王室

TEL:03-3875-1198
お問い合わせの際には、必ず
プレイガールを見た!とお伝えください。

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2015.10.25
王室

みやび
23才 T170.B86(D).W58.H87

2015.10.25
【ピンポンパン記者の体験投稿】     王室 みやび



 体験記者名
・「ピンポンパン」記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<高級店>王室 120分コース

 遊んだ時期
・2015年10月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 満足

・泡姫のビジュアル
 大変満足

・プレイの満足度
 大変満足



 受付から女の子に会うまで


前日に予約を入れてから仕事も手に付かなくなるくらいわくわくどきどき。
当日は朝からそわそわ、なのでオープンの30分前に入店。
まだボーイさん達がお掃除の真っ最中。でも快く待合室にご案内。
TVが2台あり1台は普通に民法放送、もう1台はここの姫のムービーが流れていました。
飲み物が出てきて続いて重いアルバムが3冊。時間がたっぷり(笑)あるのでゆっくり見ていたがあの娘もこの娘も気になる気になる。
と夢中で見ていたらお呼びがかかりました。

 女の子の第一印象


待合室の扉の向こうにみやびさん。
うわ!!こりゃ~美人さんだわ!! が第一印象。
お顔もHPの写真の通り。スタイルも抜群。手をつなぎ階段を上って2階の一番奥の部屋へ。
普通ならここで姫の色々なところをタッチするのですが、あまりの綺麗さに何も出来ませんでした。
こうなったら部屋に入った瞬間に!! と思いましたがスタイルに見とれて何もできずベットに普通に座ったとさ。

 プレイ内容


Bッドに座っていると目の前に座って三つ指をついて

「みやびです、よろしくお願いします」とご挨拶。
「ピンポンパンです、よろしくお願いいたします」と緊張気味に・・・・・

アシストで1枚1枚脱がされ、1枚1枚丁寧に畳んでタオルに。
さすが高級店、こう言うところも見ていて気分が良いものです。
残りパンツ1枚になった時にタオルをかけられ、タオルの中に手を入れパンツの上からサワサワ。
最後の1枚も丁寧に脱がされ畳んでタオルの中へ。
みやびさんは膝立ちになり、顔を近づけてきていよいよ始まり始まり~!
軽くキッス、その瞬間に柔らかい唇の感触が伝わりスイッチオン。
むさぼるように唇と唇を重ね、みやびさんの唇は徐々に下に下がりタオルをとって肉棒をパクリと加えフ○ラ開始。
暖かくて優しいフ○ラ、上からその様子を見ているとこんな綺麗な人が自分の肉棒をくわえている、それだけで天国気分。しかもフ○ラの最中ずっとお尻をフリフリしているじゃないです!!
この光景をずっと見ていたかったですが、キッスを楽しみたかったのでBッドから立ち上がりちゅっちゅちゅっちゅ、そして段々にむさぼるようにみやびさんの唇を堪能。
柔らかくてずっとキッスをしていたいと思わせる唇、そのうちみやびさんのほうから舌をからませてきて肉棒は更に上を向き始めました。
肉棒を手で優しくさすっていただき、こちらもブラの中へ手を入れたりお尻をサワサワしたり最後にはパンティーの中に手を入れると、なんと!もう湿っているではありませんか!
思わず右手の中指で割れ目を優しくナデナデすると

「ぁ~あ~ん・・・」

ゆっくり中指をナカに入れてみると。

「あ~ん・・・・・」

とお声が段々大きく。
みやびさんの目は先程までの目とは違い、トロ~んとしていました。
濡れ濡れになった中指をみやびさんに見せながら自分の口の中へ。
お味は無味無臭。
それを見ていたみやびさんは

「いや~ん、舐めちゃったの? もう・・・・・」

と言いながらお互い興奮状態も上々でまたまた熱いキッス。
みやびさんのブラを取り、パンティーも下げてガーターだけの姿に。
スタイル抜群、柔らかそうなボディー、綺麗お顔を眺めているだけでは勿体ないのでそのままみやびさんをBッドにM脚に座らせ、自分は床に座り蜜壺をゆっくり鑑賞。
両手で開いてみると綺麗なピンク色、しかも愛液で光っている。それを見た瞬間両手をみやびさんの両ももに回して固定してしゃぶりつき、最初はゆっくり割れ目を舌で舐め、栗ちゃんを舌で転がすようにすると、大きい声で、

「あ~ん、あ~~~ん、気持ち良い!! 気持ち良い~!!」を連呼。

舌を蜜壺の中へ入れると更に大きい声で

「ダメ~、いや~ん、いやん!!」
「そんに舐めてくれるの??、嬉しい嬉しい~」

とおっしゃっておりました。
どれくらい舐めていたでしょうか、蜜壺がちょっと開いたと思ったらかぽっ!!って音が!!

「いや~ん、ぃゃ~ん・・・・」

行っちゃったようでした。
それでも構わず栗ちゃんを舐めたり、舌を中に入れているとまた段々声が大きくなってきてかぽっ!!って音が!!

「もう~いやん・・・・もう・・・・・」

次はBッドで楽しもうかと床から立ち上がると、みやびさんはBッドに四つん這いになって僕の我慢汁で光っている肉棒をくわえ込み、

「おっきい~おきっい~」と嬉しいお言葉。

゛じゅるじゅるかぽっ゛と音を立てながらフ○ラを楽しんでいるようでした。

ずっと味わっていたかったのですが限界も近い感じでしたので、Bッドにみやびさんを横にして柔らかい唇にキッス、舌も絡ませて唇を口から離し、左手で右の胸を愛撫しながら口で左胸をちゅっちゅちゅっちゅ。
しばらくするとみやびさん自身で僕の頭を持って右胸に誘導。
右胸が感じるんだな~と思いながら、こちらもちゅっちゅちゅっちゅ。
右手で濡れ濡れの蜜壺を愛撫しながら唇を下げて行き、右もも内側を愛撫。
蜜壺を通り越して左もも内側を舐め舐め。
蜜壺を本格的に舐め始めるとみやびさんは、僕の頭を押さえて自分の蜜壺に押さえつけるようにしていました。
そのうち、

「入れて~そのかったいの入れて~」

いよいよ肉棒挿○です。
正○位で蜜壺にこすりつけるようにしながら一気にナカへ。

「あーーーーん!!いい~いい~!!」

思わず僕も

「暖かくて気持いいーーー!」って叫んでしました。

みやびさんも

「気持ち良いよ~気持ち良いよ~」

゛くちょくちょ゛と言う音が出し入れするたびにして、しばらくピストン運動。
そのうち綺麗で柔らかいお尻を見ながら突きたくなってきたので

「後ろから入れて良い??」と言うと
「はぁ~ん、入れて入れて・・・・・」とみやびさん。

四つん這いになってもらい後ろからずぶっとな。

「あ~ん、後ろからも気持ち良い~よ~」とみやびさん。

両手でお尻を抑えながら突いて突いて突きまくり、限界が来たので

「あ~行きそう、行きそう」
「来て~来て~いっぱい出して~」

数秒後みやびさんのナ○に放出!!
しかも、どっくんどっくんがいつもより長く、大量に出ちゃった感じでした。
みやびさんは四つん這い、僕は膝立ち状態で余韻を楽しみ、肉棒が小さくなってくるとナカから白い液体がどろ~ん。
みやびさんはティッシュでそれを押させながら、2人でBッドに横になり、気持ち良かったね~ってお互いに。

しばらくゆっくりしてからBッドから立ち上がり飲み物を注文。
飲み物が来るまでの間、他のお店の話とかで盛り上がりました。

洗い場でIスの用意が出来て、体を泡石鹸で綺麗に洗ってもらい浴槽へ。
みやびさんを選んだ理由の1つがMットが良いと情報を得ていたのでMットもお願いしました。
Mットの用意が出来てうつ伏せになると、暖かいLーションをたっぷりかけてくれ、みやびさんの体にもLーションを塗っていよいよMット開始。
体を上下に動かしながら唇を背中やお尻、足に這わせてくれて思わず

「気持ちいいね~最高だね~」

と言うと

「私も気持ち良いの、ぬるぬる感がたまらないの」だそうです。

丁寧に仰向けにしてもらい、両乳首をちゅぱちゅぱ。
お腹に唇を這わせながら、いよいよ肉棒に到達。
ちょっと首を起こして、肉棒をくわえているみやびさんを鑑賞。
上目づかいでこちらを見ながら咥えたり舐めたり、小さくなっていたものだ段々大きくなって

「大きくなってきたね!!、もう入れたいんだけどいい?」とみやびさん。
「うんうん!!」

騎○位でするするって入った瞬間 ゛かぽっ、かぽっかぽっ゛と言うい良い音が。
部屋中にパンパンと言う音が木霊して、みやびさんが両手をついたので両胸を両手でぬるぬるモミモミ。

「はぁ~はぁ~はぁ~」とみやびさんは言いながら速度アップ。

暖かくて気持ちいい蜜壺の中がかぽっ!!って感じで広がった気がした瞬間、肉棒に伝わる感触が緩くなり1発目から時間がまだそう経っていなかったので中折れ感が・・・・
それを感じたみやびさんは一旦蜜壺から肉棒を取り出して、フ○ラで元気にしてくれて再び蜜壺の中へ。
パンパンと言う音を立てながら、上下に出し入れしてくれ僕もみやびさんのお尻を押さえつけて、

「はぁ~はぁ~あ・・・・行きそう」と言ったら
「来て~来て~またいっぱい出して~!!」

次の瞬間、ドクンドクン!!とナ○へ出していました。
しばらく入れたままみやびさんはもたれ掛かって来てお互い、

「はぁ~はぁ~」

と言いながら息が整うまで・・・・・

「2回目は中々行きづらくて・・・・ありがとうございました」と感謝の言葉を。
「私も気持ち良かったよ~いっぱい出てたよ」

全身の力が抜けた感じの中、Lーションを丁寧に泡石鹸で落としながらマッサージもしてくれて気持ち良か~!!

その後2人で浴槽に入り残ったLーションを丁寧に取ってくれました。
浴槽から出て丁寧に体を拭いてもらいBッドに座りながらお話。
吉原の色々な事を聞いて勉強になりました。
時間が来てお互いに服を着て最後に軽くキッスを交わし階段を下りて行くと、

「今日はありがとうございました、また会いに来てくださいね」
「年内にまた来ます!!」

と約束をして別れました。

 【変集長より】


ピンポンパン記者、初投稿、ありがとうございました。

予約したきっかけは、他記者からの投稿でしょうか?
まぁ、投稿を読んだら、気になってしょうがないですよね。
1度は、お相手してもらいたくなりますよね。

でも、1度お相手してもらうと…、もう虜になっちゃう姫みたいですよ。

1度食べると、ハマる味。
もうしばらく食べたくない…、と思うのもつかの間、気がつくと、また食べたくて食べたくて、ウズウズする。

いや~、今の時代、貴重なカテゴリー姫です。

恋人イチャイチャもいいですが、たまには愛人ドロドロもいいですよね。

ピンポンパン記者、次回もまた、濃厚、濃密な姫との投稿、お待ちしていますよ。

投稿ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント25p
合計45ポイント

※お知らせ
モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。


体験投稿ページはこちら
ユーザー体験記事一覧はこちら


navigate_nextピンポンパン記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
王室 phone_forwarded