ローテンブルク

TEL:03-3871-8899

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2020.9.5
ローテンブルク

伊集院 雛子
37才 T155.B80(C).W59.H88

伊集院 雛子の体験記事|ローテンブルク 吉原高級店ソープ

2020.09.05
【アレクシス・アルゲリョ記者の体験投稿・口コミ情報】


 体験記者名
『アレクシス・アルゲリョ』記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<高級店>ローテンブルク 180分コース

 遊んだ時期
・2020年7月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 普通

・泡姫のビジュアル
 大変満足

・プレイの満足度
 大変満足



 受付から女の子に会うまで
姫予約でしたので確認電話は当日2時間前だけ、送迎車中の空気感がどうも苦手なので何時ものように鶯谷駅南口でタクシーを拾い30分程前に登楼しました。

ドリンクオーダー、花代支払いを済ませて、厠を拝借。
落ち着いた暗色の木目が印象的な待合室で一服したいところですが、残念ながら4月から禁煙になっちゃったんで灰皿を借りて店頭で煙草を喫みました、出勤して来るキャストさんと鉢合わせする可能性を厭わないで裏口に案内する旧同系列の某店とは違います(笑)

灰皿を持って来て呉れた黒服さんとしばし歓談、以前はこういう当たり前なことが全くありませんでした、スタッフさんの接遇レベルが当社比対前比でやや普通になって来たようで(笑)慶賀に堪えません。

未だ時間があったのでiPadを借りてパネルを眺めてたら5分程前に御案内となりました。
廊下の先、階段下の踊り場でボクを迎えて呉れた嬢はボクを視認するなり、傍らで傅ずいてる黒服さんの手前もあるんでしょう、ごく控え目に破顔、直後に深々と一礼されます。

 女の子の第一印象
外出も5回程してる馴染み嬢ですので、初見の時の記憶を辿って再構成してみます。

其の佇まいは清楚で可憐な淑女そのもの。
程度の多寡は異なれこの世界ではありがちな水っぽさは皆無にして絶無。
コンビニやスーパーは勿論のこと銀座のクラブも似合いそうにありません。
日本橋三越辺りをそぞろ歩いていそうです。
只、気取った感じは微塵も無く、もの柔らかくて親しみ易く優しい感じ、こちらにシンクロして来るような癒しオーラが満々と漏出しています。
歓語中の鈴を鳴らしたような愛らしい声音も耳に心地良く、閨での凄艶極まる鳴きとのギャップを一層際立たせます。

つまり、第一印象からはエロいオーラを感じません。
初見第一印象の清楚な淑女振りと閨での悦び深い乱れ振りとの落差は著しくも甚だしくギャップ嬢の極北(頂点)と云えましょう。

面差しは吉岡里帆を女盛りにした感じの上品な別嬪さんです。

 プレイ内容
初見登楼時にお互いの性感を探り合ってシンクロして行く過程はソープの醍醐味の一つであり、其の描出は体験投稿の本義でありましょうが、ボクと雛嬢はもう何回も枕を交わしてるので、お互いにお互いのツボを知り尽くしています。
そういう意味で、雛嬢の体験記事の初投稿者としてボクは相応しくないのかもしれません。

拙文の内容が、雛嬢に数多揚がって来た故である側面を否定できないからです。
しかしプレイガールさんには、雛嬢のユーザー体験投稿が未だありませんから、不肖ながらボクが(汗)先鞭を着けるに至った次第です。

以下、数多の登楼時の体験をオムニバス風に纏めてみます。

個室のBッドに座ったボクは、立膝の嬢を抱しめて背中から脇腹、ヒップをフェザータッチしながらフレンチキス。
舌を挿し入れると、嬢は最初の裡こそ控え目に応えていますが、程なく唾液を交換し合うようなディープキスになります。
眉根を寄せ睫毛を微かに震わせてキスを味わってる嬢に「舌を出してごらん」と軽ぅ~く言葉責め。
舌先を焦らすように吸い舐めすると「くぅ~ん」と愛らしい鳴きが吐息と共にキスで塞いだ口から漏れ出て来て、嬢は強くしがみついて来ます。

唾液の糸を引きながら唇を解き、嬢の手を取り甲に舌を這わせ手指を一本一本舐め廻すと、切なげに腰部臀部を捩り出しました。
嬢をベッドに引き上げて座らせ背後に廻ります。
腕にも舌を這わせ肘も舐め廻します、肘表に軽く歯を当てて滑らせます、嬢の腕を上げさせ、上腕裏を吸い舐めしてから一気に脇の下まで舌を這わせるとピクっと軽く痙攣。
閨の悦び深い性質、女盛りで感度は抜群です。

肩口を吸い舐めして歯を滑らせ、うなじから首筋までを舐め上げます。
ブラのホックを外しワンピを脱がさないでブラだけ抜き取り、ワンピ越しに乳首を指先で軽く撫で廻すと、呻くように鳴き始めました。

顔を振り向かせて唇を合わせ舌を吸い合います。
乳首をワンピ越しに優しく摘み転がして「強くない?ちょっとでも強かったら言うんだよ」と問うと鳴きながらも烈しく頭(かぶり)を振る其の様は「もっと強くして」と懇願してるかのようです。

ボクがBッドから降りてワンピを脱がせ、嬢の手を後ろに付かせ、両生乳首を交互に舐め、吸い、舌と前歯で挟んで優しく甘咬みすると絞り出すように大鳴き。
愉悦に堪えかねイヤイヤするかのように頭(かぶり)を振りながらボクの手を取りBッドに引き上げようとします。
「もうおち○ちんを入れて欲しい、お願い、おま○こして」って蕩けた貌が訴えています、未だ早いっての(笑)

嬢の足を取り、その脚指を一本一本舐め廻します、親指や小指はフ○ラするみたいにチュパチュパ音を立てて吸い舐め。
膝頭も吸い舐め、更に歯を軽く当てて滑らせながら大股を開かせると、純白のフルバックショーツのクロッチ部位にはおま○こ汁の大きな沁みが出来ていて表面にまでヌラヌラと沁み出しています、Bッドに敷いたタオルにも粘性の沁みがべっとり。

もうドロドロになってるんでフルバックを脱がせ、ベトベトの沁みを再視認、且つ嬢にも見せようとしたら、「いやぁ~ん、見ないで」と恥じらいながら引っ手繰られてBッドの隅に隠されちゃいました。
見ないでと言われちゃったんで震源地(笑)を暫時視姦した後、脚を延ばさせ腿裏、膝裏から脹脛裏を舐め廻します。
大股を全開で開かせて蟻の門渡りから鼠蹊部、クリ上を円状に焦らすように舐め廻します。

陰唇をしゃぶるように吸い舐め、膣口に舌を挿入するとクリへのク○ニを乞うように腰を競り上げるので、クリへのク○ニ開始、舐めしゃぶり吸いまくります。
更にア○ルから膣口、クリを往復するように舐り廻します、烈しく呻き鳴く嬢。
クリを舐りながら腕を延ばして両乳首をコリコリ摘まんでやると吠えるように鳴きます。背中を反らせ腹部が大きく波打ち、脚指先が反り返って拡がり、一転 何かを掴もうとするばかりにグーの形状になります。
繰り返しになりますが、閨の悦び深い性質、女盛りで感度は抜群です。

Bッドに再度上がり、貌を上気させて横たわる嬢にディープキス。
ボクの腕を引き込むようにして挿入の懇願を再度全身で顕してる嬢を制止して四つん這いにさせ、背中から脇腹、腰回りを舐め廻します。
嬢はピクピクしながら切なげに空腰を遣いますが未だ挿れません。

お尻の豊かな双丘を念入りに吸い舐めしてから唐突にチ○口に舌を挿入すると吠えます。腕を延ばして両乳首を摘み転がしながらクリからア○ルまで往復するように舐め尽くします。
ア○ルを舐めながら右手でクリを擦り、左手を延ばして乳首を摘み転がすと、込み上げて来る愉悦に堪えかねたように背中を大きく反らせて、「シャー、シャー」と言う噴射音と共に潮噴射。

舌を尖らせてア○ルに挿入してピストンすると「ブビッ」とマン屁を発した瞬間に潮噴射、あられもないマン屁音と潮に恥じらって「ゴメンなさい」と言う嬢。
嬢の股間に顔を入れて乳首を摘みながら顔騎すると、またしてもジュボッと言うチ○の淫音と共に潮噴射、ボクは顔面で嬢の温かい潮を受け止めます。

陶然としてる嬢をBッドに横たわらせ、休憩がてら(笑)髪を撫でながら優しくキス、直後に唐突に両乳首をやや強めに指で摘み転がすと、両足を突っ張らせ「来ちゃうのぉ」っと吠えるなり乳首イキ、全身を仰け反らせて潮を噴射して達する嬢。
もう止まりません。
乳首を甘噛みしながらクリを摩ると「また来ちゃうのぉ」っと吠えるなり横様に身体を仰け反らせて潮を噴射して達する嬢。

気を遣った時の嬢の面差しは普段にも増して神々しいまでに美しく、さながらオンナの業が抜け切った童女のようです。
ボクはもう辛抱堪らず、漸く正○位で挿○します。
が、取り敢えずおち○ちんでクリを擦ります、「このおち○ちんをどうしたいの」と言葉責め、「挿れて欲しいの」と嬢、「何処に」とボク。
「おまんこぉ~」と嬢、此処でようやく挿○。

嬢のおま○こは狭くて良く締まるのに対して、ボクはやや巨根なんで(汗)、そぉ~っと挿○して、呑み込まれた亀頭部を馴染ませてから、胸を合わせて抱き締め、Gスポを浅目に擦り上げるようにゆっくり腰を遣います。
すっかり馴染んでドロドロになってるので奥まで挿○、浅い子宮口に当たります、クリごと捏ね繰り回すように腰を遣います。
眉根を寄せて堅く眼を閉じ睫毛を震わせて愉悦を噛み締めてる嬢、キスすると舌にしゃぶり付いて来ます。

腕を上げさせ左乳首を甘噛みしながらしゃくり上げるように腰を遣うと、嬢はもう声にならない切羽詰まった濁音で鳴きながら達します。
気を遣った瞬間、強烈な膣圧でおま○こ内部をGスポごと前に競り出し、子宮口も降りて来ておち○ちんが押し出されます。
烈しく頭(かぶり)を振ってイヤイヤしながら再挿○を乞う嬢、自分で押し出したのに(笑)
再挿○して腰を遣います、再度強烈なチ○圧で押し出されそうになりますが、今度は押し出されないようにがっちりと嬢を抱しめながら追い込むように腰を小刻みに振ります。
烈しく迎え腰を遣いながら呻くように鳴いていた嬢は、込み上げてくる爆発的愉悦を瞬間的にグッと堪(こら)える気配が伺え、直後に堪(たま)りかねたように吠え達します、同時にハメ潮大噴射。

陶然うっとり貌の嬢に「眼を開けてボクを視て御覧」と言いますが、白目がちになった瞳は潤み視線定かならず飛んでいます。
今度は右乳首を甘噛み、左乳首も指で摘み転がしながら腰を遣うと、殆ど瞬時にハメ潮と共に気を遣る嬢。
ボクも込み上げて来たことを告げると「ちょぉ~だい、ナ○にいっぱい、欲しいの」と嬢。
視線を絡み合わせながら無事吐精に至るボク。
嬢の面差しは童女から一転慈母の如く変位していて、ボクの背中を優しく撫でて呉れる、嗚呼倖せ。

以下、騎○位編、後○位編、対面座○編はカットしてMット編(笑)

嬢は閨の悦びがとことん深いM寄り受け身嬢ですが御仕事もしっかり出来ます。
出来ますがMットで表になった時、嬢にちょっかいを出すと時に大変なことになるかもしれません。

ア○ルを始め背面を散々に舐り廻されたボクはフル勃起、表になるや早速嬢の乳首やおま○こに手を延ばして逆襲しようと試みます。
嬢は「(御奉仕が)出来なくなっちゃうからダメ」と身を捩りながら哀願するように訴えるので暫時止めました。
悦びが深い性質で感じ始めると時に制御が困難なことがあるのをよく知っていますから。
大人しくマグロになって、右乳首舐め、ディープキス、左乳首なめ、フ○ラの奉仕を受けてたら、嬢はおもむろに騎○位で乗っかって来ました。
大丈夫か、オイ(笑)
騎○位でも腰を遣いながら屈みこんでキス、乳首舐めの奉仕をして来ますが、程なく眉根を寄せて切なそうな貌になって来ます。
「今は御奉仕してるんだから」と云うわけで、感じるのも鳴くのも懸命に我慢してるのが伝わってきます、健気な嬢。
おま○こから込み上げて来る愉悦に堪えかねて辛そうなんで、抱き締めて胸を合わせお尻を抱えて下から突き上げると堰を切ったように鳴き始めます。

調子に乗ったボクはLーションで滑り易くて手が入れ易いのを良いことに、右手でクリを左手で乳首を摩り転がしながら突き上げます。
浴室部に響き渡るパンパン、ぐちょぐちょ、ねちょねちょと云う卑猥極まる挿○音と三点責めを受けた嬢の嗚咽めく鳴きがシンクロします。

嬢は「お願い、来ちゃうからダメ、ダメっ、来ちゃう」と哀願、鳴きながら訴えますが止めずに責め続けてたら、「だぁ~め~」と吠えるなり上体を起こして身を仰け反らせるや、ボクの下腹部に叩き付けるような噴射圧でハメ潮、ヌキ潮。
気を遣った勢い余ってMットから転げ落ちちゃいました(汗)

お蔭でボクは嬢をシャンプーしてドライヤーを当てる破目に(笑)、まぁ~其れは其れで嬉しくも愉しいんですが(笑)

総評

清楚で可憐、優しくて健気、羞じらいを湛えた真面目な良嬢です。
且つ、閨の悦びとことん深い女盛り、抱き冥利に尽きます。
読者諸賢にあって雛嬢に揚がる機会がもしありましたら、どうか優しくしてあげて下さい。

とっても良い娘ですから。

 【変集長より】
アレクシス・アルゲリョ記者、ありがとうございました。

外出を5回もしているオキニ姫!
もう何度と交わってきた、お互いのツボを知り尽くした関係性。
今回は初対面のときの投稿と。

吉岡里帆を女盛りにしたような上品な美熟女!
清楚で可憐、優しくて健気、羞じらいを湛えた真面目な良嬢!
そんな清楚な淑女が乱れる姿…、確かにすごいギャップでしょうね。

いや~、それにしても、いろいろな意味で素晴らしい投稿ですね~。
情報量ポイントは、文章の上手い下手は関係ありませんが…、すごいです。

アレクシス・アルゲリョ記者、次回もまた、素晴らしい美良嬢との投稿、お待ちしていますよ。

投稿・口コミ情報ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント30p
合計50ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には『プレイガールを見たんだけど』と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿募集概要はこちら

2020年9月5日掲載
navigate_nextアレクシス・アルゲリョ記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded