ジャルディーノ

TEL:03-3871-2755

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2021.2.9
ジャルディーノ

神城麗子
22才 T168.B83(C).W56.H84

神城麗子の体験記事|ジャルディーノ 吉原高級店ソープ

2021.02.09
吉原一と言っても過言ではない、やることなすこと全てが変態ドエロ姫!【ikono記者の体験投稿・口コミ情報】


 体験記者名
『ikono』記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<高級店>ジャルディーノ 480分貸切コース

 遊んだ時期
・2021年1月

 総評 ※記者の印象です。


・ビジュアル
 ★★★★★

・プロポーション
 ★★★★★

・接客態度
 ★★★★★

・感度
 ★★★★★

・攻め
 ★★★★★

・コスパ
 ★★★★★


 受付から女の子に会うまで
神城麗子さんとは昨秋知り合い、店舗利用も何度かありますが、基本月一の頻度で貸切をしてきました。

年が明け三が日が過ぎたあたりで新年の挨拶メールをしたところ、返信があり月半ばに予定していた1月の貸切を急遽前倒しすることなりました。昨年12月の貸切からあまり時間が経過する間もなく、年明け早々の再会であります。

行き先は聖地・変○の館ですが、入館前にいつものようにいつもの場所で時間を掛けてじっくりコミュニケーションを取りました。

 女の子の第一印象
この時、麗子さんには特別の事情があり、それでも前日に別のお客様に癒されたとのことで心配していたほどの様子ではなかったものの、常にエ○と美を追求する女神のようなオーラの影に今回受けた嫌がらせのダメージが少なからず感じられました。

貸切の前倒しは、メールの最中にギリギリまで出勤予定が出ていないことに気付き、このままでは麗子さんが潰され業界を去ってしまうのではないかと不安に駆られ、麗子さんを励まし癒してあげるためでした。

これまで毎回私が求めるプレイに精一杯応えてくれた麗子さんに、今度は私が応えてみようかと。

 プレイ内容
1月のプレイの構想はあったものの、前回から時間が経っていないためプレイ道具は未だ用意できていません。しかし、麗子さんを癒すことが目的ならば、むしろ道具は不要であり、私自身の体だけで向き合うことが相応しいと切り替えます。

部屋に入ってコロナ対策(徹底したアルコール消毒)など準備を整え、互いに服を脱ぎ、全Rで立ったまま無言で抱き合い、長い長いDKを交わします。舌と舌を絡め、舌の根が伸びるほど強く互いの舌を吸い、激しさのあまり時折歯と歯が当たってしまいます。

やがて、麗子さんは体を沈め跪いて既に十分な状態の私の息子にKスします。何度も「チュッ、チュッ」と音をたててKスをして、やがて、ネットリ舌を使って先端を舐め始め、チロチロと鈴口に舌先を遣わせたかと思うと、手で息子全体を跳ね上げ、フ○ロを口に含みます。片方ずつゆっくりタ○を吸い上げると、今度は下からサ○を舐め上げ、再び鈴口に舌先を遣わせ亀○を舐め回します。

一度「はぁ~」と息を吐くと、私を上目遣いで見上げながら、口を開け息子を咥えます。息子を口に含み、しばらく舌で円を描くように亀○を刺激すると、音を立てて強く吸いながらゆっくりと喉の奥に息子を迎え○れ、いったん止まります。

そして、さらに口を大きく開けて喉の奥に入○込みながら、私の両手を導いてイ○マを促します。私はいつものように後頭部で両手を重ね、抱えた頭を引き付けながら腰を突き○れます。

麗子さんのイ○マは絶品で、これまでギブアップは無いとのこと。また、喉の奥に性感帯があるらしく、苦しいほどアソコが濡れてくるそうです。

今回は大きく出し○れはせず、喉の奥にある性感帯を圧迫する感じで少し強めに何度も喉の粘膜を突きます。

麗子さんは目に涙を溜め、「ヴッ、ヴッ、」という呻き声を出しながら、自らも顔を前後させより強い刺激を求めてきます。一時的に深い状態のまま止めて揺さぶるようにして、さらに両手で目一杯引き付け続けると「ウグッ~」という声になったので、一旦止めて「大丈夫か?」と聞くと、麗子さんは上目遣いで「(何が?)」といわんばかりに自ら顔を前後させイ○マ続行となります。

再び喉の奥を圧迫しながら強めに喉の粘膜をしばらく突き続けますが、麗子さんはその間ずっと私のお尻辺りに廻した手を放そうとしないため、このまま○精までいくことも考えましたが、念のため一旦イ○マを止めて「このまま口に出すか、それとも・・・」と聞くと、麗子さんは口を外し私を見上げて「オマ○コに、オマ○コに欲しい」と言ったため、「わかった、じゃあオマ○コで出したザー○ンを口に入れてあげるよ」と返します。

麗子さんを立たせて、二人でそのままBッドに倒れ込み抱き合いますが、しっかりと顔を向かい合わせて、
「もう、オマ○コびっしょりなんだろ」
「○れて、はやくこれ○れて、」とさっきまで喉の奥を荒らしまわった息子を握りしめますが、

顔を向かい合わせた以上DKは必須で、DKしながら麗子さんを仰向けにして、両脚の間に私の体を入れアソコに触れると予想どおりびっしょり濡れていて、喉の奥の性感帯は十分刺激されたようです。

DKを外し正○位で息子を麗子さんのアソコにあてがい、ゆっくりと挿○しますが、
「うっ、う~、あっ~いぃ・・」と腰をもたげて喘ぎながら両腕を私の首に巻き付けます。

麗子さんのアソコのナ○は蕩けるような気持ち良さで、それでいてキッチリ締めてきます。私の方もイ○マに時間を掛けたこともあり動きを激しくすれば一気に持っていかれそうです。

麗子さんを癒すことが目的なので、ここはじっくり構え、大きなストロークは控えむしろ奥まで行ったところで強めにポ○チ○を刺激することに専念します。

奥深く突き続けると、
「あっ、あっ、あっ、ん~~、はあ~っ、」「もっと、もっとして、もっといっぱいして」と喘ぎながら自ら腰を動かし、私の顔を引き寄せDKをせがみます。

腰を突き入れながら、麗子さんの口を塞いで舌で舌を探し当て、絡め取って強く吸ってあげます。
すると「んっ、んっ、んっ、ん~~」と呻き声がしたかと思うと、体を硬直させDKを外し、
「もうだめ、出して、出して、オマ○コに出して」
その声と同時にスパートをかけ、激しく強く突きまくると、
「あ~、ダメ、ダメ、ダメ、○ッちゃう、○ッちゃう・・・」と二人同時にフィニッシュです。

麗子さんを抱き起し、ザー○ンを掌に取り口先に持っていくと、麗子さんは両手で私の手首をしっかり持って美味しそうにザー○ンを舐め始めます。掌のザー○ンを舐め取ると、私の指を口に咥え、指に残っているザー○ンを口の中で舐め取ります。ハードプレイならさらに手を突っ込むところですが、今回は癒しが目的ですから、このまま少しの間、指を吸わせて終了としました。

クールダウンの間もたくさん話をしました。

変○の館には毎回飲み物を持ち込んでいますが、今回の部屋の暖房がよく効いていて多めの水分補給となり、それに伴い用を足す回数も増えます。この部屋はオープントイレになっていて、和式のフラット○器が設置され、麗子さんが屈んで用を足しているのを屈んで目の前で見ることができます。小用を足し終わるとアソコの外側はペーパーで拭くことを許していますが、内側は私の舌で拭き取り、そのままDKすることにしています。麗子さんは毎回「イヤン恥ずかしい」と言いますが、逆に私が男性用の○器で小用を足すのを間近で見て終わるや否や口で清めてくれます。そしてそのままDKして互いの顔を見て微笑です。

こんなことも変○男女の戯れ合いと考えるなら少しは気晴らしになったのではないかと思います。

二人で部屋に籠っていても、麗子さんの変○仲間が顔を出してくれて新年のご挨拶です。コロナの影響でソーシャルディスタンスですが、たくさんのお仲間が来てくれました。

そうしたこともあって時の経過ははやく、終了時間が近づいてきます。今回は私の方から両手を差し出して近づき「もう1回しようか」と誘い、二人でBッドに上がります。

再びDKから始まりますが、麗子さんの口を塞ぎながら、オ○パイを下から包むように揉んであげると、塞いだ口からくぐもった喘ぎ声が聞こえます。揉んでいた手の指先で両チ○ビをコリコリ転がしてあげるとすぐにチ○ビは固くなります。以前から思っていたのですが、もしかしたらチ○ビの刺激だけで○クのではないかと・・・。

まず、左胸のチ○ビを摘まみながら、右胸の○輪に円を描くように舌先を這わせると、「あ~気持ちイイ」と艶っぽい声が漏れてきます。今度は、舌先を左右に動かしながらチ○ビの根元を四方から刺激し、さらにチ○ビ全体を小刻みに舐めると、「あっ、あっ、あ~いぃ・・・」

ここまできたところで、今度は左右交替し、固くシコリ切った右胸のチ○ビをコリコリ摘まみながら、左胸を同様に責めていきます。その間ずっと麗子さんは荒い息遣いで時折体が反るような動きをみせますが、ここからが本番です。

右胸のチ○ビの摘まみを強くしながら、左胸のチ○ビを歯で甘噛みすると「うっ、うっ」という声に変ります。甘噛みを何度が繰り返しますが、これを続けるとどうしても力が入り過ぎます。麗子さんのチ○ビを傷つけるつもりは全くないので、上前歯と舌で挟むことに切り替えます。これなら多少力が入っても傷つけることはまずありません。

左のチ○ビを歯と舌で引っ張ったり、歯で扱(しご)いたり、歯で押さえて舌を動かしたり、横から挟んで刺激したり、下前歯と舌で挟んだり、様々な強めの刺激を続けます。
麗子さんはその度に「あ“っ、あ“っ、う”っ、う“~ん、あぅっ、あ”~、あ”~、」と深くて低い呻き声を出しながら私の両腕を握りしめます。

今度は右のチ○ビに移り、左と同様にじっくり刺激すると、同様の深くて低い呻き声を出し上半身を反らせて、私の腕を掴む手により力が入ります。

両チ○ビへの愛撫が済んだところで、痺れたチ○ビをもう一度丁寧に舐めてあげてク○ニに移るつもりでいましたが・・・・・。

麗子さんは胸を両手で寄せて、
「チ○ビ、両方いっぺんに噛んで」

いつもの麗子さんが戻ってきました。
確かに両チ○ビを一度に舐めることは出来ませんが、甘噛みや歯と舌で挟むことは出来ます。

両チ○ビを一度にとなると、前歯ではなく犬歯で刺激することになるので、甘噛みにしても歯と舌であっても注意が必要です。胸を寄せる麗子さんの両手に私の両手を被せて、両チ○ビを口に含んで左右同時にゆっくり甘噛みしたり、犬歯と舌で挟んで強めに扱いたりすると、

「あ“ぅっ、あ“ぅっ・・・い”っ、あ”~~、」と今日一番の喘ぎ声です。

多方向からのチ○ビ責めは出来ませんが、しばらく、両チ○ビを犬歯と舌で強く挟んだり扱いたりしてタップリ啼かせた後は、全てを外し麗子さんの顔の両脇に手をつき見下ろして、

「また、オ○ンコびっしょりなんだろ、どうして欲しい」
「もう○れて、オ○ンコに○れて、お願いおチ○ポ様○れて・・・」

今日はどこまでもアソコを満たして欲しいようです。

再び正○位でびっしょりのアソコに息子を挿○しますが、同じ正○位でも下から突き上げるようにして、麗子さんのアソコの上側を刺激します。
「ああああ、それいい、もっと、もっと」と呻き上ずる麗子さんの両肩を両手で押さえてアソコの上をめがけて突○まくると、

「あっ、あっ、○ク、○ク・・」と軽いア○メですが、

ここで体位を変え、麗子さんをうつ伏せにして、寝バ○クを試します。この体位ならばよりGス○○ト付近を刺激できます。
背中側から両肩を押さえ、激しく突くたびに「あ“ぁ~、あ”ぁ~、あ“ぁ~」とヨ○リながらも、

うつ伏せのまま背中の私に半分顔を向け、
「髪の毛引っ張って」と・・・・・・・。

どうやら女神が再降臨したようです。
首が後ろに曲がるくらい髪の毛を引っ張りながら何度も腰を突き○れますが、長く続けることはせず、最後は麗子さんの顔を見ながら終えたくなり正○位に戻ります。

正○位に戻って、艶やか表情の顔を見ながらラストスパートです。
麗子さんの「あ~~、○クッ、」という声を聞き、DKしながらフィニッシュしてプレイ終了となりました。

その後、麗子さんのブログは何もなかったかのように通常運転に戻っていたので安堵しました。

きっと麗子さんの人柄を知るたくさんのお客様からの気遣い、癒し、励ましがあったのだと思います。

これからも変わらずに男達の欲・願望を叶える女神であって欲しいです。もちろん私も欲・願望を叶えてもらいたい男の一人です。

 【変集長より】
ikono記者、ありがとうございました。

吉原一の変態肉便器美女!
常にエロと美を追求する女神のようなオーラに影が見えたと…!?
そんな不安に駆られ、励まし癒してあげるために貸切コースと!
すごいですね~。優しいお客さんですね~。

もう、ここで多くを語る必要はないでしょう。

吉原一と言っても過言ではない、やることなすこと全てが変態ドエロ姫!
そして、人柄の素晴らしを知っている、たくさんのお客さんに愛されている姫!

ikono記者の言う通り、いつまでも男の欲や願望を叶える女神でいて欲しいものです。

ikono記者、次回もまた、欲や願望を叶えてもらった美良嬢との投稿、お待ちしていますよ。

投稿・口コミ情報ポイント10p+情報量ポイント25p
合計35ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には『プレイガールを見たんだけど』と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿募集概要はこちら

2021年2月9日掲載
navigate_nextikono記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded