シャトーペトリュス

TEL:03-3873-4020

USER REVIEW
ユーザー体験投稿

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2018.2.27
シャトーペトリュス

岩崎
T166.B83(B).W58.H85

2018.02.27
【ゴルゴ14記者の体験投稿・口コミ情報】 シャトーペトリュス 岩崎


 体験記者名
「ゴルゴ14」記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<大衆店>シャトーぺトリュス 90分コース

 遊んだ時期
・2017年12月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 満足

・泡姫のビジュアル
 満足

・プレイの満足度
 大変満足



 受付から女の子に会うまで
もうだいぶ前になってしまいましたが、第12弾の入賞品をいただきましてありがとうございました。しかし賞品をいただいておきながら、レポをさぼっており、申し訳ございません。

ということで2ヵ月ほど前になりますが、入賞賞品を使用しての登楼についてレポします。いただいた賞品の条件が平日、フリー限定のため、いつものように東京出張に合わせての登楼を計画。お店に電話し、PLAYGIRLさんの体験投稿の賞品を使用したい旨を伝え、希望の時間予約すると、ボーイさんが、

ボ「ゴルゴ14様、いつもありがとうございます。それでは誰かご希望の女の子はおりますでしょうか?」

と聞いてきました。

ゴ「えっ?フリーじゃなくていいの?指名していいの?」
ボ「はい。今ですと・・・・当店No.1のTさんが空いておりますが?」
ゴ「あー、Tさんね。1回入ったことあるけど、いいの?」
ボ「そうですか、以前お遊びいただいたことがあるのですね。それでは当日ご来店いただいてから女の子お選びになるのでよろしいでしょうか?」
ゴ「いいですよ。では宜しくお願いします」

そんな感じで結局フリーでということになったため、HPで当日の出勤予定を確認し、その中からR嬢、I嬢、F嬢の3人に目星をつけておきました。

登楼当日、いつものように午前中で仕事を終わらせ、1時間前に確認の電話を入れ、最寄駅から徒歩でお店に向かいます。お店に到着し待合室に通され、しばらくするとボーイさんが写真を3枚持ってきました。その中に事前に目星をつけておいたI嬢とF嬢の写真があり、思わず心の中でガッツポーズです。さてどちらの姫にしようかと一瞬悩みましたが、一応R嬢、I嬢、F嬢の順で優先順位を付けておいたので、I嬢=岩崎嬢を選びました。女の子も決まりあとは名前を呼ばれるだけ、と思って待っていると、ここで少々トラブルが。先ほどのボーイさんがやってきて、

ボ「それではゴルゴ14様、受付をお願いいたします」
ゴ「えっ? さっき岩﨑さんでお願いしましたけど?」
ボ「はい、ですので受付をお願いいたします。」
ゴ「・・・・はい???」
ボ「ですから、受付を・・・・」

と、いつも料金を支払う時にお金を乗せる小さいトレーを差し出しています。

ゴ「あの、PLAYGIRLさんの無料券を使いたいと予約の時に伝えましたが?・・・・」
ボ「これは失礼いたしました。それでは券の番号をお願いいたします」

内心(なんだよ(怒))と思いましたが、只で遊ばせてもらう手前、(まあ、いいか)と思い番号を伝え、無事に受付も完了です。それから10分ほど待って名前を呼ばれ、いよいよ岩﨑嬢とご対面です。

 女の子の第一印象
廊下を進み突き当りを左に曲がると、階段のところで岩﨑嬢がしゃがんで待っていました。

「こんにちは、岩崎です」
ゴ「こんにちは」

立ち上がるとスリムで背の高い姫様です。手を繋いで階段を上がりながら、

「2階の一番奥のお部屋になりま」
ゴ「おっ、大きな部屋だね?ラッキー!」
「以前にも入られたことあるんですか?」
ゴ「んーー、前に何回か使ったことある部屋だね」
「そうなんですね?」

そんな会話をしながら箱に入り、Bッド腰掛けます。

 プレイ内容
「岩崎です。今日はご指名いただきましてありがとうございます」
ゴ「うん、岩﨑さんかなりのテクニシャンっていう噂だから、もしナカでイケなくってもフィンガーテクでイカせてもらおうかと思って(笑)」
「そうなんですね?」
ゴ「ねえ、岩崎って苗字だと呼びにくいから下の名前教えて」
「○子です」
ゴ「岩崎○子・・・ん?・・・どっかで聞いたことあるぞ???」
「でしょ?(笑)」
ゴ「じゃあ、○子ちゃんって呼ぶね」
「いいですよ❤」

そんなことを話しているうちにも、岩﨑嬢のフルアシストで着ているものを全て脱がされていました。そして岩崎嬢も後ろを向き、

「じゃあ私も脱がせて❤」

とおねだり。ワンピースのファスナーを下すと、セクシーな黒い下着が現れました。

「じゃあ早速・・・・」

と、岩崎嬢は下着姿のまま跪き、すでにそそり立っている息子をおもむろに咥えました。

「・・・んぐっ、んぐっ、んぐっ、・・・」

岩﨑嬢は、両手を私の両手と繋いで、手を使わずに丁寧に先端から根元まで、息子を丁寧に丁寧にしゃぶり上げています。岩﨑嬢の舌が時折私のスウィートスポットをとらえると、全身に電気が走るような快感が突き抜けます。

ゴ「うおぉぉぉぉ・・・・ナマ温かくて気持ちいい・・・・噂通りのテクニシャンだね」
「ありがとう❤」

口マ○コだけでなく、両手で岩﨑嬢の“他の部分”を堪能したくなり、咥えられたまま背中のホックを外してブラジャーを剥ぎ取り、続いておしりの側から手をまわしてショーツを膝のところまで下します。

ゴ「おーーーっ、ショーツを膝までだけ下すとすげーいやらしい恰好だね」

左手で岩﨑嬢の右のおっぱいを、右手は背中側からおしりをスルーさせて、まんスジにそって指を這わせます。おっぱいは決して大きくありませんが(推定Bカップ位?)とても柔らかく、優しくモミモミつんつんしているうちに、先端の部分がコリコリになってきました。

「あんっ・・・」

岩﨑嬢は息子を咥えたままで小さく喘ぎます。かまわず親指と人差し指で乳首をつまんでコロコロさせ、右手中指はまんスジに沿って縦に動かしていると、だんだんマ○コからは粘液が溢れ出し、私の指絡みついてきました。

ゴ「○子ちゃん、いやらしい液が溢れてきたよ。○子のラブジュースはどんな味かなぁ?」

そう言って岩﨑嬢の愛液を一杯指ですくい舐めてみます。すると、

「・・・すごい・・・いやらしい・・・・興奮しちゃう・・・・ねえ、挿れたくなっちゃった」

と言うので、Bッドに仰向けになり、まずは騎○位で●●合○です。巨大化した亀がゆっくりと岩﨑嬢の下のお口に飲み飲まれ、最初はゆっくりと腰を振っていた岩﨑嬢ですが、その後徐々に動きが早くなり、そして時折キュッキュッとマ○コの入口で締めつけてきます。更には私の上に覆いかぶさり、腰を振りながら右手では私の乳首を転がし、DKをしながら時折耳元では、

「ああっん・・・・オチ○チン、オマ○コの中ですっごく固くなってる・・・・、ねえ、おっきなオチ○チンから○子のオマ○コの中にいっぱい精○出して❤」

と隠語を囁きます。

ゴ「そんなこと言われるとすげー興奮する。じゃあ上になってもいい?」
「うん」

結合したままの状態で体勢を入れ替え、今度は私が上になります。既に暖機運転は完了しているので、最初からエンジン全開で腰を振ります。

「あああっんんん!!!、あああっんんん!!!」

先程まで余裕で隠語を囁いていた岩﨑嬢ですが、今度は快感に顔をゆがめながら、大きな声で喘いでいます。そんな状態で10分ほど強弱を付けながら腰を振りましたが、ふと痛みに気づいて膝を見ると、血は出ていませんが前回擦りむいた部分が既に真っ赤になっていました。

ゴ「○子ちゃんごめん、ちょっとタイム。膝痛い」
「えー、膝が真っ赤になってる。両方ともだよ?どうしたの?」
ゴ「・・・・・いや~その~・・・・・実は前に行ったお店のBッドが固くて、正○位で頑張ったら膝擦りむいちゃって・・・・」
「ふーん、そうなんだぁ。じゃあ、一回休憩する?」
ゴ「うん」

そう言って結合を解き、一度シャワーで汗を流してもらいます。その後ドリンクで喉を潤しながらBッドでイチャイチャしていると、血は出ていませんでしたが、湯船に浸かって血行が良くなったためか、両膝がさらに赤くなってきました。

「うわ~~、痛そう。大丈夫?」
ゴ「うん。前回もその店と同じグループの系列店に行ったんだけど、その時はまだカサブタになってて、破れて血が出ちゃったんだ。それ以来、なんか膝に痕が残っちゃってさ」
「えー!大丈夫なの?」
ゴ「あのグループのお店はみんなbッドが固いんだけど、(両手でBッドを叩きながら)うん、このBッドなら柔らかいから大丈夫(笑)。でもソープのお姉さんがみたらすぐばれるよね。コイツ、ソープ通ってるなって(笑)」
「そうね(笑)。でもソープ嬢も美容院行くと、わかる美容師さんにはすぐばれるんだよ。枕で擦れて後頭部の毛が薄くなってるから(笑)」
ゴ「えーーっ!そうなの?初めて聞いた(笑)」

そんな“ソープあるある”で盛り上がっていると、

「じゃあ膝に負担がないように私が上になるから、ねえ・・・もう一回しよ❤」

と、うれしいお誘い。もちろん断る理由はありません。そのまま私がBッドに仰向けになり、岩﨑嬢に攻められるままになります。

「どういう風にするのが好き?」
ゴ「うーーん・・・・、いっぱいKissしながら手でして」
「うん❤」

そう言うと岩﨑嬢は、右手で優しく亀の部分を刺激しながら唇を重ねてきました。

ゴ「うお?・・・気持ちいい・・・・」

岩﨑嬢は時折色っぽい目で私を見ながら、耳元で、「うふふ、おっきくなってきたよ❤」と囁きながら、さらにソフトに亀を刺激してきます。

ゴ「うおぉぉぉぉぉ・・・・・気持ちいい!!!!!!」

さすがテクニシャンとの噂通り、指で輪っかを作り、亀の部分をソフトにソフトに、丁寧に丁寧に刺激してきます。特にカリ首とその裏側あたりをゆっくり刺激されると、思わず「うおおおぉぉぉぉぉぉっ!!!!!!!!!」と声を揚げてしまいます。それに反応してか、岩﨑嬢の指の動きが徐々に早くなっていきます。そして唇では唾液を交換しながらのDK、指の方もいつしか高速での動きに変わっていき、更に耳ともでは「オチ○チン、すっごく固くなってきたよ。ああ~ん、すっごくいやらしい・・・、ねえ・・・・おっきくなったオチ○チンからいっぱい精○が出てくるところ見たいな❤ 我慢しなくていいからいっぱい出して❤」と隠語攻め。視覚、聴覚、触覚すべてを刺激され、もう息子も爆発寸前です。

「ああ~んっ、いやらしい・・・・私も興奮しちゃう・・・・我慢しなくていいのよ。おっきなオチ○チンから、いっぱい精○出して❤」
ゴ「うわわわぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー、もうダメだっ!○子っ!!イクよっ!!!」
「うん、いっぱい出して❤」

すると、岩﨑嬢は私の上にまたがり、素早くマ○コで爆発寸前の息子を飲み込むと、激しく腰を振り始めました。

ゴ「○子っ!○子っ!!!○子ぉぉぉぉぉっ!!!!!」

名前を叫びながら、岩﨑嬢のマ○コの中に精○をぶちまけた瞬間、あまりの快感に身体がガクガクと痙攣してしまいました。瞬殺でした。。。

ゴ「はあ、はあ、はあ・・・・チョー気持ちいい・・・・」
「よかった❤」
ゴ「精○が出るとこを見たいって言ってたのに、ナカで出しちゃったよ?」
「うん、じゃあまだ時間あるから、もう一回しよ❤ 今度は精○が出るところ見せて❤」
ゴ「うん、じゃあ、さっきみたいにもう1回手でしてくれる?」
「いいよ❤」

そう言ってほほ笑む岩﨑嬢がとても可愛らしく、今射○したばかりなのに、またムクムクを亀が頭をもたげてきました。

「うふふ、元気~、うれしい❤」
ゴ「○子ちゃんが素敵だからだよ」
「ありがと❤」

そう言って、またさっきと同じように仰向けになった私の上に岩﨑嬢が覆いかぶさり、舌と舌を絡め、唾液を交換しながらのDKをしながら、輪っかを作った指で優しくソフトにカリ首部分を中心に攻めてきます。

ゴ「ああああぁぁぁぁ・・・・・それ、やっぱり気持ちいいっ!!!!」
「どんどんおっきくなってくる・・・・いやらしい・・・・固い・・・・興奮しちゃう・・・・」
ゴ「○子っ!・・・気持ちいい~~~!!」
「見せてっ!おっきなオチ○チンから、精○がドクンドクンって出てくるところ見せてぇっ~~!!」
ゴ「○子っ!○子っ!!○子っ!!!○子っ!!!!○子っ!!!!!」

たぶん隣の部屋に聞こえていたと思いますが、大きな声で岩﨑嬢の名前を絶叫していました。そんな快感地獄が5分ほど続き、

ゴ「○子っ!!イクよっ!!!」
「出してっ~!!いっぱい出してぇぇぇぇっ~!!!!」
ゴ「○子っ!!!○子っ!!!!○子ぉぉぉぉっ!!!!!」

と岩﨑嬢の名前を叫びながら、本日2回目の精○を放出です。あまりの快感に、巨大化した亀の口から仰向けの状態から1m以上の高さまで精○を飛ばし、なんと岩﨑嬢の髪の毛に付着してしまいました。

「すごーーーーい!!!飛んだぁ~!!!」
ゴ「ごっ、ごめん、髪の毛にかかっちゃったよ」
「大丈夫、気にしないで❤」

微笑む岩﨑嬢が女神さまに見えた瞬間です。

ゴ「ごめんね~」

と、ティッシュで髪の毛についた精○を拭いてあげると、

「いっぱい名前呼んでくれたし、いっぱい精○が出るところ見せてくれたし、私もうれしい❤ありがと❤」

と、嬉しいお言葉をいただきました。その後シャワーで身体を流してもらい、着替えを済ませたところでちょうどフロントからのコールが。箱をでる前にもう一度しっかりと抱きしめ濃厚なKissをします。

「また来てね❤」
ゴ「うん。今まで生きてきた中で、一番気持ちよかったですぅ~~(笑)」
「あははは~~~どっかで聞いたことあるぅ~~~(笑)」

と、最後まで楽しい時間を過ごすことが出来ました。HPの店長からのコメントには、「当店にお嫁さんにしたいランキングがあったら、文句なくNo.1でしょう」とありましたが、こんなお嫁さんに毎日攻められたらたぶん身体が持たないだろうな(笑)、なんて思いながらバイバイしました。

 【変集長より】
ゴルゴ14記者、無料券を使用しての投稿、ありがとうございました。

お~! これまた知る人ぞ知るエロ熟女!

フリーだというのに、結果的には指名したかのようなエロ良嬢!

そして、魅力の1つでもあるインパクト大のエロ台詞!

そう。ゴルゴ14記者も言っていましたが、五感全てを刺激!

そんな興奮を味わったら、そりゃあ、1メートルくらい飛んじゃうってもんですよね。

ちなみに、インタビューには3回登場してもらっているのですが、ま~、素晴らしいですよ。

ゴルゴ14記者、次回もまた、エロ良嬢との投稿、お待ちしていますよ。


投稿・口コミ情報ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント25p
合計45ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には「PLAYGIRLを見たんだけど」と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿・口コミ情報ページはこちら
●ユーザー体験・口コミ情報記事一覧はこちら

2018年2月27日掲載
navigate_nextゴルゴ14記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextUSER REVIEW一覧ページへ
シャトーペトリュス phone_forwarded