ラブボート

TEL:03-3873-3939

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2021.3.2
ラブボート

桐島ねね
22才 T160.B100(I).W57.H90

桐島ねねの体験記事|ラブボート 吉原高級店ソープ

2021.03.02
【吉原のP記者の体験投稿・口コミ情報】


 体験記者名
『吉原のP』記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<高級店>ラブボート VIPコース

 遊んだ時期
・2020年11月

 総評 ※記者の印象です。


・ビジュアル
 ★★★★★

・プロポーション
 ★★★★★

・接客態度
 ★★★★★

・感度
 ★★★★★

・攻め
 ★★★★★

・コスパ
 ★★★★★


 受付から女の子に会うまで
いつも通り、前日に確認の電話をして、当日に上野から送迎によりお店に向かいます。たまたま待合室には誰もおらず暫くするとお声がかかりました。

 女の子の第一印象
今回ねねさんには女医(白衣)のコスプレをお願いしました!そして、会ってビックリ、なんとメガネのオプションまでついてました!
確かにこの方が、より女医感がですよね!さすが、ねねさんポイントを心得てらっしゃいます。

 プレイ内容
今日、短めの時間でも登楼したのは、最近体調が悪く女医ねね先生に診てもらうためだったのです。(という設定にしてお部屋に向かいます)
最初に、手洗いうがいの感染症対策を済ませます。通常のプレイに関係なく煩わしささえ感じるような事も、ねねさんにして貰えると全くストレスにならないから不思議です。
しかも今日は女医ねね先生なので、手洗いアシストもいつもより念入りだった気がしました。
Bッドに腰かけた私に手を回し顔を近づけてくるねね先生。

「今日は隅々まで調べますからね」

微笑みながら発せられるその一言に、これから始まる行為への期待が一層高まるのを感じました。
まずは触診という名のDK。唇も舌も触診ですからしっかり絡ませます(笑。舌で唇まわりをやさしく撫でてくれるねね先生、そのまま舌を絡ませくれるので舌を吸い上げたり、逆にねね先生の口内を舌で堪能したリ。
その間に、愛がいっぱいのIカップと対照的に締まったウエストやヒップに両腕を回してこちらを堪能します。
暫くして、口をそっと離したねね先生から触診の結果を言い渡されます。自分の愚息にそっと手を伸ばし撫でながら・・・。

「ここが熱くなっていますね。治療が必要です」

先生!それは触診のせいで熱くなったのですと言いたかったのですが、患者は先生に従うしかありません。そのままBッドに横にさせられてしまいます。
そして、跨ってくるねね先生。

「ここからお薬がでますので、しっかり舐めてくださいね」

そう言って、目の前に差し出された胸元。彼女の手に軽くアシストされながら胸の谷間に顔をうずめていきます。ほんのり、ねね先生の匂いのする谷間をヨダレを滴らせ舐めつくします。
同時に暇をしていた両手は、ねね先生の秘処へ。下着の上からスジと○リを刺激していくと、漏れ出てくる彼女の甘い声。オスの本能をそそります。
治療しているはずが、ますます自分の愚息は熱を帯びていきます。
薬の投与が完了したら、次はねね先生が直接、愚息治療に移りします。シ○クスナインの体制になり、自分の目の前にヒップを差し出してくるねね先生。
そのまま、ねね先生は自分の愚息を咥え込み治療を開始します。目の前に広がる下着越しの彼女の湿り気を帯びた秘処。
両手でお尻をホールドし、口と鼻を彼女の局部に押し付け、下着越しに刺激していきます。自分の愚息を咥えながらも反応しくれるねね先生。その反応を聞きながら暫しシ○クスナインを楽しみました。
治療は次の段階へ進んでいきます。
自分の股の間に移動したねね先生は再び自分の愚息を咥えて治療を行っていきます。この向きの方が、愚息を懸命に咥えてくれてるねね先生の姿を堪能できるので堪りません。
いたずら心から時々彼女のグラインドに合わせて下から口奥へ愚息を突き入れ、その反応を楽しみます。女医のシチュエーションとメガネオプションのせいか、根元まで愚息を咥え込み
唾液を糸を滴らせながら口を離すその姿に、愚息は治療されるどころかますます熱を持っていきます。ここから治療はさらに次の段階へ進みます。

「緊急手術をします!」

そう言って、ビニール手袋とLーションを持ってねね先生。名医でありながら、さらなる技術向上に励んでいるねね先生が講習で教えて貰ったら技を披露してくれるというのです。
手袋をした方の手にLーションを塗りたくり、ア○ルを周囲から攻めてきます。そのままア○ルに指を宛がうとゆっくりナ○へ沈めてきます。
腸壁を通して伝わるねね先生の指の感触。本能的に力が入ってしまい押し返してしまうので、

「はーい、力をぬいてくださいね」

と言われます。声だけ聞けば治療に聞こえなくもないですね。そして、自分の中へ指を進めていねね先生。直接挿○部は見えませんが、

「根元まで入りましたよ」

と言ってくれたり、腸内で蠢く指の感触を感じることができ、状況が手にとるように分かります。力を抜き、両足を広げねね先生の手術に身をゆだねる自分。
指入れは以前にもありましたが、明らかにその時よりも指の動きが絶妙で、ほわほわっとした不思議な気分に包まれます。射○感とは異なるけど気持ちイイ感触というのでしょうか。
腸内の指を動かしながら、

「ここが前立腺ですよ」

と教えてくれるねね先生。さすが女医だけあって男性の身体に詳しいです。更に、この状態で口で愚息を咥えて、もう片方の手で玉や乳首をやさしく攻めてきます。
3点攻めというのでしょうか。フ○ラは勿論、玉や乳首を攻める愛撫も絶妙で、正直どこに神経を集中してよいのか分かりませんでした。
されてる間は、声にならない声を上げていたような記憶しかありません。この時点で既に満足度がヤバかったのですが、まだ1度もイってないんですよね。
いよいよ治療も最終段階へ移っていきます。

「それでは、お注射をしましょうね」

そう、なぜか患者であるはずの自分ねね先生にお注射するのです。

「まずはバ○クでして・・・」

そして、今回は珍ねね先生から指示があり、まずはバ○クで挿○します。普段は流れで騎○位や正○位になることが多いので、バ○クは久々でした。
バ○ク特有の奥まで押し込んでいる感覚、獣のように襲っている感覚が堪りません。肩や腰をホールドしながら、あるいはIカップバストを後ろから鷲掴みにして欲望のまま突き入れ楽しませてもらいました。ですが、お注射はきちんと中のモノを出して完了するものです。
バ○クを一通り楽しんだあとは、彼女の表情が見える、正○位へチェンジ。密着正○位で、彼女の中にグイグイと押し付けていきます。
注挿に合わせて可愛くエロく喘ぐ彼女を見て、時折DKで彼女の唇を奪いながらじっくり治療をしていきます。

「だ、ダメ!!イクッ!!」

グラインドに合わせて、声を上げ身体を震わすねね先生。ねね先生お得意のスプラッシュが結○部をビショビショにしていきます。
そして、そのままナ○にフィニッシュ!きっちり治療しないといけませんから、グラインドをし続けて貯まっているものを出し切りました。

その後お掃除フ○ラがあって、ピロートークへ。という感じでした。

今回はイメージプレイに近い感じで進めてもらいましたがねねさんはプレイ中は勿論、終わった後のピロートークも凄く癒されるのです。
プレイ中の感想や全然関係ない普通の会話もしていて楽しいです。
また、人気嬢になった今でも講習に行って新しい技術を身につけてきたり、現状に満足せず上を目指す姿になお一層惚れてしまいます。
こういう頑張り屋さんなところが、彼女が人気嬢で居続けられる秘密なのでは思っています。

因みに、ピロートーク中にねね先生から総合所見を頂きまして、

「定期的な通院が必要です」

と言われました。今後も機会があれば伺おうと思います!

 【プレイガール編集部から】


※掲載時は、店名、女の子の名前を伏せ、「諸事情により未公開」としていため、ポイントのみとなります。

投稿・口コミ情報ポイント10p+情報量ポイント20p
合計30ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には『プレイガールを見たんだけど』と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿募集概要はこちら

2021年3月2日掲載
navigate_next吉原のP記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded