぁ?ううん」
「うん、美乳が好き!」
「うふふ、ああん」
DKしながら、右手で左の乳房を揉みしだきながら、左手をえれなさんの背中に回し、Bッドにゆっくりと押し倒します。
私の唇は、えれなさんの口を離れます。私の舌は首筋、鎖骨、美乳と這いずり回ります。えれなさんのBチクをそっと口に含みます。
「ああああん」
えれなさんの喘ぎ声が一段と大きくなります。暫くBチクをそっと舌で転がした後、更に私の舌はえれなさんの身体を下がって行きます。
舌がえれなさん自身に近づくと、
「栗、ちいさいんでしゅ」
と、自己申告です。
その言葉を聞いて、じっとみるとほんとに小さくて、
「ちっちゃくて、可愛いよ」
と、舌を栗に這わせます。
「ああああん!あん!うっ!ああああん!」
喘ぎ声を聞きながら、舌で栗を嬲ります。
「ああああん!気持ちいい~!逝きそう!逝きそう!逝く~!」
かまわず、舌で栗を嬲ります。
「おっぱいも揉んでください!ああああん!ああああん!」
舌を栗に這わせたまま、美乳を揉みしだきます。
「また!また!また!逝く!逝く!逝く!」
えれなさん自身を舌に押し付けるように身体をのけぞらせます。
「ああああん!ああああん!逝く~!」
と、連続2回逝きです。
そっと、右の中指をえれなさん自身に入れて○スポットを刺激しながら、栗を舌で舐めまわします。
「あああああああ!あっ!あっ!また~!」
ガクンとしたところで、ムスコをそのままえれなさん自身に近づけます。正○位でゆっくりムスコを進めます。えれなさん自身がぐっしょりしているのですんなりムスコが進んでいきます。えれなさん自身がグニュグニュします。
私はDKし、舌を絡めながら、えれなさんを抱きしめ、腰を前後運動します。
「あああん!あああん!あああああああ!」
ムスコも限界が近づいてきます。
「俺もそろそろ限界が・・・」
「あああん!私も!私も!また!」
「逝きそうだよ!」
「一緒に!一緒に!あああああああ!」
「逝くよ!」
「たくさん!たくさん!くださ~い!」
マゴ達が、えれなさん自身のナ○に大量に放たれています。
「あああん!ドクドクしています~!あああん!」
ひとつになったまま、
「私、下が感じやすくてぇ、直ぐ、何度も逝っちゃうんですぅ。あん!まだドクドクしています、あん!」
DKしながら、ムスコが落ち着くのを待ちます。
「あああ、追い出されちゃった(笑)」
「いや~ん、面白い」
ムスコをえれなさんがタオルと舌でお掃除してくれます。
「ティッシュペーパーでなくて、タオルなんだね」
「他の人たちはティッシュペーパーかもしれないんですけど、私はタオルでそっとするんです。でもほんと沢山出ましたね~」
と、えれなさん自身からマゴ達が垂れてきたようです。

ドリンクをオーダーして、一息ついたところで、
「シャワーの準備しますね」
と、戦場にえれなさんが向かいます。
「おっぱいすごく綺麗だよね~ 美乳だね」
「はい!ありがとうございます。この仕事しているのにおっぱい垂れていたら嫌じゃないですかぁ。よく『そのおっぱい、いじっているの?』って言われます(笑) 本物ですよ~(笑)」
丁寧に洗体してもらい、Mットは事前にしない旨伝えていたので、ゆっくりと一緒にお湯に浸かります。

再びBッドに戻りドリンク飲みながら、いろいろお話します。お話しながら、えれなさんの太腿やバスタオルの上から、バストを刺激します。
「もう、手でちょこちょこするんじゃなく、言葉で言いましょう(笑)」
「じゃあ、またしよ」
で、えれなさんが私を横になるように促してDKしてきます。
「Bチク、感じますか?」
と、言いながら私のBチクに舌を這わせてきます。
暫くBチクに吸い付いた後に、えれなさんの舌はムスコに向かいます。
「大きくなるかなぁ?」
「なるよ!がんばれ~(笑)」
「うふふふ」
「ねえ、シ○クスナインしようよ」
「シ○クスナイン、いいですよぉ、舌使ってくださいね~」
と、体勢を入れ替えます。
小さい栗を舌で刺激します。
「うん、うん、うぐ、うぐ」
お互い自身を舌で嬲りあいます。
ムスコに元気が戻ります。
「元気になりましたねぇ」
と、体勢を入れ替え、騎○位で、えれなさん自身に導かれます。
ムスコがすっぽりとえれなさん自身に収まります。
下からえれなさんの美乳を眺めると圧巻です。下から美乳を揉みしだきます。
「ああああん!あっ!あっ!あっ!」
パンパンパンと音が響きます。
えれなさんが私の上で腰を振ります。美乳がプルンプルンと揺れます。
徐々にムスコに限界が近づいてきます。
「そろそろ逝きそう」
「うううん、いいよ~、いっぱい頂戴、あああん」
えれなさんの腰のスピードが上がります。パンパンパン!
「うっ!」
えれなさんを抱き寄せ、抱きしめます。
「ああああん!たくさん!たくさん!」
えれなさん自身に再度マゴ達を放出です。
「あん!またドクドクしてるぅ」
DKしながら、ムスコが追い出されるまで抱きしめます。
ムスコが自然に追い出されると、
「あっ、タオル準備するの忘れちゃった。ティッシュペーパーで綺麗にしますね。」
お掃除の後にBッドでまったり、イチャコラです。

名残惜しいですが、サヨナラの時が近づいてきました。
軽くシャワーしてから、着衣です。
えれなさんはパンストを穿かずに生脚でミニスカです。
「このミニスカって、スカートの意味ないくらいミニだよね」
「ほんとですよ。露骨すぎですよね(笑)」
部屋を出て、階段踊り場でDKします。
手を繋いで軽くチュッチュッしながら階段を降ります。
階段下で最後のご挨拶のチュッとして、
「今日は本当に楽しくて気持ち良かったです。ありがとうございました。またいらしてください。」
「こちらこそ楽しかったよ。またね~」
と、お互い手を振りサヨナラです。

凄くスタイル良く、最高の美乳の美女でした。

 【変集長より】
tokyotokyotokyo記者、無料券を使用しての投稿、ありがとうございました。

Fカップの美巨乳でスタイル抜群の美人秘書!
超ミニスカ&パンスト姿のセクシー秘書!

そして、アソコが性感帯の敏感秘書!

前戯でも、挿○でも、すぐに、何度も、一緒にイケちゃう!? 

いや~、攻め好きにはたまらない秘書ですよね~。

美巨乳でスタイル抜群で敏感な秘書!
無料券を使用して良秘書に出会えて良かったです。

tokyotokyotokyo記者、ぜひぜひ、次回の投稿も宜しくお願いいたします。

投稿・口コミ情報ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント25p
合計45ポイント

※ポイント2倍キャンペーン対象店舗(合計ポイント×2)
総合計90ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には『プレイガールを見たんだけど』と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿募集概要はこちら

2021年5月20日掲載
navigate_nexttokyotokyotokyo記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded