川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. ショートインタビュー  > 
  4. サンタフェ - 紅

ショートインタビュー サンタフェ - 紅

恥ずかしがり屋のイチャイチャ好き! ク○ニでも正○位でも手を繋いでいたいの。イッたあともすぐに離れたくないの♪

「サンタフェ」紅さんの写真

- サンタフェ - 2016.10.16
この女の子に聞きたい3つの質問を、一問一答方式で聞き、その答えをさらに掘り下げるプチ取材。それが『3クエスチョンショートインタビュー』。今回は、抱き枕にしたいと言われる抱き心地満点ボディで、恥ずかしがり屋なところがとってもキュートな、紅さんに3つの質問に答えていただきました!

Q1.風俗経験は?
A.「初めてです。何もしてなかったんです。今ちょうど始めて2ヵ月くらい(取材時)だと思うんですけど、全然慣れないですね。うふふ」

Q2.理想の前戯は?
A.「チュウが好きなので、チュウをいっぱいして欲しいなと思います。しちゃいますね。うふふ」

Q3.攻めはどう?
A.「お店に入ってまだ長くはないですけど、最初のほうに来てくれてたお客さんがまた来ていただいたときに、『あれ? ちょっとフ○ラ上手くなったんじゃない?』って言われたんです。うふふ」

◇ ◇ ◇ ◇

Q1.風俗経験は?
A.「初めてです。何もしてなかったんです。今ちょうど始めて2ヵ月くらい(取材時)だと思うんですけど、全然慣れないですね。うふふ」

ほう!
「なので、いつも緊張してるので、いつも挙動不審ですね。うふふ」
あはは。ちなみに、もともとエ○チに興味が?
「好きなのは好きですよ。うふふ。だけど、お仕事にするってなると、またちょっと違うのかなって思ってましたね。ほかの人がどんな感じでやってるかなんて見ないじゃないですか。だから、全然わからないので、とりあえずいつもイチャイチャしてます。イチャイチャするのは好きですね。うふふ」
ほう。いいね~。イチャイチャ好きね~。
「好きですねぇ~。お風呂一緒に入ってもイチャイチャします。基本的に対面でお風呂に入るんですけど、座っている感じではなくて、すぐに抱きついちゃいますね」
お~! いいね~!
「で、優しい方はお湯を肩に掛けてくれたりとかして。そうすると、ありがとうございます、本当にすみません…、みたいな。うふふ」
いいね~。楽しそうだな~! 肌が色白で綺麗だし、テンション上がるだろうな~!
「あはは。肌が白いとか綺麗だねとかは、よく言っていただきます。8月いっぱいまで全然違う仕事をしてて、それが外に出ない仕事だったので、全然日焼けをしなかったんですよね。それに、日焼けは老後が怖いのであまりしないようにしてます。うふふ」
うんうん。肌は大事だよね~。ちなみに、ほかに褒められることは?
「オッパイがいいねって言われますね。柔らかいけど張りがあるって言われますね。形を維持できるように、オッパイ体操だけはしてます。うふふ」
あはは。手を合わせて胸筋を鍛えるやつね。
「はい。あと、『抱き枕にしたいわ~』ってよく言われます。うふふ。1番年齢が高い方だと80歳くらいの方まで来てくださるんですけど、その方がいつも『持って帰りたいわ~』って言ってくれますね。うふふ」
うんうん。確かに抱き心地よさそうだもんな~。じゃあ、ソープの仕事を始めて気づいたことはある?
「いろんな楽しみ方があるんだなって思いましたね。私は基本的に受け身なんですけど、写真がわりときつめに写ってるらしくて、受け身っていう男性の方が多いんです。だから、いつもどうしようっ思うんですけど、基本お客さんに教えてもらってます」
なるほど~。確かに写真はちょっとSっぽいかもね。
「そう。わりとSっぽく見られる感じはしますね。でも、実際会うと『雰囲気はボヤっとしてるよね』って言われますね。うふふ」
あはは。ボヤっとね。実際は、落ち着いてて優しい雰囲気だもんね。
「うふふ。ありがとうございます」
で、エ○チのいろいろな楽しみ方って?
「寝バ○クって言うんですか? あれは、ここである方が初めてしてくれて、で、こんなのがあるんだぁ~って思いましたね。私は基本的に正○位、騎○位、バ○クの3つくらいしか知らなかったんですけど、いっぱいあるんだなって思って。うふふ。それはお勉強だし、それがちょっと楽しいなぁ~っていうのもありますね」
なるほど~。で、寝バ○クの感想は?
「それはアリでしたね。男性の存在感がすごかったですね。後ろから密着してて、存在してるなって感じ。あはは」
あはは。なるほどね。バ○クなのに包まれるっていう感覚ね。じゃあ、ほかに好きな体位は?
「好きな体位は正○位です。正○位はいいですね。なんかこう、お顔が見れるじゃないですか。正○位でチュウしながらっていうのができるから好きです。うふふ」
ほう。いいね~。
「バ○クとかも好きですけど、顔が見れないからちょっと寂しいかもしれないですね。でも、バ○クは服従している感じがしていいですよね。M心をくすぐられる的な」
あはは。Mっぽいと。ちなみに騎○位は?
「上手にはできないですけど、頑張ろうって感じですね。うふふ。気持ち良いのは気持ち良いんですけど、ただ動くのに慣れてないので、疲れてへたってなってますけど。うふふ」
なるほど~。じゃあ、イクことは?
「あります、あります。わりと多いほうだって言われるかもしれないです。奥まで当たったらイキやすいですね」
ほう。奥が好きと。
「でも、女はイクまでの時間が長いらしいので。男の人は元気になったら普通にイケちゃうじゃないですか」
うんうん。イコうと思えば速攻でイケちゃうかもね。
「ですよね。女の人はイコうと思ってもイケないから、最初が大事っていうのはいろんなもので見ましたね」
なるほど~。単純に奥に当たればイクわけではないと。
「雰囲気とかもあるんじゃないですか。そこはもう自分次第だなって思います。自分がそこに持っていけるかっていう、雰囲気作りって言うんですかね。そこは頑張ってるところかもしれないですね」
うんうん。でも、経験が浅いのに雰囲気作りを頑張ってるって素晴らしいね~。
「お客さんですし、おもてなしはしないといけないじゃないですか。だからこそって言うんですかね。そこは自分ができるおもてなしをしないと」
うんうん。素晴らしいね~。
「もともとずっと接客業をやっていたのもあるかもしれません。適当にはできないですね」
いいね~。そういう心が素敵だわ~。
「このお仕事は、みんなすごいなって思いますね。働いている女の子もそうですし。お客さんもいろんなところで遊んでて、その中でもここに来てもらえるって、一期一会じゃないですか。それを大事にしなきゃなぁ~ってすごい思いますね。うふふ」

Q2.理想の前戯は?
A.「チュウが好きなので、チュウをいっぱいして欲しいなと思います。しちゃいますね。うふふ」

ほう。自分からもと。
「しちゃいます。あはは。チュウはけっこうしちゃいますね」
いいね~。じゃあ、紅さんにとってチュウとは?
「チュウをするとスイッチが入りますね。お客さんはお話をしに来てるわけじゃないじゃないですか。もちろん、お話をしたい人もいると思うんですけど、でも、メインのものがあるじゃないですか」
うんうん。
「チュウは、そのメインのものをするスイッチじゃないですかね。私もいきなり触られるとちょっとビックリしちゃうので、チュウから入ってだんだんっていうほうが好きですね」
なるほどね~。チュウから徐々にね。じゃあ、攻められるのが好きな部分は?
「私、普通の子よりもクリが大きいみたいで、そこが気持ち良いかもしれないです。指でもク○ニでもどっちでも」
へ~。クリが大きいと。じゃあ、イッちゃう?
「クリのほうがイキますね。舌でディープキスみたいにやられると、ヤバいなって思います。舌をレロレロっていう感じでされるとけっこう…。うふふ」
ほう。クリを口に含んだままレロレロと。
「そうです、そうです。それ、けっこういいですね。うふふ。あとは、ク○ニしてもらってるときに手を繋いでるのも好き。手は繋いじゃうことのほうが多いかもしれないですね。えへへ」
いいね~。可愛いね~。
「うふふ。この空間にお客さんがいる状態だったら、もうそのときはその人に尽くしたいって思ってるので、けっこう距離感は近いかもしれないですね」
いいね~。じゃあ、けっこう密着も?
「してることが多いですね。正○位でも手を繋いだりするの好きだし。うふふ」
いいね~。
「正○位でお客さんが、イッてからすぐ離れようとしたら、だめって言います。うふふ。だめって言って、チュウしてみたいなことを言っちゃうことが多いですね。終わったあとは余韻が欲しいですよね。人によると思うんですけど、そのへんは雰囲気を察してみたいな。うふふ」
いいね~。あと、ほかに攻められたい部分はある?
「耳ですかね。私は、けっこう全身触られるとくすぐったいんですけど、耳は舐められるとビクッとしますね。だから、あんまりピアスとかは付けないようにしてますね」
ほう。耳が好きと。ちなみに、耳元で囁かられたりはどう?
「あはは。好きですねぇ~!」
『こんな濡れちゃってるよ~』みたいな。
「ちょっともう恥ずかしいから言わないでぇ…、ってなっちゃいますね。うふふ。言って欲しいですけど、恥ずかしいからちょっと言わないで…、ってなっちゃいます。うふふ」
あはは! 可愛いな~! でも、基本、全身くすぐったいと!
「脚とかはくすぐったくなっちゃうんですけど、内ももとかはちょっと興奮するかもしれないですね。あとは、脇とかですね。くすぐったいんですけど、あっ来るのかなって思ったりしていいんですよね。うふふ。あとはオッパイも好きですよ」
なるほどね~。じゃあ、オッパイはどんな風に攻めあっれたい?
「オッパイは、ソフトのほうがいいかもしれないですね。でも、どうですかねぇ~。だいたいチュウしながらオッパイっていうのが流れじゃないですか。だから、チュウのほうに意識がいっちゃうかもしれないです。うふふ」
ほう! チュウ好きのレベルがかなり高いと。
「高いですね。うふふ」

Q3.攻めはどう?
A.「お店に入ってまだ長くはないですけど、最初のほうに来てくれてたお客さんがまた来ていただいたときに、『あれ? ちょっとフ○ラ上手くなったんじゃない?』って言われたんです。うふふ」

ほう! 成長しているね~!
「お客さんに採点してもらってる感じですね。うふふ。お客さんに強弱つけてみてって言われて、バキュームって言うんですか? それっぽくしたり、ちょっと口に入れてるだけにしたり、そういう感じで強弱をつけたりしたりしてます」
お~! 緩急がいいね~!
「以前はやり方がわからなくって、舐めたりとかもしなかったんですけど、それもお客さんに教えてもらって、下から舐めるんだよって教えてもらって、やってみたらけっこう好評ですね。うふふ」
あはは。いいね~。性格が素直そうだから覚えも早いのかもね~。
「うふふ。お客さんに教えてもらってる部分が多いかもしれないですね。言われたこととか、気になったこととかはノートとかスケジュール帳とかにメモしたりしてますね」
お~っ! 偉いね~! ちなみみに、驚いた意見はある?
「あ~、ありましたね。私、パイパンなんですけど、そのお客さん、毛が好きな人だったみたいで。うふふ」
あはは。なるほど~。そういう人もいるよね~。
「そうなんだぁ~って思いました。好みによるからどうしようもないですよね。うふふ。お店でもパイパンって言ってないので、脱ぐときに恥ずかしいんですよね。でも、それがいいって言ってくれているお客さんもいるので」
うんうん。恥ずかしがっている感じもね。
「なんて言うんですか? その慣れてない感じって言うんですかね。恥じらいがいいらしいんですよね。自分では本当に恥ずかしいからそうなってるだけなんですけどね。うふふ」
いいね~! その姿も可愛いだろうな~! 
「うふふ。エ○チしてるときも顔を見られたりするのが恥ずかしいです。うふふ。だから、最初は目を合わせられないですね。お話をしているうちに見れるようになったりとか、そういう感じですかね。何回か来てくれてるお客様は、やっと見れるようになったりとか」
いいね~。恥ずかしがり屋なところも可愛いと思うな~。
「うふふ」

お客さんにメッセージを。
「お客さんが来て良かった、って言ってもらえる空間を作りたいですね。息抜きじゃないですけど、そういう行為もあってスッキリしていただければいいかなと。そのためにしっかりとおもてなしをしますので、ぜひ会いに来てください♪」

[PLAYGIRL/スープ]

(20才)
T160/B87(D)/W57/H88

サンタフェ』 - 吉原
TEL:03-5603-1612

お店のHPへ

このページのトップへ ショートインタビューリストへ
ページの先頭へ