ラビアンローズ

TEL:03-3873-1200

インタビュー
INTERVIEW

女の子のエ○チなことが盛りだくさんのインタビュー。

2022.5.9
ラビアンローズ

咲心
20才 T153.B90(F).W55.H85

咲心のインタビュー|ラビアンローズ 吉原高級店ソープ

2022.05.09
Fカップの巨乳でスタイル抜群のハーフ系美女! 恥ずかしがらずに何もかも曝け出して一緒に楽しんで欲しいんです!

ハーフ系美女でダレノガレ明美似の咲心(さら)さん。アンダーの細いFカップの巨乳で締まったくびれと抜群のスタイル! そして、椅子、Bッド、Iス、Mットの4回戦や言葉攻めや男の潮吹きと、大人のデ○ズニーランドのようなプレイの数々が楽しめる! そんな、まさに夢の国のようなひとときがすごせる咲心さんは…、どうやらMだからSができると言う、ご奉仕型のM気質みたいですよ!

【Fカップの巨乳でスタイル抜群のハーフ系美女】

美人だし女子力も高そうだよね~。
「え~っ、全然そんなことないです。嬉しい。うふふ」
うんうん。髪も巻いていて可愛いしね~。
「うふふ。今日、インタビューでお会いするということだったので。えへへ」
いいね~。接客の時も巻いている?
「接客の時も前髪だけ巻いて、ハーフアップで毎回お出迎えさせていただいています。うふふ」
いいね~。ネイルも綺麗だしね~。
「え~、嬉しいです。ネイルも定期的にやっています。それしか取り柄がないので。えへへ」
いやいや。取り柄だらけでしょう。誰に似ているって言われる?
「いろんな人に似ているって言われるんですけど、ダレノガレさんとかが多いですね。あとは沢尻エリカさんとか、自分では実感はないんですけど、ハーフ系に似ているみたいで。写真を見てちょっときつい感じの子なのかなって思われたりしますね」
なるほど~。実際にハーフ?
「いや…、純日本人です。うふふ。九州と東京のハーフです。あはは」
あはは。でも、美人だよね~。で、実際は人懐っこいよね?
「えっ、本当ですか? 嬉しいです。でも、きつそうって言われます…。うふふ」
うんうん。じゃあ、会ってみると印象が違うと言われると?
「あっ、そうですね。入るまでは写メ日記を見て、『本当に大丈夫かな?』って思うみたいなんですけど、『会って安心したよ』みたいに言われることが多いですね。『ギャップがあるよね』って言われます。うふふ」
うんうん。明るいし話しやすいしね。
「本当ですかぁ~。とっつきにくくないですかね? えへへ」
あはは。とっつきやすいけどね~。
「あはは。嬉しい~。ありがとうございます」
で、スタイルもいいけど、何か運動でも?
「一時期鍛えていたんですけど、ちょっと華奢になりたくって、今ちょっと筋肉を落とすようにしています」
へ~。
「身長の高い女の子が多いので、女性らしいカラダで勝負しようって感じですね。えへへ」
あはは。いいね~。オッパイも大きいしね~。
「いや…、そんなに大きいわけじゃないんですけど、カラダの作りのせいか、けっこう大きく見えちゃうんです。大きさよりも形派です。お客様にもそう言われます。あはは」
ほうほう。大きさもすごいけどね~。
「G寄りのFくらいです。ブラもあるし、あとは前に出ていて垂れないので大きく見えるんですよね」
いいね~。アンダーが細いよね~。
「あっ、アンダーは言われます。アンダーは60cmとか、たまに60cmを切るくらいなので、だから大きく見えるのもあるみたいです。よくわかりますねぇ~。あはは」
あはは。あとは、くびれもあるよね~。
「くびれも言われますねぇ~。Mットとかもけっこう体幹を使うので鍛えられています。うふふ」
いいね~。いい運動だね~。
「そうですね。お客様にもいつも、『ある種の筋トレじゃない?』って言われるくらいなので。うふふ。Iスとかにしても腹筋を使いながら潜ったり、あとはポージングを決めながらやるので、プルプル震えながらやったりしていますね。うふふ」
ほうほう。ポージング?
「ただ滑るだけじゃなくて、どう見えるかっていうアングルとかも気にしたり、1番顔が良く見える体勢を気にしたりしています。けっこうプルプルしちゃう時がありますね。うふふ」
お~! いいね~。
「例えば、お客様の上にブリッジするみたいなのがあるんですよ。お客様にお尻だけ着けて、カラダは反って、顔は見せるみたいな感じなんですけど、それをMットの上でするので、ヌルヌルの上で自分のカラダを支えて見せるのとかはニコってしているけど、ヤバい~って思いながらやっています。うふふ。そういう技はけっこうありますね」
お~! 股間を向けて、ブリッジして、反った状態で顔をお客さんに向けると?
「そうです、そうです。それをヌルヌルした上でするので。うふふ」
お~! すごいな~。もしかして、お店として基本的の技?
「いや、私は外部のお姉さんにお願いしているんですけど、そのお姉さんがやっている流れにプラスこうやったら綺麗に見えるかなっていうのをやっています」
お~! すごいね~。そのモチベーションは何なんだろうね?
「最初は何も技術がなくて、喋っている時間でお客様の顔色を伺うタイプでしんどかったんですよ。もっとしたいのかな? とか、逆にもうできないのかな? とか思うのが辛かったから、テクニックを増やすことによってお客様がイケなくても満足感を感じていただけるようにしたくて、どんどん技術を増やしたら今のスタイルになってきましたね」
なるほどね~。
「以前はイチャイチャキャラ系だったんですよ。恋人キャラだったのでテクニックは全くなかったんですけど、最近はテクニックを増やしてやらせていただいています」
ほうほう。でも、雰囲気はイチャイチャしたくなる感じだよね~。
「あ~、本当ですか。嬉しい~。逆にできなさそうって言われるんですけど、そう思っていただけたら嬉しいです。うふふ」
恋人系もお仕事系もと。いいね~。
「基本どっちもできます。うふふ。綺麗な子が多いので、努力しないとどんどん落ちちゃうと思って」
うんうん。ちなみに、案内の時の衣装はどんな感じ?
「案内は基本ドレスですね。たまにコスチュームを着ることもあるんですけど」
ほうほう。短いドレス?
「あっ、そうです。ちょっと短いドレスで、胸元が広く見えて、ピッタリしているのが多いです」
いいね~。セクシーだね~。
「どっちかと言ったら、クラブとかにいそうなお姉さんって感じで、ちょっといいドレスで、脱いだらちょっとエ○チみたいな感じですね。『こんな子とできるの?』って思って欲しいっていうのが1番最初の第一印象で意識しています。そこからどんどん乱れていくので、そこからエロに持って行っていただければいいなって思います。うふふ」
いいね~。興奮で入室したらすぐしたくなっちゃいそう。
「あはは。でも、私はお部屋まで来るまでに、グッと距離を詰めて、部屋に入ってすぐ派です。だから、『今までで過去最高記録だよ』って言われます。『こんなに早く入れたの初めてだよ』って言われるくらい、私はガツガツ行きます。うふふ」
お~! 咲心さんが襲っちゃう側と。
「お客様がするよりも先に私が脱がすみたいな感じです。『あわわ…』みたいな感じがけっこう多いかなって思います。うふふ」
いいね~。エロいね~。じゃあ、受け好きのお客さんにはどんな風に攻めちゃう?
「何もしてこない方だったら、最初はお部屋のIスを真ん中に置いてのご案内が多くて」
ほうほう。普通の1人掛けの用の椅子と。
「そうです。その椅子に座っていただいて脱がせるじゃないですか。私が攻めるじゃないですか。攻めた後にその状態で私が上に乗って、触ってぇ~って言います。攻めさせるのも私からさせるみたいな感じですね。そこでSさんもMさんも攻めも受けもしちゃうっていう感じですね」
お~! エロいね~。
「たぶん気を遣って触れない方もいらっしゃると思うので、持って行ってあげたほうがいいかなって。触っちゃだめかなって気を遣ってくださる方っていません? だから、私から舐めてぇ~って持って行っちゃいます。うふふ」
いいね~。ちなみに、上に乗る時は下着姿で?
「あっ、もう全部脱いでます。攻めている時にどんどん脱いで行きます。いつの間にか脱いでいるみたいな感じです。うふふ」
お~! 攻めながら脱ぎながらと。
「攻めながら脱ぐって感じです。絶対暇はさせないって感じです。うふふ」
すごいな~。ちなみに、椅子での攻めで意識していることはある?
「けっこう角度が大事だと思っています。お客様から可愛く見えるように、舐め方も上目遣いで。私は脚とかも全部舐めるんですけど、その時もけっこう横顔とかを意識して、耳に髪を掻き上げて見せたりとかして。視線からのエロって大事だと思うので。うふふ」
いいね~。ドキドキしそうだね~。
「うふふ。あと、最後に舐めていただいたあとに、椅子の上でお客様の頭の上に立つんですよ。その時もちょっと反って胸を見せる感じにして、お客様は舐めながら胸が見えるようなアングルにするとか、ちょっとAVチックな感じを意識してやっています」
お~! すごいな~。椅子の上に乗っかって、お客さんの顔にアソコを持って行くと。
「そうです。あとは、お客様の手を胸に持って来て、触ってもらって、で、そのまま私が下りて入れるみたいな感じです。うふふ」
お~! すごいな~。それはイッちゃうよね~。
「そうですね。そこでイッってくださるとインターバルがたくさん取れるからたくさんできるんです。だから、最初は椅子でイッて欲しいんです。うふふ」
あはは。我慢せずにと。
「えへへ。そうですね」
でも、我慢するお客さんもいるでしょ?
「あっ、全然います。うふふ。でも、それは逆に、そのまま鏡の前で立ちバ○クをしたり、Bッドでしたりしますね。次は俺が攻めるみたいな方も全然いらっしゃるので」
ほうほう。1回戦目で立ちバ○クまでしちゃうと。
「凝縮させて2時間で全部しちゃうってことも意識しています。うふふ」
すごいな~。イッちゃうお客さんは10分くらいでイッちゃうでしょ?
「もっと早い方も全然います。うふふ」
あはは。もっと早いと。
「全然います。フ○ラの段階から『やばい…。ちょっと待って』みたいな。うふふ。でも、逆にあとがいっぱいできるので、我慢しないでっていう感じでやっていますね」
なるほど~。フ○ラも上手なんだろうね~。
「イカせるフ○ラよりも見せるフ○ラが好きなので、できるだけ力を入れずに唾液をたくさん含んでエ○チに見せるようにやっていますね。フ○ラでは絶対イカせません。うふふ」
ほうほう。でも、イキそうになっちゃうと。興奮度がすごいんだろうな~。
「あ~、そうですね。脳イキしてくださる方は、けっこうされてるのを見て、『あっ!』ってなっちゃいますね。可愛いなって思います。うふふ」
いいね~。脳の興奮ってすごいね~。
「それ1番大事だと思います。そこを1番意識しています」

【大人のデ○ズニーランドのようなプレイの数々は、まさに夢の国】

復活しにくいお客さん、1回でいいってお客さんもいるでしょ?
「あっ、もちろんいらっしゃいます。でも、1回しかイケないからそこで終わりってことではなくて、Bッド、Iス、Mットって3回分の流れは絶対しますね。イカせるってことじゃなくて、ずっとひっ付いてチュウを多めにするとか、ゆっくりしながらマッサージを入れたりっていう感じで切り替えるかもしれません。たくさんっていうよりはイチャイチャの割合を増やして癒し系に持って行きますね。もちろん、ゆっくりしたいって方には無理に3回分の流れはしませんけど。うふふ」
ほうほう。なるほど~。
「でも、イケないって方でもMットで濃厚なチュウを入れたり、言葉攻めをしたりしていくと、意外と半勃ちくらいにはなる方が多いので、全くっていう方はあまりいないかもしれないですね」
いいね~。言葉攻めもできると。
「しますね。特に年齢層が高い方にはやっちゃいます。うふふ」
あはは。いいね~。例えば?
「すごいオチ○チン硬くなってきたねとか、どうして欲しいの? とか、アソコをお顔から離した状態で、舐めたいんでしょ? って言って近づけて行ったりとかしちゃいます。うふふ」
いいね~。エロいね~。優しく辱める感じだね。
「そうですね。あんまり威圧的なことは言わないようにします。今こうなってるよっていうのを考えさせるための言葉攻めですね。実況みたいな感じですね。うふふ」
うんうん。いいね~。
「でも、若い子にしちゃうと、『恥ずかしいから止めて』って言われるので、人を見てやりますね。けっこう年齢高めのエ○チな方には効果的な興奮だったりしますね。えへへ」
いいね~。Mットは無言なことが多いから言葉で盛り上げながらもいいよね~。
「そうなんですよね。それ、めっちゃ大事」
あはは。
「私も前は黙ってMットをやっていたんですけど、それだと事務的っぽいんですよね。でもBッドを越えるエロをMットは出さないと、たぶん興奮に持って行けないんですよね。事務的だからMットをしたくないって方もいらっしゃるんですよね。『仕事っぽいからMットはいいよ』って言われるんですけど、MットでBッドのエロを越えるんだよって私は思っちゃいますね」
お~! すごいね~。そのためにMットでもいっぱいチュウをすると。
「チュウもしますし、乳首攻め騎○位とかも多いかもしれないです。うふふ」
いいね~。エロいね~。
「あんまり脚立てるのって怖いからやる女の子がいないみたいなんですけど、爪先立ちで乳首攻めしながらしますし、それのバ○クバージョンとかもやりますね」
お~! バ○クでもってすごいな~。
「滑るので体幹がいるんですよね。最初のうちは怖かったですけどやってます」
いいね~。
「Sの方でどうしても騎○位でイケないって方は、ヌルヌルのままBッドに連れて来てイッていただくみたいなこともありますね」
なるほどね~。他にもMットについて何かある?
「あっ、逆潮吹きはすごい得意です。うふふ」
ほうほう。男の潮吹きも得意と?
「得意です。嫌な人にはしないですけど。うふふ」
リクエストがあればと。
「やりたいって方以外にも、イッたあとのひっ付きながらの賢者タイムで、くすぐったい? って言いながら触って、『おしっこ出そう…』ってなったら、吹くやり方があるので、それで吹かれる方もけっこういますね。えへへ」
お~! すごいね~。
「やってみてくすぐったいって言ったら止めますけど、『なんかもう1回イケそうだよ』みたいな感じの方はおしっこなので、もう1回イッてって言いながら触っていたら吹きますね」
なるほどね~。個人的には、くすぐったいから吹かないと思っているんだけどね。
「あっ、そうなんですね。イッたあとに触られて吹きそうになったことはないですか?」
ないかな。
「触られるのもくすぐったいですか?」
軽くはいいけど、潮吹きのイメージはガーって感じだよね。
「あ~、ガーって感じではないですね。亀頭を撫で回すように包むように優しくやると、くすぐったいのマックスが来るんですよ。それで精○と間違っておしっこ出ちゃうみたいな感じですね。えへへ」
お~! なるほどね~。
「小っちゃくなっちゃう方だとちょっと無理かも。イッたあともずっと勃ちっぱなしの方とかはけっこうできます。あと、Sの方はできても嫌がるんですよ。『いや、僕は絶対にしたくない』って、絶対にできるのにプライドが高くて。あはは」
あはは。なるほどね~。咲心さんなら吹きそうな気がしてきた。
「あはは。いっぱいお水を取っていただいたらできると思います。体質はあると思いますけど、けっこう初めての方でもいらっしゃったし、童貞の方もできたので」
童貞で潮吹きまでも経験できちゃったと。
「あはは。これが普通だと思っちゃったらだめだよって言っています。普通に女の子とした時に物足りなくなちゃうので。うふふ」
うんうん。確かに。咲心さんとの時間はデ○ズニーランドだな~。
「あはは。大人のデ○ズニーランドですね。夢の国です」
あはは。で、お客さんが大丈夫ならIスも毎回やると?
「毎回します。でも、Iスも2段階あって、潜りIスも泡でするのとLーションでするのとあるんで。最初に泡で見せるプレイをして、そこから挿○のためにプチMットみたいな感じでやるIスと2種類やってます」
なるほど~。ちなみに、基本は何回戦になるんだろう?
「最初は、お部屋の椅子でやって、ちょっと早かった人はもう1回Bッドで誘ってみます。Bッドでイケたらイッていただいて、Iスで泡のあとに挿○でイッっていただいて、で、最後にMットって感じですね」
お~! 4回戦もと。すごいな~。
「うふふ。それが時間的にはギリギリだと思いますね」
椅子のあと、風呂ではなくBッドでもう1回っていいよね~。
「そうですね。けっこう意地で頑張ってくださる方が多いです。うふふ。たぶん、ここの間って5分くらいしかないんですけど」

【エ○チなことをされている自分に興奮しちゃう奉仕型のM気質】

S気質、M気質は?
「本当はすっごいMなんです。MだからSができるっていう、ご奉仕型のMなんですよね」
なるほど~。
「本当はめちゃめちゃMなので、してあげたいって気持ちでSをやってます。だから、実際Sのほうが楽しくやっています。あはは。なので、Sの方が来ても全然ウェルカムです」
なるほどね~。どんな時にMだと思う?
「あ~、例えば、自分が舐めさせている時に、あっ、乳首をされながら下も舐められているとか、私、今めっちゃエ○チ…、とか思って、自分を客観的に思うことが多いかもしれないです。自分でさせているように見せかけて、本当はされているって感じているのが、自分ってMだなって思うかもしれないですね。えへへ」
あはは。いいね~。ちなみに、見られるのが恥かしいとかはある?
「ありますね。私がやっているポージングってだいぶ恥ずかしいんですよね。自分がその恥ずかしいポージングをしているのに興奮しちゃうから、Mなんだろうなって思っちゃいますね。うふふ」
エロいね~。じゃあ、受けはではどんな風に攻められるのが好き?
「けっこう後ろからされるのが好きです。支配されている感がするんですよ。うふふ」
ほうほう。後ろからオッパイ揉まれたり?
「とか、お尻とかを叩かれても全然いいです」
いいね~。バ○ク時にお尻をペンペンと?
「そうです。やってやってぇ~みたいな感じのノリでしちゃいます。Sの方とかだと、あれしてこれしてぇ~みたいに言いますね。うふふ」
あはは。おねだりしちゃうと。
「もっと強く掴んでって言ったりもしますし。やってやってって言うと驚かれます。本当に生粋のMなのかなって思います。うふふ」
あはは。Mというより、ドMだね~。
「あはは。でも、意外とお客様には気付かれないんですよ。本当にごく一部のSの方だけにわかるんです。うふふ」
確かに。完全受け身のお客さんなら、咲心さんのドMに気付かないだろうね。
「そうなんです。気付かないことがほとんどなので。私の8割がMのお客様で、残りの2割くらいでめちゃくちゃSみたいな極端な感じが多いですね。うふふ」
あはは。オールマイティだね~。
「そうですね。Sの方で今日は尽くして欲しいって方もいますね。どっちもできるから今日はMコースみたいなこともあります」
なるほどね~。ちなみに、騎○位で咲心さんがイッちゃうことは?
「えっ、めっちゃありますよ。もうイキすぎて大変~ってこともありますもん。ほとんどイキますね。気持ちが入らないとお客様にも伝わりますし、逆に濡れすぎて、『ごめん…。感覚なくなってきたから1回洗ってきて』って言われることがあります。うふふ」
すごいな~。気持ちが入っていないと乾いてきちゃうよね。
「そうだと思います。気持ちが入ったほうが自分もお客様にできることが増えると思うので。イクほうが楽しいし、どうせするならイキたいみたいな感じでイッちゃいます。うふふ」
いいね~。じゃあ、お客さんに意識して欲しいことは?
「楽しもうとしてくれるかどうかは大事かなって思います。あんまり興味ないみたいな感じをされちゃったりすると、一生懸命頑張っても伝わらなかったり、キャッチボールができないので、120分恥を曝して欲しいのはあるし、楽しもうって思って来て欲しいですね」
なるほどね~。性癖を曝け出したりと。
「もう、全然言って欲しいです。うふふ。もちろん、恥ずかしくて話せないって方もいらっしゃいますけど、一緒に居る時間は楽しむ気持ちを持って来ていただきたいですね。うふふ」
うんうん。個人的には楽しまないって選択肢はないと思うけどね~。
「本当ですかぁ~。あはは。嬉しい。あ~、みなさんにそう思って欲しい。うふふ。でも、やっぱり毎回お帰りの際は不安です。大丈夫だったかなかな? とか、楽しかったかな? とか…」
ほうほう。最高の時間だと思うけどね~。
「うふふ。そう思っていただけると嬉しいですね」

お客さんにメッセージを。
「イチャイチャもエ○チも全てにおいて満たしてあげたいのが強いので、恥ずかしがらずに曝け出して楽しんでいただきたいです。何でも私に任せてください。うふふ♪」

[プレイガール/とらじろう]
navigate_nextインタビュー一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded