ハピネス東京

TEL:03-3874-8181
お問い合わせの際には、必ず
プレイガールを見た!とお伝えください。

INTERVIEW
インタビュー

女の子のエ○チなことが盛りだくさんのロングインタビュー。

2018.6.8
ハピネス東京
るな
20才 T155.B83(D).W57.H81

2018.06.08
妹アイドル系美女! 入店後に目覚めてエロくなりました! 左半身が敏感で、指入れは1本だと物足りなくて、一緒に左のオッパイを舐めて欲しいの♪

残念ながらプロフィール写真は顔出しNGですが、とっても可愛いアイドル系の、るなさん。恋愛もエ○チもあまり興味がなかったようですが、ソープに来てからは徐々にエ○チなことに目覚め始め、今ではカラダのいろいろな部分が感じるように。特に左半身が感じるようで、オッパイも左を舐めて欲しいと思うほどに敏感! また、鏡の前での立ちバ○クが好きで鏡に写る自分の姿が恥ずかしいと思いながらも感じちゃうみたいですよ!

【とっても可愛い妹アイドル系・入店してから目覚めてエロくなりました】

【左のオッパイを攻めて欲しい・指入れは1本だと物足りない】

【目を見ながらのフ○ラしちゃう・鏡の前での立ちバ○クに興奮しちゃう】


【とっても可愛い妹アイドル系・入店してから目覚めてエロくなりました】

このお店、初のインタビューが、るなさんです。
「なぜ私なんですかねぇ~? あはは。お店のスタッフさんに昨日言われて、もっとほかの子がいたんじゃないですかぁ~? って私も言ったんですけどね。あはは」
あはは。可愛いからじゃないかな~。
「えっ? そうですか? ありがとうございます。なんか緊張しちゃうなぁ~。あはは」
あはは。可愛いな~。緊張するタイプ?
「けっこう緊張しいかもしれませんね。初めましてのお客さんだとけっこう緊張しちゃうかも。それでなんかこれからエ○チなこと始まると考えると、はぁ~、いやぁ~って思っちゃいますもんね。あはは」
あはは。恥じらいがまた可愛いな~。妹系たいな存在だよね~。
「お店のスタッフさんにも妹系って言われますね。なのでお客さんからもけっこう可愛がられることが多いかもしれませんね」
うんうん。いいね~。会った瞬間、お客さんも喜ぶでしょう?
「写真は顔を隠しているからわからないじゃないですかぁ~? なので実際に会うと、『あ~、よかった~』なんて言われることもありますね。うふふ」
うんうん。
「そう言われると私もめちゃくちゃう嬉しくなりますよねぇ~。こっちこそよかったぁ~って思いますね。うふふ」
いいね~。ちなみに、誰に似ているって言われる?
「私、ほぼほぼ言われるのが、『AKBにいそうだよね~』とか『乃木坂にいそう』とかなんかアイドルのグループの一員みたいに言われることが多いから、特に誰っていうのはないんですよね」
うんうん。確かにアイドル顔だよね~。
「アイドル顔なのかなぁ~。あはは。でもそう考えたら私は綺麗より可愛いって言われることが多いかもしれませんね。恰好よくて綺麗な女性にも憧れはありますけど、なれないからなぁ~。だから私はまだ可愛いって言われたほうが嬉しいですね」
なるほど~。モテそうだよね~。
「えっ…? そんなそんな。このお店に入ってもう半年くらいなんですけど、それまでは恋愛に全然興味がなかったくらいですから全くですよぉ~」
へ~っ! いろいろと経験がありそうだけどね~。
「そんなそんな。もっと言えばエ○チにも興味がなかったんですから。ここに入るまでは経験人数も2人で少なかったですし、初体験も高校卒業してからであまり早くはなかったんですよね」
なるほど~。
「本当、今ここにいるのが不思議なくらい興味はなかったですね」
へ~。じゃあ、実際に働いてみてどう?
「入る前は全く興味がないに近かったんですけど、今では目覚めてエロくなったかも。うふふ」
お~! いいね~。
「なんか今まで感じなかったところが感じるようになりましたね。あっ、ここかぁ~みたいに。ここも感じるんだぁ~みたいな発見はありましたね」
いいね~。ちなみに、場所はどこ?
「私、カラダの左半分がすごい弱いらしくて、脇とかもう全部触られるだけではぁ~ってなっちゃうんですよ」
ほうほう。敏感になって来たと。
「入る前はもうその感覚はなかったですけどね。なのでまだまだこれからもいろんな発見があるかもしれませんね。うふふ」
いいね~。開花して来ているね~。
「うふふ。そうですね。この半年間でもうすごく成長したと思いますねぇ~」
いいね~。じゃあ、もし半年前の自分に何か言うとしたら?
「もっと早く知るべきだよぉ~って声かけますね。あはは。本当にそう言ってあげたいですもんね」

【左のオッパイを攻めて欲しい・指入れは1本だと物足りない】トップに戻る

受け攻めはどう?
「もう攻めて欲しいですね。それで私はオッパイがめちゃちゃ感じるんですよ。けっこう舐められるのが好きで、一気にスイッチオンになって挿○したいモードになるんですよねぇ~。あはは」
お~! エロいね~。ちなみに、オッパイも左が感じるの?
「そうですねぇ~。自分でもちょっとビックリするくらい左は反応が違うんです」
へ~。すごいな~。
「だから攻めるなら左を舐めて欲しいっていうのはありますね。だからお客さんにも、左がけっこう感じるんですって言って攻めてもらうときがありますね」
いいね~。そんなに感じちゃうと。
「そうですねぇ~。あとは後ろから揉まれるのも好きなんですよね。お風呂入っているときに後ろから揉まれるのっていいですよね。うふふ」
ほうほう。後ろからも興奮しちゃうんだね。
「そうですね。なんか包まれる感? がいいんだと思いますね。やっぱりエ○チは雰囲気が大事ですからね」
うんうん。いいね~。イチャイチャ好き?
「好きだし、イチャイチャしてると思いますね。お客さんにけっこうくっ付いてることが多いかなぁ~。休憩のときも抱き枕みたいに絡まっちゃいますしね。うふふ」
お~! いいね~。じゃあ、ほかに感じる部分は?
「これもお店に入ってからなんですけど、背骨を舐められたときはビックリしちゃって、あぁ~、気持ち良い~って思いました。あはは」
ほうほう。背中も開発されたと。
「そうですね。前に舐めるのが好きなお客さんが来たんですけど、その方に背中を舐められて、そのときに、あっ、これくすぐったいけどいいかもぉ~って思ったのがきっかけでしたね。うふふ」
なるほど~。じゃあ、今は背中も舐めて欲しい?
「舐めて欲しいんですけど、なかなか言いづらいですよねぇ~。後ろ振り向いて、舐めてぇ~なんて恥ずかしくて自分からは言えないですもん。あはは」
あはは。恥ずかしいと。
「だって背中舐めてもらいたくても後ろ向くタイミングがわからないですからね。なんかいい方法ないかなぁ~。あはは」
あはは。このインタビュー見てくれたお客さんが舐めてくれるかもね~。
「あはは。確かに。このインタビュー読んでくれたら舐めてくれるかもですね。ぜひお願いしたいですね。うふふ」
あはは。いいね~。じゃあ、アソコはどう?
「アソコもやっぱり気持ち良いですね。ナカだったら指でもイケると思いますよ。えへへ」
ほうほう。ナカ派?
「クリは舐められると確実に気持ち良くなるので、それでナカを指で優しくしてくれたらそれで確実にイケちゃいますね」
お~! いいね~。
「それで気持ち良くなっちゃうと私、自分からもう1本指入れてもいいよぉ~とか言っちゃうんですよ。あはは」
お~! エロいな~。
「やっぱりお客さんも優しいですから最初は気を使って指1本なんですけど、そうして行くとだんだん物足りないなぁ~って思ってきちゃって。あはは」
あはは。でも、指は恥ずかしがらずに言えると?
「あっ、そうですね。すごい気持ち良いって思ったら、もう恥ずかしがらずに言っちゃうんですよねぇ~。あはは」
あはは。いいね~。
「それで指入れでイカせてくれたら嬉しいですよね。一緒にオッパイを攻めてくれたらなおいい。それが左のオッパイだったらもっといい。あはは。それが最高ですね」

【目を見ながらのフ○ラしちゃう・鏡の前での立ちバ○クに興奮しちゃう】トップに戻る

攻めはどう?
「タマ舐めがすごい得意ですね。あはは。お客さんには、『そこまでいいの? 舐めてくれるの?』って言われるくらいですからね。あはは」
ほうほう。
「タマ舐めが好きなんですよねぇ~、きっと。あはは。お客さんには、『タマまで舐めてくれてありがとう』って言われるときもありますからね」
いいね~。どんな風に舐めるの?
「なんか表現が難しいんですけど、舌でタマをコロコロとか…? うふふ。なんかあのタマの感触って舐めてると変な感じになりますね。あはは」
あはは。いいね~。じゃあ、フ○ラも得意でしょう?
「う~ん…、得意かどうかって言ったらわからないんですけど、好きですよ。うふふ。フ○ラするときはお客さんの目を見ちゃうんですよね、私」
お~! エロいね~。
「お客さんの反応をよく見たいので目を見ちゃうんです。それでお客さんと目が合うと、あはは、目が合ったぁ~みたいにして楽しんでますね」
あはは。可愛いな~。
「目が合ったぁ~って言うとお客さんもニコニコしてくれるんですよ。あはは。『恥ずかしかった~』なんて言ってくれることもありますね」
いいね~。どんなフ○ラなんだろう?
「けっこうゆっくりねっとり舐めると思いますね。口も小さいで、けっこう唾液も出ちゃうです。気付かないうちに出ちゃうんですよねぇ~。あはは」
あはは。いいね~。イキそうになるお客さんもいるでしょう?
「でもやっぱり興奮してても口ではイッて欲しくないなぁ~。やっぱりナカでイッて欲しいですね」
いいね~。じゃあ、好きな体位は?
「正○位ですね。やっぱり顔が見れるから好きですね。それでイキやすいのはバ○クかなぁ~」
ほうほう。
「やっぱり正○位はギュッとされるのが好きなんです。なんか心が満たされると言うか、ギュッとされると力が弱まってるから気持ち良いんですよね」
なるほどね~。じゃあ、バ○クは?
「私、バ○クだとナカがキュッとなるからすぐにイキやすくなっちゃうんですねぇ~」
お~! いいね~。
「もともとナカも狭いみたいで、さらにバ○クだと締まりがよくなるみたいなんです。だからお客さんもバ○クだと我慢できなくなるから、すぐにイッちゃう人も多いんですよ。うふふ」
いいね~。
「あとお店の部屋ってけっこう広いじゃないですか? なので鏡の前で立ちバ○クするときもありますね。うふふ」
いいね~。鏡に写りながらするのが好きと。
「好きなんですよねぇ~。でもなかなか自分ではやりたいって言えないんです。やっぱり恥ずかしくてあっち行こうなんて言えないですもんね。うふふ」
あはは。なるほど~。普通のバ○クとは違う?
「普通のバ○クに比べると興奮度も全然違いますね。なんか非現実的なところもあるんで興奮するんですよねぇ~」
なるほど~。ちなみに、鏡に写った自分の顔は見る?
「自分の顔は恥ずかしくて見れないですけど、照れ隠しでお客さんの顔を見ちゃいますね。あはは」
あはは。お客さんも気持ち良さそうな顔をしているだろうな~。
「そうですねぇ~。それでまた目が合うとニコ~ってしてくれるんですよね。うふふ」

【とっても可愛い妹アイドル系・入店してから目覚めてエロくなりました】

【左のオッパイを攻めて欲しい・指入れは1本だと物足りない】

【目を見ながらのフ○ラしちゃう・鏡の前での立ちバ○クに興奮しちゃう】

お客さんに、メッセージを。
「まだいろいろ知らないこともたくさんあるんですけど、私と楽しく遊んでください。お待ちしております♪」

[PLAYGIRL/中野クリップ]
navigate_nextインタビュー一覧ページへ
ハピネス東京 phone_forwarded