プラチナステージ

TEL:03-3871-3254

USER REVIEW
ユーザー体験投稿

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2017.9.15
プラチナステージ

える
23才 T160.B83(B).W57.H85

2017.09.15
【河童記者の体験投稿】  プラチナステージ える


 体験記者名
「河童」記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<格安店>プラチナステージ 50分コース

 遊んだ時期
・2017年8月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 満足

・泡姫のビジュアル
 大変満足

・プレイの満足度
 大変満足



 受付から女の子に会うまで
今回、紹介するえるちゃんの出勤スケジュールは殆どブランクです。その訳は、長期休暇期間中に、地方から東京にやって来る遠距離出勤のお姫様だからです。彼女を対戦希望姫にリストアップしてありましたが、やっとお相手頂ける機会が参りました。わたしはメール会員なので先行予約が出来るのですが、前にも書きました様にプラチナステージは、予約開始時間に電話が繋がりません。人気店ゆえの姫争奪戦で、リダイヤル・話中・リダイヤル・話中・リダイヤル・話中、の繰り返しです。だからと言って諦めてはいけません。粘った人だけ希望する姫と楽しい時間を過ごすことが出来るのですから。遂にと言うより突然鳴った呼出音に驚きながら・・・。

「プラチナステージです」
「予約をお願いします」
「ご希望は?」
「○日のXX時で50分コース、えるさん御願いします」
「少々お待ち下さい・・・・・はい、XX時YY分からでしたらお取り出来ます」
「では、お願いします」
「河童様、予約時間の1時間前に確認のお電話をお願いします」
「了解です」

当日、予約確認すると時間が押しているのか、15分遅れでのご案内になるとのアナウンスがあり、それを了承して時間調整を行い、三ノ輪駅から降りて吉原大門まで進み、其処からは裏路地を使い吉原の街に入ります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
格安店への登楼流儀その1.送迎車を利用せず、自力で店へ向かう。
格安店への登楼流儀その2.ジャストインタイム。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

指定の有った時間の10分前に到着すると、入り口でスタッフさんから予約の有無確認があった後、

「隣の姉妹店でご案内させて頂きます」

との声があり(意外なのですが、長い風俗遊びの中でも初めての体験でした。ワクワク)プラチナステージには上がらず、お隣の○○屋さんの中に入ります。こちらの店舗は以前に高級店として使われていたので、重厚な印象を受ける作りになっていました。

「ここで、少しお待ち下さい」

通された待合室は液晶テレビに向けて一方向にソファが並べられており、同志とお見合いしないようになっています。壁には一部メンバーのモザイクなしの写真パネルも飾られていましたので、次回登楼の参考にさせて頂きます。紙コップとポットが置かれておりセルフで自由に冷たいお茶を頂くことが出来ます。数名の同志の出入りもあり相変わらずの繁盛店です。待合室での受付も円滑に済ませると、ほぼ予約時間に待合室のカーテンが開き、スタッフさんから、

「○○○番の番号札のお客様、ご用意が出来ました」

との掛け声があり、わたしの出番で御座います。

お店のシステム

50分/60分/75分/90分の4コース
9:00-10:00
10:00-11:00
11:00-12:00
12:00-16:00
16:00-24:00
上記の時間帯に分けられており、ご案内時間で料金が異なっています。格安料金なのに、ネット及び写真指名は無料です。本指名は+¥1,000 プラチナ指定姫は+¥1,000 ポイントカードあり、各種割引あり、送迎サービスあり

 女の子の第一印象
待合室を出て右に折れてすぐの所に階段があり、一段上がった場所に彼女はおりました。スリムなボディに、夏らしく涼しげで軽やかなクリーム色のワンピースを着ていました。

「こんにちは」

と言うと、スッと彼女の顔が近づいて来て、唇が重なります。(ややや、ちょっと待って、スタッフさんがまだそこにいるよ)と頭で思いながらも、彼女の魅力に引き込まれ舌を絡ませてしまいました。情熱的なお出迎えに早くもJrは充血しビンゴ立ちで御座います。本日はこの時点で当たり確定です。

特徴
美脚/スリム/情熱的/敏感

 プレイ内容
彼女の場合は、御対面時からプレイが始まっておりました。

「お部屋へ行きましょう」

彼女の手を取り2階の部屋へ移動します。部屋の入口で靴を脱ぎ中へ入ると、内装はダークブラウンのウッド調で高級感がございます。

「えるです。今日はご指名ありがとうございます♪」
「よろしくね」

少しアニメかかった声で、外見に似合っております。

「座ってください」

彼女に促されてBッドに座り、荷物を預けると、膝立ちになった彼女の顔が近づいて、わたしの唇を塞ぎます。強く抱き締めると壊れてしまいそうなボディを包む様に抱き締めながら両手で身体を弄ります。彼女はディープキスを続けながら、篭るような声を徐々に漏らし始めます。2人の顔が離れるとトロけるような笑顔で、

「脱いじゃいましょう」

と声を掛けてアシストを受けながら、脱衣しパンイチになった所で、彼女も自ら脱衣し抜け出た姿には、真っ赤なブラとTバックのランジェリーを纏い、それがまた彼女の色白でスリムなボディに良く映えます。例えるなら水○希子の様なボディスタイルです。

「綺麗だね。良く似合っているよ」
「そんな事ないです… でも、褒めてもらえて嬉しい💖」
「本当だよ」

格安店ですから、ここで下着を御互いセルフで脱ぎ、洗い場へ移動かと思っていた所、彼女もBッドに乗り身体を密着させて、ディープキスが再び始まります。わたしの手は彼女の背中に回りブラのフックを外します。零れるようにブラは落ち、そのまま崩れるように2人はBッドに横になります。(あれ? あれ? あれ!)ここ格安店ですよね。それも朝から2枠目の料金ですから、かなり割安料金です。格安店=洗体後にBッドの流れが崩壊しています。

「いい? オッパイ舐めちゃうよ」
「舐めて欲しい💕」

小さな乳房に添えられた小さな乳首の周りから、舌を這わせて反応を見ながら頂点へと向かいます。

「あん、あん、ぃぃ、あん、あん、気持ちいぃ」

良い反応は、攻め手の心を沸き立たせてくれます。乳首を口に含み舌先で優しさに緩急を付け乍ら舐めると、

「いい、気持ちいい、いっぱい舐めて」

刺激が強すぎると敏感体質な子は嫌がることが有りますが、乱暴にしなければ大丈夫な様です。舌を這わせながら更に下へと下がってみると、真っ赤なTバックが残っているので、

「脱がすね?」
「うん」

彼女を脱がすと、自分も自らパンツを取り、御互い隠すものの無い姿になります。綺麗に刈り揃えられた草原の下には、縦筋の着色無きクレバスが広がっていました。

「少し濡れているね」

コクッと頷く彼女の姿に、またまたヤル気が湧いてきます。クレバスを開き見えて来たピンク色の突起に舌を当てて舐めて見ます。

「あん!そこ気持ちいい・・」

両手で内腿から膝を撫でながら、舌で栗を転がしますと、彼女は嬌声を上げ小刻みに震えて来ます。

「気持ちいい・・気持ちいい・・逝っちゃう・・逝っちゃう」
「いいよ、逝って」
「アァァ、ダメ、ダメ、イッチャウ・・」

頂点を迎えたようで、大きなうねりが彼女を襲ったようにバウンド致します。少し呼吸を置いて、今度はナカへと指を入れて見ます。キツメのナカは潤いに満たさせており、天井のGスポットは筋子状態です。筋子を撫でる様に指先で愛撫すると、栗と同様に良い反応が帰って来ます。

「気持ち良かったら、逝ってね」
「アァァ、ダメ、ダメ、マタ、イッチャウ、イッチャウ・・」

2度目の頂点を極めると、ナカは収縮して蜜がぐっと満ちて来ます。彼女の準備が整ったと診たわたしは、

「替わってくれる」
「うん💕」

攻守交替を願い出ると、彼女はキスから始まり乳首を舐め始めます。ソフトですが舌の動きがよく分って気持ち良いです。更に彼女は下へと下がって行き焦らすように内腿を舐めて、Jrの変化を見ながら玉の方へと舐めるポイントを移していきます。舌先を巧みに使い、玉袋を舐めるのですが中々”旨い!”のですよ。この刺激にJrがピョンピョン跳ねて舐めて欲しいと訴えます。それを感じ取ったのか、Jrに手を添え立ち上げると、拭き無しでの即フ○ラですよ!! 感謝! 感謝! のサービス内容で、階段のキスから今日は当たりだと思っておりましたが、ここで訂正致します。大当たりであると言う確信に変わりました。

「ああ、気持ちいい」

彼女のフ○ラーリはハードタイプでは無く、まったり系のソフトタイプです。口内の暖かな温もりに包まれてJrもフル勃起です。

「一緒になりたい」
「うん、いいよ♪」

家族計画を取り付けると、彼女がライドオンして来た所で、尋ねてみます。

「体位は何が好き?」
「正○位💘」
「じゃあ、最後に正○位になるように頑張るね」
「うん💙💙」

わたしの尋ねに彼女は答えると、騎○位にて蜜壺の中へJrを納めて行きます。

「はぁぁぁぁん、凄い硬い」
「えるちゃんが気持ち良くしてくれたからだよ」

彼女の腰が自然で軽やかに動き始め、その動きに身を委ねていると彼女の囀る声が増すに合わせて、肉棒を深く咥え込もうとする腰の動きに変わって来ます。

「うん、いい・・・・だめ、逝っちゃう・・・いぃ・・・あぁぁぁ」

彼女の起きていた上半身が倒れ、わたしの耳元で荒い息を吐いています。

「逝っちゃった?」
「うん、はあ、はあ」

彼女が落ち着いた所で、下から攻める事にします。腰を突き上げると身軽な彼女は徐々に浮き上がって来ます。気を良くしてセミブリッジの様に下半身を浮き上げると、彼女もヒンズースクワットの腰を下ろした様な態勢です。(スリムで軽量な女性が相手だと、普段出来ないような体位にチャレンジ出来て楽しいですね)2人で喘ぎながら乱れスポーツの様なエ○チです。

「いい、いい、また逝っちゃうヨ、逝っちゃう💖💕うぅぅ~~」

彼女が昇天し力が抜けたように体位が崩れます。

「まだ、好きな体位でやってないよね。正○位でしないとね」
「うん、やってくれる?」

交わりを抜く事なく彼女を少しリフトして、上下入れ替わります。

「ここから最後まで一緒に逝けたらいいね」
「うん、一緒に逝きたいね💘」

唇を重ねて行くと、互いの舌が求め合いを表現する様に絡みます。彼女の反応を見て徐々に徐々にと腰を、浅く浅く浅く深く浅く浅く浅く深く浅く浅く浅く深く、ゆっくりと動かします。この攻めで先の激しさとは異なり、彼女の表情はトロけるような色気が出ています。

「すごくエロい顔になっているけど」
「オチ○チンが入って来る感じが凄くするの」
「もっと、感じちゃおう」

互いに感じる姿を見詰め合いながら、腰のリズムを上げて同時登頂に向けて進んでいきます。

「いゃ、いい~~~、また逝っちゃう💕💕」
「もうちょっと待って、我慢して」
「あん、あん、あん、あん、いい、だめ、逝っちゃう💘」
「うん、逝こう、いいよ、逝って」
「逝っちゃうよ・・・いい、ああ💘 💘 💘 💘」

彼女の逝き顔を見届けてJrに発○指令を送ると、速射砲で白い恋人が家族計画へと注ぎ込まれました。内容充実なだけに白い恋人が多量に出ている感が致します。

「凄く良かったよ」
「私も、凄く良かった❤」

また、事後の重なりも拒まず、良い余韻を過す事が出来ました事を報告いたします。頃合いを見て身体を離すと後処理も丁寧に行ってくれ、混浴を誘ってくれます。そのままザブンと風呂に浸かると、彼女の後を追ってラブラブ混浴です。身体を密着させてトークを楽しんで、(あぁー良かったな)と頭の中で振り返っていると、彼女から思わぬ誘いのお言葉です。

「舐めてあげる」
「う、うん」

皆さん、上り前のお風呂で潜望鏡ですよ! 格安店でこんな事をしてもらえるなんて、

「ね、良いでしょ? 良いでしょ! 紹介したくなるでしょ!」
「え? 俺なら黙っておく」

いやいやPLAYGIRLで情報共有しましょうよ。

彼女はわたしの腰を浮かすとJrを口に含みフ○ラーリを行ってくれます。

「あー気持ちいい、極楽です」

喜ぶ声に微笑む彼女の姿は天使に見えましたが、そんな時にインターフォンが鳴りました。

「時間だね」
「うん、まだちょっと大丈夫だから、慌てなくても平気だよ」

いやいや貴女、やっぱり天使です。その後は風呂から上がり帰り支度をしたのですが、此方が恐縮するほど丁寧で、かなり後ろ髪引かれる思いを懐き彼女とサヨナラ致しました。

皆様へ
彼女のキャッチコピーは“リピート率激高!” ですが、アップグレードした様なサービスで、大いにうなずける内容で御座いました。50分コースでも実に濃密な時間を過ごすことが出来ましたので、ロングなコースならゆっくりと色々楽しめると感じました。こんな時折舞い降りる天使にスケジュールが合うタイミングがあれば、是非お勧めさせて頂きます。

 【変集長より】
河童記者、ありがとうございました。

お~! これまた良嬢を越えた神良嬢ではないでしょうか!

プレミア出勤、顔出し全NG、知る人ぞ知る、隠し玉の中の隠し玉!

何度とあった、格安店なのに…!? と、感動の神対応!

いや~、自分の胸の内にそっとしておきたい女の子だというのに…、本当にありがとうございます。

みなさん、せっかくの貴重な情報です。

最後の皆様へを参考に、ぜひぜひ予約合戦にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

河童記者、次回もまた、本来であれば教えたくない神良嬢との神投稿、お待ちしていますよ。


投稿ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント30p
合計50ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には「PLAYGIRLを見たんだけど」と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿ページはこちら
●ユーザー体験記事一覧はこちら

●スマホ版体験投稿ページはこちら
●スマホ版ユーザー体験記事一覧はこちら

●パソコン版・写メ日記
●スマホ版・写メ日記
●ガラケー版・写メ日記

2017年9月15日掲載
navigate_next河童記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
プラチナステージ phone_forwarded