女帝

TEL:03-3872-6218

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2021.9.28
女帝

ありさ
20才 T157.B92(F).W54.H84

ありさの体験記事|女帝 吉原高級店ソープ

2021.09.28
こんなに夢中でお互いの身体を求めたのは何年ぶりだろう!恋を覚えたばかりの男子学生のように無我夢中で腰を振り続けてしまった!【セッター記者の体験投稿・口コミ情報】


 体験記者名
『セッター』記者

 遊んだお店・遊んだコース
・<高級店>女帝 120分コース

 遊んだ時期
・2021年9月

 総評 ※記者の印象です。


・ビジュアル
 ★★★★★

・プロポーション
 ★★★★★

・接客態度
 ★★★★★

・感度
 ★★★★★

・攻め
 ★★★★★

・コスパ
 ★★★★★


 受付から女の子に会うまで
当方の趣味は「疑似恋愛」。
花街遊びでは性欲を満たすこと以上に、その瞬間のときめきみたいなものを大切にしています。
その点を女帝の姫たちは理解してくれているので安心して遊べます。
たとえ幻だとしても束の間の恋心を楽しんでみたいのです。

今回も受付で女の子を吟味。
今日は誰と恋をしようか。
そんな思案を巡らせているとある女の子が目に留まります。

「ありさ」さんです。

短めのボブの似合う美人さんです。
大きな瞳には女優さんのような華、妖艶さがあります。
スレンダーな身体つきでドレスの上からでもくっきりとウエストのくびれが確認できます。
よし、この子にしよう。
さっそく指名をしました。

 女の子の第一印象
受付を済ませて待合室にいると

「はじめまして。ありさです。」

そう声をかけられました。
顔をあげると絶世の美女がそこに立っています。
ありささんです。

正直、パネルよりご本人の方が何倍もお綺麗です。

 プレイ内容
「ご指名いただき嬉しいです」

そう言って微笑むと私の手を取りお部屋へ案内してくれます。
恋人繋ぎなのが嬉しい。

密着して隣を歩いてくれるので時折ありささんの豊かなバストが肩や二の腕に当たる。
胸がドキドキと高鳴りました。

お部屋につくとありささんは床に手をついて、

「本日はご来店くださいましてありがとうございます。」
「改めまして、ありさと申します。」
「よろしくお願いいたします。」

そう言うと深々とお辞儀をしました。
大和撫子だ。

俯いた顔は鼻筋が通っていて、それでいて唇はぽってりと熟れていてなんとも色気がある。

Bッドに腰掛ける私の膝にちょこんと腰掛けて、

「まずはお洋服を脱ぎましょうね。」

と微笑むと衣服を脱がせてくれた。

細い腰を抱き寄せてキス。
姫もだんだんと興奮してきたのかそれは舌を絡める深いものに。
イチャイチャな時間を堪能していたらいつの間にか全裸。
ありささんの裸を見たい。
夢中になってドレスのファスナーをおろす。
きめ細かい肌が露わになった。

綺麗なお胸ですね、と正直に褒めると、

「脚も綺麗なんですよ」

と満更でもなさそうなご様子。

くびれた腰の下では引き締まったお尻が豊かな曲線を描きそこからご自慢の御御足がのびのびと伸びていました。
確かに綺麗です。
身をかがめて私の息子を口に含むと、
ジュボッッ!ジュボッッ!
音を立ててご奉仕。
よだれの量がすごい。
私の息子を求めて飢えている獣のようです。

ゆっくりと濃厚なフ〇ラ。

気持ちいいっ。
発射しそうになるのを必死の思いで堪える。

「私も気持ちよくなりたい」

ありささんは上目遣いにそう言いました。
そのまま騎〇位で攻めてきます。

「んあああぁぁ~っ…」

奥までズッポリと息子を納めるとそれを見せ付けるように腰を動かすありささん。

キュウキュウと締め付けるアソコ。
名器です。

「ああっ…イイっ…!!」
「もうっ…私っ…イっちゃいそうっっ……!」

ありささんのアソコがヒクヒクと震えます。

私も限界。
姫の奥を突いてドクドクと放出しました。

ガクガクと震える姫の腰を抱いてしばらく合体したままキスを交わしました。
久しぶりの再会を喜び合う恋人同士のような長いキス。
お互いを貪るように求めました。

「すごく良かった」

トロンとした瞳で姫に褒められちゃいました。

ぷっくりとした姫のクリにもキス。

「あうっ…気持ちいいっ…」

ありささんは相当感じやすい女の子のようです。
反応が可愛くて息子も再びスタンドアップ。

二回戦目は正〇位で。

膝を立てた姿勢で姫の奥をトントンとピストン。

クチュクチュといやらしい音を立てて愛液が溢れ出しました。

「あああぁんっ…もうっもうっイっちゃうぅっ…そこ気持ちいいっ…」
「イっちゃうからあぁっ…もうっ…ダメぇっ……!!」

瞳をウルウルとさせて懇願する姫。
アソコは極限までキツキツに締まっています。

キツすぎて、気持ち良すぎて私も限界です。

「イぐっ…イっ……あああ~っ…」

姫が果てるのと同時に私も発射。
とろけるようなキスをしながら奥にドピュッと注入しました。

姫の震えが落ち着くまで抱きしめます。

「ハアハア…すごくすごく気持ちよかった」

涙を浮かべながらそう言ってくれたありささん。

こんなに夢中でお互いの身体を求めたのは何年ぶりだろう。
恋を覚えたばかりの男子学生のように無我夢中で腰を振り続けてしまった。
年甲斐もなく何度もイってしまいそうです。

大満足のプレイでした。

 【変集長より】
投稿数が多いため、【変集長より】は共通の内容とさせていただきます。申し訳ございません。

セッター記者、本来であれば隠しておきたい良嬢を紹介していただきありがとうございます。
セッター記者の投稿を読む→気になり指名をする→会いに行った記者が投稿をする!

そんな良いサイクル、良いコーナーになればと思っておりますので、ぜひぜひ今後共宜しくお願いいたします。

投稿・口コミ情報ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント20p
合計40ポイント

 インフォメーション 

※記事を見て、お店に問い合わせようと思っている貴方! お電話でお問合せやご予約の際には『プレイガールを見たんだけど』と、ぜひお伝えください! みなさんのその一言が、お得な情報の充実につながります。宜しくお願いします!

※モバイルのメールアドレスでご投稿の方、投稿頂いたメールアドレスにお知らせや賞品のお受け渡しのメールを致しますので、“@playgirl.ne.jp”のドメイン指定をして頂くか、“pguser@playgirl.ne.jp”からのメールを受信できるよう設定お願い致します。

●体験投稿募集概要はこちら

2021年9月28日掲載
navigate_nextセッター記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded