川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. クラブアムール - さき

インタビュー クラブアムール - さき

インタビュー No.4552

ソープは究極のリラクゼーション! BッドもMットも思いっきり感じて欲しい! ずっと我がままに気持ち良くなり続けてもらいたいの♪

「クラブアムール」さきさんのプロフィール写真

「クラブアムール」さきさんのプロフィール写真

「クラブアムール」さきさんのプロフィール写真

「クラブアムール」さきさんのプロフィール写真

「クラブアムール」さきさんのプロフィール写真

さき - クラブアムール - 2017.09.28
ソープの醍醐味を存分に味わせるのが大好きだと言う、さきさん。BッドではBッドなりの、MットではMットなりのフルサービスで絶頂まで連れて行ってくれる。『せっかくソープに来たんだから、ずっと我がままに気持ち良くなり続けててもらってもいいんじゃないかなぁ~』いや~、これは受け好きな方にとっては最高の女の子ではないでしょうか!

【熱狂的サッカーファン・パイパンにしたことで学んだこと】

【1回戦目は1番いいところでイッて欲しい・我がままに気持ち良くなり続けてもらいたい】

【乳首、オチ○チン、タマ、ア○ルの4点攻め・ソープは究極のリラクゼーション】


【熱狂的サッカーファン・パイパンにしたことで学んだこと】

プロフィールによると、けっこうなサッカー好きと?
「うふふ。そうなんですぅ~。チョ~サッカーを見るのが好きで。まぁ、もっと熱烈だったのは、ちょっと前なんですけどね」
ほうほう。
「そのプロフィールに書いてある、欲しい物、年間シートっていうのも実際自分で買ってましたし。うふふ」
お~! それは相当なファンだね~。どのチームのファンなの?
「ガンバ大阪なんです」
へ~。でも、出身は東京と?
「そうです。出身は東京なんです。でも、ガンバ大阪が大好きで…。って言うか、遠藤保仁が大好きで。うふふ」
なるほどね~。遠藤保仁か~。
「うふふ。そうなんです。なので年間シート買って、それでめっちゃ大阪まで通ってたんですよね」
すごいな~。遠藤保仁のどういうところが好き?
「2010年の南アフリカワールドカップで、遠藤が決めたフリーキックがあったんですけど、それ見て、なんだこのシュートは!? って感動したんですよねぇ~」
ほうほう。当時流行ったコロコロシュート?
「いえいえ。まぁ、そのあとにそれを見て、何この人~、おもしろい~ってもっとファンになったんですけど、でも大好きになったきっかけのシュートは普通のシュートで。あとから聞いたら、遠藤が得意な距離と角度で、すっごい綺麗にス~って吸い込まれるように入っていって。で、なんだこれぇ~って心奪われちゃったんですよね。うふふ」
へ~。
「ほんとそれまでは全くサッカーについて熱くもなくて、たまたま日本代表だからっていうので観てただけだったんですけど、でもそれ観たら一発でファンになっちゃったんですよね。で、遠藤のことも検索しまくって、ガンバ大阪っていうことも全然知らなかったけどいっぱい覚えて、それで年間シートもすぐ買っちゃって、通いまくりみたいな。うふふ」
あはは。すごいね~。
「でも、遠藤が最近試合に出れてないので、あんまり最近は応援に行けてないんですけどね」
なるほどね~。いや~、ハマッたら熱烈に応援するタイプなんだね~。
「うふふ。そうですねぇ~。まぁ~、今は吹田スタジアムにガンバの本拠地が移ったので、そっちにも行ってみたいんですけどねぇ~」
うんうん。あとプロフィールによるとパイパンと。
「うふふ。脱毛に通ってて、あとちょっとで完璧に脱毛完了ってくらいなんです」
ほうほう。
「元々は、けっこう濃いめだったんですよ。なので時間かかってるほうだとは思うんですけどね。でも今はほぼいい感じになくなりましたよ。うふふ」
あはは。いいね~。ちなみに、きっかけは?
「濃かったので自己処理はしてたんですけど、それが大変だなぁ~って思ってたところに、お店でお姉さんとの話の中で、『脱毛、いいよ』って聞いて、それで通い始めたんですよね」
なるほど~。
「最初はね、ちょっと整えるかなぁ~ってくらいに思ってたんだけど、まず全体の毛を細くするためにいったん全部剃って、それからレーザーを全照射しなきゃいけないって言われたから、ド頭でさっそくパイパンにされちゃったんですよ。そしたら、なんてパイパンは楽なんだぁ~ってなりまして。で、そっからはもう、パイパン最高~な生活の始まりですよね。うふふ」
あはは。おもしろいな~。
「うふふ。いえいえ~。でもほんとパイパンの喜びってすごいんですよ。衛生的だし、楽だし」
なるほど~。お客さんの反応はどう?
「好き嫌いはっきり分かれますね。『パイパン、めっちゃいい!』ってお客さんと、『ちょっとは残しといて欲しかったな~!』ってお客さんと」
へ~。分かれるんだ~。
「そうですねぇ~。私もちょっとパイパンって全男性の興奮に繋がるもんだろうなぁ~とも思ってたんですけど、意外とそうでもないお客さんもいるんだなぁ~って」
なるほどね~。でも、パイパンの需要があることは分かっていたと。
「うふふ。それはありましたね。やっぱり、お店のサイトとか見てても、パイパンの女の子はそれがアピールになってたりするのは見てましたし」
うんうん。確かに。
「でもまぁ~、そういうあれこれも含めていろいろと勉強になったなぁ~って思いますね。もちろん私自身はすっごい楽になったし、衛生的にもなったので、やってよかったなぁ~って思いますけども」
うんうん。じゃあ、エロさの面ではどう?
「それも両面感じるんですよ。毛がなくなったことによってはっきり見えちゃってるから、それがめっちゃエロいなぁ~っていうのも思うし、でもちょっとだけ残ってたほうが、チラ見えのエロさみたいなのもあるじゃないですか。それって、アソコに関しても同じなんだなぁ~って。なんか、あの毛の奥はどうなってんだ!? って妄想力を掻き立たされちゃうと言いますか」
なるほどね~。
「まぁ、なんて言うか、男目線なのかもしれないですけどね。ギリギリ見えないスカート丈の中はどうなってるのかって妄想と、裸自体を見たときの興奮と、どっちか選べって言われたらこれは難しいなぁ~って。どっちもエロいし、興奮するだろうしなぁ~って」
うんうん。確かに。
「うふふ。ですよねぇ。なんか、そういうのをパイパンにしたことによって勉強になりましたね。不思議な学び方ですけどね。うふふ」

【1回戦目は1番いいところでイッて欲しい・我がままに気持ち良くなり続けてもらいたい】トップに戻る

プレイの流れは?
「まずは、即フ○ラ即挿○でのエ○チになるので、Bッドからスタートですね。で、まぁ、私自身どっちかというと攻め好きで、リードしたいタイプなので、序盤はけっこうグイグイ攻めてっちゃいます」
ほうほう。攻め好きと。
「うふふ。はい。あれこれしてあげてる奉仕感も好きだし、あと悶えたり感じたりしてくれるお客さんの姿見てると興奮もしちゃうし」
いいね~。Sっ気もあると。
「えへへ。はい。なので、最初お客さんにBッドに座ってもらってる状態から、ハグしてチュウしてベロベロベロベロって。うふふ」
あはは。グイグイだね~。
「うふふ。で、あとここで狙ってるのが、お客さんにBッドに座ってもらう位置が、浴室の鏡が正面に見える位置なんです。そうすると、お客さんは座ったままで、目の前では私が四つん這いになってフ○ラしたり、乳首舐めたりしてるのを鏡でも見えちゃうっていう。うふふ」
お~! エロいな~!
「うふふ。私が服脱ぐのもお客さんの股の間なので、お客さんから見たら正面も背面もどっちも見れちゃうって感じですね」
なるほどね~。いいね~。これは煽られちゃうだろうな~。
「うふふ。で、もっと言うと、舐めながらお客さんに視線送っちゃってますね」
お~! 挑発もしていると?
「うふふ。はい。見られてると興奮しますよね。エロいことされてるのを見せ付けられるみたいな」
うんうん。エロいね~。
「うふふ。えへへ。しかも上目遣いでね」
いいね~。わかっているね~。
「えへへ。まぁ、意識しますよね、そういうのも。うふふ」
うんうん。じゃあ、フ○ラのあとは?
「今度は、そのままお客さんをBッドに押し倒して、で、覆い被さって、上から順番にチュウしてベロベロベロベロ~って」
あはは。いいね~。さらにグイグイと。 
「うふふ。ここからはね、さらに激しくなっちゃいますよね。さっきの座った状態で、一通り性感帯の弱点は見てるので、ここからはその弱点をさらに突いてっちゃうように攻めちゃうので」
お~! いいね~。攻め上手だな~。
「うふふ。いえいえ。でも、あまりにも刺激しすぎちゃって、暴発しちゃわないようにも注意してますけどね。なんてったってまだ1回目なので」
あはは。すごいそうだな~。先にはもっとすごいことが待っていると!?
「えへへ。はい。なのでまぁ、あせらずにじっくりとって感じで」
すごいな~。
「で、またフ○ラもしちゃって。まぁ、このタイミングで初フ○ラになったりすることもあって、その時々ですけどね」
なるほどね~。じゃあ、フ○ラのこだわりはどう?
「ゆっく~りですかね。雰囲気的にはグイグイ私から攻めてっちゃってるんだけど、実際の行為はゆっくり、ねっとりを意識してます。なので、フ○ラもゆっく~り、レロレロレロ~って」
いいね~。気持ち良さそうだね~。
「うふふ。それでいい感じにオチ○チン大きくなってくれたら、騎○位でそのまま入れちゃいます」
ほうほう。早速と。
「うふふ。はい。もちろんシ○クスナインしたいってリクエストがあったらしますし、攻めたいっていうのがあれば交代にもなりますけど、でもほとんどそのまま入れちゃってることが多いですね」
へ~。でも、その流れで攻められたら、そのまま全部して欲しいって思っちゃうだろうな~。
「うんうん。そうなんですよね。でもそれでいいと思うんです。3回戦目とかになったら、お客さんからしてもらうパターンをしたりすればいいと思いますし。あとせっかくソープに来たんだから、彼女や奥さんとでは絶対にならない展開で、ずっと我がままに気持ち良くなり続けててもらってもいいんじゃないかなぁ~って。まさに、快感尽くしで受け続けておいてもらうのもいい遊び方なんじゃないかなぁ~って思いますね」
お~! 素晴らしいね~。まさに、ソープの醍醐味を提供と。
「うふふ。はい。あと、私自身としても、そうやってあれこれさせてもらってる全ての内容で楽しんでるし、興奮もしちゃうんですよね。あぁ~、こんなにエロく攻めちゃってるぅ~とか、あぁ~、こんなにお客さんドロドロになっちゃってるぅ~とかって」
お~! いいね~。
「うふふ。まぁ~、これはもちろんお客さんあってのことなので、別に私がナルシスト~ってことじゃなくって。お客さんがエロ悩殺されてっちゃう姿を見て、私も興奮しちゃうし濡れちゃうんです」
いいね~。エロいね~。だから騎○位と。
「うふふ。そうなんですよねぇ~。もっとエ○チで悶えてぇ~って思っちゃうんです。だから騎○位で上からお客さんの悶える顔を見てるのも大好きなんですよね」
なるほどね~。ちなみに、騎○位の動きはどう?
「これも、ゆっくり、ねっとりって感じで。あと私、基本的にM字の動きばっかりなんですよね。ほかのはなんか動き的に不自然になっちゃって。うふふ」
へ~。でも、M字はエロいよな~。
「うふふ。それも言われますねぇ~。『丸見えだよ~』って」
うんうん。パイパンだしね~。
「うふふ。そうですね。なのでまぁ、そうやって見た目的にもオチ○チン的にも、いろんな快感を感じてもらって1番いいところでイッてもらえたらないいなぁ~って思いますね」
うんうん。じゃあ、挿○で心掛けていることはある?
「それもやっぱり、1番いいところでイッちゃってくださいねってことですかね。まぁ、1回戦なんで、まずヌキたいじゃないですか。そこを優先してもらえたら。で、この後Mットもあるので、ジワジワした感じとか、カラダの快感をもっと~とか、そういうのはこの後にまた別で楽しんでもらえたらいいんじゃないかなって思いますね」
なるほど~。じゃあ、まずは素直に射○を楽しんでと。
「うふふ♪ そうですね。なので、存分に、気持ち良くイッてもらえたらなって思いますね。えへへ♪」

【乳首、オチ○チン、タマ、ア○ルの4点攻め・ソープは究極のリラクゼーション】トップに戻る

2回戦はMットかな?
「はい。Mットも存分に受けていただけたらなぁ~って思います」
ほう。自信ありそうだね~。
「うふふ。いえいえ~。でも最近はお客さんにもけっこう褒めてもらえて、『こんなMット受けたの初めてだわ~』って言われたりもするんですよね。『久々にこういうMットに出会ったわ~』とか」
お~! 高評価だね~。
「うふふ。でも、自分の中では何が評価してもらえてるのかわからないんですけどね。ずっと今と同じMットをして来てるつもりなので」
なるほど~。
「あと、2○車でほかの女の子と一緒になることもあるので、そういうの見てるとまだまだ私の技術は足りてないなぁ~って思うことばっかりだったりしますし」
ほうほう。十分のような気もするけどね~。
「いえいえ~。実際もっと充実させなきゃなぁ~って思ってるんです。でもこれ以上詰め込むと、Mットの時間ばっかりになっちゃって時間足りない~ってことにもなっちゃって。その辺はすっごい悩ましいところなんですよねぇ~」
いや~、ハイレベルな悩みだね~。じゃあ、Mット好きのお客さんは、時間を取ってくれたらたっぷりしてくれると?
「それはもちろん。私もMット大好きなのでロング枠とかで取ってもらって、なんならMットで何回戦も~みたいなことも全然いいと思いますし」
あはは。すごいな~。ちなみに、さきさん自身、Mットで1番楽しんでいることは?
「あぁ~、それはあれですね。お客さんがMットでうつ伏せになってる状態で、私は座ってる体勢から下半身を滑り込ませて、ア○ル舐めつつタマとサオを両手で触っちゃうやつですかね」
お~! 3点攻めと。
「うふふ。はい。1回戦目のエ○チではね、あんまりこういうのしちゃうと刺激が強すぎたりしちゃうだろうから遠慮してるんですけど、でも2回戦目だとOKかなぁ~って。あとMットらしい攻め方だし。うふふ」
うんうん。確かに。 
「さらに言うと、私の足の先が届けばお客さんの乳首をスリスリしちゃったりとか」
あはは。4点攻めと。すごいな~。
「えへへ。はい。それ、かなりお客さんは悶えちゃうんですよね。『今、何人に攻められてんの!?』みたいな」
お~! 確かに。
「うふふ。そうしてるとね、オチ○チンもどんどんパンパンになって来るじゃないですか。あれがめっちゃ楽しい」
あはは。いいね~。楽しんでいるね~。
「えへへ。はい。めっちゃくちゃ楽しいですねぇ~。うふふ」
ちなみに、どうやってMットの技術を磨いたの?
「最初、ソープを始めたときはチョ~下手だったんですよ。で、それが悔しくって、改めてお姉さんに教えてもらったんです。当時、ベテランで有名なお姉さんがいたので」
ほうほう。熱心だね~。
「そうですねぇ~。あとカラダが硬かったので、できる技も限られたりもして。だからこそできることは全てピックアップしてできるようになってやるって感じで頑張ったんですよね」
なるほどね~。で、今の技術力に至ったと。
「そうですねぇ~。でもまだまだ、もっとできることはあるんだろなぁ~って思いますけどね」
いや~、思いっきりサービスを受けたいお客さんにはピッタリだね~。
「そうですねぇ~。私も、すぅ~ごいスッキリして帰って欲しいですもん。時間ある限り、Mット終ってからもマッサージしてあげたいし、お客さん次第でできそうなら3回戦したいし。挿○じゃなくても、手でも口でも、プラスαでイッてもらってもいいですし。やっぱりソープは究極のリラクゼーションだと思ってるので、とことん我がままになってもらってたぁ~っぷり気持ち良くなってもらえればなぁ~って思いますね。はい。うふふ」

【熱狂的サッカーファン・パイパンにしたことで学んだこと】

【1回戦目は1番いいところでイッて欲しい・我がままに気持ち良くなり続けてもらいたい】

【乳首、オチ○チン、タマ、ア○ルの4点攻め・ソープは究極のリラクゼーション】

お客さんにメッセージを。
「受け好きの方、待ってます。いっぱい気持ち良くなりに来てください。お待ちしてます♪」

[取材後記]
話をしていてもとても楽しい、さきさん。明るくて、トークの広げ方、拾い方、間やテンションがとっても上手。そしてこの上手さはエ○チの内容にも通ずるものがある気がします。サービス精神は相当なものなので、思いっき攻められたい方は間違いなく満足してもらえるのでは。とにかく、ソープは究極のリラクゼーション、我がままに気持ち良くなり続けてもらいたい! ぜひぜひ、1滴残らずスッキリしちゃてくださいな。[PLAYGIRL/ビリケン]

さき(23才)
T164/B86(D)/W60/H89

クラブアムール』 - 吉原
TEL:03-5603-1741

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ