ビッグマン

TEL:03-5603-1197
お問い合わせの際には、必ず
プレイガールを見た!とお伝えください。

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2016.8.12
ビッグマン

みれい
20才 T157.B86(D).W57.H88

2016.08.12
【まあちゃん記者の体験投稿】  ビッグマン みれい



 体験記者名
「まあちゃん」記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<大衆店>ビッグマン 130分コース

 遊んだ時期
・2016年7月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 満足

・泡姫のビジュアル
 満足

・プレイの満足度
 満足



 受付から女の子に会うまで
ビックマンをこのサイトで知った時に、みれいさんの写真で興味を持ち、1番入りたかった姫で、HPのjkコスで予約時にお願いし、受付の時に確認し、

私「靴下もお願いします」
店員「大丈夫だと思います」

と心の中でガッツポーズ。アンケートに記入し、総額支払い。トイレに2回行き、そわそわしながらアルバム見ながら待っているとお声がかかり、念願の、みれいさんと御対面。

 女の子の第一印象
髪型はボブカットの似合うスポーツしていそうな体付き。HPのスカートにYシャツは青、靴下はニーハイ、靴はローファー、顔も童顔で(本人は否定)瞳がすごく綺麗。大きいスポーツバックでも背中にしょってれば、運動部の女子高生でいけそうなホントにこの女の子としていいの? ●●で? って感じの、かわいい女の子です。驚いたのが、私が以前勤めていた飲食店にアルバイトで働いてた女子高生に、クリソツで、今は歳も同じぐらいで、部屋に入ってまじまじと見ると、やはり似ていて、

私「どこから来てる?会ったことない?」
「ないよー○○県」

と、聞いてホッとするぐらい似ていて、この後もホントにいけない事をしている感、いっぱいでした。

 プレイ内容
部屋に入り前項で書いたお話をし、軽く抱き寄せキスから、とにかく早くしたいのがあるので、セルフでぬいで姫に渡すと丁重にたたんでかごへ入れてくれます。私だけ真っ裸になり、もちろん姫は着たまま、顔に手を持っていき、ほっぺを両手で支えDK、Yシャツのボタンを外しブラの上から乳を揉み揉み、あまり乳は反応がないので、とりあえず、

私「しゃぶってくれる?」
「うん」

と私はBッドの上に上がり、仁王立ちフ○ラをしてもらいます。

「ング、ング」

優しいフ○ラです。しかしリアルjkにしてもらってる感が強く興奮します。されながらブラのホックを外し乳を揉み揉みしますが、やはり反応がいまいち。

私「乳はあまり感じない?」
「んークリのがいい」
私「そっかシ○クスナインしよ」
「うん!」

横になり、

「パンツは?」
私「片足に残して」

と言いましたが、私にも股がる時に脱げてしまいましたが、2人とも気にせず股がってもらい、顔にオマ○コがきた瞬間に、クリをペロッと、

「あん」

おっ!乳とは違う反応が。しかもすでに、いい感じに濡れており、舐めがいがあります。姫は私のチ○コを優しく舐めてくれ、

私「奥まで入れられる?」

姫はそれに応えてくれ奥までくわえてくれ、

私「それ気持ちいぃぃ」

クリを舐めながら、

姫も「あ~んそれ気持ちいぃぃ」

と、私は姫のアナルに舌を持っていきペロッとすると、

「んー」

お尻を降ります。それと姫のブログに書いてあった通り期間限定のパイパンなのです。ちょびちょび生えてますが、かわいいパイパンでした。毛が柔らかいので舐めていても全然、口の周りが痛くならないので、舐めていても気持ちいいです、クリを集中的に舐めて、

「あ~ん気持ちいぃぃ」

私のものがギンギンになってきたとこで、

私「入れよ」
「うん」
私「最初バ○クで」

と姫をそのままずらし! バ○クでゆっくり●●で入れていくと、

「ん~いぃぃ」

最初は先だけで出し入れ、少しして奥までにゅるっと、

「あ~気持ちいい」

腰を掴み、大きめなお尻を鷲掴みして早目に腰を打ち付けると、

「あん、あん」

と合わせて鳴いてくれ、一端抜き正○位へ。入れる前に、チ○コでクリを擦ると、

「んーんー気持ちいい」

そのままズブっと入れてDK。姫も気持ちが高ぶってきたのか反応もいやらしくなってきました。形のいい乳を吸い、揉み、腰を掴んで早目に打ち付けると、姫は私の目を見つめ、あの綺麗な目が、またいやらしい目をしており、首を少し上げて本気の気持ちよさそうな顔、

「あ~ん、あ~ん気持ちいぃぃ」

その顔と声にやられ、

私「いきそう」
「うん、いいよ」
私「うぉー」

とラストスパート、

「んーいぃぃ」
私「出るー」

と発○。グリグリ中に押し付け1回目を存分に出しきり、しぼむまで余韻楽しみながらキスをして、

私「ありがと、気持ち良かった」
「良かった」

と、そっと抜き、中からドローっと出てくるとこを見て、指でかきだし姫に見せると、

「いゃあん」

と顔を背け、恥ずかしそうに、それがまたかわいい女の子。そして、

私「舐めてくれる?」
「ティッシュでふいてくれたら」

とお掃除とは違うかもしれませんが、残液を舐めてくれ、これも優しいので、ホッとするお掃除フ○ラでした。

少しドリンク休憩にて、まじまじと顔を見ると、やはり昔の知り合いの女の子に似ていて罪悪感というか微妙な感じになりますが、こんな女の子としてるんだという満足感にもしたりします。

私「少し休む?」
「休む」

と言われながら軽くDKして横にしていじり、

私「休んでていいよ、でも触ってるから」

と乳を吸い揉みながら、

私「いいオッパイしてるねー」
「そーかなぁ?」
私「でも、やっぱりクリ?」
「うん」
私「どうされたい?」
「舐めてくれるのが気持ちいい」
私「じゃあ舐めない」
「えーーー」
私「あはは、今のかわいい、舐めるよ」

とクリを攻めると、

「う~ん、あ~んそれ気持ちいぃぃ」

指を入れながらクリを舐めると、腰を浮かせ、

「いぃぃ」
私「指は入れた方がいいの?」
「どっちでも、クリだけで平気」

ではとクリを集中的にすると腰がくねくね動くので、お尻をがっちり抑えて舐めまくり、しばらくすると、

「いきそう」
「あ~ん、いぃぃイクー」

と果ててくれたのが私も興奮し、チ○コもギンギンになってたのでフ○ラしてもらわず、そのままクリに擦りつけ、

「うー」

そして●●でin。

「あ~んいぃぃ」
私「うわー気持ちいいわ」

キスしたり乳を揉んだりクリに指を添えたりしていると、先ほどより声が大きく、

「いぃぃ、あ~ん」
私「いってもいい?」
「いぃぃよ」

脚を持ち上げお尻を掴みラストスパートにて発○。ドックん、ドックんと姫の中に注入し前に倒れこみキス。

私「ありがと、気持ちいい」
「私も」
私「みれいちゃんの感じてる顔見てたら、興奮してフ○ラなしで入れちゃった」
「あはは」
私「みれいちゃん、いって、すぐ入れたから気持ち良かった?」
「うん、気持ち良かった」

チ○コを抜くとドローっと、

私「すげーさっきより色の濃いのがででる、これ、みれいちゃんのも混じってるね」

指ですくい、

私「見てー」
「やだぁ」

と顔を背けられましたが、かわいい!ティッシュをあてて、自分のもふいて、

私「舐めてー」
「うん」

と舐めてもらい、少しトークタイム。

私「ビックマン知って3つの願望、叶えられた」
「なに?」
私「jkコスで●●と2輪車で●●、しかも交互に入れる、最後に今日のみれいちゃん。みれいちゃんに会うのに1ヶ月も前から予定たてたんだよ、土、日休みじゃないから、有休とってさ」
「変態だなぁー、でも嬉しいー、ありがとー、良かったね願望叶えられて」

そんな話しているうちに、またしたくなってきたので、キスからシ○クスナインへ。今度は、みれいちゃんのフ○ラで大きくしてもらい、私もみれいちゃんのクリを舐めまくり、

「いぃぃ」

しばらく舐めあって、

私「入れよ」
「うん」

正○位にて●●in。3回目ですが、締まりもよく中でギンギンになってくるのがよくわかります。すぐに込み上げてきましたが、少し我慢。

「あ~んいぃぃ、気持ちいい」

が聞きたくて。しかし我慢ならず、

私「いっていい?」
「きて」
私「んー出る」

発○し軽くキスして抜くと、またドローっと出てきて、

私「結構でたよ」
「あはは、すごいね」

ティッシュで抑えて自分のもふいてお掃除してもらい、また世間話し、姫はもう終わりかとおもっていたらしく、

私「あと何分?」
「30分くらい」
私「まだできるじゃんもう1回したい」
「えー」

と言いながら私は、オマ○コを手で触っていると、姫も気持ちよさそうに、

「あ~ん」

横になってもらいクリを舐め回すとスイッチがはいり、

「あん、あん気持ちいぃぃ」

しばらく舐めてると、

「いぃぃ、イクー」

と果ててくれたので半だちの、チ○コをクリに擦りつけるとまた、

「それ、気持ちいぃぃ」

つばを上からたらし、ねちょねちょにして擦り擦りすると、

「う~ん、いぃぃ」

しかしそこから復活したないので、半だちのまま挿○し、それでも姫は「いぃぃ、あん、」と鳴いてくれるので復活を願って根元を抑えながら腰をゆっくり、いいとこに当たるように降ります。中からは愛液がたれてきますが、中々ギンギンにならず、またクリを擦りつけ、

「んーいぃぃ」

とよがってくれますが、遂にしぼんでしまい、タイムアウト。

私「ごめん、しぼんじゃった」
「いいよー気持ち良かった」
私「ありがとー」

とお風呂で軽く洗い、最後にお話しながら混浴して名刺と本指名割引券もらい階段下でキスして待合室へ。送迎車にて最寄り駅へ。(念願のみれいちゃんに会えてよかったなぁ、しかし似てたなぁ)と思いながら。初対面とは思えないほど、フレンドリーに話もできて楽しい130分でした。

 【変集長より】
まあちゃん記者、ありがとうございました。

ほう! まあちゃん記者にとっては、もうすっかりお馴染みであり、お気に入りのグルール店になりましたね。

そして今回、念願だった3つの夢が叶ったと!

しかも今回の女の子…、
『ビックマンをこのサイトで知った時に、みれいさんの写真で興味を持ち、1番入りたかった姫』
だったとは嬉しかったでしょうね~。

そんな念願だった女の子が、
『私が以前勤めていた飲食店にアルバイトで働いてた女子高生に、クリソツで、今は歳も同じぐらいで、部屋に入ってまじまじと見ると、やはり似ていて。この後もホントにいけない事をしている感、いっぱいでした』
『少しドリンク休憩にて、まじまじと顔を見ると、やはり昔の知り合いの女の子に似ていて罪悪感というか微妙な感じになりますが、こんな女の子としてるんだという満足感にもしたりします』
とは、さぞ驚いたことでしょうね。
でも、今回はクルソツの子だったから良かったのかもしれませんが、もしも本当に知り合いの子だったとしたら…?
いや~、ありえない話ではないですもんね~。1人や2人、知り合いがいても不思議ではないですからね。

いや~、それにしても、やっぱり、まあちゃん記者はソープへの想いが熱い人ですよね!
だって、ソープに行くために有休を取るなんて…、なかなかできないですよね。

まあちゃん記者、次回もまた、ソープへの熱い想いを載せた投稿、お待ちしていますよ。

※体験投稿第7弾の応募は、7月31日を持ちまして、締め切らせていただきました。
第8弾も予定していますので、またのご応募、宜しくお願いいたします。


投稿ポイント10p+情報量ポイント20p
合計30ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には「PLAYGIRLを見たんだけど」と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿ページはこちら
●ユーザー体験記事一覧はこちら

●パソコン版・写メ日記
●スマホ版・写メ日記
●ガラケー版・写メ日記

●パソコン版・J記者の体験投稿
●スマホ版・J記者の体験投稿
●ガラケー版・J記者の体験投稿
navigate_nextまあちゃん記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
ビッグマン phone_forwarded