川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. お得情報  > 
  3. 王様と私からの投稿

王様と私

TEL:03-3871-7331

「王様と私」オフィシャルホームページ
店舗トップ システム コンパニオン 出勤情報 即プレ 写メ日記 お店からの投稿 割引情報 求人情報 オフィシャル
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.18 19:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.18 18:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.18 17:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.18 16:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.18 15:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.18 15:20:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.18 14:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.18 13:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.17 19:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.17 18:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.17 17:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.17 16:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.17 15:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.17 15:19:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.17 14:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.17 13:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.17 12:30:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.17 11:49:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.16 19:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.16 18:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.16 17:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.16 16:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.16 15:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.16 15:20:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.16 14:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.16 13:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.16 12:30:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.16 11:50:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.15 19:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.15 18:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.15 17:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.15 16:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.15 15:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.15 15:19:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.15 14:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.15 13:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.15 12:29:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.15 11:50:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.14 19:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.14 18:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.14 17:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.14 16:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.14 15:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.14 15:20:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.14 14:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.14 13:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.14 12:30:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.14 11:50:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.13 19:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.13 18:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.13 17:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.13 16:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.13 15:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.13 15:19:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.13 14:39:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.13 13:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.13 12:30:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.13 11:50:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.12 19:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.12 18:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.12 17:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.12 16:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.12 15:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿 すずらん(22)T170.B105(I).W59.H902017.10.12 15:20:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

軽い挨拶をし、手をつなぎ部屋へ入ると同時に後ろからオッパイを揉みしだくと、
「あぁ~ん突然すぎるぅ~」
と甘い吐息が、そして彼女がお尻の割れ目を私の股間に擦りつけ悶えはじめたので、私のエロモードに火がつき、鏡台に手をつかせて私はおもむろにズボンから愚息を取り出し、後ろから挿○。すでにあそこは大洪水!! 黒光する私の愚息はてかてかで、密園からの出し入れが丸見え!! ストローク深度に強弱をつけ絶頂にいざなう。
「あぁ~んダメ、だめ、ダメ、あんあん、あぁ~ん、あー激しすぎる! いっちゃう、いちゃう、いちゃうょ~」
髪をふりみだし悶えあえいでいるすずらんちゃんの脚がプルプルしだし、あそこの締め付けが強くなる。両手を後ろにもってこさせカラダを弓なりにし手綱を引く格好でラストスパートをかける。そして私に我慢の限界がき、大量のカルピスをすずらんちゃんに注○!! そのままBッドに倒れこみ二人とも放心状態に・・・。我にかえり突然襲ったことを謝るとすずらんちゃんは笑顔で、「激しいのも好きですよ」
と優しいお言葉。来て良かった
すずらんちゃんに衣服を脱がしてもらいお風呂場で汗を流し飲み物を注文し、しばし休憩。世間話の最中でもしなやかな指で私の愚息の回復をアシスト。回復の兆しが見え始めた途端、彼女の柔らかな唇で私の愚息をkiss、そしてねっとりとした舌つかい、ビンビンになったところをディープなストローク。喉の締め付けといやらしい唇に弄ばれ2回戦目の始まりです。私が横になり彼女に攻められる番です。愚息を丹念に舐め上げ、巨乳ちゃんにしか出来ないパイズリを官能し、そして乳首攻めからの熱い濃厚なディープキス。興奮がMAXになったところで、私の攻めの番です。すずらんちゃんを寝かせ、まずは熱いキスの返礼をし、巨乳にムシャぶりつきます。敏感な乳首が弱いらしく、カラダをくねらせ悶えており横になったまま脚をM字開脚にする。「いやっ! 恥ずかしい」
丸見えになった密園は正直で大洪水状態に!! その中心の小さな突起を舌でなぶると「ビクン」「びくん」と好反応。さらに攻め立てると、カラダをのけずらし腰を浮かせ絶頂にいく態勢に入る直前に、私めの愚息を挿○。激しくピストン運動。「ヒィ~ぃダメェ~」
「凄ぃ凄ぃ逝きそう、いやぁ~ん奥に奥にあぁ~~ん掻き回して!!」
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.12 14:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.12 13:40:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.12 12:30:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
体験投稿みな(22)T161.B88(E).W58.H862017.10.12 11:50:00
「王様と私」オフィシャルホームページ

手を繋ぎ、階上に。ボーイさんが見えなくなった途端、ディープキス。身体を絡めながら、オチ○チンを弄る。

「オチ○チン大好きなんです。早く舐めたい」

部屋に入ると、いきなりズボンとパンツを下ろし、舐め回し。

「欲しいの、欲しいの、オチ○チン欲しいの」

と言いながら、舐め回しながら、タマタマを揉みしだく。

しばらくオチ○チンを堪能した後は、服を急いで脱いでフ○ラ。

「オマ○コ見て、ぐちょぐちょになった、みなのオマ○コ見てください」

オマ○コから汁が流れ出ている様子を見せつける。指で拡げて、中を見せる。自分からまたがり、オチ○チンを掴みクリに擦りつけよがりだし、目がいっている。そして、オマ○コにIN。こんな淫乱女、初めて。中腰でグイングイン腰を振る。

「気持ちいい、気持ちいい、オマ○コ気持ちいい」

と絶叫。またらず、

「いきそう」

と伝えると、

「ダメー、まだ、いっちゃダメー」
「もっともっと、オマ○コ気持ちよくしてえー」

オマ○コのナカに大放○! しばらく抱き合い、つながったまま、余韻を楽しむ。

お掃除フ○ラから本格的フ○ラ。勃起したところで再度挿○。再びグラインド。絶叫。

「上に来てくれますか?」
「上になって、オマ○コの一番奥に射○してください。上になってもらったほうが奥まで精○入りますから」
「オマ○コ突いて、突いて、奥まで突いてー」
「おかしくなりそう、オチ○チン大好きー」

オマ○コをガンガン突くと、

「もっともっとー」
「オマ○コのナカ、精○出してえー」

みなちゃん、下から腰をぐんぐん動かす。たまらず、射○。

「オマ○コ、ナカ、精○出ているー、ナカ○し大好き、精○大好きー」


飲み物をいただきながら雑談。

「私、性欲が強すぎて」
「エ○チが好きで好きで、毎日、しなければいられないんです。とにかく、エ○チがしたいんです。毎日、何回もエ○チできるソープは天職です」
「彼氏が出来ても、彼氏とするだけでは満足できなくて」
「もう一回、してくださいますか?」

ということで3回戦。とめどない性欲に3回目のナカ○し。

こんな性欲の強い女みたことありません。テクニック最高。でも、恋人感覚というか本気でする快感はすごいです。3回戦も初めてです。

再会を約して、お別れ。最後にディープキス。最後の最後まで、最高!
ページの先頭へ