ヴェルサイユ

TEL:03-3871-0020(080-3607-0988)

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2022.8.18
ヴェルサイユ

花嶋りく
20才 T158.B115(J).W57.H90

花嶋りくの体験記事|ヴェルサイユ 吉原高級店ソープ

2022.08.18
あのJカップのエロい光景は頭に長期間残りますね!りくさん、最高すぎるわ!【クラシックス記者の体験投稿・口コミ情報】


 体験記者名
『クラシックス』記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<高級店>ヴェルサイユ 120分コース

 遊んだ時期
・2022年7月

 総評 ※記者の印象です。


・ビジュアル
 ★★★★★

・プロポーション
 ★★★★★

・接客態度
 ★★★★★

・感度
 ★★★★★

・攻め
 ★★★★★

・コスパ
 ★★★★★


 受付から女の子に会うまで
Jカップというパワーワードがずっと頭の中にあって、やっとこの前、りくさんと遊ぶことができました!りくさんはプラチナ嬢なので割引がききませんが、それでもやっぱり一度遊んでみたい!と思っていました。りくさんんの場合、やはり人気嬢なので本指名や姫予約などで先が埋まってしまうようなので、余裕を持って予約を入れた方がよさそうです。今回は運よくスムーズに予約が取れました。

 女の子の第一印象
階段の踊り場で会ってすぐに飛び込んでくるは、爆裂と言っていいほどのJカップ115センチの巨乳です。でも、会ってすぐに胸を見続けるのは失礼だと思って、すぐにりくさんの顔に目の焦点を合わせました。さっき見てJカップの谷間の残像がまだまぶたの裏側に残っているみたいでした。
ぱっちりとした二重がとても可愛さを出していて、ギャルっぽさが少しある、大変華のある美人姫でした。Jカップと華のあるルックスもあって、股間を直撃するようなエロさが最初から出ていました。スタイルはクビレありのムチムチボディで、私のすべてを包んでほしい!とよだれダラダラもんのエロボディです。
少しきつめのドレスは、Jカップのすべてを底上げしているような感じで、胸が服から今にも飛び出しそうな勢いで目のやり場に困るほどでした。繋いでもらった手がこれまた柔らかくて温かい!お部屋に移動となります。

 プレイ内容
部屋に入って丁寧なごあいさつがあって、少しばかりの雑談をしながら、やがて服を脱がしてもらいます。
服を脱ぐ際に体を寄せてくれましたが、距離はまだあるかと思ってもJカップが遠慮なく当たる感じで、もうこの時点で私の息子はうずきつつありました。
私の脱衣後にりくさんが抱き着くような感じで服を脱がしてと求めてきて、ブラのホックを外すと、ぷりり~んとこぼれ落ちるJカップ!めちゃくちゃ白いおっ○いに、ピンク色の乳○んとチ○ビで、巨乳らしからぬ美しさです。個人的にはムチムチな白太もももツボでした。

あまりのJカップのインパクトにすぐに胸に飛びついて揉み揉みちゅぱちゅぱさせてもらうと、あん、と感じ始める感度のいいりくさん。Jカップのおっ○いを手のひらで揉み揉みすると、指と指の間からちょこんと出るチ○ビ。チ○ビを指と指で挟む形になって揉んでいると、チ○ビにいい感じの快感が伝わったのか、「チ○ビ、気持ちいい…」とポツリとりくさん。
それから立ち上がった状態で、Kスをしながらお互いに体を密着させます。存分に当たりまくるJカップ巨乳の柔らかさはこの世のものとは思えない仕上がりで、否応なく私の体をフワフワと刺激してくれます。
Bッドに腰掛けて状態で舌を深くまで入れるようなDK。チ○ビをリップしてからFェラに。フ○ラでは急がず優しくってな感じで、口の中全部で息子を優しく包んでストローク。とろけそうな気持よさ!そこで、私がBッドから立ち上がると、あうんの呼吸でりくさんがパイ○リを始めてくれました。Jカップを持つりくさん、やはりパイ○リアンテナを常に立てているようで、私の無言のパイ○リリクエストを優しく受け止めてくれました。

りくさんの膝が痛くなるかもと、私はBッドに上がって仁王立ち。そしてパイ○リが続きます。
最初はりくさんが自身の胸だけを上下に動かすようなスタンダードなパイ○リ。りくさんの胸の柔らかさと一緒に、温かさも感じて今までに経験したことのない、昇天しそうなパイ○リです。その後には、りくさんが膝を震わせるような感じのバ○ブレーション的なパイ○リで、さらに振動を細かくしてくれます。ん?勘違いかもしれません、りくさんが自分の腕を小刻みに揺らしていたかもしれませんが、とにかく、さらに振動が小刻みのパイ○リがあったり。りくさんが自分の胸によだれを垂らす光景は、度肝を抜かれるほどにエロかったです。次に、りくさんが動かすのをやめて、自分で腰を○るようにして自家発電的パイ○リをしたり。亀○がりくさんの胸奥まで入り込んで、めちゃくちゃ気持ちいい!Jカップだといろんなパイ○リが楽しめます!

しっかりとパイ○リを楽しんだ後に、りくさんのむっちり柔らかボディを攻めあげました。
感度がよくて攻めるのが楽しい姫でした。ク○を舐めながら少し頑張って腕を伸ばして、Jカップを揉み揉み。そしてク○をペロペロ。モミペロ攻撃でりくさんのあえぎ声がどんどんヒートアップ!ク○ニをしている時に、自分の唾液からりくさんの愛液か分かりませんが、すでにりくさんのナ○は挿○準備OKとなったみたいです。
そしてついに挿○となりました。

やはりJカップの揺れは予想以上に視覚刺激が強かったです。Jカップとなると、正○位の態勢ではやはり横におっ○いが流れがちです。で、ボリューム感が失われやすいので、私が手でJカップを揉むと同時に持ち上げて形を整えます。チ○ビがさらに私の目の前に突き出てきて、エロい光景となりました。おっ○いを揉みながらりくさんと熱烈なDK。りくさんの腕を持って胸を寄せながら、軽いピス○ン運動をしただけでも、Jカップは大げさな!と思うくらいに激しく、そしてゆっくり揺れてくれます。りくさんも自分のJカップが揺れているのを恥ずかしがっているんじゃないかって思うくらいに、シャイでエロい表情を見せてくれて、これがまた私の興奮を煽るツボとなりました。自分の胸がプリンプリン揺れて自分でエロい感じに興奮を高めるって思うだけで…。妄想が過ぎてしまいすいません。でも、Jカップの揺れはいろんな妄想や興奮を掻き立ててくれるのですよ!
もちろん、騎○位でも圧巻の揺れをJ巨乳は見せてくれて、下乳のボリューム感が感じられる騎○位なんてなかなか経験できないですよね!バ○クになると、今度はりくさんのボリュームある、ぷりんぷりんなお尻が目を楽しませてくれました。お尻をつかんで無我夢中の激しめのナ○クです。おっ○いだけでなく、お尻も楽しめる!すごいぞ!りくさん!最後は正○位になって、りくさんのおっ○いだけでなく、全身を抱きしめるようにして果てさせてもらいました。

休憩中、大きいおっ○いのように、りくさんもおおらかでマイペースな性格で、話を楽しませてくれました。Jカップ姫は癒し系姫!ほんと、おっ○いだけでなく、彼女の愛すべきキャラにも非常に癒されました。

まぁ、そら~Mットもものすごく気持ちいいですよ!だってJカップなんだから!私の目の前でLーションを自分の体の浴びせる光景。目に焼き付きますよ!LーションがJカップの胸に垂れ落ちて、Jがキラキラ輝くわけで。
おっ○いが大きすぎて多少Mットでは動きづらいのかな、と勝手に推測してましたが、全然違いました。逆に、おっ○いの柔らかさと弾力を借りて、動きまわるりくさん。おっ○いの柔らかさを弾力を決して消すことがない、すばらしいMットです。巨乳姫は、自身の巨乳の魅力を消さないようなMットをしなければいけない、という、また他の姫とは違う課題があるように思いますが、りく姫はJカップのフワフワ感をずっと私に与え続けるように技を出していました。たぶん、体の密着度が押し付け過ぎず、そして離れ過ぎず、ちょうどいい距離を保っていたからでしょう。Mットでは、彼女が技を出すたびに、自分の息子がJカップに入りこんで、自然な感じで寝パイ○リのような感じになることもしばしば。最後は騎○位でフィニッシュとなりました。
Lーションを落とすときも、また泡で全身を包むようにして、りくさんの全身をしっかり使ってくれました。マッサージも取り入れたLーション落としで、一気に夢心地の快楽の世界に。
りくさんは、Jカップの魅力だけでなく、キャラ的にも大変癒してくれて、精神的な癒しを多大にもらえた感じで、夢心地の気分のまま家路につくことができました。あと、あのJカップのエロい光景は頭に長期間残りますね。思いだしてセルフで気持ちよくなれるくらいのビジュアルでした。りくさん、最高すぎるわ!

 【変集長ポイント】
クラシックス記者、良嬢との投稿をありがとうございます。

素晴らしい姫、最高のプレイ、大満足だったひとときで本当によかったです!

投稿を読む → 気になった良嬢を指名する → 投稿し良嬢を共有する!
そんなソープ性活が幸せになれるサイクルになることを願っています。

クラシックス記者、ぜひぜひ今後とも宜しくお願いいたします。

投稿・口コミ情報ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント30p
合計50ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には『プレイガールを見たんだけど』と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿募集概要はこちら

2022年8月18日掲載
navigate_nextクラシックス記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded