シャガール

TEL:03-5824-0018
お問い合わせの際には、必ず
プレイガールを見た!とお伝えください。

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2018.1.5
シャガール

ゆず
21才 T152.B89(F).W56.H85

2018.01.05
【河童記者の体験投稿・口コミ情報】  シャガール ゆず


 体験記者名
「河童」記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<大衆店>シャガール 90分コース

 遊んだ時期
・2017年11月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 大変満足

・泡姫のビジュアル
 大変満足

・プレイの満足度
 大変満足



 受付から女の子に会うまで
第12弾入賞のご褒美(シャガール:平日90分フリー)で遊びに行かせて頂きました。今回のシャガールさんは一度ご訪問させて頂いた事があるのですが、その時の印象が非常に良く期待に胸が躍ります。入賞商品の報を編集部から頂きHPをチェックすると、わたしの好きな“初風俗”“業界初”と言う言葉が紹介文に踊っております。フリーではありますが、いやフリーだからこそネットで情報を集めタイプとする姫様を選抜します。そして希望の姫様方が多く集う日を探し出し自分のスケジュールを合わせ込みました。前日の晩に電話すると

「吉原シャガールです」
「あの~、PLAYGIRLで無料券を頂いたので遊びに明日伺いたいのですが」
「はい、はい、伺っております。明日は女の子多いので大丈夫ですよ。ご希望のお時間は?」
「○○時です」
「では、○△時に確認電話お願いします」

予約もスムーズに出来ました。(割引券や無料券を利用する時のスタッフさん対応ってお店の印象を左右する重要要素だと思います)

そして当日、○△時に確認電話をすると、

「シャガールです」
「○○時予約の河童です。確認の電話です」
「ありがとうございます。河童様、御時間少しずらして○□時からですと写真多く出せますよ」(この手のアドバイス、超ョ~~ウエルカムでございます)
「では、○□時にします」

遊びまでに少し時間が出来たのでお土産購入などしてから直接お店へ向かいました。入口で名前を告げると、直ぐに待合室へ案内してくれます。そしてスタッフさんがお茶とお絞りと共に写真を持って再登場です。

「では、こちらからお選びください」

出して頂いた写真は4枚、内3枚は対戦希望姫でございました。(それもトップスリーのゆずちゃん、○○ちゃん、○○○さんと超ラッキー)

「お勧めは○○○さんです。サービス間違いありません」(プッシュ、プッシュ)
「うぅ~~ん、この子(ゆずちゃん)はどうですか?」(揺るがぬ確信)
「良い子ですよ。でも彼女はお店のNo.1です。お写真中々出せません」(猛プッシュ)

○○○さんは有名だし、既にレポートされているし大体どんな展開になるか予想されます。自腹ならスタッフさんの言葉を信じて選んでいたと思います。しかし今回は選抜記者として、読者と編集部、それから変集長の期待に応えるレポートをすると言う使命に燃えております。

「自分の直感を信じて、ゆずちゃんでお願いします」(PLAYGIRLのインタビューを信頼)
「わかりました。少しお待ちください」

ほぼ予約時間通りお呼びがかかり、待合室を出て右に折れ進むと階段が見えて、可愛いお嬢さんが待っていました。

 女の子の第一印象
芸能人に例えると武井○(壮ではありませんよ)や○島優子の様に目力があり、大きな瞳がとても魅力的で可愛らしい女性です。小柄な事も有でしょうが若く見られるタイプだと思います。巨乳とは言いませんが胸が大きい事(わたしのストライクソーンとするサイズ)も衣装からでも分かります。やっぱり自分の直感に間違いなし! 後はプレイでインタビュー内容を検証してみましょう。

 プレイ内容
階段を一つ上がった所に佇む彼女の目力に吸い寄せられ隣に立つと、

「宜しくお願いします♪」
「はい」

差出された手を握り階段を上り始めると、

「あれ、これ、え~!~!~!」
「はいはい、これね。おみやだからど~ぞ。お家まで持って帰るんだよ」
「わぁ~~ありがとうございます。うぅう、嬉しい」(^◇^)

どうも、ラッピングなどからお土産の中身が判ったようで、それがまた彼女の好物でした。

お部屋へ案内され室内に入り、上着を預け荷物を下ろしてBッドに腰掛けます。改めて彼女からご挨拶がありました。

「今日はご指名ありがとうございます。ゆずです。宜しくお願いします」<(_ _)>
「こちらこそ、ゆずちゃん選んで良かった~~」

彼女もわたしの横に密着してお座りです。

「え~~まだ何もしていませんよ」(^^♪
「うぅ~~ん、第一印象とキスした感じで大体分かるんだよ」
「本当ですか?」(^^♪

試して下さいと言わんばかりに、キスのおねだりに唇を重ねフレンチキスから太腿を触り合いながら徐々に舌を絡ませた深いキスへ移行し相性の確認を行いました。

「やっぱり、相性いいと思うよ」
「良かった!いつもどんな感じですか?」
「楽しいエ○チ」
「うん♪」
「気持ちいいエ○チ」
「うん、うん❤」
「優しいエ○チ」
「それが、凄く好き💕💕」
「じゃあ、優しくして気持ち良くなろうね」
「はい♪」

このまま始めることを暗黙の裡に理解すると、再び唇を重ねながら互いの着衣を脱がせて行きます。背中のファスナーを下ろし彼女のドレスを脱がすと大きな山が黒のブラに包まれていて、その下はブラとお揃いの紐系Tバックにガーターベルトなしのストッキング。

「ゆずちゃん、凄く綺麗でヤラシイ身体にエロいランジェリーだね」
「恥ずかしい(#^^#)」
「恥ずかしいような身体じゃないし、そのランジェリーが良く似合っている。女性も羨ましい身体だと思うよ」

わたしも下着姿になり、Bッドに横になります。舌を絡めて口を吸いながら身体をフェザータッチで触ると、時より囀る様な鳴き声を彼女が発します。若い肌は弾力がありシトッリとして触り心地も三ツ星クラスです。背中に手を回して抱き寄せつつブラのフックを外します。すると巨乳と言う大雑把な括りにしたくない、豊かな美乳が露わになります。この豊かな美乳はピンク色の乳首を持ちBッドに横になっているにも関わらず潰れる事無く、張りがあり天に向かって聳え立っています。(わたし、巨乳では無く、美乳が好き!!)

「綺麗な胸だね」
「嬉しい♪」
「舐めていいかな?」
「舐めて欲しいです❤💕❤」

右胸から舌を這わせ攻め始めて行きます。ピンク色の乳首は最初柔らかく突起も高くありませんが、ペロペロと彼女に見せ付けながら刺激を与えていると、徐々に乳首が立ち硬くなってきます。

「感度いいね」
「舐め方がエロいです。気持ち良くて凄く感じます💕❤💕」
「左も可愛がってあげなくちゃ」
「あぁん💕」

左の乳首に舌が触れた瞬間に即反応する感度のよさ、

「舐めている所ちゃんと見て」
「やん、沢山舐めて下さい💕❤💕❤」

フリーな右手で先程まで舐めていた乳首を弄ります。(インタビューで予習した技です)

「ああ、それ好きなの、気持ちいい💕❤」

舌と手で両乳房をしっかり愛撫し続けていると、彼女の囀りもリズムよくなってきます。

「下も感じやすいのかな」

こくりと頷く姿を確認しTバックを取ろうとすると彼女は手で秘部を隠そうとします。

「なに、この手は?」
「恥ずかしいです。脱毛した後が・・・」(#^^#)
「そりゃ~、ちゃんと検査しないと・・・あ、Tバック濡れているぞ」
「ごめんなさい、気持ちいいから濡らしちゃいました💕」

御鬚の様にジョリジョリした触り心地の所を、ワザと舌を這わせてみると、

「ああ、ダメです。そこチクチクします」(#^.^#)
「大丈夫!大丈夫!」

羞恥心を煽り、その素直な反応にJrもご機嫌です。

「ナカも綺麗な色だね」
「恥ずかしい」

切り立てフルーツの様なみずみずしいクレバスにある突起へ舌が触れると、

「アァァァァァ、クリが・・・・💛」
「ズルズルルルル、ジュルルルル」
「あん、やん。Hな音がする❤」

無味無臭の若々しき蜜は、彼女の反応に比例し潤いを増します。

「ゆずちゃん、そんなにおまた開いて、やらしい子だね」
「気持ち良くなるとおまた開いちゃうんです💕」
「じゃあ、これはどう?」

栗舐めしながら両手乳首をつまみ、指先で転がすと、

「凄く気持ちいい、ああいい、逝っちゃう・・・・🌊・・・🌊・・・・」

彼女の喋りが止まり、身体を硬直させた後に力が抜けて行きます。

「軽く逝っちゃいました」
「そう」

軽く逝っただけで納得するわたしではありません。今度は彼女の横に寝転び乳首舐めしつつ、指を狭い入口の蜜壺へ侵入させてGスポットを撫でます。

「あぁ、ナカはそこがいい・・」

そうでしょう、そうでしょう、インタビューで予習した事を実践です。彼女は片ひざを上げて開脚し手の動きを阻害しません。蜜も刺激を加える程に増量分泌されてきます。

「ゆずちゃん、クチュクチュっていやらしい音、しているよ」
「うん、ゆずのオマ○コが気持ちいいの💕」
「オマ○コで逝けるかい?」
「うん、逝ってもいい?」
「逝かせて上げる」

彼女の喘ぐ声と蜜壺が出す音だけになり、受ける・攻める、逝く・逝かす、に2人は集中していきます。

「ああ、いぃぃいぅぅぅぅぅ・・・🌊 🌊 🌊 🌊 🌊・・・・はあ、はあ、はあ」
「いけた?」
「はあ、はあ、うん、今度は私が攻めたい」

攻守交替して彼女がキスから始まり下へ下へと攻め下がって行きます。彼女の舐めは当たりが柔らかく性格を感じる優しさがあります。Jrまでたどり着くと周辺部分からじわじわと焦らす、男心に突き刺さる技も見せます。

「ゆずちゃん、焦らさないで舐めてよ」
「ウフフフ、いいよ♪」

大好きな好物を口に入れるような笑顔で、Jrを口に含みました。最初のフ○ラーリは優しくソフトな感覚でしたが、これはウオーミングアップだったようで、徐々にピッチとストロークが増し、ジュボジュボジュボと音も出て来ます。

「舐めるの好き?」
「好き!!」

彼女がJrから顔を離すと、口から唾液をJrへ垂らします。それを手でJrへ馴染ませて、またJrを口に含みます。彼女の容姿からは想像出来ない厭らしい技もお披露目頂きました所で、

「入れたくなっちゃった♂♀」
「好きな体位は?」
「なんでも好き」

わたしが騎○位を選択し、家族計画を装着してから身軽な彼女に乗って頂きます。狭い蜜壺へJrがごりごりと入っていく感じが伝わってきます。Jrが奥まで到達すると彼女の動きが一旦止まり、キスを深く重ねた後、身体を起こして腰を前後にスライドさせ、Jrへ刺激を与えます。充実した前戯により、さほど時間かからず込み上げて来ます。

「あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん」
「ゆずちゃん逝きそうだよ」
「うん、逝ってもいいよ、ゆずにいっぱい出して」

ラストスパートは彼女を固定し下から突き上げます。

「ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん」
「あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん」
「うぅう、逝くよ🌊 🌊 🌊 🌊 🌊」

激しい突き上げをしがみつきながら悶える彼女の姿を鑑賞し気持ち良く、白い恋人を放○致しました。

「はあ、はあ、はあ、はあ、はあ」
「ゆずちゃん大丈夫?」
「うん、凄く気持ち良かった」

お互いの身体が落ち着くまで重なり合い、事後の余韻も恋人気分です。Jrが抜け落ちると、ティッシュできれいに後処理を行ってから、ティーブレイクです。

「あ~~気持ち良かった」
「気持ち良かったね」
「あの~変な話なんだけど、さっきね少し空き時間があったからお部屋でお昼寝したの、お店でお昼寝すると何故かいつもエ○チな夢をみちゃって、そのままオ○ニーしたくなったんだけど、我慢したのね」
「それで?」
「今のエ○チ、久しぶりに凄く気持ちが良くて、オ○ニーしないで良かったなって思ったの」
「いや~、それは嬉しい褒め言葉、ありがとう」
「ううん、本当気持ち良かったよ」

そんな、こんなと言った打ち解けた会話が出来る、可愛いゆずちゃんとのトークタイムは混浴なども含め退屈することはありませんでした。(会話が盛り上がり潜望鏡を忘れておりました)

再びBッドへ戻り第二ラウンドのスタートとなりました。

「今度はゆずが先ね」

舌を絡めてキスをしながら、Jrを手で扱きます。彼女は徐々に下がって行き乳首舐めを経て今度は焦らす事無くJrが彼女の口内に収まります。先程の様に唾液を多量に分泌させ舐めて来る彼女の淫靡な姿は刺激的です。しかし、Jrは6分咲の状態から進行しません。彼女もあの手この手を駆使し時間を掛けてくれますが、やる気にならないJr。ふと、彼女が腰を浮かし露わになった蜜壺へ指を入れ彼女も刺激し始めると、(まぁなんということでしょう!?)さっきまであの体たらくだったJrが、一気に復活致しました。

「凄いスピードで硬くなった」
「俺、やっぱりS男さんだね。じゃあ、入れよっか?」
「ウフフフ、うん、付けるね」

家族計画を取付け唾液だらだらフ○ラーリの後、今度はわたしが上になって正○位の態勢を取ります。

「お願い、最初は優しくして」
「うん、大丈夫だよ」

彼女の狭い筒をJrがめりめりと侵入していくと、

「ううぅぅぅぅぅぅ~~」

彼女の善がり悶絶する姿は、とても可愛く艶めかしいです。

「奥まで入ったよ♂♀」
「うん、キスして」

狭い筒がJrに馴染むまで、身体を弄り合いながら、唾液の絡まる深いキスを行います。

「そろそろ、動くよ」
「うん」

彼女は身体の柔らかく、大きく開脚してわたしの動きを向い入れてくれます。

「ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん」
「あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん」
「ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん、ぱん」
「あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん」

彼女は悶えながらも表情や仕草を見せ、攻め手を飽きさせる事なく、もっともっと求めてくれます。しかし、こんなに可愛い子でキツ○ンなので否応なく込み上げて来ます。

「ああ、逝くよ・・奥に出すからね」
「うん、ゆずで逝って、一緒に逝って🌊🌊」

彼女の承諾を得ると直ぐに白い恋人が家族計画を膨らませます。

「はあ、はあ、はあ、逝っちゃったよ🌊🌊 🌊🌊」
「うん、気持ち良かった❤❤❤」

ニッコリ微笑む顔にこれまた癒されてしまいます。

「あんまり時間ないよね?」
「あ!いっぱい楽しんだから時間になっちゃった!」

彼女を少しアシストして後片付けと洗体を済ませませてから、着衣致しました。

「ゆずちゃん、今日はありがとう。楽しかったよ」
「私の方こそ、ありがとうございました。おしゃれで楽しい方、中々いないので良かったらまた来てください❤❤」
「うん」
「おみや、お家帰って頂きます♪」
「好物を買って来たみたいで良かったよ」

お別れのキスのおねだりに応え抱き寄せて、彼女の甘い香りをタップリ吸い込みます。退室して階段下でお別れすると、彼女からは、これから年末を迎える活力を頂いたようで、満たされた気持ちで待合室へ入りました。

皆様へ

恋人接客で明るく楽しい時間を共にする事が出来ました。エロカワ女子(ツヨカワ女子ではありませんよ~)の称号を与えたいと思います。チョットHな写メ日記をしっかりチェックしてから遊びに行くと楽しさ倍増です。奉仕もしっかりできる子ですが彼女の良さを引き出すのはジェントルなS男さんでしょう。攻めて行くと感じている表情が様々に変化して行く姿は、彼女のポテンシャルと次に会った時には、また違った部分を発見する喜びがあったり、自分色に染まっていく姿があったり、きっとリピーターさんも多いと感じました。

 【変集長より】
河童記者、無料券を使用しての投稿、ありがとうございました。

2018年、トップバッターを飾るに相応しい投稿、さすが神記者です!

なるほど~。今回はインタビューを検証して来たかのような投稿と。

ある意味、テストをされているかのようでドキドキしながら読ませていただきました。

結果はどうだったのでしょうか…? とても気になるところではありましが…、大変満足だったことが答えと信じています。

いや~、今年も神記者、そして神S紳士客は健在ですね。

女の子からのとても嬉しい褒め言葉…、相変わらず憎いですね。

みなさん! 今回の女の子と相性が良いのはS紳士とのことです。

お店の人曰く、ナンバーワンとのことですので、気になった方は予約合戦に挑戦してみてください。

河童記者、本年もまた、神記者からの神投稿、お待ちしていますよ。


投稿・口コミ情報ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント30p
合計50ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には「PLAYGIRLを見たんだけど」と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿・口コミ情報ページはこちら
●ユーザー体験・口コミ情報記事一覧はこちら


●パソコン版・写メ日記
●スマホ版・写メ日記
●ガラケー版・写メ日記

2018年1月5日
navigate_next河童記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
シャガール phone_forwarded