シャトーペトリュス

TEL:03-3873-4020
お問い合わせの際には、必ず
プレイガールを見た!とお伝えください。

INTERVIEW
インタビュー

女の子のエ○チなことが盛りだくさんのロングインタビュー。

2018.1.12
シャトーペトリュス
まりあ
?才 T162.B83(C).W57.H85

2018.01.12
スレンダーで手脚の長い、持田香織似の美女! お尻フェチ、脚フェチの方大絶賛! たぶん私、楽しいと思いますので、ぜひ会いに来てください♪

スレンダーで手脚の長い、持田香織似の美女、まりあさん。そのスタイルのよさや美貌に緊張しちゃいそうですが、まりあさんの愛嬌溢れる笑顔と気さくな性格で、誰もがすぐに心を許してしまうはず。『お仕事はあんまりできないんです…』と、プレイスタイルは恋人系とのことですが、話を聞いて行くと謙遜なんじゃないかと思えるほどのテクニシャン疑惑が浮上!? そして、お客さんには最大限満足してもらうため、時間の使い方についてもいろいろ考えているようですよ。

【スレンダーで手脚の長い、持田香織似の美女・愛嬌よし、親しみやすさよし】

【脚フェチにはたまらない美脚・密着ができる正○位が好き】

【唾液いっぱいのフ○ラ・入り口もナカも狭い】

【お客さんの要望に合わせた接客・攻め甲斐のある敏感ボディ】


【スレンダーで手脚の長い、持田香織似の美女・愛嬌よし、親しみやすさよし】

美人だね~。
「いや、美人じゃないんです。うふふ。今日はそんなに化粧はしてないので」
あはは。化粧してないのにその綺麗さはすごいな~。セクシーな目だしね~。
「え~、そんなことないです。全然そんなことなぁ~い。うふふ。自分では全然そう思ってないですけどねぇ~」
あはは。芸能人だと誰に似ているって言われる?
「芸能人は持田香織と片瀬那奈って言われますねぇ~」
お~っ! 確かに! 波瑠は言われない?
「あぁ~、系統一緒ですよね。でもまだ言われたことないです。うふふ」
なるほど~。あと、身長も高いよね?
「162センチですね。高く見られるんですけど、意外とそこまで高くないんですけどね。手脚がちょっと長いのでそう見えるのかもしれないです。うふふ」
うんうん。確かに手脚が長いよね~。ちなみに、今着ているのは接客着?
「そうです。伊勢丹の袋ってたまに言われるんですけど。あはは」
あはは。チェックのミニワンピと。クリスマスっぽくて可愛いな~。
「あぁ~、確かにクリスマスっぽいですねぇ~。うふふ」
ガーターを履いたりも?
「ガーターは履かないですね。いつも素足です。あと私はTバックは履かないです」
ほうほう。
「あんまり好きじゃないんですよねぇ~。フルバックのほうが好きです。あと私、姉妹で住んでるのでTバックなんて洗えないんです。そんな現実的な問題があります。あはは」
あはは。なるほどね~。
「ずっとフルのパンツを履いて来たのに、急にTバックになったら、『おかしくない?』って言われちゃうので履けないですね。うふふ」
あはは。
「妹に、『何してるのぉ~?』って言われちゃいますね。あはは」
あはは。なるほどね~。ちなみに、入店してどのくらい?
「今日で3日目ですね。(取材日)それまでは別のお店にいたんですけどね。うふふ」
なるほど~。じゃあ、お仕事もできちゃう?
「でも私はそんなにお仕事派ではないんです。どっちかって言ったら恋人系ですかね。お仕事的なことそんなにできるわけではないんですよね」
ほうほう。
「だから全然このお店っぽくないのかなぁ~って思ってるんですけど。愛嬌でなんとかやって行こうっていう感じです。あはは」
あはは。笑顔がいいし、一緒にいるとテンションが上がる感じがする。
「うふふ。けっこう親しみやすいとかフレンドリーとか、初めて会った感じがしないっていうのはよく言われます。悪く言うと、慣れ慣れしいんだと思います。あはは」
あはは。お客さんの緊張もするにほぐれそうだしね~。じゃあ、話すときもくっ付いたり?
「くっ付くまでは行かないですけど、手をお客さんの太ももに置いたりとか、そういうくらいは無意識なんですけどやっちゃってますよね」
ほうほう。いいね~。
「お客さんはいいみたいですねぇ~。うふふ。でもプライベートではそれで喧嘩になってたんですよぉ~。あはは」
あはは。
「以前付き合っていた人と喧嘩になったんです。別に変な意味じゃなくて、私は無意識に彼のお友達に触ってたんだと思います。でもそれを見られていて」
あはは。俺の友達にベタベタ触ってんじゃね~と。
「ベタベタ触ってるつもりはないんですけどねぇ~。私からすると。うふふ」
あはは。魔性の女みたいだね~。
「そうなのかなぁ~。触るって言っても、肩をポンってするくらいですよ。うふふ」
あはは。でもそれがさりげなくできる女性はモテるよね~。
「私はあんまり考えてやっているわけじゃないんですけどねぇ~。うふふ」

【脚フェチにはたまらない美脚・密着ができる正○位が好き】トップに戻る

本当に脚が長いよね~。
「脚は長いですねぇ~。えへへ」
脚フェチのお客さんも多いでしょ?
「多いです。うん。だからストッキングを持って来てくれるお客さんが多いですね。ストッキングの触り心地が好きみたいで。うふふ」
お~! 持って来たら履いてくれると。いいね~。
「履きますね。それを履いてMットをしたりとかします。うふふ」
お~! いいね~。
「好きなお客さんにはやりますねぇ~。あとは脚コキもよく言われるからやります。足で挟んでやったりとか、膝の裏でやったりとか」
お~! 脚フェチのお客さんにはたまらないフルコースだね~。
「うふふ。脚フェチとお尻フェチは多いですね」
ほうほう。お尻フェチもと。
「小さいお尻みたいです。小尻です。うふふ」
なるほど~。
「でもなんか足でやるのってちょっと失礼な気がしちゃうんですよね。求められたら全然やりますけど」
なるほどね~。Mット自体は得意?
「Mットは好きなんですけど、このお店のお姉さんに教わったMットがあまりにもハードで、私が今までやっていたMットはなんだったんだろう…、って思いましたね」
お~! レベルが高かったと。
「そんなことまでやるんだぁ~って思いました。私がやっていたMットは簡易的なものだったんだなぁ~って。でも下手って言われたことはないから、苦手とは思わないですね。うふふ」
なるほど~。ちなみに、教わって1番驚いたことは?
「手の平を舐めるんです。指も1本ずつ舐めたり。そんなことやるんだぁ~って思ったんです。手の平なんて舐めるんだぁ~って。それは斬新でしたねぇ~」
お~っ! 確かに! でも気持ち良いんだろうな~!
「あとはMットのあと石鹸で洗うときに、マッサージ的な洗い方をするんです。それが気持ち良いらしいくて、それも斬新でしたね」
なるほど~。じゃあ、レベルアップしたと?
「ただ私は騎○位がちょっと苦手で、動き方がいまだによくわからないんですよね…」
ほうほう。
「私は後ろ付きみたいなんですよね。だから動き方がなんか難しいんですよね」
なるほど~。じゃあ、背面騎○位のほうがいいと?
「のほうがもしかしたらいいのかもしれないですねぇ~。背面だとお尻も見えますもんねぇ~。うふふ」
うんうん。いいね~。でも正面も脚が長いからいい光景だろうな~。
「あぁ~、『スタイルいいね~』とか言っていただけますねぇ~。でもけっこう疲れて来て持たなくなっちゃうんですよね。うふふ」
あはは。じゃあ、好きな体位は正○位やバ○ク?
「好きですねぇ~。後ろ付きだからバ○クはちょうどいいですねぇ~。あと正○位も密着できるから好きなんですよね」
ほうほう。密着好きと。いいね~。
「いいですよねぇ~。でもお尻をちょっと持ち上げたほうがいい感じに入るので、自分で持ち上げるから、お客さんが前に来て密着してくれるほうが気持ち良いですね。うふふ」

【唾液いっぱいのフ○ラ・入り口もナカも狭い】トップに戻る

攻めはどう?
「フ○ラとか手コキとか乳首舐めとか、そういうのは得意ですね。でもア○ルに指入れてとかそこまではちょっとできないんですよね。あと言葉攻めとか。攻めが苦手っていうのはそれができないくらいなんですけどね。うふふ」
ほうほう。
「なので、お客さんが攻めたいって言わない限り、自分から攻めますね。だいたい寝ていただいて攻めて行きますね。たまにお客さんに、『乳首噛んで!』とか『つねって!』とか言われるんですけど、言われない限りソフトにするようにしてますね」
なるほど~。ちなみに、チュウもグイグイしちゃう?
「うん。しちゃいますねぇ~。『唇が柔らかくって気持ち良いね』ってけっこう言われますね。うふふ」
いいね~。色っぽい唇しているよね~。
「そうなんですよぉ~。けっこう言われます。うふふ」
いいね~。じゃあ、フ○ラはどう?
「お客さんには、『フ○ラ上手だね』って褒めてくれるんですけど、えっ? 本当に? みたいな。うふふ。私としては普通にやっているだけなんですよ」
あはは。でも、何か秘訣があるんだろうな~。
「あぁ~、でも私、唾液がすごい出るんですよ。めっちゃ出すんですよ。うふふ。だからそれがエロいって言われますね」
お~! いいね~。
「上から垂らすので。オチ○チンに向かって垂らすので。うふふ」
お~! エロいな~。
「あはは。エロいですかねぇ~。お客さんにも、『エロいね~』って言われるからいいのかなぁ~って。唾液でヌルヌルで舐めやすいし、あとはゼリーも使いますね。うふふ」
ほうほう。ゼリー?
「Lーションのちょっとゆるい版みたいなゼリーがあるんですけど、それを使いますね」
なるほど~。オチ○チンに付けてフ○ラをすると。
「そうです。それを付けると滑りがよくなってより舐めやすいんですよね。そのほうがお客さんも気持ち良いみたいなので。うふふ」
お~! 気持ち良さそうだな~。じゃあ、手も一緒に?
「うん。手も一緒にやりますね。私、手はね、上手なんですよ。うふふ。お陰様で。あはは」
あはは。頼もしいね~。
「いろんなバージョンがあるんですよ。お客さんにもよりますけど、握る強さもあるじゃないですか? あとは速さとか、あとタマとかお尻も一緒に触ったりもするし、両手でやったりもしますし」
お~! サオを両手でと?
「いや、亀頭を両手で包んでグルングルンやるんです。うふふ。でもお客さんによってはくすぐったいみたいです」
あはは。なるほど~。
「あとは素股ですね。ただソープだから素股してても結局挿れちゃうんですよね。うふふ。けっこう素股で高まっちゃうお客さんもいて、もう挿れた瞬間にイッちゃう人もいますね」
お~! すごいね~。
「私、ナカがちょっと狭いんですよね。あとは入り口が狭いから…」
お~! じゃあ、気持ち良いって言われるでしょ?
「そう言っていただけますねぇ~。うふふ」

【お客さんの要望に合わせた接客・攻め甲斐のある敏感ボディ】トップに戻る

最初に攻めて、そのあとは?
「そしたら、シ○クスナインにしますか? って聞いたり、交代しますか? って聞いたりしますね。なんでもだいたいそうやってお客さんに聞きますね。Mットしますか? とか。お客さんの希望通りに動くようにしてますね」
なるほど~。
「だから、『Mットはいいや』って言われたら、だよねぇ~って言います。あはは。寒いしねぇ~って言って。うふふ」
あはは。気さくでいいね~。
「うふふ。けっこうこの時期は寒いからMットが嫌なお客さんも多いので、聞くかなぁ~。あと最初も、お風呂にしますか? Bッドにしますか? みたいに、軽ぅ~く聞きますね。私はどちらでも大丈夫なんですけど、お客さんが初めはお風呂がいいっていう方もいるので。特に夏とかは多いので」
なるほどね~。
「気遣いのつもりです。Mット嫌いなのにMット用意しちゃったらお客さんが、『したくないのになぁ…。でも用意してもらっちゃったしなぁ…』ってなるじゃないですか?」
うんうん。確かに。断りづらいよね~。
「そうそう。そういうことがなくなるように聞くようにしてます」
なるほど~。確認し、お客さんが満足できる流れにすると。じゃあ、お客さんが3回イキたいって言ったら?
「3回に挑戦するとしたらBッド、Mット、Bッドですね。それかBッド3回。時間配分とかも、え~っと…、って考えながらやりますね」
ほうほう。
「1回戦目で早くイケたら、これはイケるかもって思いますけど、でもだいたいそういうお客さんに限って1回イクと満足している人が多いですね。うふふ」
あはは。最初の意気込みはどうしたと。
「時間もあれだし、そろそろ2回目やらないと間に合わないんだけど…、ってちょっと笑いに持って行きます。うふふ。でもお客さんが楽しそうに話していると、話を中断していいのかなぁ…? っていうのは悩みますね。でも最初3回って言ってたしなぁ…、って思うし、どうしよう…? って悩みますね。でも時間は刻々と…。うふふ」
なるほどね~。難しいところだね~。
「最後にあせらせてしまうのは嫌なのでね。お客さんの判断に合わせるんですけど、あまりにも短い時間でMットやってって言われたら、それはちょっと時間ないなぁ…、ってなっちゃいますけど、そうならないために早めに聞くようにしてますね」
うんうん。時間配分は大事だよね~。
「前のお店が120分で、このお店は90分だから、30分の差ってけっこうあるので、まだ時間の感覚が確立できてないんですよねぇ~。でも2回はイッてもらいたいって思ってやってますね。うふふ」
なるほどね~。謙遜しているだけで実は仕事的なこともできていそうだね~。
「どうなんでしょうねぇ~。ほかの女の子がどうかわからないんですけど、でもお仕事しないほうだと思います。私の本指名のお客さんとかは、お仕事で本指名を返してくれる人はいないですからね。うふふ」
あはは。イチャイチャがよくて指名してくれると。
「そうですね。恋人的な雰囲気で返してくれるお客さんのほうが多いと思います。だから本指名の人でMットをやる人はいないですねぇ~」
なるほどね~。じゃあ、受けはどう?
「反応はいいですよ。声が大きいので。うふふ。だから攻めるのが楽しくなっちゃうみたいなんですよねぇ~」
お~! 攻め甲斐があると。どんな前戯が好き?
「触れるか触れないかくらいのチョ~ソフトな感じが好きです。全身そうですね。うふふ」
なるほど~。ソフト好きと。じゃあ、いtろいろな部分をされたい?
「あっ、そのほうが好きですね。あとは我慢できなくなったら、下も舐めてぇ~って言っちゃいますね。うふふ」
お~! エロいね~。アソコも敏感と。
「舐められるのは好きなんですよね。舌は柔らかいじゃないですか。だからソフトに舐められてるとイッちゃうときもありますね。うふふ」

【スレンダーで手脚の長い、持田香織似の美女・愛嬌よし、親しみやすさよし】

【脚フェチにはたまらない美脚・密着ができる正○位が好き】

【唾液いっぱいのフ○ラ・入り口もナカも狭い】

【お客さんの要望に合わせた接客・攻め甲斐のある敏感ボディ】

お客さんにメッセージを。
「たぶん私、楽しいと思います。うふふ。一緒に過ごしたら楽しいと思うので、ぜひ会いに来てください♪」

[取材後記]
時間配分を考えてくれるのは、お客さんとしてもありがたいですよね。希望を言えば、まりあさんが90分をカスタマイズしてくれる。まさにプロですよね。『お仕事はあまりできない…』とも言っていましたが、実はそんなことはないでしょうと思えました。唾液がいっぱいのフ○ラ、自信のある手コキ、美脚を使ったプレイの数々と、お客さんが完全受け身でも楽しませてくれそうです。そして、個人的にはストッキングを履いたMットに興味を持ちました。脚フェチ、ストッキングフェチのお客さんにはぜひ試してもらいたいです。最後に、『私、楽しいと思います』と言っていましたが、『私、失敗しないので』と言う、ドクターX・大門未知子に近いものを感じましたよ![PLAYGIRL/スープ]
navigate_nextインタビュー一覧ページへ
シャトーペトリュス phone_forwarded