クラブ貴公子

TEL:03-6802-4448
お問い合わせの際には、必ず
プレイガールを見た!とお伝えください。

USER REVIEW
ユーザー体験投稿

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2016.8.6
クラブ貴公子
まや
26才 T165.B87(C).W56.H86

2016.08.06
【50のToshiちゃん記者の体験投稿】  クラブ貴公子 まや



 体験記者名
「50のToshiちゃん」記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<大衆店>クラブ貴公子 80分コース

 遊んだ時期
・2016年6月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 大変満足

・泡姫のビジュアル
 大変満足

・プレイの満足度
 満足



 受付から女の子に会うまで
最近はずっと「人妻」が売りのお店に通い詰めていたので、吉原へ2か月程開いた今回は、大衆店ながら若い子も多く評判の良い「Club 貴公子」に初登楼と決めた。

このお店の良い所は、初めてでも1週間前から予約ができることで、早速1週間前の昼休みに電話予約してみた。1回目は他の電話対応中なのか、10回コールしても繋がらず、2回目でやっと出てくれた。電話の応対は丁寧で、HPや「PLAYGIRL」のカバーガール記事で気になっていた「まや」嬢の口開けが予約できた。どきどきの妄想期間が1週間続く。

前日の夜8時から10時の間に確認の電話をすると、明日の送迎につき、最寄駅と時間の確認があった。

当日は最寄駅に到着しその旨電話連絡すると、10分程で送迎車が到着。平日の昼過ぎなのに他に同乗者が2名いて繁盛しているのが窺える。運転は紳士的で安心感があり、女の子の評判等も聞こうと思ったが、同乗者がいたので特に話もできずお店に到着。

それ程暑くは無かったが、手際よく案内された待合室では、冷たいお茶とオシボリが嬉しい。総額を現金で支払い待っていると、同乗の2人には次々とお呼びがかかったが、私には声がかからず。そして店員さんが、

「女の子がこちらに向かってはいますが、20分程遅れるようでして申し訳ありません」

とのこと。こんな事はことよくあること。

「イイですよ、待ちますよ」

と言いつつ、アルバムなど見ながら、待つこと20分余り。やっと声がかかった。

 女の子の第一印象
待ちに待った時がきた。階段下でご対面。思わずガッツポーズ。ホームページそのままに、パネマジなど一切無関係。アイドル「剛○彩芽」をさらにアクティブなショートヘアにした感じで、年齢も表記+3歳位か。白いYシャツから見えるスラリと伸びた美脚がモデル級の肢体を覗わせる。
「PLAYGIRL」のカバーガールのインタビューからも想像していたが、割とおっとりとした落ち着いた声で、

「お待たせしました。電車が遅延してたみたいで、ごめんなさい」
「イイよ、イイよ、全然大丈夫だから」

と言いつつ、手を繋ごうと思ったが、階段が狭く急なので、1人ずつしか上がれず、姫が下から誘導して3階の奥の部屋へ到着。

 プレイ内容
部屋の中は大衆店としては割とゆったりした感じで、(猫足のバスタブの加減なのか)浴室が広く感じる。

型通りの挨拶のあと(即キスとかは無し)、荷物を置き脱衣を促される。姫のアシスト付きで当方はすぐにスッポンポンに。わが息子は期待に胸を膨らませ、早くも大きくなっており恥ずかしい。

「あら、大きいわね」

なんて言われて、調子に乗り私の実年齢を告げると、

「お父さんと同じ(年齢)、凄い若いね」

(白髪も増え精力も減退しているので)

「白髪も染めて若作りしないと、老け込んじゃうからね」
「「まや」さんも私の娘と同じ歳で、○○歳なんだね」
「やだ~、もっと上よ」
「えぇ~そんなふうに見えない、肌もピチピチだし」
「お世辞ばっかり」
「いやいやホント、綺麗だよ」

場も和んできたところで、姫がYシャツを脱ぐと、見事なスタイルが露わに。下着姿のまや嬢が軽く抱きつきながら、

「ブラのホックはずして」の声。

ブラを外すと、小振りながらも手には収まり切らない白く弾力のあるオッパイが。乳輪もピンクで乳首もやや赤みを帯びたぐらい。さらにTバックを脱ぐと、お臍に「ヘソピアス」その下の緩やかな丘は無毛状態。(人工的にパイパンにしているとのこと)形の良いオッパイ、キュッとしたクビレ、ポンと上向きのお尻。そして人工パイパン。もう息子は大興奮。

姫が準備をしている間、出身地や家族のことなど軽い会話をして、Iスに案内され、優しく洗体作業。特別なことは無いが丁寧で何故か優しさが感じられる。彩芽(まや)嬢がこんな事をしてくれるのかと妄想して・・。

優しくキレイに洗い流してもらい、一度湯船に浸り、うがいと歯磨きの時間。

「Mットはどうされますか?」
「勿論ソープなんだから、Mットが無ければダメだよね」

と答えると嬉しそうにMットの用意をしています。

「用意できましたどうぞ、気を付けて」の声が。
(このお店では特にMットの講○があるわけではないが、どの姫も相応の技術はある様子)

まや嬢も最初のお店で講習を受けたそうで、Mットには自信があるようです。
うつ伏せになると、温かいLーションを背面に塗りわたすと、丹念にパイパン部分を滑らせていく。オッパイの柔らかさのあとをヘソピアスの硬く冷たい感触が続き、独特の感覚が珍しい。特別に変わった技術は無いが、丁寧な感じが何か柔らかな癒しを与えるのだろう。勿論、私の股を大きく開かせると、局部やアナルを入念に刺激もしてくれる。

仰向けになると、否が応にも姫の裸体を見上げることになる。あのアイドルとこんな事しているのかと錯覚してしまう。そして、たっぷりと股間への奉仕が・・。白く細い指先が絡みつき、亀頭をお口の中へネットリと包み込むように奥へ奥へと咥え込まれ、ズルズルと舐め上げられてはもはや堪りません。更に、私の弱点である乳首をスーッと攻められては息子もMAXへ。
このままでは爆発しかねない旨を告げると、

「わぁ~大きくなったね」

と言いつつ、家族計画を装着されて、

「じゃー入れるね」

との可愛い声とともに姫のパイパンの秘壺へ。下から見上げる彩芽(まや)嬢の揺れるオッパイからお顔への眺めは美しいの一言に尽きる。眩しい限りだ。息子を中へ中へと温かく咥え込み、ジワリと締め付けてくる。

「キスして・・」

と嬢の顔が近づいて来ると、思わず唇に吸い付いて、DKへと盛り上がる。乳首への刺激も加わり、「魔の3点攻め」にもう限界に近づく。私は、左手はオッパイを右手は腰をしっかりと抱え、息子を突き上げるようにしていると、姫からも、

「あぁ~‥イィ~‥」

と喘ぎも漏れてきたので、Mットの上で滑りそうになりながらも必死で腰を突き上げる。そして限界が・・・。

「あ~イクよ~」

と叫びながら大爆発。しばし余韻に浸っていると、

「あぁ~んぁ~大きくて気持ち良かったのにイジワルね」

とまや嬢の一言。あのアイドルからこんな言葉が聞かれるなんて・・・。嬉しいような恥ずかしく情けない感じ。そのあとは綺麗に掃除をしてくれて、丁寧にLーションを洗い流し、再度入浴し、しばし休憩Timeへ。

Bッドに腰かけDrink&休憩Time。私のヘルニア(脱腸)の話題に。脱腸と脱肛の違いを説明してあげたり、マッサージの話題になったりで会話も盛り上がる。親子ほどの年齢差がありながら、こんな事やあんな事ができるなんて、風俗はイイもんだな。こんな思いをするなんていままで考えられず不思議な気分。

80分コースなので残り時間で2回目は、高年齢の私には厳しい状況。Bッドで横に坐る姫のバスタオルを取り去り、オッパイにむしゃぶりつき、姫の乳首も勃ってきたのだが、肝心の息子はなかなか反応しない。人工パイパンに目をやると綺麗に縦1文字であり、その縦スジに指を沿えてなぞってみたが、息子は反応なしのバカ息子。残念ながら時間も迫ってきていたので、汗を拭きつつ、姫のアシストで着衣へ。

次回はいつにしようかと姫に確認しながら、次こそは絶対120分コースにしなければと心に誓うのであった。

エロさや濃厚なサービスということはなかったが、あのアイドルが30歳くらいになったら、こんな感じなのかなと思いつつ、まるでアイドルとの恋人気分を妄想してしまうかも。他愛のない会話をしているだけでも、ほんわかと癒されてしまうような、不思議な魅力がある「まや嬢」でした。

最後になるが、上りの客の待合は、同じ待合室の中の仕切られた一角。店員が必ず姫の感想を聞いている。その上で、アルバムを見せながら、

「この娘は濃厚でサービス満点で評判イイですヨ」

とその客に合った姫を勧めている。こうしたことも店の人気を支えているのだろうと感心するのだった。

 【変集長より】
50のToshiちゃん記者、初投稿、ありがとうございました。

これはこれは、カバーガールを参考に指名していただいたとは嬉しいですね~。

ちなみに、カバーガールは動画のため、もちろん無修正であり、会った際もほぼ想像通りだと思われます。
そして、声も聞くことができる(声出しNGの子もいますが…)ので、多少なりとも、性格や雰囲気も伝わると思われます。

あ~、
『アイドル「剛○彩芽」をさらにアクティブなショートヘアにした感じ』
確かに言われてみる雰囲気ありますよね。

いいですね~、
『「魔の3点攻め」にもう限界に近づく』
つまり、アソコ、乳首、口ということですね。これは確かに、ヤバいですね。

親近感、覚えますね~、
『80分コースなので残り時間で2回目は、高年齢の私には厳しい状況。次回はいつにしようかと姫に確認しながら、次こそは絶対120分コースにしなければと心に誓うのであった』
80分で2回、確かに難しい年代になってきちゃいましたねぇ…。

なるほど~、
『他愛のない会話をしているだけでも、ほんわかと癒されてしまうような、不思議な魅力がある』
単純に回数の問題ではなく、長い時間一緒にいたいと思える女の子ってことですね。いや~、大事なことですよね~。

50のToshiちゃん記者、次回もまた、PLAYGIRLを参考にし出会った良嬢との投稿、お待ちしていますよ。

※体験投稿第7弾の応募は、7月31日を持ちまして、締め切らせていただきました。
第8弾も予定していますので、またのご応募、宜しくお願いいたします。


投稿ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント20p
合計40ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には「PLAYGIRLを見たんだけど」と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿ページはこちら
●ユーザー体験記事一覧はこちら

●パソコン版・カバーガール
●スマホ版・カバーガール
●ガラケー版・カバーガール

navigate_next50のToshiちゃん記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
クラブ貴公子 phone_forwarded