ビッグマン

TEL:03-5603-1197
お問い合わせの際には、必ず
プレイガールを見た!とお伝えください。

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2016.12.19
ビッグマン

ここあ
20才 T154.B90(F).W60.H89

2016.12.19
【魔羅羅さん記者の体験投稿】  ビッグマン ここあ


 体験記者名
「魔羅羅さん」記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<大衆店>ビッグマン 60分コース

 遊んだ時期
・2016年8月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 満足

・泡姫のビジュアル
 大変満足

・プレイの満足度
 大変満足



 受付から女の子に会うまで
はじめまして! こちらへは初投稿となります。何本か、ネタ(体験)のストックはあるのですが、少し以前のものからで恐縮です。(他所に投稿していない案件・・とチョイスしたら、こちらになってしまいました。これから、最近の体験談も上げていきたいと思います)

火曜日の夜、お店を決めずに吉原をぶらぶら。短い時間でひと遊びしようと、目についた「ビッグマン」さんに入店。何枚か写真を出され、若くて●●でオッパイが大きい、という3点セットの条件に合致(笑)する「ここあ」さんが、すぐに入れるということなので、即決!

冷たいお茶をいただきつつ、1人だけの待合室で(この時期は暇なんですかね?)呼ばれるのを待ちます。

 女の子の第一印象
プロフ写真と、それほど印象が変わらない感じです。明るくさっぱりしたお姉さん、というイメージ。バストに比例して、程よくふっくらとしたスタイルですが、「太い」というレベルではありません。髪も黒髪ストレートで、サラサラの質感。丁寧に、

「よろしくお願いします。」

とご挨拶があり、お辞儀で髪がサラサラッとほつれるのが、何とも色っぽかったです。

 プレイ内容

ここあちゃんの綺麗な髪を後ろから眺めつつ、お部屋に案内されます。外はかなりの暑さでしたが、お店の中は空調が効いており、快適です。お部屋につくと、

「ここあです。今日は宜しくお願いします。」

と、三つ指をついてご挨拶が。

「よろしくお願いします。」

と返し、

「いや~、行き当たりばったりで来たんだけど、綺麗なコで嬉しいな。」

と、当方、自然にカオがほころんでおります。

「そうですか? 良かったあ」

と、嬢にもこちらの喜びが伝わった様子。因みに今回、「お試しコース」ということもあって、当方が受付で支払った金額はジャスト諭吉さん2枚。これでこれから1時間、この若いカラダをご馳走になれるんですから、いや~、吉原って、ほんっとに。いいもんですね! と、思わず某映画評論家(故人)のセリフが浮かびます。

ここあちゃんは、愛想良く笑顔でこちらの服を脱がせ、股間にタオルを掛けてくれてから、背中を向けて、

「脱がせてください。」

と、気を利かせてくれます。それではと、ドレスのチャックを下げてやり、するりとブラ&パンティだけの姿に。肌は少し小麦色で、健康的な感じです。バストはブラ越しでも「ツン!」と自己主張しており、ウェストは括れがあって、とてもセクシーです。

「うわぁ、綺麗だねぇ。惚れ惚れするね。」

当方が褒めると、

「そおですかぁ?でも、お腹がちょっとぽっこりで・・」

う~ん、なんで女の子って、こんなに綺麗なのに謙遜するんでしょうかね? ま、自信過剰よりはいいのかな。

「そんなことないよ、とっても綺麗だよ。」

言いながら、後ろから両手を伸ばし、彼女のバストをブラ越しに包み込みます。最初サワサワ、段々モミモミ。そのうち片手をパンティの前に滑らせ、布地越しに優しくサワサワ。

「あふっ、ん、気持ちいい・・」

ここあちゃん、息遣いがちょっと甘く、また荒くなってきてます。ブラのホックをぱちりと外し、彼女をBッドに腰かけさせた状態で、当方がその太ももの間に座ります。少し潤んだ彼女の目を見上げて見つめると、ここあちゃん、自分から顔を近づけてきてキス。しばし、「チュッチュッ・・」という、鳥の囀りのような音が室内に木霊します。

「・・床、硬いでしょ?」
「大丈夫だよ。オッパイをご馳走になるのは、やっぱりこの姿勢じゃないと。」

クスッ、と笑ったここあちゃんの、まずは右の乳房を口に含みます。

「!はぁっ・・ん!んんっ!」

彼女の喘ぎを聞きつつ、口のナカで乳輪をぺろぺろと舐め、唇をすぼめて先端を吸います。

「ああ!はぁっんん!!!」

Bッドのタオルを掴み、背中を反らせて感じてくれるここあちゃんを、こちらは逃がすまいと彼女の背中に手を回し、執拗に両方の乳房を交互に愛撫しながら、ぎゅっと両手で抱きしめます。しばらくそれを続けてから、彼女の股間に手をやると、大分潤っている様子。(私、ソープでは基本、手マンなどはしません。傷つけちゃったら悪いですし、女の子も手でされると、不安感が強いといいますし。・・ま、舐めることはありますが。)

「ここあちゃん、オレ、そろそろ我慢できなくなりそう」
「うん。でも、私、まだ何もしてあげてないよ。舐めてあげてもいい?」
「じゃあ、ちょっとお願いしようかな。あ、シャワーと歯磨きは済ませてきました!」

と、当方、定番の自己申告(ホントに済ませてきてますよ?笑)。

「ふふっ、そうなんだ。綺麗にしてるのは、キスのとき、判ったよ?」

しっかり観察されとりますな。当方がBッドに横になり、ここあちゃんがこちらの足の間に入って、ムスコを優しく可愛がり始めます。ペロペロから、じゅぽっ、じゅぽっと、なんとも卑猥な音が部屋に響き、こちらも思わず声が漏れます。

「おうふっ!・・・ここあちゃん、そろそろたんま、オマ○コに入れる前に発○しちゃう」
「うん、じゃあ、入れる?」

彼女が仰向けになり、正○位の姿勢でしばし見つめあいます。ギンギンのムスコで彼女の割れ目をスリスリしつつ、定番のやりとり。

「このままで入れていい?」
「いいよ。そのままで来て。」
「あ○ちゃん、出来ちゃうよ?」
「いいもん。」

もうこの辺で、当方の脳内は、「むはーっ!」という吹き出しで一杯。そのままズルリ! と、彼女のお腹の底へと、刃を突き立てて行きます。

「!!あああ!んんっ・・!すごい、奥まで入ってきたよ・・」
「奥まで入ったね。・・・すごく気持ちいいよ。」
「うん。いっぱい気持ちよくなって。」

そんなやりとりをしつつ、浅く、深く、ゆっくり、速くと、ペースを変えながら、存分に抽送を楽しみます。

「ああ・・ん!んんん・・ん!」
「ここあ、気持ちいい?」
「・・うん。」
「オレもそろそろイキそう」
「いいよ、イッて・・いっぱい出して」

体位変換をしようかとも思っていましたが、挿○前のフ○ラが興奮を高めていたのか、5分とは持たずに射○の前兆が。

「ここあ、イクよ!出すよ!」
「ああっ!出してぇ!いっぱい出して!」

2人の叫びが重なる中、ペ○スが根元から吹き飛ぶような快感とともに、たっぷりと彼女のナカに、精○を迸らせました。

終わった後、こちらがまだゼイゼイ息をしているうちに、ここあちゃんは甲斐甲斐しく起き上がり、後処理をして当方の体にタオルをかけ・・と、本当にこんな時は、オトコは所詮、女の人には敵わないよなぁ・・と実感します。

それから一緒にお風呂に入り、体を洗ってもらってから、2人でゆっくりドリンクを飲み、優しいキスをしてお上りとなりました。これで諭吉さん2枚! いや~、ソープって、ほんっとに、いいもんですね! それではまた、ご一緒に(?)楽しみましょう!

 【変集長より】
魔羅羅さん記者、初投稿、ありがとうございました。

なるほど~。魔羅羅さん記者は、あの3点セットがお好きと。

確かにあの3点セットは、ベスト3に入る人気の組み合わせですよね。

そして、4点、5点の贅沢を求めるなら、M気質、敏感、パイパン、潮噴きが人気かと。

いいですね~。その日の気分で組み合わせ自在のエロ3点セット!

それにしても、何気なく入ったお店で見つけた想定外(!?)の大満足っ子! 帰宅中は、ロングコースにしておけばよかったな~と後悔もあったのでは…?

いや~、ソープって、ほんっとに、いいもんですよね!

魔羅羅さん記者、次回もまた、ストックからの良嬢との投稿、お待ちしていますよ。


投稿ポイント10p+情報量ポイント15p
合計25ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には「PLAYGIRLを見たんだけど」と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿ページはこちら
●ユーザー体験記事一覧はこちら

●パソコン版・写メ日記
●スマホ版・写メ日記
●ガラケー版・写メ日記

●パソコン版・ソープ大学生記者の体験投稿
●スマホ版・ソープ大学生記者の体験投稿
●ガラケー版・ソープ大学生記者の体験投稿

2016年12月19日掲載
navigate_next魔羅羅さん記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
ビッグマン phone_forwarded