ヴェルサイユ

TEL:03-3871-0020(080-3607-0988)

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2022.12.27
ヴェルサイユ

伊織
20才 T156.B85(D).W56.H82

伊織の体験記事|ヴェルサイユ 吉原高級店ソープ

2022.12.27
女優の川口○奈さんに激似!ルックスもスタイルも好みのタイプにドストライク!【Gyaos-Dash記者の体験投稿・口コミ情報】


 体験記者名
『Gyaos-Dash』記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<高級店>ヴェルサイユ 120分コース

 遊んだ時期
・2022年12月

 総評 ※記者の印象です。


・ビジュアル
 ★★★★★

・プロポーション
 ★★★★★

・接客態度
 ★★★★★

・感度
 ★★★★★

・攻め
 ★★★★

・コスパ
 ★★★★


 受付から女の子に会うまで
以前から登楼してみたいと思っていたけど、何か敷居が高そうで躊躇していたヴェルサイユさん、意を決して当日予約の19:00からフリーで連絡を入れました。
受付のスタッフから何名か候補を上げて貰い、一旦電話を切り、HPでプロフィールを確認した結果、伊織さんを指名しました。
日暮里駅まで迎えに来て貰うと、同士が1名同乗でお店まで移動します。
お店に着き待合室に通されましたが、流石に新規開店をした高級店で、室内も備え付けの家具も高級感が漂う内装です。
受付を済ませると、本日は混み合っているので協力店での対応となると言われ、直ぐに移動です。
協力店はヴェルサイユほどゴージャスではありませんが、やはり高級店の構えです。
暫く待って19:00を少し過ぎたとこで案内され階段下でご対面です。

 女の子の第一印象
階段下で対面した伊織さんは、エメラルドグリーンの体にフィットしたショートドレスを纏い、ピッタリとフィットをしたドレスからは、スタイルの良さが充分に窺えます。
フェイスはHPの写真とは異なりますが、HPに記載されている似ている芸能人どおりの、女優の川口○奈さんに激似です。
ルックスもスタイルも好みのタイプにドストライクなので、あんな事や、こんな事を○奈チャンに出来るなんてと、頭の中は妄想で混乱状態です。

 プレイ内容
階段下で鞄を持って貰い手を繋いで2階に上がり、一番奥の部屋に案内されました。
部屋に入ると満面の笑みで、「今日は指名をしてくれて有難うございます。でも、どうして私を指名してくれたの?」と質問するので正直に返答をしました。
「前からヴェルサイユに入ってみたくて、今日の夜は予定が調整出来たので、19:00からフリーで予約を入れ、その時間に予約出来る女の子を教えて欲しいとスタッフに確認すると、一推しは伊織チャンですと提案され、一度電話を切って、HPで確認した結果、是非、伊織チャンに入ってみたいと思い指名をしたんだよ」と伝えました。
すると伊織チャンはまたも満面の笑みで、「そうなの~、本当に有り難うございます。伊織も凄く嬉しいよ💕」と言って、改めて丁寧な挨拶をしてくれました。
川口○奈似の笑顔にキュンとすると同時に、そんな伊織チャンといろんなエ○チが出来ると妄想すると、心もJrも臨戦態勢です。

挨拶も済んだところで、伊織チャンのフルアシストで衣類を脱がされ、アッと言う間に腰にタオルを掛けられて全裸にされます。
伊織チャンは前に座ると乳○を口撃してきます。既に臨戦態勢であったJrは更にイキリ立ち腰のタオルを持ち上げます。
その様子に気が付いた伊織チャンは、「何かタオルが持ち上がってるよ❣変だね~、どうしちゃったんだろうね~(笑)」言いながらJrをタオルの上から撫でて来ます。
もう我慢が出来ず、エメラルドグリーンのドレスに手を掛け背中のファスナーを下ろすと、淡いグリーンのサルートのランジェリーに包まれた綺麗な体が露わになります。
すると伊織チャンはベッドに座っていた私の腿を跨いで、足を開いて座って来ました。
たまらずにブラジャーに手を掛けて、後ろのキツめのホックを外して、一気に剥ぎ取ります。
巨乳ではありませんが、小ぶりの乳○で形の良い胸が登場します。
既に興奮Maxの私は胸を下から揉みながら乳○に唇を這わせて舌先で口撃を開始します。
伊織チャンは、「ア~ン、アンアン💕凄い気持ち良い」と喘ぎ始め、唐突に私にDKを求めて来ました。
これに応えるべく、私は乳○から唇を離して伊織チャンの唇を迎え入れます。
しかし両手で胸を揉みながら、伊織チャンとのエロいDKを堪能します。
伊織チャンの舌は普通の女性と違い、かなり厚みがあるのですが、とても柔らかくて、且つ私の舌に吸い付く様に絡み付いてきます。最高に淫美で美味しいDKです。今までこの様なDKを体験したことがありません。

気が付くとJrもMax状態になり、タオルを押し上げるのでタオルを剥ぎ取ります。もうJrは臨界点に達していたので、伊織チャンの内股を直撃します。
伊織チャンはJr が触れると、「何だろう、硬くて弾力のあるソーセージみたいなモノが、先っちょだけ濡らしながら触れてくるよ💕」言って目を潤ませています。
伊織チャンは川口○奈似の顔をシカメながら唇を貪ってきます。
もう変態Maxに成りそうな私は、サルートのTバックランジェリーの両サイドから、両手の人差し指と中指で伊織チャン自身の周囲を触ると、既にそこはヌルヌルのグチュグチュな状態に成っています。
外陰に触れて指を見ると、外陰から指先まで透明の糸引いています。
伊織チャンも分かったみたいで、「今日の伊織は普段より早く、そして以上なくらい濡れてるよ~❣なんか分からないけど、凄く感じて最高に気持ち良くて、自分でもグチュグチュでヌルヌルなほど濡れているのが、凄く良~く分かるよ~💖」と喘ぎまくります。
両手の指を伊織チャン自身のナ○に挿○すると、そこは既にネバネバのラブジュースで満たされており指を優しく動かすと、一緒にトロトロとラブジュースが伊織チャンの内股に滴り落ちてきます。
伊織チャンの声は大きくなり、「ア~ン、アンアンアン、アア~~~ン、アンアンアンアン💕イっちゃうよ~~❣」と叫びます。

私も我慢出来なくなり、伊織チャンをBッドに寝かせてTバックのランジェリーを剥ぎ取ります。
伊織チャンは恥ずかしそうに「サルートの股の部分がベチョベチョになっちゃたよね~(笑)」と呟くので、「じゃー股の部分にティッシュを挟んでサルートを乾かそうよ!」と提案をすると「イヤらしい発想ね!やっぱり変態さんだね~(笑)。だから大好き~💕」抱き付いてきます。
その仕草が可愛い過ぎるので、私も抱き締めてBッドに押し付けて、両足を大きく開いて伊織チャンの前に座ります。
伊織チャンはマジマジと私のJrを見つめると「大きくて太くない!?」と聞いて来るので「小さくて細いと言われた事は無いね!大きいのは嫌いでちゅか?」と返答をすると「うううん、大きい方が大好きでちゅ~💞」と答えるので、遂に伊織チャン自身の割れ目に亀○を擦り付けて上下させ、ヌルヌルでグチョグチョになったところで、いよいよ伊織チャン自身に挿入をします。

伊織チャン自身の入口は少しキツいけど、ナ○まで入ると特別な締め付けや天井がザラザラとかは無いけど、全体から肉厚の柔らかい筋肉が優しく包み込む感じで凄く気持ちが良いです。
また伊織チャン自身と私のJrの相性も良いのか、挿○していると本当に居心地が良くて何時迄もナ○に居たくなるのですが、伊織チャンも何故か分からないけど、入ってる感と居心地の良さは一緒の様です。

その居心地の良さと何故かナ○に居るだけでも快感が押し寄せて来るせいか、いつもならグラインドやピストン動作が無いと射○をしませんが、伊織チャンとは挿○と抱き合ってDKをしているだけで大放出に至りました。
居心地が良いので暫くは抱き合ってDK を続けていましたが、上も下も伊織チャンは今までに無い特別な心地良さがあり、ズーッと抱き合いっ放しで挿○しっ放しのDK もしっ放しでいたいな、と思っていましたが、急に伊織チャン自身が収縮を始めるのと同時に、Jrも硬度を失い始めて外に押し出されました。
Jrを押し出した後の伊織チャン自身の真ん中はポッカリと空洞なのですが、Jrが大放出をした白濁色の体液を滴り落とし始めました。ここ迄で30分経過です。
伊織チャンは急いでBッドの上のティッシュケースに手を伸ばしますが届かないので、私が急いでティッシュを数枚抜き取り伊織チャン自身の入口に当てて、その後、伊織チャンが手で押さえて拭き取りました。
一息ついていると伊織チャンが近づいて来て、私の胡座をかいた足の間に座ってKissを求めて来ます。その仕草がとても可愛いので思わず背中から抱き締めて胸を揉みまくりました。
伊織チャンは「アンアン、アアア~~ン、アーンアーン、もっと~もっと~❣」と求めて来るので、胸だけではなく、下にも手を廻し、薄い陰毛と🌰と🐿を摩ります。
伊織チャンもお返しとばかりにJr に手で刺激を与えて来ます。その刺激に応じるかの様に、Jr は徐々に硬度と大きさを増し始めます。
いつもなら、2回戦はこんなに早く回復出来ませんが、何故か伊織チャンとなら直ぐに回復します。
Jr もギンギンの臨戦態勢になり、伊織チャン自身も既にヌルヌル、ネバネバと糸を引いている状態になっているので、速攻で正○位の態勢で合○をします。

2回戦も挿○するとベストフィットな感覚に襲われて、二人ともキツく抱き合ってDKを交わしていると、伊織チャン自身がJRを全体的に優しく包み込み、JRもそれに応える様に伊織チャンのナ○で、ゆっくりと躍動しています。
2回戦は少しだけ腰をグラインドさせると、伊織チャンの顔は快感と共に切なそうな瞳に成り、クシャクシャの表情で、「良いよ~、もの凄くイイよ~~💕ナカがJRでいっぱいなって満たされてるよ~❣ア~ン、アアア~ン、アンアンアンアン~~~~、イク~いく~イっちゃうよ~~💖」と大きな声で喘ぎまくります。
そして2回戦もほどなく伊織チャン自身にJr は大放出です。
また暫くはベストフィットな挿○感と一体感を楽しみます。
このフィット感を例えると、剣と鞘の様な関係でしょうか!?隙間無くお互いが一体となり、最高の快感を得ています。
今回も伊織チャン自身が収縮を始めてJrを押し出します。伊織チャン自身の空洞から大量の白濁色の体液が溢れ出して来ます。

暫しドリンクタイムで、2人ともアセロラジュースを飲みながら、3回戦は伊織チャンが攻撃する番ね、と決めて2人で湯船に移動します。お湯に浸かりながらMットはどうするか話していましたが、ここのシャワーは微妙な温度調整が出来ないので危険だから止めにして、Iスでの洗体で抱き合って楽しみました。
ここで伊織チャンの変態さん発言があり「鏡にお互いの挿○したところを見た~いよ💕」そうなので、3回戦を洗い場で開始です。
正○位で挿○して、洗い場の鏡の前で伊織チャンを抱き抱えて中腰の姿勢で鏡に映しますが角度が微妙なので、一瞬しか写りませんが、2人の挿○部分が見えたので伊織チャンは大満足です。

流石に中腰はキツいので、一旦は合○を解いて体を拭いてBッドに移動して、今度はバ○クから合○です。
伊織チャンのマン丸なヒップからクビれた腰にかけてのラインを見ながら、強弱を付けたグラインドを行います。
流石に3回戦はJrも煽動して刺激を与えないと反応が弱いので、もっと奥まで挿○出来て一体感が得られる寝バ○クに移行します。
寝バ○クで大きくグラインドすると伊織チャンは「アンアンアン、アンアンアン、アア~ン、アア~ン、アアアアア~~~ン、ウウウ、ウウウ、ウウウ~~~~ンン」とグラインドに合わせて大声で呻き声を発します。
15分くらい寝バ○クでグラインドしましたが、残り時間が10分くらいなので、射○は諦めて体を洗って貰い身支度を整えて、DKとハグをして階段を手を繋いで降りて、階段下でもハグをしてバイバイです。

女の子も名刺をくれて今度は直接電話予約貰えれば、スペシャルアテンドしますと言っていた庄○さんというスタッフの対応も最高でしたが、帰りの送りの車を30分くらい待たされたのが少しだけ残念でした。
とは言え最高の店舗と女の子なので、来年も是非登楼したいと思います。

 【変集長ポイント】
Gyaos-Dash記者、良嬢との投稿をありがとうございます。

素晴らしい姫、最高のプレイ、大満足だったひとときで本当によかったです!

投稿を読む → 気になった良嬢を指名する → 投稿し良嬢を共有する!
そんなソープ性活が幸せになれるサイクルになることを願っています。

Gyaos-Dash記者、ぜひぜひ今後とも宜しくお願いいたします。

投稿・口コミ情報ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント30p
合計50ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には『プレイガールを見たんだけど』と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿募集概要はこちら

2022年12月27日掲載
navigate_nextGyaos-Dash記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded