プラチナステージ

TEL:03-3871-3254

USER REVIEW
ユーザー体験投稿

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2018.5.2
プラチナステージ

ちなみ
21才 T158.B84(C).W58.H85

2018.05.02
【河童記者の体験投稿・口コミ情報】 プラチナステージ ちなみ


 体験記者名
「河童」記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<格安店>プラチナステージ 50分コース

 遊んだ時期
・2018年4月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 満足

・泡姫のビジュアル
 大変満足

・プレイの満足度
 大変満足



 受付から女の子に会うまで
例年なら桜が咲く時期で上野公園内を、花見客の賑わいに紛れ乍ら散策を楽しめる頃合いなのですが、今年は冬の寒さが厳しかった分、春が急激に訪れ既に葉桜へと変わっておりました。せっかく上野まで足を延ばして来たことだし、早春でもあるのでフレッシュな人と交わりたくなり、若い女性が多く在籍し懐にも優しいプラチナステージさんのHPをチェック致してみました。その日も複数名の気になる女性が出勤しておりましたが、多くの子は予約がしっかり入っている様子でしたので、プロフィールコメントが気になった、ちなみさんに的を絞りお店へ電話いたしました。

「お電話ありがとうございます。プラチナステージです」
「ちなみさんの予約お願い出来ますか?」
「何時がご希望ですか?」
「早めの時間でお願いします」
「少々お待ち下さい・・・・・今、空いていますので御取り出来ます」
「では、お願いします」

既に駅に居たので、直ぐに車を配車してくれ、あっと言う間にお店の入口に入っていました。今回も別館でのご案内と言う事でダークブラウンのシックな内装となっている待合室で暫し時を過す事に成りましたが、ほぼ満席状態で相変わらずの繁盛店であり、スタッフさんも忙しそうにお客様対応に追われておりました。この様な状況なので順番に呼ばれるのであれば、結構待つのかなと思っていたのですが、それ程待たずにスタッフさんから、

「○○○○番のお客様、どうぞ」
「うん?」

誰も呼びかけに答えないので支払いを済ませた時に渡されたメモを確認する、自分が呼ばれておりました。

「はい、はい」

待合室のカーテンをくぐり右に折れて直ぐの所にある階段で彼女との御目通りでございます。

 女の子の第一印象
未経験☆ この表記が全てを物語っていると言っていいでしょう。皆様へ詳細を御伝えするならば、髪を染めたり派手な化粧など、無縁と言った地方から出て来た無垢な女性です。極々普通の女の子で「このお店に、なんで居るの?」と言った、風俗とは無縁のタイプであり、守ってあげたくなるオーラにオジサンは萌えです! しかし、この手のタイプは緊張がひしひし伝わってくる事が有りますが、彼女は自然な笑顔を絶やすことの無く、心優しくチャーミングな女の子でした。ここにも萌えです!彼女の衣装はワンピースでデートの待ち合わせ場所に現れた女子と表現いたしましょう。(きっとこれから、色々な男と巡り会い恋愛や失恋を経て女として磨かれて行く事でしょう)

 プレイ内容
笑顔で迎える彼女から明るい声で、

「こんにちは♪」
「こんにちは」

と返して、差し出された手を握ると、楽しげに部屋へと先導してくれます。2階の部屋へ通されると、Bッドへ腰掛ける様に言ってくれました。気さくに話しかけながらも、上着や荷物などを丁寧に片してくれてから、わたしの隣に腰掛けます。

「改めまして、ちなみです。宜しくお願いします♪」
「よろしくね」

その後、暫く談笑していると、彼女からもそれと無くボディータッチがあり、彼女の距離感が無くなって来た所で、互いの顔が近づき、唇のファーストタッチがありました。フレンチキスを続けつつ、両手で身体を弄っていると、口が半開きになって来たので、舌を刺し込むと、彼女の舌が絡み付いて来ます。更にワンピースの上から胸を揉むと微かに喘ぎ声がでてきて彼女も欲情して来ている事を感じます。

「気持ちいい?」
「うん❤」
「エ○チ好き?」
「うん、好き💕」
「服の脱ごうか?」
「うん、ココ(脇の下)にチャックあるの♪」

彼女は甘え乍ら脱衣を求めて来ます。

「あら! ここにチャックがあるんだ! 女の子の服は難しいね」

(実は身体を弄りながら、脱がすポイントを探っていたのですが発見できませんでした)

「うふふ♪」

彼女のワンピースを脱衣させると、濃紺のブラとパンティ(フルバック)を纏っておりました。彼女はその姿のまま、今度はわたしの脱衣を行って来ます。脱いだものは丁寧に畳んで籠に入れ直ぐにわたしもパンイチ姿になります。ランジェリー姿になった二人は、Bッドへ戻り、ディープキスとボディータッチを行い徐々にランジェリーを外して行き、二人は生まれたままの姿になりました。彼女の裸体は、掌サイズの胸から少しウエストが括れてヒップへと流れる、愛らしいスタイルでした。(あれ?このまま即フ○ラ即Bッドかな?)と思いがめぐって来た所で、

「身体洗いましょう♪」
「うん」

彼女の促しに従い、洗い場へ移動いたします。Iスに座りしっかり泡立てたソープで、丁寧に洗ってもらってからお風呂へドボンと致します。風呂で温まっていると歯ブラシを用意してくれ一緒に歯を磨きます。その後に混浴タイムとなりましたが、ここでは特に潜望鏡などのサービスは無く、談笑で終わりました。しっかり温まった所で、

「お風呂出ようか?」
「はい♪」

彼女が先に上がりタオルの用意をしてわたしを待っております。そこへわたしが向かうと、丁寧に水滴をタオルで取ってくれます。身体にタオルを巻きBッドに並んで腰掛けた所で目と目が合い、顔を寄せて行くと彼女は目を閉じわたしの唇を受け止めました。右手でタオルの結び目を解除し彼女を裸体にすると、その手で胸を揉み指先で乳首を爪弾きます。

「あぁぁぁん💕❤」

彼女は少し喘ぐと、更に刺激を求める様にディープキスで舌を絡めて来ます。暫くその行為を楽しんだ後に、頭を動かし乳房を口に含み乳首を舐めると、乳首が立ち乳房がギュッと締まってバストアップした様になります。

「丁度いいサイズのオッパイだね。気持ちいい?」
「うん、凄くきもちいい。オッパイ小さくてごめんね♪」
「大ききゃいいってもんじゃないんだよ。この掌に納まるサイズ感が最高だよ」
「よかった♪」

(ココで「もっと舐めて」とか「○○も舐めて」とか言わない所が、すれて無く初々しくてオヤジ心を擽りますね)

もう片方の乳房もお口で愛撫すれば、彼女の口からは囀るような喘ぎ声漏れ、男性を受け入れる準備が進んでまいります。それを確かめるべく、小さな草原の下にあるクレバスに秘蔵された真珠を指先で探り当て、優しく撫でてみます。

「ああ・・・・・ああ・・・う・・・・」

わたしの攻めに、小さく身体を震わせて反応する様にS魂が湧き立ってきます。

「クリ気持ちいい?」
「うん💕」
「ナカはどうかな?」

彼女の回答を聞くまでも無く、指が潤いに乗り導かれる様に蜜壺の中へ入って行きます。

「あぁ・・・・・・・・💕」
「ナカは、凄く濡れているよ」

蜜壺の上顎のあるGスポットを、円を書くように優しく撫でると、

「あん💕・・・・あん💕・・・・あん💕・・・・あん💕・・・・あん💕・・・・」
「ここ気持ちいいでしょ、気持ち良かったら逝っちゃていいからね」

彼女は声に出さず、首を縦に振りわたしの呼びかけに答えます。蜜壺は蜜を更に分泌し指先が動くとナカから卑猥な音を奏でております。ここからは彼女の集中を阻害しない為、言葉は掛けず。彼女の反応を見極めながら桃源楼へと誘うために攻め続けます。喘ぎ声と身体の震えが徐々に増え快楽の高ぶりが頂点へと近づいている事がリアルに伝わって来ます。心の中で(もう、ちょっと)(ほら、その先で逝けるよ)と、性の伝道師になった気分です。

「いぃ・・くぅ🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊」

彼女は静かな反応の後に身体から力が抜けて、心地よさが解放されたようです。

「逝けたかな?」
「うん、気持ちよかった💕」

彼女に寄り添い暫くギュッと抱きしめてハグしてあげます。時間はまだまだタップリあります。口づけを交わしながら身体を弄っていると、彼女の身体に再び火が灯って来ます。

「ク○ニは好き?」
「うん、好き💕」
「じゃあ、舐めてあげるね」

彼女は、わたしが舐め易いように身体を開き秘部をさらけ出しク○ニを受け止めます。彼女のクレバス部分は綺麗で舐める事を躊躇うことなく行えました。クレバスを両手で軽く開くと露わになった部分はピンク色で潤いの被膜に包まれて瑞々しく、フレッシュフルーツの様な舌触りに感動です。舌で真珠を転がし彼女の反応を確認すると指で愛撫した時より心地良さそうです。更に指で蜜壺への同時アタックを開始します。舌先が奏でる音と蜜壺から出て来る音のコラボレーションは、彼女の身体を紅潮させ先程より大きな波を創り出して行きます。

「いい・・・・いい💝・・・・」
「ほら、さっきより気持ちいいでしょ?いいんだよ、逝っても」
「いい・・・・はあ・・・・うう💖・・・」
「また、逝く・・・ああ・・・いい🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊」

彼女の身体が快楽の波にのまれ、暫し硬直した後に、力みから解放されました。

「私も舐めたい💕」
「じゃあ、横になるね」

攻守交替し、彼女のサービスを受ける事に致します。仰向けで横たわったわたしに、舌を絡めて深いキスで攻めを開始すると、次は身体を下げて乳首舐めをしてくれます。多くの唾液によって舐める音も隠微です。

「ちなみちゃん、気持ちいいよ」
「うふふ💕💕」

彼女は、両乳首を同じように愛撫すると、更に下へと下がって、Jrに対峙します。ここでお仕事系であれば、「大きい」とか「もう、硬くなっている」などのセルフもありましょうが、彼女はナチュラルにJrを握ると、そのままお口に含んでしゃぶり始めます。正直、彼女のフ○ラには期待を持っていなかったのですが、思いのほかに気持ちがいい。見せ付ける様な行為や、派手な音はないのですが、間違いなく気持ちがいいのです。黙って受けていると口内発○になりそうなので、

「ちなみちゃん、やばい、やばい、でちゃうよ・・・付けてくれる?」

家族計画を要請し、挿○を申し出ます。

「はい♪」

枕元から家族計画を取り出し、Jrに装着すると、フ○ラーリで家族計画をJrに馴染ませてから、正○位で交わるために、彼女に横になって頂きます。わたしは彼女に身を重ね、暫くスマタで挿○を焦らして見せてから、蜜壺の入口とJrの角度がベストマッチした所で、ノーハンドでズブズブっと、彼女の肉襞をかき分ける様に、Jrを挿○させました。

「あぁぁぁん、おおきい・・・💘💘💘」

今まで彼女が口にする事が無かった“おおきい”のキーワードを頂き、交わる満足感が高まります。一旦奥まで挿○させた所で、

「大丈夫かい?」
「うん💘」
「動くよ」
「ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん」
「アン、アン、アン、アン、アン、アン、アン、アン、アン、アン」
「ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん」
「アン、アン、アン、アン、アン、アン、アン、アン、アン、アン」

彼女のナカは、最初優しく包むような圧力でJrを受け止めておりましたが、ピストン運動を繰り返すほどに内圧が上がり射○感を高ぶらせてくれます。

「ちなみちゃん、逝くよ、いいかい?」
「うん💘うん💘」

彼女の同意を得ると、Jrは白い恋人を家族計画へ放○致しました。

「はあ、はあ、はあ、はあ、はあ」
「ハア、ハア、ハア、ハア、ハア」
「気持ち良くって思いのほか、早かったかな?」
「大丈夫、私も気持ち良かったから💑」

情事のあとも身体を重ねたまま、暫し恋人たちの寛ぎ時間を共に致しました。Jrが萎える頃身体を離し、

「ちなみちゃんは、フ○ラ好きでしょ?」
「はい、オチ○チン舐めるの好きなんですよ。気持ち良くなってくれているのが分ると、私も感じるって言うか・・・エ○チな気分が盛り上がるって言うか💕💕💕💕💕」
「そうだよね。舐めてもらっている時に思ったんだけど、色々触っていて、乳首の立ち方とか、あそこの濡れ方が、攻めるだけの時と違っていたよ」
「へぇ~そうなんだ」
「本当だよ。ちなみちゃんは、奉仕型のMかもね。結構フ○ラだけでも逝けちゃうぐらい、気持ち良かったし」
「フ○ラ気持ち良いって、言ってくれると嬉しい💕」

その後は、身体を洗って風呂に入り温まった所で身体を拭いて御着替えました。まだ少し時間があったので、Bッドに座って彼女と色々話をする事が出来ました。内容については細かな事は割愛しますが、一度社会へ出たが自分のやりたい仕事の為に東京へ出て来て勉強と今の仕事を両立している頑張り屋さんでした。この街でも時折見る現役学生さんですが、未来へ向けて進もうと言う前向きな姿勢は共感が持てますし、オヤジもまだまだ頑張らなければと言うエネルギーも頂けました。

フロントからの連絡が夢恋人との別れの時を知らせます。Bッドから立ち上がると最後の口づけを求めて彼女は身体を寄せて来て二人の影が重なり深くキスを交わします。

「ありがとう、楽しかったよ」
「私も楽しかったです。良かったらまた来てくださいね💖」
「うん」

手を繋いで部屋を出て階段下まで御見送り頂きました。

皆様へ

来春を目指し、二足のわらじで頑張っているようです。学生さん故に、ある時期が来ればきっと卒業となりますので、これを読んで気になった方は、どうぞ予約を取って遊びに行ってあげて下さい。それからこれを書いている途中で、六式戦記者殿の体験レポートがPLAYGIRLに掲載されました。攻め主体のわたしと、受け主体の六式戦記者殿、是非読み比べて登燈の参考として頂ければと思います。

 【変集長より】
河童記者、ありがとうございました。

そして、トップバッターを飾り、ありがとうございました!

なるほど~。フレッシュな女の子と交わりたくなった…、つまり、桜だけでなく女の子の花見もしたくなったということですね。

そしてお花見のお相手は…、ほうほう、他記者からの投稿には掘り出し物のような女の子とありますよね。

プロフィールコメントが気になったとは…、未経験、新潟から上京、黒髪美女、エ○チ好き、でしょうか?

うんうん。確かに男心をくすぐられるワードの数々ですよね。

みなさん、神記者からのいつもの「皆様へ」を、ぜひぜひ参考にしてみてください!

河童記者、第15弾もまた、神記者からの神投稿、お待ちしていますよ。


投稿・口コミ情報ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント30p
合計50ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には「プレイガールを見たんだけど」と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿ページはこちら
●ユーザー体験記事一覧はこちら

●パソコン版・六式戦記者の体験投稿
●スマホ版・六式戦記者の体験投稿
●ガラケー版・六式戦記者の体験投稿

2018年5月2日掲載z
navigate_next河童記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextUSER REVIEW一覧ページへ
プラチナステージ phone_forwarded