川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. バッキンガム - ひろちか

インタビュー バッキンガム - ひろちか

インタビュー No.4658

元AV女優でHカップの美魔女! いろいろな経験を得て磨き抜かれたテクニック! 30年イケなかったお客さんがイッてビックリしていました!

「バッキンガム」ひろちかさんのプロフィール写真

「バッキンガム」ひろちかさんのプロフィール写真

「バッキンガム」ひろちかさんのプロフィール写真

「バッキンガム」ひろちかさんのプロフィール写真

「バッキンガム」ひろちかさんのプロフィール写真

ひろちか - バッキンガム - 2018.02.27
小柄で爆乳Hカップ! 綺麗さと可愛さを兼ね備えた、元AV女優のひろちかさん。さぞかしモテて来たでしょう~という愛らしいビジュアル! 以前からエロいことには興味深々で、AVを始めいろいろな経験を得てテクニックを磨いて来たとのこと。でも、そう言うと熟女のような印象を受けますが、会ったら想像以上に若いと思うはず。お仕事派の時代が再来して欲しいと言っていましたが…、さてさて一体どんなテクニックで興奮させてくれるのでしょう!

【私の生きて行く場所と思った吉原・磨き抜かれたテクニック】

【ナカは熱くて締まる数の子天井・1回戦目はIスでしちゃう】

【幼い頃から女性を描くのが好き・ソープにお仕事派の時代が来て欲しい】


【私の生きて行く場所と思った吉原・磨き抜かれたテクニック】

綺麗だね~。
「ありがとうございますぅ~。褒められるの嬉しいですぅ~。うふふ。私は昔から童顔って言われるんですけど、顔の作りは童顔の比率じゃないらしいですよ。童顔の子って鼻が低いらしいんですけど、そうじゃないので。だけど童顔って言われる。あはは」
うんうん。綺麗な顔立ちなんだけど童顔な雰囲気。
「たぶん愛嬌があるから可愛いって見られるのかもしれないです。うふふ」
確かに。セクシーなオーラが溢れていたら綺麗って言われるのかも…、ってセクシーじゃないって意味ではなくね。
「たぶんね。大丈夫、私は喋るとだめなのは自分でもわかっているから。あはは。お客さんには、『喋ると色気ないね~』って言わちゃうので。うふふ」
あはは。でも、エ○チになると違うでしょ?
「そうですね。エ○チをを楽しんでいるからね。黙ってるとエ○チになるので。うふふ。あとは見た目でオッパイとかも大きから、お客さんも気持ちが高ぶってくれるじゃないですか。えへへ」
うんうん。オッパイ、大きいよね~。衣装からはみ出ちゃいそうだもんな~。
「普段の衣装はもっとセクシーなんですけど、これでも遠慮してるんです。私が持ってる衣装は全部刺激的なんですけど、ここの女の子はみんな清楚系らしいからちょっと抑えてるんです。うふふ」
ほうほう。今着ているのもけっこうセクシーだけど抑えていると…。ちなみに、プロフィールによると元AV女優と?
「そうなんですよね。でも吉原のほうが長いので、そんなにたくさんではないんですけどね。吉原は久しぶりの復帰なんです。以前からいろいろと名前が出てたので、前と同じ名前を使うかはすごく迷ったんですけど、新しい名前を付けさせていただきました」
ほうほう。でも、ひろちかって珍しいよね~。
「ねぇ~、珍しいでしょう。私はオタクなので、漫画とかも自分で描くんですよ。で、今ミュージカルとか舞台にめっちゃハマってて、舞台のほうのキャラの名前をいただいたんです。だから知ってる人は知ってると思います。うふふ」
なるほどね~。
「昔から人気がある人にあやかって名前をいただくんです。うふふ」
ほうほう。じゃあ、これまでにもいろいろと経験を?
「私は最初の頃はグラビアとかをやってたり、新宿で働いていたんですよ。で、友達が吉原で働いてて、『苛めにあって怖いから来て』って言われて、そんなところ私だって嫌だって言ってたんですけど、『週1でいいから来て』って言われたので、じゃあ…、って吉原に来たんですけど、そこでこの地に降り立ったときに、あぁ~、私はここにいるためにいろんな経験をしたんだぁ~って思ったんですよね」
お~! 自分の居場所を見付けたと。
「衝撃的にそう思ったんですよね。あっ、ここが私の生きて行く場所だなぁ~って。そう思ったくらいインスピレーションが強い場所だったんです。でも女性同士はぶつかるので嫌なことはいっぱいありましたけどね。あはは」
あはは。いろいろな苦労があったと。
「やっぱり出る杭は打たれるのでしょうがないんですけどね。うふふ。でも男性が遊ぶようなことはいろいろと経験してますね」
なるほどね~。じゃあ、テクニックの面では自信り?
「自分で言うのも変ですけど、めっちゃ磨きました。うふふ。喜んでもらえるのが昔から好きなので、喜んでもらいたくていろいろして来たんです。自分がこうされたら気持ち良いだろうなぁ~って思うことをしてあげるのが基本じゃないですか。男性はだいたい、ちょっと優しくしてからだんだん刺激がある感じが好きなので、ちょっと強弱を付けながらっていうのをしたりしながらね」
お~! いいね~。頼もしいな~。
「うふふ。男性の9割は乳首が大好きですからね。だから乳首技も覚えましたね。最初は優しくやるじゃないですか。で、下の歯でちょっとこそぐんですよ」
ほうほう。こそぐ?
「カリカリって。お客さんによりますけど、痛いけど気持ち良いってなったらカチッて噛む。うふふ。ちょっと甘噛みをすると、痛みって快感に繋がるじゃないですか。で、乳首が感じてるときにオチ○チンに行くと、猛烈な刺激になるんですよ。それが楽しくて。あはは」
あはは。いいね~。すごそうだね~。
「だいたいみんなそこでイキそうになるかイッちゃうか。それが嬉しいの。喜んでもらっているのが。うふふ」
あはは。じゃあ、手コキのテクニックもある?
「もちろん。絶対ね、手首をこうやっちゃだめ、こっち。(ジェスチャー)」
お~! 順手ではなく逆手と。
「そう。そうして下から上にこそぐ。こそいだときにカリをカツンっと引っ掛ける」
お~! 気持ち良さそうだな~。こうやると。(ジェスチャー)。
「違う違う。そうじゃない。こっちこっち、こうよ、こう」
ほうほう。難しいなぁ…。
「難しいらしいの。うふふ。教えた子に難しい難しいって言われました。うふふ」
あはは。でも、習得したらすごいんだろうな~。
「うふふ。あとは乳首を攻めてるからオチ○チンがビンビンになってるじゃないですか。オチ○チンを前に向かせるんです」
ほうほう。
「そうするとね、イク一瞬の快感が登るんですよ。そうなる力を借りながらキュッとこそぐんです。うふふ」
お~! それはイッちゃうかもな~。
「でもそこでイカせちゃったら可哀想だから、優しくしますね。うふふ。やっぱりそこで終わらずにテクニックは全部見せたいですからね」
いいね~。まだ序章にすぎないと。
「そうそう。Mットの場合だったら、それで下に行くじゃないですか。私はけっこう膝攻めするんです。膝もこそぐんですよ。そうするとけっこう気持ち良いから、それをして上がってパイズリして」
お~! パイズリもしちゃうと。いいね~。
「するでしょう。うふふ。パイズリしてフ○ラになるじゃないですか。フ○ラになったら私は尿道を吸い上げるんですよ」
お~っ! 尿道を吸うってすごいな~!
「尿道を吸い上げるときにカリをちょっとキュッとするんですよ。尿道をちょっと広げてツツってやると、イク感覚になるじゃないですか。『ちょっとちょっと! イッちゃう!』っていうのが楽しいので、しばしそれをやりながらイカせずに、それで挿○みたいな。うふふ」

【ナカは熱くて締まる数の子天井・1回戦目はIスでしちゃう】トップに戻る

言葉攻めはどう?
「そのモードに入るまでがちょっと笑っちゃうけど、そういうのを求めるお客さんにはやりますね。うふふ」
いいね~。楽しそうだね~。
「楽しいです。攻めるのすごい好きです。私はお客さんが感じてる姿に感じるタイプなので、挿○するときはナカがめっちゃ熱くなっているらしいんです。だからだいたいみなさん、熱い熱いってなるから、私も集中してるのよぉ~って言うんです。うふふ」
あはは。カラダが火照っちゃうと。
「めっちゃ火照ってるみたいです。暖かいとかじゃなく、熱いって言われるんです。あとはね、数の子天井って言われるんですよ。だからカリに食い付くのがわかるんです」
お~っ! すごいね~!
「特にBッドのときのバ○クだとめっちゃ締まるんですよ。バ○クは自分のいいところにオチ○チンを持って行くんです。ピンポイントでカリに食い付くポイントがあるので、だからバ○クは私も気持ち良いんです。うふふ」
熱くて、締まって、数の子のアソコと。すごいね~。
「うふふ。あとは顔を見ながらとかオッパイを見ながらがいいって方も多いですからね。向かい合ってするのも多いです」
うんうん。オッパイが大きいから騎○位の迫力はすごいだろうしね~。
「すごいらしいですね。うふふ。自分ではずっと付いているものだからよくわからないんですけど、たぶんエロいんだと思います。映像じゃないけど、視覚的なものでもイキやすいんだと思います。みんな『イッちゃう、イッちゃう!』ってすぐなっちゃうんですよね。だいたいすぐイッちゃうお客さんが多いです」
うんうん。わかる気がするな~。
「私は前戯にめっちゃ力を入れてるんですよ。それで気分をどんどん高めてるのでイキそうになっちゃうのもありますよね。だからMットはぜひやって欲しいなぁ~って」
なるほど~。Mットはぜひものと。
「そうですね。私の場合は、うつぶせになったときにマッサージするので。で、終わったあともマッサージしながらほぐして流すので、だから心も体も全部リフレッシュしていただければ嬉しいですね」
ほうほう。マッサージもできると。
「やっぱりある程度人のカラダをイジるからマッサージの勉強もしたんです。資格は取らなかったけどね。うふふ。エ○チをするにはケアが大事ですからね。ケアがしっかりしてれば快感も100パーセント発揮できると思うので」
なるほどね~。確かにリラックスできたらさらに気持ち良くなれそうだよね~。
「だから寒くないように暖かめのお風呂にして、Lーションも熱いお湯で作ったりするので、私、飴職人かな…? って思うことがありますからね。えへへ」
あはは。気持ち良くなれる環境作りは大事だよね~。
「そうですね。綺麗なところでエ○チしたいじゃないですか。だからまず綺麗にしなきゃ嫌なので、Mットとかも1回綺麗に洗ってしますね」
なるほど~。
「今Mットの話をしちゃったけど、Iスでも簡単には遊ぶんですよね。最初はカラダを流してから始めるんですけど、ロングで取ってくれたらIスでも1回しちゃう。うふふ」
お~! Iスでバ○クと?
「うん。しちゃいます。うふふ。Lーションとボディーソープを混ぜてオッパイでカラダを洗って、挟んで、フ○ラして、挿れる。うふふ。3回イキたいんだったらそこでしたいんです」
お~! いいね~。1回戦目がIスって斬新だな~。
「1回1回お風呂上がってってやってたら時間がなくなっちゃうから、Iスで洗ってるときにビンビンになっちゃうので、それで最初1回ヤッちゃうんです」
なるほどね~。じゃあ、あっと言う間に終わっちゃうことも?
「うん。だってそれくらい早く終わらないと、メインがMットだからね。ここは前菜だからこんなところで時間かけないでって思っちゃう。すぐイッちゃうってお客さんはIスでやっちゃう。うふふ。それでお風呂入ってから、そのあとMットに行って。Mットは全身でテクニックも使えるから、2回目でもイケるんですよ。で、Bッドでちょっと休んでから3回戦ですね」
なるほど~。
「私はBッドでもちょっとLーションを使って、さっき言っていたようなことを軽くやらせていただいて。Bッドのときはちょっと攻めたいっていうお客さんもいるので、そのときは私が攻めていただいて」
ほうほう。受けも好きと?
「あっ、私は攻められるのも大好き。もちろん優しいほうがいいですけどね。私はお客さんの乳首とかを噛むけど、私がされるときは優しくがいいです。ううふ」
あはは。
「やっぱりオッパイが大きいからオッパイを攻めたいっていうお客さんが多いですからね。オッパイはすごい敏感なので貴重品として扱って欲しいですね。うふふ」
あはは。大きいもんね~。
「お客さんにも、『本当でっかいね~』って言われますけどね。うふふ」
うんうん。ちなみに、攻めたいって言うお客さんも多い?
「でも私はお仕事派って書いてあるからかもしれないですけど、お客さんはみなさんされたい派の方ばっかですね。だいたい『今日は動きたくないから』ってお客さんが多いですね。だから攻めてくれるお客さんまれなので、攻めてくれるって言われたら、ラッキーって、いいのぉ~ってなりますね。うふふ」
あはは。なるほどね~。じゃあ、ほかに受けで好きなことは?
「やっぱりね、優しくタッチされると気持ち良いじゃないですか。何が気持ち良いわけじゃないけどジワジワやられるとすごくいいですね。実は私はクリちゃんとかをされるよりも、周りとかをされるほうが気持ち良いんです」
ほうほう。
「私がお客さんを攻めてるときにも、背中とか腕とかを触られているとめちゃくちゃ気分も高まりますね。うふふ。だから、あっ、それめちゃくちゃ気持ち良いからやってぇ~って言っちゃうときもあります。あはは」

【幼い頃から女性を描くのが好き・ソープにお仕事派の時代が来て欲しい】トップに戻る

もともとエロいことは好きだったの?
「私はね、小さい頃から女性のカラダを描くのが好きだったんですよ。小学校くらいから自分がちょっと変なんだって思ってたんです。うふふ」
ほうほう。
「本当に小さい頃から女性のカラダばっかりを描いてて。で、小学校4年のときにエロ本とかを見てたんですよね。雑誌とかもめっちゃ集めて、小説も読んでいて、でもそういうことは幼いながらにおかしいって思ってたから、そういうのに鍵を付けてしまってたんです。うふふ」
なるほど^。子供ながらにいけないことだと分かっていたと。
「そしたらあるとき学校から帰って来たら鍵がこじ開けられてたんです。キャ~、家族が私の性癖を見たぁ~って思ったら、そのときは誰もその話題に触れなかったから逆に辛かったです。うふふ」
あはは。親はどんな言葉をかけていいか迷ったんだろうな~。
「年の近い姉とかは、『なんであんたはあんな裸の絵ばっかり描いてるのぉ~?』って言って来て、痛い痛い~って思ってましたね。うふふ」
あはは。チクチク来たと。
「そうなんです。で、私は昔から歩くときに女の子と手を繋いで歩いてたので、レズって言われてたんです。だから自分ではわかってないだけで本当はレズなのかな…? って思って、24歳くらいのときにレズバーに行ってみたり、お鍋ちゃんとかそっちの本場の人達と交流を持ち出したんです。でもみんなに必ず言われたのが、『あんたは男が好きよ』って。やっぱそうだよねぇ~って思ったんです。うふふ」
あはは。なるほどね~。本場の人には男好き認定を受けたと。
「そうなんですよね。で、AVでも実は最初の撮影がレズだったんですよ。男性ができるんだったら女性も普通にできるって安易に思って挑んだんですけど、いざ撮影が始まって、さぁ~、舐めてって言われたときに、できません…、って言ったんです」
あらら…。
「そのとき本当にできなくて、『舐める振りでいいよ』って言われたんですけど、女性のってリアルじゃないですか。無理ぃ~ってなっちゃったんです。ペニバン付けてやったりもしたんですけど、そのときは本当に私はレズじゃないんだって思ったんですよね」
なるほどね~。確信したと。
「ところが以前吉原で私がいたのが2○車でレズプレイがあるお店で、そのときにはちょっとやってみたらめっちゃハマっちゃって、チョ~楽しくなっちゃったんです。あはは」
あはは。すごい変化だね~。
「レズプレイが入ると浮かれて、終わると1週間くらいオカズになるくらいでした。うふふ」
お~! 何かが変わったと。
「やっぱり女性の裸を描くくらい、もともと女性のカラダがすごく魅力的で好きだったんですよね。女性がヨガってる姿ってめっちゃ色気があるじゃないですか。それを自分の技でイカせられるっていうのがめっちゃ楽しくなっちゃったんですよね。だけど女性を好きになったことはなかったですけどね。うふふ」
なるほど~。
「でもやるならやっぱりね、可愛い子を攻めたいですけどね。うふふ。顔は可愛い子がいい。だけど私が欲しいのは顔から下が欲しい。だから遊び人の男みたいな感覚ですよね。あはは」
あはは。カラダ目当てと。
「カラダがありゃいいっていう。あはは。綺麗な子ってどんどん乱れて行くのね。だから余計に可愛なぁ~って思うの。うふふ」
お~! 女性からしてもそう思うと。
「でも今は男性のカラダも描くようにしてるんですよ。ふくよかなお客さんでもなんでも、なるほどぉ~、こういうところにお肉が乗るのねぇ~って興味を持ち出したんですよね」
ほうほう。
「お客さんは基本若いんですけど、最近は年配の方もちょいちょい見えるので、いろんな方がいらっしゃるなぁ~と思って見てますね。うふふ」
なるほど~。若いお客さんが多いと。
「20代、30代の方が多いですね。でも最近は年配受けもし始めましたね。1番最高で30年イケなかったって言うご年配の方がMットでイッて感動してましたね。30年もイッてないからMットなんかでイケないよ~って感じだったんですけど、イッたので本当に喜んでくれましたね」
お~っ! それはすごいね~! なんでイケたんんだろう…。
「それはさっき話した通り、どんどんどんどん経緯があって高ぶってイッたんです。それはテクニックってことですよね。だから10年イカないとか20年イカないってお客さんがイクことはざらですね」
ほうほう。なるほどね~。
「ただ本当の遅漏の方は話は別なんです。以前何かでこういうことを言って、一時ずっと遅漏君しか付かなかったことがあって。でも私は遅漏君に千戦布告したわけじゃないんです。うふふ」
あはは。なるほど~。
「私の技と献身的な思いがエ○チに繋がったわけじゃないですか。遅漏君を全部イカせられるってわけじゃないですからね。うふふ」
なるほどね~。長年イケないのと遅漏は原因が違うと。
「私のプレイは頭脳プレイだって言うんですけど、イカせてあげたいって思っているときって、闇雲にエ○チしてるわけじゃないんですよね。お客さんがどのポイントが好きかって違うじゃないですか。それをいかに短時間でどこが性感帯かを探って計算してるんです」
なるほど~。100人いたら100通りのやり方があると。
「そう。だからお客さんの反応ですよね。あとは自分の経験と知識と。うふふ」
うんうん。
「テクニックを磨く生き方をして来たので、自分にはそれしかないので、だからイチャイチャ系のソープじゃなくてプロの時代がもう1回来て欲しいなぁ~って思いますね」
なるほどね~。ひろちかさんのお客さんは仕事を求めてる人が多い?
「たぶんお仕事派って書いてあるからそうなんですよね。『俺は普段絶対Mットやらないんだけど、ひろちかちゃんだったらやって欲しい』って必ず言われるんです。最初は、『Mットいいよ』って言ってるお客さんでも、私がオッパイとかで洗っていると、『なんか気持ち良いからMットやって欲しい』って言われるんです。うふふ」
お~! そのくらい魅力的なオッパイと。いいね~。
「うふふ。オッパイとか肉質がめっちゃ柔らかいんですよ。だから私ね、脂肪は脂肪でも霜降りよぉ~って言ってるんです。うふふ」
あはは。
「肉質が余計にいいみたい。うふふ」

【私の生きて行く場所と思った吉原・磨き抜かれたテクニック】

【ナカは熱くて締まる数の子天井・1回戦目はIスでしちゃう】

【幼い頃から女性を描くのが好き・ソープにお仕事派の時代が来て欲しい】

お客さんにメッセージを。
「自分が今まで知らなかった快感を味わいに来てください。お待ちしてます♪」

[取材後記]
参考になる話。勉強になる話。ためになる話。などなど話だけでも楽しませてくれる素敵な、ひろちかさん。インタビューでは、ざっくりと胸元が開いたミニのチャイナ服を着ていたのですが、もうそれがセクシーでセクシーで…。Hカップの爆乳はもちろん、もっちもちの色白美肌もたまりません。そしてまた顔も可愛らしく、『今思えば私、若い頃けっこう可愛かったんじゃんって思うんです。あはは』と話していましたが、いやいや、今も可愛いです。そしてなんといっても魅力は、お仕事派としての意識やテクニック! 何十年もイカなかった人をイカせちゃうとは、まるで何十年も腰痛で悩んでいた人を一瞬で治す東洋医学の名医のようですね。いろいろな悩みを抱えている方は、ぜひ1度、エロスの名医ひろちか先生に診てもらうことをお勧めします。心も体も悩みから解放され癒されるはずですよ![PLAYGIRL/スープ]

ひろちか(32才)
T147/B98(H)/W60/H88

バッキンガム』 - 吉原
TEL:03-5603-8880

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ