シャトーペトラ

TEL:03-3873-4020

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2019.5.11
シャトーペトラ

ふじの
T165.B99(G).W61.H99

ふじのの体験記事|シャトーペトラ 吉原大衆店ソープ

2019.05.11
【ちょう介記者の体験投稿・口コミ情報】


 体験記者名
『ちょう介』記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<大衆店>シャトーペトリュス 180分コース

 遊んだ時期
・2019年4月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 大変満足

・泡姫のビジュアル
 大変満足

・プレイの満足度
 大変満足



 受付から女の子に会うまで
素敵な体験を記憶と記録に、と思い初めて筆を取りました。長文となりますが、よろしくお願いします。
仕事で疲れ果てていた時期に、癒しを求めていたところ出会えたふじのさん。毎回癒されてますが、直近の過ごした時間を投稿します。
リピーターですので早めからの姫予約でふじのさんとの時間を予約できますが、初めてですとこのお店の会員様で一週間前、一般の方は前日からとなります。
ふじのさんと過ごすには90分ではとても足りず、いつも長めの時間を予約しています。
初めての予約だと、特に休日の希望時間は会員様予約でもキビシイかもしれません…
日暮里駅から送迎車でお店へ。お店の前でUターンし、出るとすぐにお店へ入口という配慮、靴からスリッパへ履き替えると、
「いつもありがとうございます!」
とカウンターから店長さんとおぼしき声を聞きつつ待合室へ。長い黒ソファー3つにそれぞれガラスのテーブル、おしぼりとお茶を頂きここで受付です。
これまで何回か遊ぶ時間を間違えられるもそこはご愛嬌、その時は丁寧に謝罪を頂きましたが今回は予約通り!で無事受付完了。
数名の同志が次々と呼ばれていき、なぜか?いつも最後に呼ばれます。これも楽しみ前の最後の焦らし?と解釈して胸を踊らせます(笑)。
そしてボーイさんの「ご案内入りまーす!」の声、通路を進み突き当たりを左へ折れると、美しい桜色のサルートで溢れる笑顔のふじのさんがそこに。
今日も会えたことに感謝しつつ腕組みでお部屋まで、近況を話しながらもその間も肘で大きいお胸を楽しみます。

 女の子の第一印象
SNSで様々な衣装を見せてくれてる通りで、いつもお写真そのままです。
可愛らしくもあるのですが、豊穣の女神さまというべきでしょうか、自分へのご褒美?も兼ねて定期的に会いきますが、会う度に思うふじのさんの印象です。
優しくも淫靡な笑み、豊かな雰囲気で包まれると、帰ってきたーとも思わせてくれます。アロマや照明の細かい気配り、話の引き出しの多さには知的な印象も。
また常にスキルアップの姿勢にはいつも癒されると同時に励まされているとも感じます

 プレイ内容
スリッパを揃えて部屋に入ると、
「今日もありがとうございます」
と、再会を喜んでくれるふじのさん。
立ったままで柔らかい唇に合わせるとフレンチから深いkiss…。
「んっ…」
と声を漏らしながら、しばらく没頭…。
「お帰りなさい…」
と言われている感じ(妄想)が堪らなく好きです。
既に硬くなったものがふじのさんのお腹にグリグリとあたります。ズボンの上からお手てでスリスリされると、楽しそうに、
「こんなに硬くなってる…」
こちらにも着衣の上からでも主張している大きなお胸の弾力が伝わります。
会ってすぐから深いkissを楽しんだあと、新作サルートをお願いしていたので、桜色のサルートの話へ。開発された方の話が聞けたそうで、こちらもお話を聞けて嬉しくなりました。
(※リピーターですと、事前に衣装をお願いできます)
キャミを脱ぐと桜色の中に美しい刺繍のあしらい、その中に豊かさを象徴するようなお胸、そして大きいヒップ、艶かしい足、と女性的な曲線がよく映えます。
フェザータッチをしてもらいながら、
「顔当てていい?」
と聞くと、
「いいよ…」
と、もう窒息してもいー(笑)と思いなから顔を挟まれて、豊かなお胸の弾力を楽しみます。
サルートのお尻にもワンポイントの刺繍、
「綺麗ですよ」
と囁きながら大きいお尻にも頬擦り…。ふじのさん、大柄ですが、出るところは出てへこむところはへこんでいて、とてもグラマラスです。
SNSでの撮影の話をしながらサルート姿のふじのさんを満喫したあとは、上着をかけてもらい、こちらもBッドに腰掛け脱衣。こちらの胸のてっぺんを両方ともペロペロされて、
「あっ…」
と恥ずかしい声で反応していると、見上げるふじのさん、優しい声で、
「もうシミになってるよ。帰りに履けなくなっちゃうから脱ごうね」
と促されパンツを脱ぐと、根元からまる見えの直立して硬くなったものとご対面。
ふじのさんの下のお口は無毛なので、こちらも同じく合う当日の朝には、綺麗にしてくるのがもう習慣になってます。
剃ってから日が経つとチクチクして痛いので、「お揃いプレイ」を楽しむなら当日朝の処理がよいです。 スベスベにしたところ同士を合わせられるのはより距離が縮まった感を感じます。
そして、
「今日もお揃いだね!」
と言い合いながらふじのさんのお口が硬くなったものへ。
シミの「我慢の液体」そのままでパクリ…またパクリ… お口の温かさが伝わり、両手を床におきながらゆっくりストローク。
時折「どお?」と語りかけてくるような視線、先ほどまでの優しさ溢れる笑顔から淫靡な表情へスイッチ。
激しくはないけれど、強弱を付けつつお口で硬くなったもの全体を確認するようなフ○ラ。思わずふじのさんの頭をナデナデ。
淫靡な視線が合う度に愛しさが芽生えてきます。
確認F(笑)で硬さを維持、頃合いを見て桜色のサルート、お胸のところを丁寧に外し、ヒップのところもゆっくり下ろします。
大きいお椀を並べたようなお胸と大きいムチムチのお尻が露になると、
「横になろっ…」
とBッドで寄り添います。
「サルートのガー○ーとタ○ツは着けたままで…」
と言うと、
「もうちょう介さん、え○ち~」
の言葉を頂きながら再びkiss、お互い舌を吸い合い絡め合い「8の字」の動き。
深いkissから美しい曲線を描くボディへ舌を這わせます。鎖骨から腕と胸の脇、またkiss、そしてサルートの上からも楽しんでいた大きなお胸へ。
手のひらでそれぞれの大きさと弾力、吸い付くような感触を堪能、幸せが詰まった魅惑の大きな膨らみ2つを前にしたら、また堪らず顔を埋めてしまいました。 優しくギュッしてくれるふじのさん、母性溢れる仕草と対応は正に豊穣の女神さま。
大きな膨らみ2つの最頂部はほどよい存在感。とても敏感なよう。一旦は触れるか触れないかのところまで。
体調に左右されるそうなので、
「今日は大丈夫?」
と問います。
「大丈夫だよ」
を聞いてから、できるだけ丁寧に丁寧に周囲をなぞり、可愛く反応する姿を見ながら口に含みます。
最頂部は 「舐められる方が好き」 とのふじのさん。舌で転がし優しく吸い上げ、こっちもとばかりに2つを夢中で舐め上げます。
最頂部が次第に硬さを帯びてくると、
「コリッコリだね…」
と囁きます。
「気持ちいい…」
夢中に成りすぎて痛くなってないかな?と思いつつ、ふじのさんの言葉に安堵。
そしてまたkiss、脇腹、おへそへと頬擦りしながら舌を這わせて、この間にも手のひらでお胸の膨らみもしっかり味わいます。
お肌が綺麗と改めて思いますね。しっかりお手入れしてると感じます。
お腹の辺りに、硬いものが触れて「我慢の液体」が付着しているのを見つつ、ふじのさんの下のお口、女神さまの神秘に到着。
まず周囲のご挨拶から開始すると、太股、鼠径部とまんべんなく舌を這わせます。この日は○ーターと○イツを着けたままなのでふくらはぎはソフトタッチ。
やがて温もりが伝わってくる源へ進み、両側の土手を広げるといやらしい音を立てる温かい泉。
ここで、
「70-1したい」
と伝えると、淫靡な声で、 
「うん…」
?の回答。
体勢を変えふじのさんが硬いものを再びお口にして、こちらの目の前には何生えていない神秘の入口、鮮やかなサルートとはまた別の健康的な桜色です。予約の際にサルートで
「ふじの桜でお花見です!」
としょーもないことを伝えたところ、
「了解です!」
とふじのさんもノッてくれていました(笑)。
もう視覚的にも大興奮、大きい陰と小さい陰の部を舌でなぞると向こう側でふじのさんのお口の動きが速くなります。
神秘の入口も舌でなぞり、その先下の真珠もペロリ。ピクンと腰が浮きます。指でもなぞるとまたピクン。
「指だと刺激が強すぎる…」
とふじのさん。
あーやっちゃった…。
「ごめんなさい」
を伝えて、舌で頂点をゆっくりペロリを続け温かい泉がジワっとしたところで舌を泉の源へ。
泉の奥を音を立てながら味わっていると、ふじのさんのお口の動きもヒートアップ。
「ひとつになろっ…」
と囁くとふじのさんに下になってもらいます。
硬いもので入口の上にある敏感な真珠をスリスリするとふじのさんは、眉が「八の字」の表情。
「気持ちいい…」 身も心も最高潮、お互い何も生やさず着けないで、最も近い距離で温かい泉に硬いものがスルン!
「ああ、温かい…包まれる…」
ツルツル同士での密着、そして複雑な動きをするナ○は、優しくもあり吸われるようで、泉もどんどん湧いてきます。
「ふじのさんのエエロま○こ気持ちいい…」
と呟くと、
「ちょう介さんの○まおち○ちんも気持ちいいー!」
エロワードで互いに高揚、隔てるものなしで、ゆっくり動いて泉内部の隅々を味わい、早めに動かしては硬くなったものの傘の部分で温かい泉を掻き出します。
液体が成す音が部屋に鳴る中、早くも硬いものがひとまわり大きく膨張、
「ふじのさん、いい?」
「ちょう介さんの…ちょうだい…」
これは、スイッチを押されますね(笑)
「イク!」
ブシュ!と音がして、白濁の生命の種がふじのさんの中を満たします。
そしてしばし激しくkiss…。
ギュッとしてくれながら可愛い声で、
「気持ちよかった…」
の囁き。
落ち着いたところで密着を解くと、ティッシュをあてがい、生命の種が流れてくるのをを観賞。
「えー!凄い量!どれだけ溜めたんですか!?」
「二週間!」
「えー!せ○しは3日で溜まるよー」
そんなやり取りをしながら横になると、硬さを失い先端にまだ残っているものをお掃除してくました。
以前自分で拭いたら
「あーん!もう!するのにー!」
と言ってくれたことがありました。
そのときは、
「ふじのさん!もう感激!」
と思ったのを覚えています。
お掃除の後もふじのさんがいとおしく、自分の生命の種をお掃除してくれたあともkiss…。
濃厚な1回戦を終了です。

いつもは年もありインターバルを置いたあとで、Iス→入浴→Mットですが、Bッドであの映画見た?と談笑していると、「もの」がみるみるとカチカチに!
それを察したふじのさん、
「20代みたい!」
と、お褒め!?の言葉を頂き、
「2回目だね!」
とのお誘い。
再びお口で硬いものを包んでもらったあとは、
「あん!まだナ○に残ってる…」
「ほとんどヌカ2だね!」
との言葉を頂き、今度はふじのさんが上に。
再びツルツル同士、ふじのさんがゆっくりヒップを最下点まで下ろしてグリグリ、そして中腰で硬いものの傘だけを刺激されます。
「あぁ、テクニシャン… 」
先ほどとは反対で、ふじのさんが淫靡な音を立てながら硬いものを味わってくれているかのよう。
この日は硬さに加え持続力もアップしたのか、まだまだ2回戦が続きます。
そしてふじのさんが次第にまた眉を「八の字」にする表情へ。
腰を激しく振っていたかと思うとそのまま、
「イっクぅ~!」
と昇天されました。
1回戦は定かではありませんでしたが、これまでは恥じらいながらの表情での、
「イク…」
しか見たことがなかったので、ふじのさんも満足してしてもらえたと思うと嬉しかったですね。
倒れ込むふじのさんとまた深いkiss…。
硬いものは持続しているので、今度はこちらより下から突き上げ。大きなお胸が揺れる絶景を楽しみます。
まだ続けられそうだったので、今度はこちらが後ろの体勢で。緩急つけての動きから、またふじのさんのナ○が締め付けてきます。
そして…、
「ふじのさん、イクっ!」
と、お互いの液体が泡立ってメレンゲ状態の入口を見ながら、生命の種を再びふじのさんのナ○に。量はそれほどでもありませんでしたが(笑)、メレンゲもフキフキして2回戦が終了です。
「今日凄いね!」
「初めての表情見たよ」
「どんな表情だった(笑)?」
と、しばし談笑したあとは洗体の時間。
鏡に映るのが計算されたIスの配置。無毛を駆使したパイパン洗い、ぷにぷにして気持ちいい…。更に器用にIスをくぐっていくと、ふじのさん、こちらの菊の花?をペロリとしながら往復。
そういえばIスを経験したのはふじのさんが初めてでしたね。初めてしてもらったときは、
「なにがはじまるんだろう?」
「こんなことができるんだー!」
と感動したのを覚えています。
イソジンとうがいのあとで混浴、腰を浮かせてもらい柔らかいままでもお胸で挟んでくれました。 混浴後は、空気が入ったイカダの準備を始めてくれます。とろみの液体と体が動かないよう適切なタオルの配置でうつ伏せからスタート。
大きなお胸、そして無毛の感触、手のひらにぷにぷに、浮かせた両膝でお尻をゴリゴリ。ああ、体が解されていきます。
腕を引いてもらいスルンとご対面。
その後もお湯をお口に含んでのフ○ラや、膝を起点にした妙技など、技量向上で得た様々な「型」で、ものの硬さが甦ってきます。
技量向上に努める話はうかがっていますが、その向上心と技量の高さには、ふじの女神さまへの畏敬の念すら覚えます。
そして終盤、脚をクロスさせkissしながらの強めの手コキ、頬擦りもしてもらいながらのこの「型」で、これまで何度も男の潮吹き含め昇天させてもらいました。
今回もkissで高揚、潮を吹きそうなくらい硬くなってきたものの、先の2回戦の消耗は思いの外大きく、
「イったかも…」
と呟くと、昇天感はあっもののものは柔らかくなりここで3回戦終了。

時間も少なくなり、ドリンクタイム。
予めこちらの地元本店限定のショートケーキを持参していました。
前に食べ損ねたとうかがっていたので
「やったー!」
「わー!キレイ!」
と喜んで頂き、パシャっと画像に収めてから一緒に頂きます。
そして長めの時間も終わりが近づき、
「えーもう時間!着替えないと!」
「えっ?本当!」
時間が経つのも忘れる、とは正にこのことです。
コールのあとにも名残惜しむように、部屋を出る前にちょっと深めのkiss…。
階段を下り踊り場毎にkiss…。
ボーイさんがすぐ向こう側の階段途中で最後のkiss…。
そしてお別れ…。
ボーイさんの「ありがとうございましたー」の挨拶で、最後まで笑顔を絶やさないふじのさんを見届けると帰路につきました。
いつもありがとう、ふじのさん。
またご褒美下頂きに参ります。

 【変集長より】
ちょう介記者、ありがとうございました。

Gカップのダイナマイト神ボディ! 素晴らしいエロ神接客! 好感持てる神人柄!

と、言わずと知れた神尽くしの神嬢!

ゾープ好きの方、熟女好きの方、オッパイ星人の方などなど、とにかくぜひ1度はお相手していただきたいソープ嬢ですもんね!

そして、ちょう介記者は神記者候補!?

いや~、いろいろな意味で素晴らしい投稿だと思います!

今後ともぜひぜひ宜しくお願いします!

ちょう介記者、次回もまた、素晴らしい投稿、お待ちしていますよ。


投稿・口コミ情報ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント30p
合計50ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には『プレイガールを見たんだけど』と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿募集概要はこちら

2019年5月11日掲載
navigate_nextちょう介記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded