ローテンブルク

TEL:03-3871-8899

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2015.8.31
ローテンブルク

稲森ゆうか
34才 T166.B88(E).W60.H85

稲森ゆうかの体験記事|ローテンブルク 吉原高級店ソープ

2015.08.31
【ご褒美記者の体験投稿】 ローテンブルク 稲森ゆうか



 ユーザー名
「ご褒美」記者

 遊んだ時期
・2015年8月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 満足

・泡姫のビジュアル
 満足

・プレイの満足度
 満足



 受付から女の子に会うまで


久々に行ってみたくなり、どこにするかを迷った。
できるだけ落ち着いた感じで、ゆっくり過ごしたいと考えこの店を選択。
電話で予約を入れたが、きちんとした対応で応対してくれた。
(わがままだが、初めてなので多少割引サービスがあると嬉しい)

車で送迎され店へ到着。
中は外と違って高級感が感じられた。受付を済ませ、待合室で待機。飲み物を頼み、写真を見ながら想像をふくらませていた。
写真を見ているとやはり若いというよりも、ベテランでお任せしたいといった印象を受けた。
ボーイさんの対応も丁寧で、安心できる。

 女の子の第一印象


時間になり呼ばれて階段下へ向かうと、すらっと身長が伸びたお姉さんが待っていた。
思ったよりもスレンダーでとにかくフェロモンがすごい。
階段を上りながら、

「今日は、全てをお任せします。」

と告げると、

「ゆっくり楽しんで」

と言われ、いきなりキス。
「まだ廊下ですよ」と思いながらも、短いスカートをまくり上げ、パンストの感じを楽しみながら、おしりをさわりまくった。
なんともいやらしいスタートで、期待できると感じた。

 プレイ内容


部屋に到着し、ゆっくりかなと思いきや、すでに廊下からの盛り上がりは最高潮に。

「服をきたままでいいよね。」
「もう止まらない。」

パンツだけ下ろされ、あそこをぱっくん。くわえたままで、中で舌を動かし敏感な部分が反応しまくる。お互いに我慢できなくなり、

「入れちゃうよ」
「後ろから」

立ちバ○クの形になり、パンストは履かせたままでスタート。
おしりの感じも味わいつつ、喘ぐ彼女の様子。服を着たまますることで、様々な妄想が働き、意外と早めにいってしまった・・・・・
でも、出た後は、丁寧に家族計画を外し、口の中できれいにしてくれた。

1回戦が終わり、休憩タイム。
飲み物を頼み、互いに談笑。その間も自分の服を畳むなど、気配りは忘れなかった。
落ち着いた感じが心地よく、思ったよりも話し込む。そのためか、3回戦は難しそうだったので、Mットをゆっくり時間をかけてやってもらうことにした。

早速Mットの準備に。自分はお風呂に横たわり、準備の様子を拝見しながら話は弾む。歯磨きをして、冷たいタオルを顔に当てて、何とも至福のひととき。

「私もおじゃましまーす。ゆっくりできたようですね。だいぶお元気になりましたよ。」「そこですか。確かに。休養十分です。」
「では、反応を確かめてみましょう。」

といってかわいいお口で頬張った。いやらしい音をたて、玉、根本からカリの部分まで丁寧になめ回す。これは反撃せねば。
気が付くと、何気におっぱいで挟めそう? これはやるしかない。

「パイズリして」
「いいわよ。」

よだれを垂らし、すべりを加えて、柔らかい胸の中で息子が喜ぶ。とても至福な時間である。

「じゃあ、Mットへ。続きはこちらでね」

と言われて、Mットにうつ伏せ。
温かなLーションを塗られ、私の上を滑る。足の指先まで舐められ、細かいところまで気配りができている。今回は、Mットを十分に堪能しようとマッサージをお願いした。不慣れでも一生懸命やってくれる彼女は素晴らしい。肩・背中・ふくらはぎまでゆっくり揉みほぐしてくれた。
仰向けになるとプレイ再開。
シ○クスナインで互いにあそこを刺激し合いながら、濃厚なディープキスを繰り返す。もちろん、パイズリにも再チャレンジ。Lーションまみれの中で、互いの肌と肌が触れあう、こすれ合う。何ともたまらん。
といってる間に、騎○位で挿○。

「かたーい。もっとついて。」

彼女のあえぎはすごかった。上で動かれるばかりではいかん。互いにMットに寝そべり、抜かずに突き続ける。

「その角度、すごい」
「子宮にあたる」

様々な体位で、突き続けた。
自分の息子もがんばり、彼女も満足そうであった。

その後、お風呂でLーションを落し、丁寧に体を洗ってくれた。
談笑しながらの着替えに入り、最後は濃厚なキスで閉めた

 【変集長より】


ご褒美記者、ありがとうございました。
第4弾も宜しくお願いします。

なんだか、久々に会った恋人同士が、我慢できずに…、って感じの投稿ですね。
女の子の台詞も、いちいちエロい!

いや~、もっと詳しく知りたい点がチラホラです。

なお、稲森さんはインタビューにも登場してくれていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

ご褒美記者、次回は、濃厚且つ詳細が多めな投稿、お待ちしていますよ。


投稿ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント13p
合計33ポイント

※お知らせ
モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。


体験投稿ページはこちら
ユーザー体験記事一覧はこちら


navigate_nextご褒美記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded