川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. ショートインタビュー  > 
  4. ラブボート - リナ

ショートインタビュー ラブボート - リナ

アブノーマルなお客さんのエ○チに対する強い執着心に興奮! お客さんの変態さがあっての私! お客さんの変態さを感じたいM! 

「ラブボート」リナさんの写真

リナ - ラブボート - 2016.09.25
女の子の特徴の中から、1つだけ絞って深く掘るプチ取材。それが『ロックオンショートインタビュー』。今回ロックオンしたのは…、ラブボート『リナ』さんの“変態についての考え方”です。アブノーマル店であるお店における変態さについて、女の子自身どういう考えを持っているのか気になるところ。そこのところを、しっかりと聞いてきましたよ!

このお店は、アブノーマルで有名だよね。
「うふふ。はい。特に私、M女が好きなお客さんに、よく好いてもらえるみたいで」
うんうん。すごくわかる気がする! 見るからに、Mっぽいな~! って!
「うふふ。そうなんですよねぇ~。自分でもそう思っちゃいます。まぁ、事実、そっちでもありますし」
お~! いいね~。どんなMなの?
「私は、相手の変態さを感じたいMなんですよね。なので、私個人としては、こんなプレイ、あんなプレイが好きっていうのは特にないんです。基本的に、お客さんの変態さあっての私って感じなんですよね」
お~! じゃあ、どのくらいの許容範囲が?
「それは、けっこう広いと思いますねぇ~。これまでに経験したことあるのでもいろいろですし。拘束系、吊るし、青姦、SMホテルの設備内のこととか、電流系とか、ダメージ系とか、イラ○チオ、ごっくん、ぶっかけ、オモチャ…。ある意味、Mとしてのプレイだと、やってないプレイはないかも。うふふ」
お~っ! すごいな~! ちなみに、中でも印象深いのは?
「あぁ~、それは、プライベートになるんですけど、SMホテルに行っていろいろしつつ、それでちょっと外出てみよう~みたいな話になって、で、冬だったんですけど、私だけ裸にコート1枚の状態で、近所の公園でエ○チしちゃったことかなぁ~」
どひゃ~!
「うふふ。これも、お客さんが変態さを帯びて興奮していることで、私も興奮を感じちゃうんですよね」
なるほどね~。じゃあ、中でも快感として印象深かったのは?
「それは、拘束系になるかなぁ~。縛られるのは、基本的になんでも楽しいんです」
ほう! 拘束系か~。ちなみに、拘束系に目覚めたきっかけは?
「もともとは、彼とのエ○チの中で、ちょっとそういうのも試してみよっかってくらいの好奇心から始まったんですけどね。で、それ以降も、その好奇心が膨らみ続けちゃったみたいな」
ほうほう。
「私、根っこの部分では、こだわりがないって感じの人なんです。でも、それを探したいって気持ちもあって。そんなときに、彼とのエ○チで、軽く縛られたりして、あっ、こういうの、楽しいかもぉ~! って思えたので、そこから、自分で自分のことを、もっと探求して行こう! って気持ちにもなってきて」
なるほど~。
「で、その気持ちは、ある意味、今でも変わってないんです。まだまだ私自身、これが好きだ! ってこだわれるほどのことがないので、探してるんですよね。だから、いろんな変態なお客さんに会って、それで、そのお客さんのこだわりを私も共有させてもらって、体験させてもらって、それで、もしかしたら、私にバチッとハマるものが何かあるんじゃないかって探しながら、いろいろ体感させてもらってるんですよね」
ほう! なるほどね~!
「まぁ、Mであることはそうなんだと思うんです。そういうプレイは、基本的に全部楽しいので。でも、その中でも、これこそが私の大好物だ! みたいなのは…、ってなると、どれかなぁ~? って感じで」
うんうん!
「なので、変態なのか…、って言われると、まだ探し中なのかもしれないですけど、でも、お客さんの変態さは感じてて楽しい…。だから私、相手の変態さを感じたい変態なのかもしれないです。うふふ」
なるほどね~。深いな~。でも、実際、ほぼOKなんだもんね?
「そうですねぇ~。アナル、スカトロ、印尿、痕残っちゃうようなプレイ以外は、けっこうなんでも楽しんじゃってると思うんですよねぇ~」
うんうん。ちなみに、逆にノーマルなエ○チはどう?
「ノーマルなエ○チも好きなんです。そこに、相手の沸き立つ興奮を持ってくれてれば。エ○チで大興奮してくれてるのなら、それを私も感じて快感に感じるんです。でも、それがアブノーマルになると、より強い興奮を感じるんですよね。実際、趣味的な部分も強いと思うので」
お~! わかる気がするな~。性欲+性癖で興奮度倍増と!
「そうそう~! そうなんですぅ~! その興奮度を持って、エ○チなことして欲しいんですよね。うふふ」
うんうん! いいね~!
「あと、Sとか、Mとかのプレイって、プロセスが大事になってくるんですよ。エ○チなことにおいて大事なことでもあったりするんですよね」
ほう。
「例えば、ただただ性欲が強くって、興奮してるからって、エ○チの内容が淡白だと、結果的に快感が強いエ○チに繋がらなかったりしますし。でも、パッと見は平然としてるのに、内に秘めたる性欲が燃え上がってたりするお客さんもいて、そういう人って、淡々としてるんだけど、やってることはずっごいエ○チで、すっごい快感を呼び起こされちゃう! みたいなこともあったりして」
お~! それもわかる気がするわ~! 前戯の意味合いだけど、フェチの楽しみ方もあると。
「そうなんですぅ~。だから、そのプレイについての一連の流れがじっくりだったりしますし。縄で縛るとかも、じっくり締めつけながらの状況を楽しんでるとか。シンプルにジラしたりするのも、ほんとにジラしてるって感じれるかどうかって、そのジラしてる間を楽しんでるかどうかで全然違うんですよね」
うんうん。なるほどね~。ただ、フリはフリで本物ではないと。
「うふふ。はい。まぁ、そんな感じなんですかねぇ~。なので、ノーマルのエ○チももちろん楽しいんですけど、でもアブノーマルのほうが、こだわりぬいたエ○チになれてるって言えるのかなぁ~。なんか、ちょっと上手く言えないんですけど、そんな感じなんですよねぇ~」

現在、1番快感を感じているのは拘束系と。
「はい。いろいろ経験してみて、亀甲縛りは自分でできるようになりましたし。うふふ」
お~っ! すごいね~!
「うふふ。あれ、意外と簡単なのかな…。まぁ、覚えてしまえばできちゃうようになりました」
あはは。すごいな~。ちなみに、縄はあるの?
「はい。麻縄を自前で持ってます。お部屋にも置いてあるので、それは全然、VIPコースでならアイテム使い放題になるので使っていただいて大丈夫です」
ほう! 麻縄ね~。本物だね~。
「うふふ。前に縄プレイが大好きなお客さんにいただいたんですよね。その方に、亀甲縛りも教えてもらいましたし」
なるほど~。綺麗に縛れるの?
「はい。今はけっこう、いい感じに縛れてると思います。亀甲縛りって、縛ること自体は難しくないんですけど、でも、縄目のバランスとかは難しくって、オッパイとかも、枠が綺麗にできるかどうか、縛り方次第で全然変わってきますし」
なるほどね~。じゃあ、縛ってあげることもできる?
「はい。縛るのもできます。縛ってるのも楽しいですよ。縛られたことない人は、ぜひ麻縄でって思いますもん。麻縄だと、ちょっと食い込む感じがあるんですけど、その感覚がちょっと気持ち良くって。うふふ」
あはは。すごいね~! さすがMだね~。ちなみに、縛るのは何分くらい?
「15分~20分くらいかなぁ~。まぁ、胴体だけでそれくらい。で、そこから最後は、両手を前にするか、後ろ手にするかとかは、人にやってもらって完成みたいな。それで、視覚的にめっちゃエロいし、縛られてる側は、締め付けでさらに興奮もしちゃうしって感じなんですよねぇ~」
なるほど~。いや~、ディープな世界だな~。
「うふふ。あとは、私は電マも持ってるので、縛られて動けない状況で、アソコに電マ当てられて、悶えさせられちゃうみたいなプレイもしていただいてOKですし」
お~! エロいな~! ちなみに、ほかにアイテムは?
「今まだ電マしかないんですよ。VIPコースのオモチャは自前なので、もっといろんな種類はこれから用意しようと思ってるんですけどね」
ほうほう。ちなみに、リナさんの好きなオモチャは?
「電マです。うふふ」
あはは。じゃあ、電マが今、ナンバーワンでオンリーワンと。
「あはは。まぁ、そうですね。でも、個人的にはそうなんですけど、お客さんにもいろいろ楽しんで欲しいし、その楽しみ方をやっぱり私も共有させてもらって興奮もしたいので、今後はほかのオモチャも用意したいと思います、はい。うふふ」

変態プレイの魅力を?
「はい。やっぱり、アブノーマルエ○チが好きな人って、エ○チに対しての執着心が強い感じがあるんですよね。それが、興奮に繋がるなって、そう思うんです。もちろん、イチャイチャしたりとか、恋人関係の雰囲気の中でエ○チするのも楽しいんですけど、でも、興奮度が高い! 快感が大きい! ってなると、やっぱりエロさの執着心の強さって大事なんですよね。変態ってことは、こだわりが大きいってことにもなるのかなって。そのこだわりを感じることが、やっぱり私は楽しいって思うんだと思いますね」
うんうん。
「なので、お店入ってビックリするのが、お客さん、みんなどんどん延長されるんですよ。プレイしてて、どんどんとその世界に入り込んで行って、もっと先へ、もっと先へって感じになっていく雰囲気があって。で、その気持ちは、私も同じくで。これ、たぶん、普通のお店だったら、何回かエ○チして、イッて、出して、それで満足、時間だわぁ~、お帰りですぅ~ってことになると思うんですけど、でも、アブノーマルの世界って、そうじゃなくって。ある意味、射○がゴールじゃなかったり、最大に目指すべきことでもないって感じなのかなって。もちろん、射○することの快感も大事なんだけど、そこまでのやっぱりプロセスでの快感もイクことと同じか、もしかしたらそれ以上に重要なことなんじゃないかなって感じるんですよね」
なるほどね~! 本当、深い世界だよね~!
「うふふ。でもほんと、そうやって楽しみ方がわかってらっしゃったり、こだわりがあるお客さんのほうこそ、すごいなぁ~! っていつも私も思いますね。なので、それを、共有させてもらって、私も楽しませてもらってるなぁ~って。ほんと深い世界だと思いますねぇ~。はい」

[PLAYGIRL/ビリケン]

リナ(21才)
T151/B83(C)/W57/H83

ラブボート』 - 吉原
TEL:03-3873-3939

お店のHPへ

このページのトップへ ショートインタビューリストへ
ページの先頭へ