川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. ラブボート - 柊 ゆあ

インタビュー ラブボート - 柊 ゆあ

インタビュー No.4756

清純系変態美少女! イラ○チオ、顔射、ゴックン…、涙が出るほどぶち込まれるのが幸せ! ゆあと疲れ果てるエ○チや変態ごっこをしましょ♪

「ラブボート」柊 ゆあさんのプロフィール写真

「ラブボート」柊 ゆあさんのプロフィール写真

「ラブボート」柊 ゆあさんのプロフィール写真

「ラブボート」柊 ゆあさんのプロフィール写真

柊 ゆあ - ラブボート - 2018.07.17
いつもアブノーマルなエロさに驚かされるお店から今回インタビューに登場してくれたのは、プロフィール写真通りの清純系美少女、柊ゆあさん。そして清楚な雰囲気からは想像の付かないエロさ、ドMさ、変態さに圧倒されてしまいました。女子校育ちのお嬢さんらしいのですが、女しかいない禁欲的な青春時代を送っていた柊さんが、一体どうしてこれほどまでに変態な女の子へと変貌させたのでしょう…?

【清純系変態美少女・喉でオチ○ポを咥えるのが趣味】

【連続で何回もイキたい・大学の授業中に官能小説】

【3回戦より少ないと寂しい・1回見せびらかしてからのゴックン】


【清純系変態美少女・喉でオチ○ポを咥えるのが趣味】

アブノーマル店を選んだ理由は?
「わかりやすく言うと変態って言われるのが好きなんです。私はソープよりもSMの経験のほうがあって、ソープのお店の中でもこのお店は特におもしろそうだなぁ~と思って面接を受けたら、受かってしまったのでやっちゃおうかなぁ~と思って今に至ります。うふふ」
あはは。なるほど~。こんな可愛いかったら合格だよな~。
「いやいや。私なんて凡人なので。うふふ」
いや~、凡人ではないでしょう。清楚で可愛いし。芸能人では誰に似ているって言われる?
「最近は小林麻耶さんって言われますし、もうちょっと前は大島優子ちゃんって言われましたね。うふふ」
うんうん。確かに。童顔だし幼い雰囲気だしね~。
「私は壇蜜さんとかに憧れるんですけどね。えへへ」
あはは。でも、さすがにSM好きは想像できないわ~。
「うふふ。でも私のゆあルームに入ったらSM好きなんだろうなぁ~っていうのはわかると思います。自分の好きなようにお部屋をお飾りしてるので。えへへ」
ほうほう。部屋にはどんな物が?
「えっと、鞭とか、ロウ○クとか、目隠し、手枷。あとは基本的に指定がない限りいつも首輪をしてます。うふふ」
お~! 首輪ってすごいな~。
「やっぱり初対面だとお客様になかなか変態になっていただけないと思うので、私の変態をオープンにしていたらお客様も変態になりやすいかなぁ~と思うので。なので出会った瞬間から解放していただければって思って、いつも変態になってお出迎えしてます。うふふ」
お~! なるほど~。あと衣装が透けた制服と。
「あっ、今日の格好はその中でも1番着衣面積の多い、透けてない服装を選びました」
ほうほう。これで透けていないほうだと。ほかにはどんな衣装が?
「全部透けてるセーラー服と、あとは局部の隠れてないバニーと、隠れてないメイドと、隠れてないナースと普通のナースと、お尻が丸出しのウェイトレスとか。そういうのを見付けるとつい買っちゃいますね。あと2着くらい買ったんですけど、これはまだ公に出てないのでお楽しみですね。うふふ」
あはは。なるほど~。ちなみに、局部の隠れていないバニーはどんな?
「ちょっとこう前の部分しか布がなくて、I字は全部出ているので、もうほとんどリボンと耳だけです。うふふ。ちょっとズラしたらすぐいろんなことができます。あはは」
あはは。いいね~。そんな衣装で案内しちゃうとはすごいな~。
「みんなビックリされますね。うふふ。ツイッターとかを見てくださってる方は写メとかで見てるので指定される方もいますね」
いいね~。もう部屋に入ったら即エロモードだね~。
「私はそうですね。会った瞬間の雰囲気を崩さずにそのまま行っちゃいますね。はしたないかもしれないですけど。うふふ」
あはは。エロいね~。
「けっこう攻めたいっていうお客様が多いし、私は女王様キャラではないので、そのままそういう展開になりますね」
ほうほう。
「でも全然変態丸出しのお客様も好きです。うふふ。会った瞬間に壁ドンじゃないですけど、チュウが激しかったりすると激しいスイッチが入りやすくなりますね」
お~! いいね~。
「あと私は仁王立ちフ○ラが好きなので、お客様が座ったまま脱ぐのではなくて、立っていただいたまま脱がさせてただけるとそのまま口にぶち込めるので、1番スイッチが入りやすくなります。うふふ」
お~! ズボンを膝のところまで下げてと。
「そうですね。動きにくくて申し訳ないですけど、オチ○ポが出てしまうとつい足まで外すの忘れてしまいますね。うふふ。涙が出るくらいまでぶち込んでくれると幸せです」
お~っ! イラ○チオも好きと?
「うふふ。喉でおチ○ポを咥えるのが趣味なんです。だからオエってするのを見たいお客様だったら物足りないかもしれないんですけど、私は奥まで咥えたままで止まってたりするので、『寝てるの?』って言われたことがあります。うふふ」
あはは。咥えたままが好きと。
「だんだん酸素が薄くなって来るので興奮します。なんか征服感を感じますよね。されてる感って言うんですかね」
お~! M気質だね~。
「うふふ。でもこのお店の8割の子はドMだと思うので、私は変態って言われたほうがしっくり来ますね。うふふ」

【連続で何回もイキたい・大学の授業中に官能小説】トップに戻る

ほかにも変態と思うことはある?
「1人エ○チが好きなことはこのお店だと普通だと思うんですけど、1人エ○チは好きですね。朝オナ派です。うふふ」
ほうほう。朝派と。
「お風呂場でシャワー1人エ○チをするんですけど、まだイケるなぁ~って思うときはそのあと電マでします。うふふ」
起きたばかりなのに、イクと眠くならない?
「起きた瞬間にムラムラするじゃないですか。それで1人エ○チをすると目が覚める感じですね。さすがに10回くらいイクと体力を消費するんですけど、2回くらいなら平気です。うふふ」
あはは。すごいな~。ちなみに、仕事のあとは?
「あっ、みな様にいっぱいしていただいているので、帰ったら寝ます。うふふ。もうイケないくらいイカせていただけるので」
お~! お店ではそんなにイッちゃうと。すごいな~。
「そうですね。イクの大好きです。1番ムズムズするのがイキそうなときに止められちゃうことですね。もぉ~ってなっちゃう。連続で何回もイキたいので、けっこうジラす意地悪なお客様もいるので、もぉ~ってなっちゃいます。うふふ」
あはは。
「手とかで刺激が足りなくなって来て、ちょっとムラムラして来たら、電マ当ていい? って聞いてお時間をいただきます。うふふ」
お~! 1人エ○チをしちゃうと。
「うふふ。声が大きいので、お店じゃないとちょっと大きい電マは使えないんですよね。以前ラブホテルでクレームが出たことがあったんです。ラブホテルなのに隣の部屋から声がうるさいってコールが入って。えへへ」
あはは。じゃあ、お店でもほかの部屋に聞こえているだろうね~。
「そうですね。ご迷惑おかけしてるかもしれないです。うふふ。でも自分が接客中じゃないときにほかの部屋から声が聞こえると、ついドアを開けて聞いちゃう。気持ち良さそうな声を聞いてるとムラムラちゃいますね。うふふ」
あはは。エロいな~。物静かな声なのにアエギ声は大きいと。
「そうですね。本能のままに叫んでしまうので。うふふ。普段はマシンガントークではないし、話してると『もうちょっと巻きで』って言われるほうなんですけどね。えへへ」
あはは。少しおっとりしているしね~。
「あまり人より生きるスピードが少し遅いんでしょうね。うふふ」
あはは。話し言葉も丁寧だしね~。お嬢様なの?
「あぁ~、俗に言うとそうなのかもしれないです。幼少時代はお稽古とかもしていましたし」
なるほど~。女子校?
「ずっと女子校です。10年間、中高一貫の女子校だったんです。箱入りなんですかねぇ~。えへへ」
お~! 箱入りの雰囲気があるよね~。じゃあ、学生時代はムラムラすることもあったでしょ?
「大学の授業中は官能小説を読んでました。周りの子には共感は得られなかったですね。うふふ」
あはは。『何読んでるの?』って言われそうだよね~。
「文庫本の表紙が女の子が下着1枚で真っ赤な首輪を付けている写真だったので、誰も何も突っ込んでこなかったです。“私の奴隷になりなさい”っていう壇蜜さんで映画化もされた小説です」
お~! なるほど~。その頃からSMに興味があったと。
「そうですね。その表紙にビビッと来てしまって。その小説の始まりが、ドアを挟んで1歩出るだけで現実世界で、1歩入るだけでここは別世界なんだっていう感じで、なんて素敵な描写なんだろう…、って思いました。このドア1つで普通のOLの私と変態の私でスイッチを入れ替えてるっていう、変態って素敵~って思いました。うふふ」
あはは。すごいな~。じゃあ、お店ムチを使うことも?
「あぁ~、なかなかムチとかロウソクはないですね。ただみなさん、私のお尻を見ると叩きたくなるみたいなので、叩いてくださる方はいっぱいいます」
お~! いいお尻と。
「お尻大きいんですよ。なんかお尻の形がハートだって言われます。うふふ」
お~! いいね~。肌も白くて綺麗だよね~。
「真っ白なんですよね。血管が浮き出ちゃうんですけど。うふふ」
うんうん。ペンペンされたら赤くなっちゃいそうだね~。
「あっ、でもそのくらいのほうが遊んでくれた証です。ちょっと痛いのが興奮に繋がるし、痛みが1番感じやすいものなので。うふふ」

【3回戦より少ないと寂しい・1回見せびらかしてからのゴックン】トップに戻る

お店は忙しそうだよね~。
「嬉しいですね。お客様もみなさん変態なんですね。うふふ。1回ここに来るとハマっちゃうみたいです」
お~! お客さんは全国から来るらしいよね~。
「そうなんですよね。うふふ。私が好きなのはイラ○チオと連続エ○チと1人エ○チで、あとは手枷とか目隠しをされてのっていうのも好きなんですけど、でも結局、ご主人様はみなさん最終的に恋人プレイになります。うふふ」
ほうほう。変態プレイをしても最後はイチャイチャと。
「そうなんです。みんなイチャイチャが好きなのねって。最終的にはベタベタになります。うふふ」
なるほど~。ちなみに、お客さんのことをご主人様って言っているけど、どんな奉仕が好き?
「後ろの穴が好きなお客様とかには丁寧にご奉仕させていただきます。ご奉仕は好きなので、全身舐めるとお時間がかかっちゃうんですけど、お時間いただいて上から下まで舐めさせていただきますね」
お~! いいね~。ア○ルもガッツリ攻めちゃうと。
「そうですね。グリグリっと。うふふ。あとは騎○位もするので、そういうときはちょっと攻めてる感じですかね。騎○位だとお客様のアエギ声も聞こえますし。えへへ」
ほうほう。騎○位でジラしたり?
「ジラすと可哀想なので、我慢するよりは何回も出して欲しいので、基本はジラさないで気持ち良くなっていただきますね。その分の時間を何発かに費やして欲しいですね」
なるほど~。柊さんのエロさなら3回どころか何回でもイケちゃいそうだわ~。
「あぁ~、3回なんて全然基本ですので、たくさんいただけたら嬉しいです。3回より少ないと逆に寂しいです。うふふ」
あはは。すごいな~。ちなみに、最高記録は?
「私は6回以上は数えられないので、6回とか7回とかですね」
お~っ! すごいな~!
「でもそこまですると、ご奉仕とかチュウとかイチャイチャがあまりできなくなっちゃうんですよね。男性は下からも出しちゃいますし、なのでこれからの時期は水分補給は大切です。えへへ」
あはは。なるほど~。
「でもお客様はお店に来るまでに我慢して来てくださってるので、1回目はあっという間にいただきます。えへへ」
あはは。なるほどね~。じゃあ、好きな体位は?
「普通なんですけど、やっぱり正○位が好きですね。なんでもできるじゃないですか。お顔にかけていただくこともできますし」
お~! 顔射も好きと。
「はい。AVみたいで好きです。化粧も濃くないのでかけていただいても大丈夫です。えへへ」
あはは。じゃあ、口内発射もあり?
「あります、あります。そのときは私も楽しみたいので、そのまま飲むか、1回見せびらかしてから飲むかしてます。うふふ」
お~っ! ゴックンもOKと!
「好きなお客様でしたら。うふふ。正○位はイッていただいたあとにずっと抜かないで、ずっとチュウをしたまま挿れっぱなしっていうのもできるじゃないですか。それも好きです」
お~! そのまま2回戦目になっちゃいそうだよね~。
「はい。それも楽しいですよね。連続エ○チも好きです。うふふ」
なるほど~。じゃあ、ほかの体位は?
「バ○クも好きです。最近はお風呂場でバ○クでするのにハマってて、立ちバ○クもいいですし、洗い場で洗ったあとお客様が座ってる前で四つん這いになったりもします。どうしても触ってるとオチ○ポが大きくなっちゃうので、私もエ○チな気分になっちゃうじゃないですか。うふふ」
あはは。もう部屋中どこでもできちゃうと。
「そうですね。お部屋の中でしたらどこでもできちゃうと思います。うふふ」
あはは。いいね~。ちなみに、Mットは?
「Mットもできます。けっこう好きなんですけど、でもリクエストがなければしないですね。Mットをするとエ○チする回数が減っちゃうんですよ。リクエストがあればもちろんしますけど、Bッドでたくさんエ○チしていただけるのも嬉しいです。うふふ」

【清純系変態美少女・喉でオチ○ポを咥えるのが趣味】

【連続で何回もイキたい・大学の授業中に官能小説】

【3回戦より少ないと寂しい・1回見せびらかしてからのゴックン】

お客さんにメッセージを。
「時間いっぱいまで、ほかではできないような疲れ果てるようなエ○チをして欲しいです。ゆあと変態ごっこをしましょう。うふふ♪」

[PLAYGIRL/スープ]

柊 ゆあ(22才)
T157/B85(D)/W57/H87

ラブボート』 - 吉原
TEL:03-3873-3939

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ