川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. シャトーペトリュス - はる

インタビュー シャトーペトリュス - はる

インタビュー No.4766

永作博美似で童顔! お互いにしたりされたりのエ○チが好き! 触ってもらえないと、私は女として大丈夫…? と寂しくなっちゃう。

「シャトーペトリュス」はるさんのプロフィール写真

「シャトーペトリュス」はるさんのプロフィール写真

「シャトーペトリュス」はるさんのプロフィール写真

「シャトーペトリュス」はるさんのプロフィール写真

「シャトーペトリュス」はるさんのプロフィール写真

はる - シャトーペトリュス - 2018.08.01
綺麗なお姉さんの雰囲気もあり、永作博美似の童顔で可愛さもある、はるさん。一方的に攻める、攻められるよりも、お互いに攻め合い感情移入できる恋人同士のようなエ○チが大好き! そして初めてのお客さんとの対面ではちょっと緊張が出てしまうらしく、第一印象がよくないのが悩みらしいのですが、部屋に入ってしまえばもうそこからはお楽しみ!

【童顔で永作博美似・苦手なお客さんにもお勧めのMット】

【お互いに気持ち良くなれるエ○チが好き・気持ち良くなった者勝ち】

【目が合うと恥ずかしい・快感が深まるとナカが変化】


【童顔で永作博美似・苦手なお客さんにもお勧めのMット】

熟女店だけど、はるさんは見えないよね~。
「いや、そんなことないですよぉ~。うふふ」
童顔だし若く見られるでしょう?
「最近はそう言っていただけることもありますね。以前はずっと年上に見られて来てたんですけど、最近は下に見られるようになって来ました。うふふ」
なるほど~。ちなみに、永作博美に似ているって言われない?
「あぁ~、若いときにちょっとあったかもしれないですね。えくぼの感じじゃないですかね。彼女もえくぼがあるので。うふふ。私はあの方はけっこう好きな顔なんですけど、似てるって自信を持って言っていいものか…。実際来たお客様が『違うじゃん』ってならないかしらって。うふふ」
あはは。個人的には似ていると思うな~。あとは明るくていいよね~。
「あはは。ありがとうございます。お客様も元気を求めて来てくださる方が多いです。明日からまた頑張ろうと思う元気がもらえるみたいな。だからたぶん元気キャラなんでしょうね。えへへ」
うんうん。いいね~。
「でも私、最初はちょっと愛想が悪いと言うか、初めましてのお客様だと、ご案内でお会いしたときに上手に笑顔になれないんですよ」
ほうほう。なんでだろう?
「どういう人かなぁ~って、やっぱり初めましてだからちょっと不安な気持ちがちょっとあるんですよね。それがなかなか慣れない部分でもあるので、最初はちょっと愛想が悪いかもしれないんですけど、一緒に遊んでいただけたらよさがわかっていただけるかなと思います。うふふ」
なるほどね~。
「お部屋に入って挨拶してからはだんだんと印象はよくなると思うんですけどね。うふふ。2回目とかになれば安心感があるのでニコやかに行けるというか、素で普通に久し振りぃ~っていう感じで接することができるんですけどね」
なるほど~。こうやって話していると好印象だけどね~。
「そこはやっぱり、お話しするのとこれからエ○チするというのではちょっと緊張感も違うんですよぉ~。うふふ」
あはは。なるほど~。じゃあ、接客で意識していることはある?
「例えば始めて来てくださったお客様には、全部を体験して欲しいと言うか、BッドとMットは両方ともやってもらいたいなぁ~って思ってるんです。だからMットが苦手なお客様にもMットは推しちゃいます」
ほうほう。Mットはお勧めと。
「私のMットはちょっと違うかもぉ~みたいな感じです。えへへ。せっかく遊びに来ていただいてるので、やれることは全部して差し上げたいっていう感じです」
いいね~。じゃあ、Mットは自信ありと?
「好きなんですよね。だから一緒に楽しんでくれるお客様だとすごく嬉しいですね。ソープに初めて来たっていうお客様には特にやって欲しいし、『これはヤバい!』ってなってまた吉原に足を運んで欲しいなぁ~って思います。うふふ」
いいね~。はるさんのMットはどんな特徴が?
「お客様に言われるのは、うつ伏せのときにエロさもあるし、マッサージをされているような感じもするって。『手の使い方がなんとも言えないね~』って言われました。うふふ」
ほうほう。手の使い方が上手いと。
「くすぐったいのと気持ち良いの間くらいになればいいなぁ~って思ってますね。あとは見えないからこそ、手で触っているのか舌で舐めているのかどっちなんだろう? って思ってもらえるようには心掛けてます。うふふ」
お~! なるほど~。
「Mットが苦手なお客様は、くすぐったいっていう方が多いんですけど、私のはたぶんくすぐったくないですよって伝えて、やってみてだめだったらすぐ流してBッド行きましょうっていう形でお客様にするんですけど、実際にやってみて、『Mットって本当はこんな感じなんだ~』って褒めてもらえると、そうでしょぉ~、よさを知れてよかったねぇ~って話したりしますね。うふふ」
あはは。Mットの悪いイメージを払拭できると。くすぐったくならないコツは?
「最初に教えてもらったお姉さんにくすぐったくならないコツを教えていただいたんですよ。それを忠実に守ってるからですかね。うふふ。例えば横滑りのときに脇腹はくすぐったいと思うので、ちょっとだけ背中側ですると脇腹じゃなくなる分くすぐったくなくなるとか、そういうのが身に付いちゃってるんですかね。うふふ」
なるほどね~。Mットは、はるさんも気持ち良い?
「私は気持ち良いです。男性のカラダに自分のカラダを擦り付けているので、ちょっとカラダを借りた1人エ○チ的なイメージで、どんどんやって行くうちに自分も高まって行く感じはありますね。あとお客様が動けないっていう状況で、私が好きなように動けるっていうところも魅力的ですね。Mットの上だけは私の場所と言うか、私主導でっていう感じですよね。うふふ」

【お互いに気持ち良くなれるエ○チが好き・気持ち良くなった者勝ち】トップに戻る

どんなエ○チが好き?
「本来はお互いにしたりされたりとかが理想ですね。お客様によってはたまに、1度も触られないで終わっちゃうこともあるんですけど、それはそれで寂しい気もしますし、逆にただ自分がされているだけなのもだんだん高まって来ると私もお返ししたいっていうのが出て来るので、本当はどっちかだけじゃなくて2人で気持ち良くなれるほうがいいなぁ~って思います」
なるほど~。
「こういう場所だからじゃなくて、普通の恋人とのエ○チみたいな、そういう風に思ってますね」
うんうん。いいね~。触られないのは寂しいと。
「やっぱり裸でいるのに触られないのって私は女として大丈夫かしら…? みたいなそういう寂しい気持ちになるんですよね。私はこのお客様を気持ち良くさせればいいのかぁ~っていう気持ちになって、淡々としちゃう気がしますね」
なるほどね~。
「でもお客様なので、俺が気持ち良くなれればいいって方も多いのかもしれないんですけど、一緒に楽しんだほうがちょっとでも感情移入できてより気持ち良くなれると思うんですよね。そのほうが満足度が高い気がするんですけど、どうなんでしょうねぇ…。えへへ」
うんうん。女の子も気持ち良くなってくれたほうが嬉しいよね~。
「って私も思っているんですよね。せっかく気持ち良いことをしてるんだから、その場を最大に楽しむと言うかね。うふふ」
いいね~。じゃあ、どんな風に攻められたい?
「私はソフトなほうが好きですね。最初ソフトに入ってもらえると安心できるので、ソフトだったらなんかもうどこでも気持ち良いです。うふふ」
なるほど~。
「背中も意外と好きですね。ソフトタッチでもいいし、舐められてもすごいゾクゾクします。普段あまり攻められないからなのか、されると、あっ、私ってこういうところも感じるんだぁ~って思いますね」
うんうん。確かに背中はあまり攻められない部分だよね~。
「ないですよねぇ~。たまに、『ちょっとうつ伏せになって』って言ってくれるお客様がいるんですけど、背中側からスタートしてお尻とかアソコのほうに手が伸びて来ると、いつもと違う角度で手とかが来るのでぎこちない感じがイヤらしいしもどかしい感じがあって私は盛り上がります。えへへ」
あはは。いいね~。
「そこじゃ触れないでしょう~、早く『仰向けになって』って言われないかなぁ~っていう高まりがあって私は好きです。うふふ」
あはは。ジラされている感があると。ちなみに、くすぐったい部分はある?
「脇の下は爆笑しちゃうんですよね。すっごいくすぐったくってエ○チな雰囲気を台無しにしちゃうかもしれないです。うふふ」
あはは。なるほど~。じゃあ、前戯ではイッちゃうことは?
「ときどきですね。うふふ。男性もそうだと思うんですけど、気持ち良いけどイケるツボじゃないことってありません?」
あはは。あるね~。
「そこじゃなくてもうちょっとここっていうのって、言葉で伝えるのってけっこう難しいじゃないですか。だからイケるかイケないかはそのとき次第かなぁ~って思います。うふふ」
なるほどね~。
「かといって次回来て同じようにしてもらえてもイケないっていうこともあるので、私のカラダが我がままなんでしょうね。うふふ」
あはは。
「気持ち良いんですけど、なんかジラされているっていう感じになるんですよね。私は一緒に気持ち良くなりたいし、気持ち良くなったもん勝ちだと思ってるので、お客様が止めない限りずっとしてもらっちゃったりするんですけどね。えへへ」
あはは。いいね~。
「気持ち良いとしてもらっちゃいますね。うふふ」
ちなみに、ク○ニは指入れとの同時がいい?
「あっ、それ、難しいところなんですよ。指を入れて欲しいときもあるし、入れないで欲しいときもあるし。入れても動かさないで欲しいときもあるし、動かして欲しいときもあるし…。でもエロいなぁ~って思うのは、指を入れたのに動かさないのがエロいですよね。ちょっともどかしい感じになりますね。えへへ」

【目が合うと恥ずかしい・快感が深まるとナカが変化】トップに戻る

得意な攻めは?
「オチ○チンを舐めるのは好きですね。私がソフトにされたいのと同じように、私がお客様にするときもソフトだと思うんですよね。それを物足りないって言うお客様もいるかもしれないですけど、でも舐めるのはけっこう喜んでいただいていると思います」
いいね~。
「お客様には、『舐めてる顔が綺麗だね~』って言っていただけるので、それも嬉しいですね。うふふ」
お~! いいね~。お客さんの目を見ながらしたり?
「それが恥ずかしくって見れないんですよね。言われたらチラっと見てチャレンジするんですけど、目が合うとずっと見てられないですね。恥ずかしいです。うふふ」
あはは。恥ずかしがり屋と。
「だから正○位とかでエ○チをしてるときに目を合わせるのが、どうしよぉ~みたいな感じでなかなか慣れないですね。恥ずかしいのを我慢して見るんですけど、やっぱりそのお客様の表情が気持ち良さそうだと、私も恥ずかしくなって来ちゃうんですよね。うふふ」
あはは。可愛いね~。じゃあ、好きな体位は?
「正○位はお客様がカラダを起こしているほうが好きなのと、あとバ○クも好きですね。うふふ」
ほうほう。カラダを起こした正○位が好きと。
「覆いかぶさる正○位の場合は奥のほうの刺激だと思うんですけど、起こしてる感じだとたぶん入り口を刺激されるからかな。角度的な問題もあるんだと思います」
なるほど~。入り口が好きと。
「奥もすごい好きなんですけど、入り口付近をもてあそんでくれて、そこから奥のほうとかに来てもらえると、徐々に快感が深まる感じがあるんですよね。うふふ」
ほうほう。じゃあ、バ○クの好きなところは?
「バ○クもそうなんですよね。入り口付近にオチ○チンの先っちょのほうが引っかかる感じがあるんですよ。うふふ」
なるほど~。最初は先っちょだけでジラされながらがいいと。
「その辺をジラされてから奥までしてもらえたらより気持ち良いなぁ~って思います。えへへ。でも先っちょのほうが敏感なお客様だと、ちょっとだけ出し入れするみたいなのが気持ち良くって持たないみたいなんですよね。うふふ」
あはは。なるほど~。
「あとバ○クはエ○チしてるなぁ~って感じがしますよね。動物的でエ○チだなぁ~って。うふふ」
うんうん。なるほど~。ちなみに、騎○位はどう?
「騎○位も嫌いではないんですけど、やっぱりお客様に動いてもらえるほうが気持ち良いなぁ~って思うことのほうが多いですね。うふふ」
なるほど~。じゃあ、ナカイキはどう?
「まだ人生でイッたことがないんですよね。やばいやばい、これ続けられたらイケるのかも…、っていうこともあるんですけど、そうなって来るとお客様がイッちゃうんですよね」
あはは。もうちょっとのところでと。
「私が深い気持ち良さを感じて来ると、それがお客様に伝わるのか同じように高まって行っちゃって、お客様のほうが絶対先にイッちゃいます。快感が深くなって来るとナカが変わるんでしょうね。フィット感が増すと言うか。そうするとお客様のほうが先にイッちゃうのでナカイキはまだちょっと…」
なるほどね~。快感が高まると表情や声も出ちゃう?
「声が出なくなって来ちゃいます。息ができないじゃないけど、本当に気持ち良すぎてやばい、どうしよう…、みたいな」
お~! エロいね~。そしてナカも変化すると。
「お客様には、『ナカが動く』ってよく言われて、『ナカで雑巾絞りをされてるみたいだよ』って言われたこともありました。うふふ」
お~! すごいな~。意識しているわけではなく?
「してないんですよね。気持ち良いと、うぅ~みたいな感じでちょっと力が入ってしまうときはありますけど、そういうのとは別で動くみたいです」
なるほど~。じゃあ、早くイッちゃうお客さんもいるでしょう?
「あぁ~、そうなんですよね。最近ちょっと嬉しかったのが、『イケるか不安だったけどイケたよ』って言われて、それはちょっと嬉しかったですね。だから刺激が強かったのかなぁ~って思って。うふふ」

【童顔で永作博美似・苦手なお客さんにもお勧めのMット】

【お互いに気持ち良くなれるエ○チが好き・気持ち良くなった者勝ち】

【目が合うと恥ずかしい・快感が深まるとナカが変化】

お客さんにメッセージを。
「最初は少し緊張しているので、もしかしたら印象が悪くなってしまうかもしれないんですけど、一緒にすごしたらきっと満足していただけると思うので、一度会いに来てください♪」

[PLAYGIRL/スープ]

はる
T163/B84(C)/W60/H86

シャトーペトリュス』 - 吉原
TEL:03-3873-4020

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ