ミスターダンディパート2

TEL:03-3876-4090

USER REVIEW
ユーザー体験投稿

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2016.5.27
ミスターダンディパート2

ゆきな
22才 T152.B82(B).W55.H80

2016.05.27
【たむらも記者の体験投稿】 ミスターダンディパート2 ゆきな



 体験記者名
・「たむらも」記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<格安店>ミスターダンディパート2 60分コース

 遊んだ時期
・2016年5月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 大変満足

・泡姫のビジュアル
 大変満足

・プレイの満足度
 大変満足



 受付から女の子に会うまで
今回は、短い時間でサクッと抜けるようなお店に挑むことにしました。
そしてこちらのお店にすることにしました。

女性を調べている際に、少し前になりますがPLAYGIRLさんのインタビューを受けているゆきなさんに狙いを定めます。
短い時間ながらも楽しめそうな感じがしたため、予約を入れてみます。
無事に予約もとれ、当日を迎えます。

予約した当日となり、受付を済まして少しの間飲み物を飲みながら待ちます。

少ししたところで案内となり廊下の方へと向かいます。

 女の子の第一印象
女性といざ対面となります。
女性の方を見てみると写真の通り、すらっとした体系で可愛らしい女性です!
胸の方は小ぶりかもしれませんが、スレンダーな女性も好きなのでこれはこれでありです!
笑顔で挨拶され、一緒にお部屋へと向かいます。

少し短い時間で後悔しつつ、後をついていきます。

 プレイ内容
お部屋に着いたところで、再び挨拶されます。

「本日はよろしくお願いします♪」
「よろしくね」

そう言うと、とりあえずBッドへと腰かけます。
上着を掛けてもらい、少し落ち着きます。

雑談していると、スリムなゆきなさんの身体に触れてみたくなり、許可を得てから一度抱きつかせてもらいます。

「えへへっ♪」

と少し照れながらも、ちゃんとハグに応えてもらいます。
そして、向かい合う形となり軽く唇を合わせます。

「んんっ...」

と吐息を漏らしながら、軽く舌も絡ませ合います。
しばしの間、甘いキスを楽しんだ後に一度シャワーへと向かうことにしました。

こちらの洋服をアシストしてもらいつつ、脱いでいきます。
そしてこちらも少し手伝わせてもらい、脱がせていきます。

裸となったところで、改めてゆきなさんの身体を確認させてもらいます。
服を脱ぐ前からもわかっていましたが、スレンダーでスタイルは完璧です。
また、胸も小ぶりながらも可愛らしい形をしております。

シャワーへと向かい洗体をしてもらいます。
丁寧に身体を隅々まで洗ってもらいます。

綺麗にしてもらい、身体を拭いてもらったところで、一度Bッドへと向かいます。
Bッドに着いてお互い向き合います。
こちらから攻めることにして、キスを仕掛けていきます。
ゆきなさんもそれに応えるように、キスを返してきます。
先ほどよりも濃厚に舌を絡ませ合わせていきます。

「んんっ...」

と声が漏れだしてきました。
インタビューを読んだ際に、キスだけでも感じてしまうといっていたことは間違いないようで、舌が絡み合うと少しずつ声が漏れてきて感じている様子が伺えます。

少しの間キスを楽しんだあとは、舌をすこしずつ胸の方へと沿わしていきます。
こちらもインタビューに焦らされるのが好きだと書いてあったため、いきなり乳首へとはいかず胸の周りを舌で回していきます。
そうしていくと

「ううんっ....」

ともどかしそうな声を漏らしています。
時折漏れる声と感じている表情がなんとも可愛らしいため、どんどんといじめたくなってきます。
たっぷりと時間をかけて焦らしていき、乳首の先端の方まで舌を沿わせていくと

「あぁん!...」

といままで焦らしていたためか、大きめな声を出していました。

「気持ちいいの?」
「うん...気持ちいい...」

と少し恥ずかしそうに、小さな声で答えてもらいました。
気持ちいいならと、乳首をゆっくりとソフトに攻めていきます。
身体をよじらせながら反応をしているゆきなさんを構わずに攻めていくと、その都度声が漏れています。

ここまで感じてくれているのなら、と下の具合を確かめてみると...しっかりと露が漏れていました。
たっぷりと焦らした成果がでております。

「凄い濡れてるね。」
「気持ちよくて...」

とお褒めの言葉をいただいたところで、顔を下の蜜壷の方へと持っていきます。
そしてクリのまわりを焦らすように舐めまわします。

ここでももどかしそうな声を出しているゆきなさんに、こちらも我慢の限界でクリのほうを優しく包み込むように舌で触れていきます。

「ああん!!」

といままでで一番大きな声で喘いでいます。
続けて舌で強弱をつけながらクリを舐めまわします。

たっぷりと濡れているため、指の方もいれながら攻めていくことにしました。
基本的にはソフトで攻めていきますが、時折強弱をつけながら指と舌を動かしていくと、

「ああん!イっちゃいそう...」

と言ったあと、やめずに刺激を与え続けていくと、身体がビクっと反応し指がギュうっと締め付けられます。

「イっちゃった?」
「...うん...」

と顔を手で覆いながら恥ずかしがっているゆきなさんを、思わず抱きしめながらキスを交わします。

時間を見ると、時間をかけて攻めたため残り時間も少なくなっていたため、家族計画をつけてもらい正○位の形で挿○していきます。

先ほどまで沢山攻めていたため、蜜壷内は濡れも十分にあり心地よい暖かさに包まれます。
正○位をしながら抱きしめながらキスをします。
細身の身体のラインを上から楽しみながら、見ながら腰を動かしていきます。

一度体位をバ○クへと変え、後ろからの挿○も楽しみます。
小ぶりなお尻をなでながら、少しずつスピードを速めてついていくと、

「ああん!んっ...!」

とゆきなさんも喘ぎ声で応えてくれます。
そろそろ危なくなってきたため、最後は正○位へと戻します。

そして上から抱きしめるような体勢となり、激しく腰を動かしながらたっぷりと放○となりました。

余韻を楽しみながらそのままの体勢でキスを数回交わします。
一度処理をしてもらい、残った時間はお互い密着しながら、Bッドの上でイチャイチャしながら過ごしていきます。

そろそろ時間となりそうになったため、シャワーで綺麗に流してもらい洋服を着てお別れとなりました。

今回はインタビューに書いてあったことを参考にしてプレイしてみることにしましたが、女性の攻略本を見ているような感じで、また違った角度でプレイを楽しむことが出来ました。
またインタビューを参考にした体験をしてみたいと思いながら帰路につきました。

 【変集長より】
たむらも記者、ありがとうございました。

お~っ! 巨乳好きだというのに、インタビューをきっかけに、選んでいただいたと。
つまり、それほどインタビューの内容がよかったと。

ありがたいですね~! 嬉しいですね~!

そうなんですよ~!
『今回はインタビューに書いてあったことを参考にしてプレイしてみることにしましたが、女性の攻略本を見ているような感じで、また違った角度でプレイを楽しむことが出来ました』
攻略本のようであり、言い方は悪いかもしれませんが、ソープ嬢の取扱説明書みたいなものなんです。
取扱説明書を参考にして遊んでいただければ、より楽しい時間、よりエロいひとときがすごせるかと思っています。

たむらも記者、次回もまた、ぜひぜひPLAYGIRLの取材を参考に選んだ良嬢との投稿、お待ちしていますよ。

※体験投稿第6弾の応募は、5月15日を持ちまして、締め切らせていただきました。
第7弾も予定していますので、またのご応募、宜しくお願いいたします。


投稿ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント20p
合計40ポイント

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿ページはこちら
●ユーザー体験記事一覧はこちら

●パソコン版・インタビュー
●スマホ版・インタビュー
●ガラケー版・インタビュー
navigate_nextヨシテル記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
ミスターダンディパート2 phone_forwarded