クラブ貴公子

TEL:03-6802-4448

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2017.4.5
クラブ貴公子

愛美
23才 T158.B82(B).W57.H87

愛美の体験記事|クラブ貴公子 吉原大衆店ソープ

2017.04.05
【たむらも記者の体験投稿】 クラブ貴公子 愛実


 体験記者名
「たむらも」記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<大衆店>クラブ貴公子 80分コース

 遊んだ時期
・2017年2月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 大変満足

・泡姫のビジュアル
 大変満足

・プレイの満足度
 大変満足



 受付から女の子に会うまで
まだまだ寒い中、こんなときにはお風呂に入りたい欲がでてきます。どこのお店にしようかと考えたところ、今回は安定したプレイをしたいと思いこちらのお店にすることにしました。いつものようにお店のHPを見て、遊びたい女性を物色させてもらいます。物色していると、前々から気になっていた愛美さんのプロフィールに辿りつきました。可愛さもあり、セクシーさも感じさせるグラビアを拝見させてもらったところで、今回は、こちらの女性と遊びたいと思い、お店に連絡を入れて予約を入れます。出勤時間があまり長くない方でしたが、予約も無事にとれて一安心しました。

当日お店にまで向かっていきます。お店に着いて、受付を済ませたところでトイレを拝借させてもらいます。準備も整ったところで同士達と呼ばれるのを待つこと数分、私に声がかかり愛美さんとご対面となりました。

 女の子の第一印象
声をかけられて階段の前まで足を運びます。そして愛美さんの目の前まで案内されたところで、容姿を拝見させてもらいました。目の前には可愛らしくて、若い女性が立っておりました。このお店は比較的年齢は高めの方が多いですが、愛美さんはそんなことはなくて綺麗な方でした。熟練されたテクニックとは違い、どんなプレイができるのかと期待に胸を膨らませていると

「愛美です、よろしくお願いします♪」

と笑顔で挨拶してもらい、一緒に今回遊ばせてもらうお部屋へと向かっていきます。

 プレイ内容
部屋に入ったところで改めて挨拶をしてもらいました。対応などが若い子であっても、しっかりと礼儀正しい子で、さすがはクラブ貴公子さんです。丁寧に挨拶してもらったところで楽しく会話させてもらいます。楽しくお話していたところでコート類などをかけてもらい、アシストありで服を脱がしてもらいました。服を脱がしてもらいタオル一枚となったところで、

「脱がすの手伝うね」
「ありがとう♪」

と、こちらもアシストさせてもらいながら、洋服を脱がしていきます。しっかりと手入れしてあるスベスベなお肌が表れたところで、スキンシップを増やしていきます。少し恥ずかしがりながらも次第に吐息をもらいてきている愛美さんを見ていると、いてもたってもいられなくなり、こちらからキスを仕掛けていきます。

「んっ...」

と吐息が漏れたかと思うと、今度は愛美さんの方からも舌を絡ませて、キスをお返ししてくれました。微笑みながらキスしてくれる愛美さんを攻めて、反応を楽しみたいところですが、まずはお手並み拝見ということで、

「先に攻めてもらっていい?」
「いいよ~♪」

とこちらのことを攻めてもらうことにしました。まずは私をBッドで横に寝かせて、濃厚なキスをしてくれます。舌同士が絡まり合っていやらしい音が部屋に響きます。キスをしばらく楽しませてもらったところで唇が下へと降りていき、乳首まで寄り道しながらたっぷりと焦らされていきました。気持ちが高ぶってきたところで、乳首の方へと舌が伸びてきて舐めまわされていきます。焦らされた効果もあり、いつも以上に乳首で感じてしまっていると、それを見て嬉しそうに、

「んふふっ、気持ちいい?♪」
「うん、気持ちいいよ」

と笑顔でこちらを見つめてきます。さらに引き続き、舌で乳首を転がされていき、息子が次第に元気よくなってきました。舌遣いが上手で、このままずっと味わっていたいと感じていたところで、息子の変化に気付いた愛美さんが、嬉しそうに息子へと手を伸ばしてきます。

「おおきくなってる~♪」

と言ったかと思うと息子を手に取り、舌を伸ばしてペロリと舐められていきます。何度かこちらを時折見つめながら舐めまわされたところで、パクっと息子を咥えてもらいます。咥えられた息子は愛美さんの暖かい口内で、ねっとりとた口撃でさらに硬度が増してきました。可愛い顔に似合わず、しっかりと根元まで咥えてくれる口撃で、こちらも少しずつ射○感が高まってきました。

「こんな上手いと思わなかった!」
「んふふ♪」

と、なおも口撃はやめず、こちらを見つめて微笑んでくれます。射○感も高まってきていることもあり、攻めてみるとどんな反応をするのか気になったため、今度はこちらから攻めさせてもらうことにしました。愛美さんにBッドで横になってもらい、こちらから覆いかぶさっていきます。唇を合わせると、

「んっ...」

と、吐息と合わせて、濃厚なキスをお返ししてもらいました。濃厚なキスを少しの間楽しんだところで、首元から下へと舌を這わしていきます。こちらもたっぷりと焦らされたので、お返しに乳首までたっぷり焦らしながら向かっていきます。すると次第に息遣いが荒くなってきて、時折セクシーな表情をしてくれます。そして大きくはないものの、形が良くて綺麗な色の乳首に舌を這わしてみると、

「あんっ!」

と、愛美さんの口から吐息が漏れだしてきました。構わず舐めまわしていくと、さらに声が漏れだして、身体をよじらせて反応してくれるようになってきました。

「気持ちいい?」
「うん、気持ちいい...」

と、照れながらもしっかりと応えてくれた愛美さんをたっぷりと苛めたところで、蜜壷の方へと手を伸ばしていきます。綺麗にお手入れされて蜜壷の様子をうかがうと、すでに蜜が漏れだしてるぬっとした感触が指にまとわりついてきました。

「濡れてるよ」
「だって気持ちいいから...」

と嬉しい言葉を貰えたので、御礼にと顔を近づけて、舌をつかって舐めまわしていきます。

「あんっあんっ!!」

クリを舐めまわしていくと、それと同時に良い喘ぎ声で反応してくれます。緩急をつけて舐めまわしていくと、反応も次第に大きくなってきました。今度は漏れだしている蜜を指に纏わせて、蜜壷のナカの様子を確かめることにしました。たっぷりと纏わせてゆっくりと挿○していくと、程よい締め付けで指を出迎えてくれました。ゆっくりと出し入れしながらクリを舐めまわしていくと、ここまでで1番良い喘ぎ声を出して反応してくれるようになってきました。気持ち良さそうな反応をしてくれている愛美さんを見ていると、こちらも早く気持ちよくなりたくなってきました。そのことを愛美さんに伝えると、家族計画を取り出してくれ息子に取り付けてくれました。そして、そのまま愛美さんを寝かせたまま股を広げて、正○位の体勢でゆっくりと挿○していきました。

「あぁん~!!」

と、大きな喘ぎ声とともに、息子が愛美さんの蜜壷の中へと入っていきます。ナカは心地よい締め付けで暖かく、ゆっくりと出し入れするとまとわりついていく感触が伝わってきます。まずはゆっくりと腰を動かしてナカの様子を楽しみながら、身体を倒して愛美さんと濃厚なキスを交わしていきます。

「んぁあ...!」

と舌を絡ませてくれながらも、時折喘ぎ声が口元から漏れだしてきます。

「ナカ、すごく気持ちいいよ」
「あっ...、私も気持ちいい!」

といいながらギュっと抱きしめてくれる愛美さんの反応に、思わずこちらも射○感がこみ上げてきました。このままではまずいと思い、一度抜かせてもらい、今度はバ○クで挿○させてもらうことにしました。後ろからでも、また違ったナカの感触を味わわせてもらいます。時折激しく腰を打ちつけてみると、

「あんっっ!!」

と、大きな声をだしてくれます。綺麗なお尻をじっくりと撫でまわしながら堪能させてもらったところで、最後はやはり正○位でイかせてもらうことにします。愛美さんを再びBッドで横にさせて、ゆっくりと挿○していきます。速度を上げて腰を打ちつけると、部屋にいやらしい連結音が響きわたります。最後は熱いキスを交えながら、

「イくね!」
「あん!うんっ!」

といったところで、愛美さんのナカでたっぷりと放○して果てました。

余韻に浸らせてもらいながら数度とキスを交えたところで、身体を離し後処理をしてもらいます。ここで、一度ドリンク休憩をはさみながら、ピロートークで楽しませてもらいました。少しの間Bッドでイチャイチャしていたところで、愛美さんからシャワーを誘われ流した汗を洗い流してもらうことにしました。洗体はとても丁寧にしてもらえ、こういった細かいところもしっかりとできていました。綺麗にしてもらい、湯船へ一緒につかっていきます。楽しく会話しながらイチャイチャしていると、Mットを誘われました。せっかくなのでお願いして、愛美さんは浴槽からでてMットの準備をしてもらいます。

「準備できたよ~」

と声がかかり、私も浴槽からでてMットへと向かいます。うつ伏せに寝るように促されて、うつ伏せに寝て、Lーションを流してもらいます。全身にLーションを馴染ませたところで、愛美さんが密着して身体の上を上下に動いてもらいます。そのあとは全身に舌を這わせていきます。足先から指先まで一通り舐めまわしてもらいました。ただの形だけのMットではなくて、しっかりと全身を使ったMットテクニックに、徐々に息子も反応して元気よくなってきました。心地よくもあり、気持ちくもあるMットを堪能していたところで、

「じゃあ仰向けになってください~♪」

と言われ仰向けになりました。仰向けになってからも、微笑みながらたっぷり密着しながら、全身を舐めまわされていきます。元気良くなっている息子に気づくと、

「んふふっ~♪」

と、こちらをみて微笑んだから思うと、パクリと咥えられました。ネットリフ○ラでさらに硬度が戻ってきたところで、家族計画を取りつけてもらい、息子にまたがり騎○位でゆっくりと挿○されていきました。

「あぁん~!」

と、吐息を漏らしながら腰を上下に動かされていきます。こちらも負けじと腰をうちつけていくと、

「あっ、あんっ!!」

と、喘ぎ声も次第に大きくなってきました。たっぷりと騎○位を楽しんでいたかったですが、先ほどまでのMットの気持ち良さもあり、射○感がこみ上げてきてしまいました。そろそろ限界が近いことを伝え、勢いを増してもらいます。限界を迎えたところで、

「あーいきそう」
「あんっ!出して!!」

と、許可も得たところで、激しく腰を上下に動かしてもらい、愛美さんのナカで放○しました。少し余韻に浸り、唇を合わしたところで後処理をしてもらい、そのままLーションを洗い流してもらいました。再度湯船に入り、綺麗になったところで、上がりタオルで丁寧に拭いてもらいました。残り少しだけ時間があったので、楽しく会話させてもらったところで時間となり、帰り仕度を整えお別れとなりました。

今回もいつも通り大満足の結果で終えることができました。このお店基準で若いからといってテクニックがないわけではなく、抑えるべきツボはしっかりと押さえており、所々しっかりと気を使っていただき、心地よく過ごすことができました。

 【変集長より】
たむらも記者、ありがとうございました。

ほう。今回は、たむらも記者にとって安定したプレイを求めるならのお店と!

つまり、どの子であっても安定したサービスを期待できるということ。

いや~、これぞソープ慣れしている人の遊び方ですね~! 

きっと、その日の気分に合ったカテゴリー別のお店があるんでしょうね。

なるほど~。確かに安定したプレイ内容ですね。

女の子のビジュアルは若くて綺麗! そして肝心の内容もバッチリ! 

うんうん。お店の教育がちゃんと行き届いているからこそなんでしょうね。

大満足も納得です!

たむらも記者、次回もまた、その日の気分に合ったカテゴリー別の良嬢との投稿、お待ちしていますよ。


投稿ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント25p
合計45ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には「PLAYGIRLを見たんだけど」と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿ページはこちら
●ユーザー体験記事一覧はこちら

2017年4月5日掲載
navigate_nextたむらも記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded