プレジデントクラブ

TEL:03-3876-1140

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2020.12.27
プレジデントクラブ

麻倉 優
33才 T165.B88(D).W58.H89

麻倉 優の体験記事|プレジデントクラブ 吉原高級店ソープ

2020.12.27
【osuibushi記者の体験投稿・口コミ情報】


 体験記者名
『osuibushi』記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<高級店>プレジデントクラブ 120分コース

 遊んだ時期
・2020年12月

 総評 ※記者の印象です。


・ビジュアル
 ★★★★★

・プロポーション
 ★★★★★

・接客態度
 ★★★★★

・感度
 ★★★★★

・攻め
 ★★★★★

・コスパ
 ★★★★★


 受付から女の子に会うまで
[12/13 22:55 麻倉優 写メ日記より]

プロボウラー優。

本日も完売御礼。
今日はご新規様day。
ク○ニで溺れ死ぬ寸前でしたね。
無事でなによりです。

麻倉優さんから私宛てのメッセージ。

[ビビッと感じたお嬢様]

プレジデントクラブさんのホームページを見ていると顔出しはしておりませんが凄く惹かれるものがありチェックしました。
写メ日記をよく見ると綺麗なお嬢様ではないですか。コメントを読むと「貸し切り?」「睾丸マッサージ?」「Mットが得意?」もっと色々調べると「潮」の事まで。私は、今までに体験していない喜び、感動を求めてご指名&姫納め決定!

[初の姫予約]

優さんの写メ日記からLINEアドレスを知り夜間でしたが送信。
直ぐ返事が来てくれご挨拶と少しの会話をしました。優さんからプロフィール紹介とプレイの要望など交わして、後日私からの連絡にも丁寧に受け答えしていただきました。
会う日が近づくにつれワクワクしてきます。
世の中大変便利になりましたね。
自分のスマホから直接お嬢様へ連絡、予約ができるなんて。
私、昭和生まれの黒電話時代の人間。昔は、インターネットなど無く雑誌から姫を見つけてお店に電話予約。携帯など普及されておらず公衆電話から連絡確認をしていた時代から思いもしなかったシステムですね。

[優さんへの準備]

現在(優さん無限と言ってましたが)、ダイエット中ですが、アルコールがお好きなようでLINEでの会話からご希望の赤ワインを準備。
睾丸に5日分の精○を貯めました。
前日、優さん・お店にも予約確認。
当日にも双方に連絡を入れて上野から送迎してもらいます。
日曜日とあり店内にはもう8人程のお客様がおり繁盛されているのを感じます。
部屋の都合で移動する方、準備で待機遅れる方で分かれ私は、待機。周りをウオッチング。
隣のお客は、会計10枚を支払って。え?向かいのお客も10枚の支払?W?W?いいなぁ~。
私はワインをお土産ですが。隣の人も。向かいの人も。こっちの人、あっちの人もみんなお土産を持って来ている。
みんなのお嬢様への想いが感じられた瞬間でした。予定時間前に自分のルーティンを済ませて準備完了。もちろんアレもしっかり服用しました。

 女の子の第一印象
[安◯奈美恵と歌手杏◯を足して割った、色気の中に可愛さのある妖艶フェイス]

定刻10分遅れで及びがかかります。
服装を整えてマスクを外してエレベーターへと向かいin。
いざご対面。優さん落ち着いた表情でチョット上目遣いから私をじーっと無言で見つめます。
(うわぁー綺麗!この色気。このエロオーラ。姫予約して良かった~)
心で叫びます。
エレベーターが締まるとだんだん顔を近ずけて唇が重なり合います。私は、一気に緊張が解け素直に「逢いたかった。嬉しい。」と言葉が出ました。
優さん以後 優:「私も。」と同時にDキスから身体が密着。お互いが両手を背中に回してぎゅー。エレベーター到着。

来店するまでにLINEのやり取りをしていただけあり、やっと初デートが実現感動と言った感じです。
優さんベージュのタイトなワンピースで身体のラインがくっきり映えておりバストもしっかり形出てお尻もボリュームがあります。ホームページでもアップされてある通り妖艶な雰囲気、妖艶な眼差しで見つめられると私は、ヘビに睨まれたカエルのように動けません。ウェブがかかったロングヘアも熟女を引き立てはっきりした黒目で大きいクリっとお目目が可愛く大人のオ・ン・ナを感じさせます。派手でも無く地味でもない、また今までに感じた事のない落ち着いた趣きの女性で何時もの自分が全く出ない程優さんに飲まれてしまいました。顔は、歌手の安◯奈美恵と杏◯を足して割った感じの美女です。

 プレイ内容
[色情を感じさせる瞳にメロメロ]

部屋に案内されると私は、約束していた赤ワインとつまみの入った手提げ袋を渡します。優:「ありがとう~」
から私に抱きつきじーっと見つめて再びDキス。今度は、舌が絡んで吸い付きロングDキス。
優さんからもう「はぁぅん~はぁ~あ~ぁぁぁぁ~ぅん~」声が漏れてきます。
優さんは、キスからそのまましゃがみ私のジーンズボタンに手を掛けて外し下ろして、右手で私のペ○スをにぎにぎ。
左手でシャツをめくり乳首を愛撫。
お互いの手が背中に回り抱きしめながら再度Dキス。ぴちゃ、ぴちゃ、ぴちゃ、ぴちゃ、ちゅるちゅるちゅる~~二人の求め合う音が部屋に響きます。一旦二人の顔が離れると優さん私をじーっと見て
(脱がして~とばかりに)背中を向けます。
優さんの背中のチャックを下ろすとブラは無く後ろから胸をわし掴みして背中から首のあたりを愛撫していきます。
優さんから「はあ~ぁ~~はあ~ぁ~」
吐息が溢れ身体をクネクネさせてます。
また向き合いジーッと見つめDキス。
私は、優さんのワンピースを脱がすとノーパンで薄いアンダーヘアーが目の前に。
優さんから立ってと言われジーンズ・シャツと剥ぎ取られパンツのみに。
「もうこんなになって~~確かめちゃおうかな~~」とパンツを少し下ろしてペ○スを露出させるとジュぷ、ジュぷ、ジュぷ、ジュぷフ○ラが始まります。
私のパンツを全部下ろさずペ○スだけ露出した状態のフ○ラがとてもいやらしくたまりません。
優:「凄~いパンパンのカッチカッチ、入れちゃおう~か?」
立ちバ○クから挿○。
私は、ハイトップギヤで、パンパンパンパンパンパン開始から飛ばします。
優:「はゥ~~はああああああああああ」
パンパンパンパンパンパン。
優:「アタる~~凄い凄い~アタる~~奥まで奥まで~~ああイイ~~子○に子○にアタる~~イイ~~イイ~~」
パンパンパンパンパンパン
優:「イイ~~凄い~いっちゃう。ああああぁぁぁぁぁぁ~~~ぁ・・・・・・」
ピクンとピクンと脱力後、優さん座り込んでしまいそうだったので、挿○したまま私は両手で優さんの腰を支えます。優さん鏡の前に行こうと少し異動してまた立ちバ○クの続きです。
パンパンパンパンパンパンパンパンパン。
鏡に映る優さんの乱れた髪、妖艶な姿についいきそうな自分を抑え二人の姿は、恋人同士が搦み合っているようで心からお逢いできて良かったと感じた瞬間でした。

[潮で窒息死?]

一旦Bッドに戻り私の好きなク○ニをします。もうクリも刺激されていた為、勃起状態でおま○こをペロリと舐めると本気汁。既に出来上がった状態の味です。優さんからもっと舐めて~のお願い。
私は、優さんの太腿を抑えて陰部の周りからゆっくり舐めて行くとクリがイイとおねだり。ならばと一点集中でクリを徹底的にベロリベロリベロリベロリ舐めまくります。
優:「ああ~~クリいい~~気持ちイイ~~ああ~~」
優さんは、自分で乳首をつまみながら喘いでいます。
舌全体を大きく使ってべろんべろんべろんべろん愛撫。
優:「ああ~~ああ~~イキそーああ~~イキそー、いっちゃう~」
からシャー~~シャー~~と、私の口の中にドボドボドボドボ優さんの潮が流れ込んできます。
口いっぱいになりもう溢れそう!
「ゴクッ、ゴクッ。ゴクッ。ゴクッ。ごっくん。ごっくん。ごっくん。」優さんの液を受け入れました。が!が!が!
勢いが強くなり更に物凄い圧と量に受け入れも限界。喉が詰まり、
私:「ゲホッ!ゲホッ!ゲホッ!はあ、はあ、はあ、はあ、ゲホッ!ゲホッ!」
しばらくむせてしまい呼吸困難になってしまいました。
優さん心配して、
優:「こっちに来て!横になって。」
私を招くと二人一緒に横たわり私を優しく包みピッタリ密着して黙ってゆっくり愛撫してくれます。
「優さんの飲んじゃった。ぬる燗で味がなかった。でも、びっくりした~ああ~苦しかった~」
ようやく落ち着くと再びプレイボール。

[小型バイブでイキまくり]

Bッドで優さんは、またじーっと見つめてきます。この見つめ合う間が、如何にも恋人同士を感じさせる雰囲気を作り「好きよ~」と思わせてしまうような虜になる瞳です。掴みが凄く上手です。
プレイ中に優さん曰く、
「射○や回数だけが、ソープじゃない」と、
ポリシーを持ち強く語っておりました。

正にこの言葉は、最後に証明されます。

Dキスから愛撫を始めると入れてのお願いから正○位に入ります。
ゆっくりピストンしているともっと強く激しくと催促するように下から私の腰を抱えてグイグイ上下に動かします。
私はこれに気づきピストンを早く強くします。
優:「ああ~~イイわ~強~いイイ~~」
私は、優さんを開脚させてクリを右手で摩り始めると優さん枕元にあるピンク色の小型バイブにスイッチを入れ自分のクリに刺激します。
ウィ~~イ~~~~~~。
パンパンパンパンパンパンパンパンパン。

優:「アハ~~ン~~クリもナ○も最高ーああ~~ああ~~イク、イク、イク、イク~~」
バスタオルが更にびしょびしょに、そして優さんは果てました。
私は、未だイキたくなかったのですが、強く突く度、優さんの悶える眉間のシワ、こめかみと首に浮かぶ血管と喘ぐ声。
突かれながら私を見つめる瞳に心も身体も抑える事が出来ず。
私:「優さんイク~~」
優:「おま○こ来て~~」
で果てました。
私がイッタ後。
優:「凄くカッチカチで、なかなかいかないけど薬飲んでるでしょー?バイ○グラ?何?」と見透かされてしまいました。
優さんは、ペ○スの立ち具合やイキの持ち具合やイッタ後のペ○スの固さで大体服用しているヤクがわかるそうです。
これまたプロ中のプロです。
そして麻倉優売りのMットに入ります。

[自慢のMットに細かな気遣い]

12月で寒さも厳しくなり、部屋の中も裸では少し寒いと言うのに寒がりな私にはMットは、厳しい季節。私足が冷えるとこむら返りが起きて薬を飲まないと治らない程苦しむのでなるべくやらないようにしております。しかし、得意でオススメのMットをお断りするのは、大変失礼にあたりMットを受けずに麻倉優は、語れないと決意。
お願いいたしました。
Mットの前に優さん髪ゴムを口にくわえながら髪を束ねる姿、表情がとても美しい。
自分は、Mットをやらないのでプレイ前のこの表情を眺めるのも良いものだ。
優:「身体冷えちゃうから良く温まってね」と気をつかいつつ「寒い寒い」と震えながら準備します。
私は、浴槽に熱湯を注水して身体を温めました。
優さん入り口のドア下の隙間にバスタオルを詰めて、洗い場に栓をしてそこにもお湯を張りながらシャワーで蒸気を出して、湿度を上げます。換気扇の隙間にもバスタオルを詰めて、塞ぎ少しでも部屋を暖かくしようとしてくれます。Lーション準備は、「熱い熱い火傷する」と熱そうに指でかき回しては、指をフウフウしてここにも妥協無きプレイに備えた準備をしてくれてます。
最後にMットに熱湯をかけて完了。
優:「できたー私も入れてー」と混浴します。
優:「あっついー。熱、熱過ぎー草津温泉だー」
と叫びつつ二人で温まりました。

[プロボウラー優]

「仰向けでどうぞ。滑らないようにゆっくりね」の案内でMットに導かれます。
照明も薄暗くなり室内に流れるBGMもスローに。身体に熱めのLーションがかけられてゆっくりゆっくり満遍なく伸ばされていきます。背中、首、足、手と優さんの手と足を大きく細かく使い優しくダイナミックにマッサージされ私を包んでいきます。そして優さんの指と乳首、おまんこを微妙に絡ませて広げていくプレイには、ペ○スが反応してきます。
下を向いているので見えないのが残念です。そしていよいよ優さんオススメの睾丸マッサージが始まります。
Lーションをたっぷりと陰部につけて指先でタマを優しく優しく触れるか否かぐらいの感覚でマッサージしていきます。
興奮する気持ち良さではなく、リラックスして解れる癒されると言う感じです。
竿には一切触れていないのに何この気持ち良さ。
そして徐々に棒に力が込められて亀頭が膨らみ始めました。上を向いたらペ○スはパツパツでした。ここから優さん私のを挿○します。
女性○位からグチュ、グチュ、グチュ、グチュ。Lーションが付いた身体からいやらしいエ○チな音が部屋に響きます。
Mットならではの臨場音。
私は、下から優さんのオッパイ、乳首を刺激しながら腰を突き上げ、優さんは、M字ピストンで答えてくれます。
優:「あん、あん、あん、あん。Mット気持ちイイ~~グチョグチョ~~ああああ~」
パンパンパンパンパンパンパンパンM字の優さんの動きに上からの汗がポタポタポタポタ私の顔に落ちてきます。
優さんの激しさと懸命さが伝わります。
責めたい私は、上に行きたい事を話すとお互いLーションびたびたの身体のままBッドに移動です。時計を見たら!え?あと10分?早い~~もうそんな時間?

[射○、イク回数がソープじゃない]

ラストスパートで正○位から突いて突いて突きまくりました。今度は私が上から優さんの顔に汗がポタポタ落ちます。が、が、きてしまいました。心配していた事が。
持ち病の両足太腿裏がこむら返りにあってエ○チは、中断。私は、両足を揉みながら部屋をオロオロしながら常時している薬を飲んで回復を待ちます。
どっちらけです・・・。
その間優さんは、洗い場を片し始めこれで幕が降りるのか?と絶望してしまいました。
優:「熱いー暑かったねー。○○飲んじゃおうか?飲もう!」
姫予約時、お土産でお酒の何が良いのかやり取りしていたのでお互い飲める事分かっていたので注文してくれました。
今まで色々なお嬢様にお相手していただきましたが、これも初です。
一緒に乾杯してMットで汗をかいた後の○○は最高でした。
ご馳走さまでBッドに横になった私を優さんは例の小型バイブ先を私の乳首に刺激してきます。そして、優さんの目は、じーっと私を見つめて・・・。
もうおしまいとわかっているにもかかわらず私は優さんを押し倒し復活したペ○スを挿○。ずっとDキスをしながらガッチリ優さんをホールドしてピストンしたら、あっと言う前に果ててヘッドスライディングセーフ!素晴らしい結末!

[リピされる理由]

イッタ余韻も浸れず合○のままコールが鳴ります。
受話器を取り、
優:「今お客様お着替え中です」
え?未だ着替えていないし、催促?
優:「Lーション流して帰りましょう。」
時間が無い中最後まで自分の仕事をやり抜く姿勢とおもてなしに心を打たれました。
途端またコールが。
優:「着替えお手伝いできなくてごめんなさい。」
帰りぎわに優しくされると名残惜しくなってしまいます。
ドタドタのバタバタで汗をかいたまま。帰りの準備して優さんからフロントにコールをすると、
優:「今帰りのお客様重なっているから未だいっしょにいられる。」
と私に寄り添いピッタリ身体を付けずーっとDキスをして来ました。
最後にとんでもない付録が付いて来ました。チョットした延長付きでとてもラッキーでした。最後に、
優:「2回イケて良かった~~。私Mット長いからギリギリだよね。でも気持ち良かったー嬉しい。ありがとう。」
で部屋を出てエレベーター内でもずーっとDキスで下に到着。
後ろ髪引かれバイバイしました。

[姫予約で繋がる思い]

家に帰る前にLINEから今日のお礼を伝えました。すると優さん個人的におこなっているLINEショップカードとLINEサービススタンプが配信されました。ポイント5つ溜まると5000円のQUOカードが貰えます。それから私へのメッセージとして潮で溺れそうになった事「溺れ死ぬ事なく無事で何より」と心配?笑い?の返信が。
私は思わず吹き出してしまいました。
そして、その晩の写メ日記には、ク○ニで溺れそ死ぬ寸前で無事で何よりと配信され、この日の二人の証が残る1日でした。優さんに着くお客様は、ダブル、貸し切りとありますが、納得しました。最後に優さんの潮には、病み付きになってしまう麻薬のようなモノが含んでいるのでしょうか?何日か経った今でもウズウズしてしまい。会いたい!交わりたい!そしてあの潮を溢さずお代わりが欲しくてなりません。次に会うまでには、しっかりと呼吸法を身につけて溺れ無いようにしなくては。

[麻倉 優様]

私は、初めて姫予約をさせてもらいました。遭うまでの間も楽しくLINEでのやり取りが恋人感覚で私歳替えもなく20年ぶりにときめいてしまいました。優さんの潮には、男を虜にしてしまう薬が含まれているのでしょうか?
私は、大量摂取した為心も身体もあの日の事ばかり思い出し、会いたい気持ちでいっぱいです。私は、ダブル、貸し切りなど到底不可能ですが、次回再会するまでは、溺れない呼吸法をしっかり身につけて漏れ無い、零さないように受けとめて参ります。
「射○、イク回数以外の喜び体感いたしました。今後とも宜しくお願いします!」

 【変集長より】
osuibushi記者、ありがとうございました。

安室奈美恵と杏里を足した感じの美熟女!
色気があって全身から溢れ出ているエロオーラ!
今までに会ったことのない落ち着いた趣き!

普段の自分を出せなくなるほど緊張。
蛇に睨まれた蛙状態。
それほどの美熟女と!
すごいですね~。気になりますね~。

SNSで連絡を取り合い、会いに行く約束をし、ついに!
そして、射○、発○回数以外の喜びを体感!
今はココロもカラダも体験を思い出し、会いたい気持ちでいっぱいと!

いや~、素晴らしい姫に出会いましたね~。
これはもう、オキニ確定ですね。

osuibushi記者、次回もまた、会いたい気持ちでいっぱいになった美良嬢との投稿、お待ちしていますよ。

投稿・口コミ情報ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント30p
合計50ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には『プレイガールを見たんだけど』と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿募集概要はこちら

2020年12月27日掲載
navigate_nextosuibushi記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded