ティアラ

TEL:03-3876-8668

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2021.4.17
ティアラ

いずみ
20才 T153.B93(G).W57.H85

いずみの体験記事|ティアラ 吉原高級店ソープ

2021.04.17
超濃厚極上淫乱姫!超有名変態淫乱神ドエロ姫!【イグミッション記者の体験投稿・口コミ情報】


 体験記者名
『イグミッション』記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<高級店>ティアラ 120分コース

 遊んだ時期
・2021年4月

 総評 ※記者の印象です。


・ビジュアル
 ★★★★★

・プロポーション
 ★★★★★

・接客態度
 ★★★★★

・感度
 ★★★★★

・攻め
 ★★★★★

・コスパ
 ★★★★★


 受付から女の子に会うまで
実は、人間の本質をむき出しにしてみたい、という願望はかねがねありまして…。
恥も外聞もなくプレイに没頭し溺れてみたいと…別世界へ行きたいわけですね。
そんなときに目が留まったのが、ティアラのいずみさん。

メール予約という独特な彼女の予約表を活用させてもらいました。

 女の子の第一印象
ワイシャツ一枚…。リード着きの首輪…。
アソコ丸出し、くぱ~っ、でのお出迎え…。
援○家出少女を飼育&調教している変態おじさん…。
というリクエストを出していました。
階段で待っていたいずみさんは、M字の開脚で両手でアソコを広げて待っていました。
いきなりの姿にドキドキしました。

 プレイ内容
いずみさんは、

「お帰りなさい…」
「言われた通りのいやらしい格好で待っていました…」

涙目なのか潤んだ瞳なのか、従順にこちらを見つめています。
彼女に首のリードを持たされ、階段の踊り場まで引っ張っていきます。
踊り場で、彼女はこちらのズボンに手をかけフ○ラ。
こちらを見上げかいがいしくフ○ラをします。すぐにムスコは大きくなりました。
壁に手をついた彼女が、後ろ向きにお尻を突き出してきます。
バ○クの要求なのか…当然ながら腰をつかみ挿○しました。
あまりに突然の状況と人目があるかも、と気になったこともあり、こちらでは不発。
テラテラと濡れたムスコをここでは外します。

一旦、3階に着くと、トイレのドアを開けて彼女はまたもやフ○ラ。
すっかりそのシチュエーションにはまってきたこちら。
股間に彼女を軽く押し付けフ○ラを堪能します。
こちらに抱き着いてきた彼女、立ったままの○位の態勢でムスコを迎え入れます。

「ご飯も何も食べてないんです…」
「お願いします、少しでいいんです、お小遣いください…」

従順な様子の彼女に興奮して、我慢もせずなすがまま、彼女のナ○に発○。
お清めのフ○ラを受けながら、彼女は自分のアソコに指を入れてナ○から掻き出した白濁をムスコともに舐めまわします。

「ありがとうございます…」

その姿勢に少し満足感が刺激され、彼女の胸に手を這わせながらお部屋に向かいました。
お部屋では、まずは手指とうがいでの消毒。これだけはかかせません。

ここでドリンクを飲んでの休憩かと思いきや、Bッドに座るこちらの膝の間に入り込みフ○ラが開始されます。先ほどの火照りが残るなか、ムスコの念入りなお清めも含め、先端の窪みに舌を捻じ込んでくるかのような激しいフ○ラ。こちらをM字にさせ、鼠径部からア○ルのほうにまで舌が這ってきます。
そのまま彼女は跨ってきてワイシャツをはだけ騎○位の態勢で。
抱き着かれて、耳も鎖骨もT首もベロンベロンに舐められます。

「今日も好きにしてください…」
そのいやらしい言葉に興奮して、彼女の腰を掴み強くパンパンと打ちつけました。
胸を揉みしだき吸い付き舌を絡め、彼女に没頭します。
脳天に痺れる快感が駆け上り、勢いよく彼女のナ○に発○。

お清めを終えた彼女がリクエストしておいた大きなバ○ブを用意してきました。

「なんだ、まだ足りなくて、今度はコレが欲しいのか…」

白濁の残るアソコに動き回るバ○ブを捻じ込みました。
○ッた後の身体にバ○ブは強烈なのか、ビクンビクンと身体を波打たせています。

ここで、【プレイが10倍楽しくなるような枕】をも使用してみるかと。
彼女を横たえ、美しい手足を拘束しました。
その間もウネウネと動き回るバ○ブ。○キそうになるのを寸止めし懇願されても動かしません。彼女は手足が動かないので、涙を流して催促してきます。

何度も○キまくり、涙を拭うこともできない彼女。
その乱れきった顔を見ながらバイブでアソコと○リの刺激を再開します。
狂ったように泣き叫ぶ彼女。○を吹いて身体をくねらせます。

おもむろにバイブを抜き去りムスコを挿○します。
そのムスコの温かさに安心した顔をした彼女にキスをしてあげ、腰の挿○を行います。
先ほどとは違い、歓喜の表情でよがり始めた彼女。そのまま勢いよくナ○に発○。

【枕】を外してあげ、彼女をいたわってあげます。
すると彼女はお返しとばかりに、柔らかいフ○ラ。
もう足腰も立たない状況ではあったが、そのシチュエーションの変化にムスコは反応。
彼女を四つん這いにさせ、バ○クの態勢に。
白い背中と腰回りを見ながらの挿○。後ろから柔らかな胸に手を回し腰に手をあて、最後の力を振り絞っての前後運動。それでも締め付けてくる彼女のアソコを感じながら発○。
4回目の最後はもはや空砲だったかもしれません。
腰が抜けるほどの快感と疲労で何日か筋肉痛だったという、いい思い出です…。

 【変集長より】
イグミッション記者、ありがとうございました。

超濃厚極上淫乱姫!
超有名変態淫乱神ドエロ姫!

人間の本質を剥き出しにしてみたい!
恥も外聞もなく没頭し溺れてみたい!
確かにドンピシャの姫ですよね~。

そして、行きたかった別性界!
腰が抜けるほどの快感と筋肉痛になるどの疲労感…。

いや~、それにしての4発○!? とはすごいですよね~。

イグミッション記者、ぜひぜひ、次回の投稿も宜しくお願いいたします。

投稿・口コミ情報ポイント10p+情報量ポイント20p
合計30ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には『プレイガールを見たんだけど』と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿募集概要はこちら

2021年4月17日掲載
navigate_nextイグミッション記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded