アカデミー

TEL:03-5808-2055(前日指名)・03-3876-5110(当日)
お問い合わせの際には、必ず
プレイガールを見た!とお伝えください。

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2017.11.25
アカデミー

星川
20才 T158.B81(D).W55.H80

2017.11.25
【ごんべえ記者の体験投稿】  アカデミー 星川


 体験記者名
「ごんべえ」記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<高級店>アカデミー 110分コース

 遊んだ時期
・2017年10月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 大変満足

・泡姫のビジュアル
 大変満足

・プレイの満足度
 満足



 受付から女の子に会うまで
トゥルースグループさんの入浴料無料クイズに当選し、利用させていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

アカデミーは、小生にとって初めてのコウ、キュウ、テーーン!(“あした天気になあれ”のチャーシューメンの発音で)です。ホームページをみると、夢のまた夢のようなビジュアルをした姫の写真がずらり。高級店でしか会えないようなスタイルとビジュアルの姫とお手合わせ願いたいな、とあれこれ迷った挙げ句、カチコチに緊張しつつ、どこか違うところもカチコチにしながら電話で“星川”さんを予約しました。

当日の確認電話も経て、送迎をお願いしました。送迎車の運転は全く粗さがなく、この点も隠れた高ポイントでした。お店について待合室に通されると、ぼかしのない写真を見せていただいて最終確認し、サービス料を支払います。お手洗いを借りてあちこち清拭し、備え付けのマウスウォッシュで準備万端。待合室にもどってお茶をひと口すすったところでお呼びがかかりました。

 女の子の第一印象
待合室を出た階段下でご対面。ショートチャイナっぽいワンピースを召した姫は“プリン、キュッ、キュッ!”なスレンダーなスタイル。写真どおりというよりも逆パネマジなほどのビジュアルも相俟って、心の中で小躍りしました。

 プレイ内容
手をつないで3階の部屋に案内いただき、小生がBッドに腰掛けたところで改めてお互いご挨拶。

「かわいいねぇ、本当にかわいいねぇ」

と話しかけると、姫は、

「そんなことないですよぉ」

と言いつつも微笑みながら顔を寄せてくれました。フレンチキスからディープキスを交わし、アシストしてもらってバスタオル1枚に。今度は小生が姫の脱衣をお手伝い。小生が姫のワンピースをおろすと、形のよさそうなバスト、きれいなくびれ、小ぶりなヒップ。どれもかわいいです。小生がワンピースをおろしたところで、おもむろに姫の手がバスタオルの下へ。期待に膨らんだ愚息に触れた姫が、

「もうおっきくなってるね」

とニコリ、やさしくフ○ラ。暖かいおクチに蕩けつついたずら心がムクムクしてしまった小生が、姫の首筋から背中を撫でつつホックを外すと、上を向いたきれいな形のオッパイがお目見えしました。攻められることの多い気のする小生には珍しく、姫をイチャイチャかわいがりたい欲に駆られ、Bッドに姫を招きあげました。姫はフェザータッチがお好きなご様子(年甲斐もなく序盤からがっついて愛撫してしまった自分を猛省)。姫が喜んでくれそうなポイントを探しながら全身をできるだけ優しくタッチしたり、姫の身体に唇や舌を這わせたりすると、やや低めのトーンで、

「あぁ・・・」

と姫の気持ちよさそうな声が聞こえてきます。単純な小生は気をよくして、それまであえて触っていなかった場所に手を進めると、布地越しに湿り気が伝わってきます。姫の許しを得てパンティをおろすと、視界を遮ることのないきれいなきれいなスジが目に飛び込みます。これを見て優しく愛でないなんて、オトコがすたります。舌先で、唇で、外に、中心に、ク○ニさせていただきます。姫の声のトーンが上がる様子を聞いて増長した小生、時計のことも考えずに姫のパイパンなところに愛撫とキスを続けます。姫が全身をピクピクっとしてくれること数度。小生の愚息も姫の反応に呼応してひくついております。

そこで小生から姫に「70-1」をリクエスト。愚息を包む姫のお口は、最初よりもさらに熱を帯びています。おもむろに姫は愚息に家族計画をかぶせて騎○位でIN、締まりのよい秘所に愚息は早くも危険水域。途中、対面○位から再び騎○位に戻り、盛大に盛大に撃ち出しました。仰向けになった小生に姫がうつぶせにもたれかかり、しばらく抱き合っていると愚息が抜け出ました。見ると、なかなかお目にかかれない量の白濁が家族計画の中にあふれておりました。

1回戦を終え、姫に促されて洗い場へ。ていねいな洗体ののち湯船に促され、遅れて姫も湯船へ。抱き合ってキスをすると、単純な愚息は、ふたたび元気を取り戻し加減。姫にお願いしてMットを用意していただきました。水を弾かんばかりの姫のお肌が小生の全身ウラオモテをすべり、またも愚息は白旗寸前。その様子を察した姫は、ふたたび愚息に家族計画をかぶせてIN。すごく気持ちいいのですが、この日の2回戦目は不思議と愚息が長持ち。

そうこうしているうちに、楽しい時間の終わりが迫ってきてしまいました。原因は明白。序盤に小生が展開や加減も考えずに姫のスレンダーとパイパンを愛ですぎたことにありました。名残惜しい気持ちは尽きないのですが、シャワーと湯船でヌメリを落としてもらい、服を着てフレンチキスしてバイバイしました。

1.5回戦ではありましたが、これぞ高級店! というビジュアルを備えた姫にお手合わせいただいた幸せをかみしめて、駅まで送っていただきました。

 【変集長より】
ごんべえ記者、ありがとうございました。

お~! これはこれは、おめでとうございます!

オフィシャルHPで開催されている、『入浴料無料クイズ』が当たったんですね。

しかも初高級店と! 良かったですね~!

そして女の子は、逆パネマジでプリンキュッキュッボディで、これぞ高級店のビジュアルだったと!

うんうん。そりゃあ、時間配分も気にせず愛でてしまうのも納得です。

いや~、さぞ名残惜しかったことでしょうね。

ごんべえ記者、次回は、高級店パート2での良嬢との投稿、お待ちしていますよ。


投稿ポイント10p+情報量ポイント20p
合計30ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には「PLAYGIRLを見たんだけど」と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿ページはこちら
●ユーザー体験記事一覧はこちら

2017年11月25日掲載
navigate_nextごんべえ記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
アカデミー phone_forwarded