クラブ貴公子

TEL:03-6802-4448

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2021.2.2
クラブ貴公子

瑞穂
30才 T160.B98(H).W60.H95

瑞穂の体験記事|クラブ貴公子 吉原大衆店ソープ

2021.02.02
Hカップの爆乳Mット!ダイナミックに揺れる巨乳…、絶景です!【ヨシテル記者の体験投稿・口コミ情報】


 体験記者名
『ヨシテル』記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<大衆店>クラブ貴公子 120分コース

 遊んだ時期
・2020年12月

 総評 ※記者の印象です。


・ビジュアル
 ★★★★

・プロポーション
 ★★★★

・接客態度
 ★★★★★

・感度
 ★★★★

・攻め
 ★★★★

・コスパ
 ★★★★


 受付から女の子に会うまで
今回は、プレイガールのお店検索で、クラブ貴公子を選んだ。

コンパニオン一覧の中から、Hカップの爆乳姫を発見!

爆乳で経験豊富な泡姫が大好きなので、すぐにお店へ電話をかけて予約した。

当日。

電車で浅草駅へ移動し、駅前でお土産用のお菓子を購入。

スマホで姫の写メ日記を見たら、最近は和菓子にハマっているとの事だったので、和菓子の詰め合わせを選んだ。

30分ぐらい早めに着いたので、ネットカフェに入って、とりあえずシャワーを浴びる。
その後、漫画を読みながら時間調整。

時間が来たら、ネットカフェを出てお店に電話をかける。

10分ぐらいで送迎車が来たので、送迎車でお店へ移動する。

お店に着き、待合室で会計を済ませて、しばらく待機。

飲み物を飲み、ソファでくつろぎながら、週刊誌をパラパラと流し読みする。

 女の子の第一印象
「お待たせしました」

店員さんに呼ばれて、待合室を出る。

青いワンピース姿の瑞穂さんとご対面。

ショートヘアーと眼鏡が良く似合う、美人のお姉さまだ。

なんといっても、Hカップの爆乳はすごい!

思わず、胸元に目が行ってしまう。

 プレイ内容
「お荷物、お持ちしますね」
「ありがとう」
「ご案内します」

荷物を持ってもらい、お部屋まで案内してもらう。

お部屋に着いたら、まずは瑞穂さんが床に両手をついてご挨拶。

「本日は、よろしくお願いいたします」
「うん、よろしくね」

丁寧に服を脱がしてもらいながら、軽く雑談。

「お兄さん、お風呂は入ってきたんですか?」
「うん。駅前のネットカフェで、シャワーを浴びてきた」
「なるほど。身だしなみがしっかりしているお客様は、好感度高いですよ」
「よかった。今日は、最初にMットをお願い」
「わかりました。じゃあ、Mットの支度するので、お風呂で待っててくださいね」

服を脱ぎ、僕はバスタブでのんびり。姫が洗い場にMットをしき、Lーションをお湯で温めて準備をする。

「お待たせしました。こちらへどうぞ」

足元に気を付けながら、バスタブからMットへ移動。

LーションまみれのMットでうつぶせになると、姫がマッサージを始めた。

(これは、すごい……)

Hカップの爆乳が、僕の足・腰・背中にあたり、なんともたまらない快感が押し寄せる。

やはり、Mットは巨乳の姫にしてもらうのが一番気持ちいいと思う。

「仰向けになってくださいね」
「うん」

姫に促されて、うつぶせから仰向けにチェンジ。

再び、姫が豊満な体を存分に駆使して、僕の足元からマッサージを始める。

「うふ。お兄さん、すごい大きくなってますよ」

僕の息子は、完全に勃起して反り返っていた。

「うん。実は、さっきから入れたくてウズウズしてた」
「じゃあ、このまま入れますね」

姫が騎○位の姿勢で、挿○開始。

「あ……、気持ち、いいです!」

姫が腰を動かすと、可愛い喘ぎ声が出る。

僕の方も、先ほどからMットで刺激された息子が、「早く射○したい!」という衝動を訴えかけていた。

激しい騎○位でMットがギシギシと音を立てて、お互いの快楽が絶頂へと近づいていく。

「ん、もう……出して、いいかな?」
「いっぱい、出して、いいです、よ!!」

限界まで我慢していた射○感が、耐え切れなくなった瞬間、姫の膣○へ勢いよく発○された。

「はあ、はあ……。気持ち、良かった、よ」
「うふ。いっぱい、出ましたね」
「ちょっと、休憩しようか」
「はい。お体、流しますね」

二人とも全身がLーションまみれになっていたので、シャワーで綺麗にしてもらう。

バスタオルで体を拭いた後、姫が二人分の飲み物を注文し、Bッドに並んで腰かける。

「お土産を持ってきたんだけど、出していいかな?」
「いいですよ」

バッグの中からお土産を取り出し、姫に手渡した。

「わあ、美味しそうですね。頂いていいんですか?」
「うん。写メ日記で、求肥とか八ッ橋が好きって書いてあったから、和菓子にしてみた」「ありがとうございます! こういう心遣いができる人って、女の子にモテますよ」
「風俗の女の子には、“モテそう”って言われるんだけど、普段は異性との出会いがないから、なかなか実感湧かないんだよね(笑)」

飲み物が届いたので、二人で水分を補給しながらしばらくイチャイチャ。

「この後はどうします?」
「そうだね。じゃあ、正○位でしたいな」
「わかりました」

姫がBッドで横になり、足をM字に開いたところで、僕が挿○開始。

「あ、ん……。すごい、です」
「痛かったら、言ってね」
「気持ち、いいですよ」

最初はゆっくりと焦らすように腰を動かしながら、姫のおっぱいを両手で揉んだり、ディープキスを楽しむ。

「あ、やん!! もっと、もっと、してください!!」
「わかった。じゃあ、いくよ!!」

姫のリクエストにお応えして、腰を全力で動かし、激しくピストンを開始した。

姫の奥に僕の息子の先端が当たる度、姫が可愛い喘ぎ声を上げながら、全身を震わせる。
「ダメ……。私、もう、イっちゃいそう!!」
「僕も、あと、少しだから……!!」

先程のMットで射○したばかりだったが、姫の膣○にこすられた息子は射○感を一気に高めていく。

「あ!! だ、ダメ……!!!」

姫の全身が震えた直後、僕も姫の膣○に射○した。

二回目の射○なので少し時間がかかったが、十分に気持ち良かった。

「はあ……。お兄さん、とっても上手ですね」
「ありがとう。僕も、気持ち良かったよ」

少しの間、二人でイチャイチャしていた。内線電話のコールが鳴り、時間が迫っている事を告げられた。

「じゃあ、お体をきれいにしますね」
「うん、お願いします」

洗い場に移動して、体を洗ってもらう。

全身汗だくになっていた体を、ボディソープで丁寧に洗ってもらう。特に、精○でドロドロになっていた息子の辺りは念入りに洗ってもらい、シャワーで泡と一緒に流してもらった。

バスタオルで体を拭き、服に着替えた後、メッセージ入りの名刺をもらった。

「今日はありがとうございました」
「ありがとう。お菓子は、お腹が空いた時にでも食べてね」
「はい!」

部屋を出る前に、お互いの体を抱き寄せてディープキスをした。

 【変集長より】
ヨシテル記者、ありがとうございました。

検索で気になったお店で指名したHカップの爆乳美女!
すごいですね~。そりゃあ、案内の瞬間、目がいっちゃいますよね~。

そして、女の子の好感度抜群の事前シャワーと差し入れ!
特に清潔にしておくことは大事なこと。
即○があってもなくても大事なこと。
女の子の言っている通り、好感度も高くなりますもんね。

お~! Hカップの爆乳Mットと!
なんとも言えない快感…、いいですね~。
巨乳の姫のMットは気持ち良いのも納得です。

ちなみに、あるあるですが、巨乳の姫とは騎○位も良いですよね。
ダイナミックに揺れる巨乳…、絶景ですもんね~。

ヨシテル記者、次回もまた、爆乳美良嬢との投稿、お待ちしていますよ。

投稿・口コミ情報ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント20p
合計40ポイント

※ポイント2倍キャンペーン対象店舗(合計ポイント×2)+ボーナスポイント対象コンパニオン(プラス50p)
総合計130ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には『プレイガールを見たんだけど』と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿募集概要はこちら

2021年2月2日掲載
navigate_nextヨシテル記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded