川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. エクセレントクラブ男爵 - 青山りく

インタビュー エクセレントクラブ男爵 - 青山りく

インタビュー No.4492

綺麗なビジュアルに可愛いらしい性格で男心を鷲掴み! 波打ってキュッと締まる名器で男の股間を鷲掴み!

「エクセレントクラブ男爵」青山りくさんのプロフィール写真

青山りく - エクセレントクラブ男爵 - 2017.07.11
艶やかな雰囲気、上品で美しい仕草、笑うと少女のような可愛らしさ、透き通った高い声。そんな青山りくさんとなら、正直120分と言わず、1200分でも一緒にいたい! そんなとても居心地のいい女の子。そしてエ○チについては…、こんなところを攻めてくれたり、あんなエ○チで恥ずかしい姿を見せてくれちゃったりと、男心を掴まれちゃうこと間違いなしなんです!

【雰囲気があると大胆になっちゃう・口の中いっぱいに入っていると興奮しちゃう】

【苦手を克服させちゃうMット・四つん這いにしてア○ル攻め】

【背中側を攻められるのが好き・潮はシ○クスナインでも噴いちゃう】

【波打ってキュッと締まる名器・チュウは好きだから積極的に】


【雰囲気があると大胆になっちゃう・口の中いっぱいに入っていると興奮しちゃう】

綺麗だね~! なんだか色っぽいし!
「いえいえ、全然そんなことないです。うふふ」
いや~、お客さんにも言われるでしょう! ちなみに、芸能人では誰に似ているって言われる?
「あんまり最近は言われないですけど、以前は三船美佳さんとか。どうなんですかね。うふふ」
あ~、なるほど~。確かに。
「でも最近は、あんまり誰に似てるとかって言われなくって…」
へ~。おしとやかだし、上品だし、一緒にいると落ち着くよな~。
「うふふ。本当ですかぁ~? なんか褒められ慣れてないもので、どうしよう…、恥ずかしくなっちゃって。うふふ」
え~! 褒められてるでしょう! スタイルとかも?
「特に何もしてないんですし、自分ではそんなに思わないんですけど、お客様には褒めていただくこともあって」
うんうん。でも何もせずにそのスタイルはすごいな~。
「ときどきジムに行ったりはするんですけど、本当に気休め程度にしか行ってなくて…。うふふ」
ほうほう。ちなみに、入店してどのくらい?
「3ヵ月ちょっとくらいです。ソープ自体そんなに長いわけではないので、まだ経験は浅いほうだと思います」
なるほど~。慣れては来たの?
「いい意味で慣れはあるんですけど、毎回毎回緊張しながらお仕事をさせていただいている感じですね。うふふ。話すのも好きなので、いろいろな話をさせていただきながら時間をすごしている感じです」
いいね~。じゃあ、エ○チはもともと興味が?
「興味はけっこうあると思います。最近思うのが、すごい明るい部屋よりかはちょっとムードのある部屋のほうが雰囲気も出で好きなんですよね。スイッチが入って、普段よりももっとエ○チな気分になれる感じがするんです。うふふ」
お~! ムードのある雰囲気が好きと。
「そうなんです。そういう雰囲気の部屋だと恥ずかしさが少なくなるから、ちょっと大胆になれるかなぁ~って気がします。うふふ」
いいね~。じゃあ、大胆になるとどうなっちゃうの?
「話し方とか仕草とかもちょっと色っぽい感じになると言うか、ちょっと大胆になって、もっといろんなところを攻めちゃおうかなぁ~ってなりますね。うふふ」
なるほど~。攻めたくなると。
「もちろん受けも好きで、私的には攻め受けは半々なんですけど、エ○チな気分になるとしたいってなっちゃいます。フ○ラをするのが好きなので、フ○ラはけっこう夢中でしちゃいますね。うふふ」
お~! いいね~。フ○ラが好きと。
「奥までっていうのは普通だと思うんですけど、お客様によってのポイントが、舐めてたり触っていたりするとわかるので、そこを重点的に攻めたりとかするのが好きですね。うふふ」
お~! 奥までするのは普通と! 
「奥までしますね。口の中いっぱいに入っていると興奮すると言うか、それは普通にしますね。けっこう奥まですると気持ち良さそうにしてくださるお客様も多いので。うふふ」

【苦手を克服させちゃうMット・四つん這いにしてア○ル攻め】トップに戻る

好きなプレイは?
「私はMットが好きなんです。Mットが苦手なお客様はけっこう多いんですけど、その概念を変えていただけるんじゃないかなぁ~って思っているので、Mットはけっこう積極的にさせてもらうことが多いです」
お~! Mットにも自信ありと!
「うふふ。例えばお客様がMットの何が嫌かって言うと、代表的なことだと寒いからとか、安定しないからとか、くすぐったいからとか、Mットの上でイケないからっていうのがあると思うんですけど、そういう苦手は全部いろんな方法でどうにかして克服して、Mットを好きにさせられるんじゃないかなぁ~って思います」
お~! 素晴らしいね~! Mットを好きにさせられると!
「Mットが嫌いっていうお客様が、帰るときに『またMットやってみたいから宜しくね』って言ってくださることもあって、それがすごい嬉しいんですよね」
お~! すごいな~!
「あとMットができるところってすごく限られているじゃないですか。普段プライベートではなかなかできないことだし、せっかく吉原に来たなら絶対Mットはして欲しいなぁ~って思うので、苦手な方にも楽しんでもらえるようにいろいろ考えながらやってますね」
なるほどね~。苦手なお客さんでも楽しめるMットと。
「そうですね。始めにこういうのが苦手っていうのを教えてもらってから、そういう風にならないように気を付けさせてもらって。だからMットでイケないっていうお客様の場合は、Mットの途中でBッドに移動すれば、Bッドの上でLーションが付いたままできるし、寒かったらお湯を出したりとかいろいろ方法があるので、日々自分なりに研究するじゃないけど、いろいろ考えながらやっているのでMットはけっこう得意かなぁ~って思います。うふふ」
お~! 素晴らしいな~! じゃあ、技でも何かオリジナルのものはある?
「手コキでもただ動かすんじゃなくて、ちょっと動き方を工夫するとか、マッサージを取り入れながら勃たせちゃうとか、あとはフ○ラももちろん普通に舐めるだけじゃなくいろんなところを舐めたりとか、同時に手でも触ったりとか、そういう感じですね」
なるほど~。どれも気持ち良さそうだな~。
「あとは入れたりするわけじゃないんですけど、ア○ルは経験したことがないっていうお客様も多いみたいなので、そういう今までにないものを楽しんでいただくようにしてますね。『すごいね~!』って言ってもらえるようにっていうところかな。うふふ」
いいね~。ア○ル攻めもと。もしかして、うつ伏せで腰を浮かせながら?
「うつ伏せだったら下にタオルを引いて四つん這いになってもらったりとか、仰向けでは思い切り脚を開いてもらったりとか、そういう感じで舐めたり触ったりしちゃいます。男性は普段絶対にそんなにしたことないと思うんですけど、その恥ずかしさを取り払って全開で楽しんで欲しいなぁ~っていうのがありますね」
うんうん。いいね~。お客さんを四つん這いにしちゃうと。
「お客様が四つん這いになってるところに覆いかぶさって、手コキとア○ル攻めみたいなのとか、ア○ルを舐めながら手コキとか、けっこう好きな方は好きみたいで。うふふ」
お~! またこんな綺麗な子にされたら大興奮だろうな~。
「うふふ。そうなんですかねぇ~。えへへ」
あはは。あと、攻めるときに言葉を言ったりはどう?
「言葉攻めはあんまりしないですけど、声はかますね。どこでプレイしていても、いつもお客様が何か不満を感じてないかっていうのは気になっちゃうので、声はかけるようにしてますね」
なるほど~。
「本当、ちょっとした気遣いですけど、寒くないか、暑くないか、痛くないか、そういうところは常に気を付けて聞いたりして、気持ち良い気分ですごしていただきたいなぁ~って思いますね」
いいね~。常に気持ち良い気分になるようにと。
「せっかく貴重な時間を使って、しかも吉原も場所的に遠いので、そんな中で来ていただいているし、ときどきしか来られないっていうお客様もいらっしゃると思うので、気持ち良くなって欲しいなぁ~って思いながらやってますね」
いや~、のおもてなし精神が素晴らしいな~。
「うふふ。ありがとうございます」
そしてマッサージもすると。
「そうですね。Lーションを落とすときとかにマッサージしつつお流ししたりとか、Bッドでももちろんそのお客様によって疲れちゃったって言うときはマッサージをさせていただいたりしてますね」
ほうほう。ちなみに、マッサージは勉強したの?
「勉強というよりかは独自なんです。小さいときからマッサージはしていたのでその延長と、自分もけっこうマッサージに行くのが好きなので、自分がしてもらって気持ち良いポイントがわかるので、お客様にもいいポイントを聞きながら合わせて参考にさせていただきながらするみたいな感じですね。うふふ」
なるほどね~。上手そうだもんな~。
「うふふ。けっこう寝ちゃう方もいて、それはそれで全然リラックスしてもらえているので嬉しいなぁ~って思いますね。本当にゆっくりしていただいて、いろんな意味で癒されて欲しいっていう感じですね」

【背中側を攻められるのが好き・潮はシ○クスナインでも噴いちゃう】トップに戻る

好きな前戯は?
「私はけっこう背中側が感じやすくって、後ろから攻められるのが好きかもしれないです。もちろん前も好きなんですけど、なぜかわからないんですけど背中側がゾクゾクするんですよね」
ほう。背中側と。
「だから、私がBッドでうつ伏せになって後ろから攻めてもらうとかも、攻められてる感があって好きなのかなぁ~って思います。あとは性感帯ってあるじゃないですか。場所はちょっとアレなんですけど、それがカラダの後ろ側にあって、そこもいいんです…。うふふ」
あはは。性感帯は内緒?
「…はい。あはは! 会ったときに秘密で教えます。うふふ」
お~っ! 気になるわ~! じゃあ、強さはどう?
「優しくサワサワっていう感じが好きかもしれないですね。お尻とかも好きなので、その辺もサワサワされたらゾクゾクしちゃいますね。あと体位もバ○クとか寝バ○クが好きだし、後ろからっていうのが好きなんです。うふふ」
なるほど~。体位も後ろが好きと。
「当たりどころがいいっていうのもあるし、征服されてる感がいいなぁ~って思ってて、お客様が覆い被さるみたいなそういうシチュエーションのバ○クも好きですね。寝バ○クも密着と後ろからされてる感がいいですし。うふふ」
いいね~。またスタイルもいいから、バ○クの眺めもいいだろうな~。
「自分ではお尻が大きいなぁ~って思ってて、ちょっと気にしてるんですけど、お客様は『お尻は大きいほうがいいよ~!』って言う方が多いような気がして、その言葉で勇気付けられてます。うふふ」
ほうほう。パッと見だと、そんなに大きいって感じはしないけどね。
「え~! お尻大きいと思います。うふふ」
あはは。でもいいお尻なんだろうね。じゃあ、表側はどう?
「表側も好きなんですけど、クリを優しく舐めたりして攻めらてもらうとかが好きで…、で、ときどき潮噴きしちゃうときもあります」
お~! 潮噴きもすると。けっこう噴いちゃうの?
「噴くときはすごいビシャ~ってなって、下のシーツを替えるくらいですかね。うふふ。でもなんか恥ずかしいです…。我慢できないんですよね」
あはは。すごいな~。どういうタイミングで噴く?
「どのタイミングかわからないんですけど、イクときのタイミングとかで噴きやすいかなぁ~っていうのは思います」
なるほど~。じゃあ、ク○ニでも噴いちゃう?
「あ、はい…。うふふ」
お~っ! すごいな~!
「本当ですかぁ~? お~…、うふふ。噴きやすいほうなのかな…」
うんうん。確かに。じゃあ、シ○クスナインで噴いちゃうことも?
「あります。シ○クスナインとかだと顔にかけちゃうことになるから、以前、我慢できなくって本当に噴いちゃいそうになって、顔にかけちゃったときがあったんです。あぁ~、どうしよう…、って思ったんですけど、そのときにはもう遅くて顔にかかっちゃってて…。それでもお客様は『いいよ、いいよ』って言ってくれて、でも一応お客様の首とかの周りにタオルをかけさせていただいて。そのあと、続きをしました。うふふ」
あはは! いいね~。シ○クスナインは続けたと。
「うふふ。すごい気持ち良かったので、タオルをかけさせていただいて続きをしましたね。うふふ」
いいね~! 顔にかかりたいわ~!
「本当ですかぁ~? うふふ。ジャーッて。うふふ。ちょっと読めないタイミングで我慢できずに噴いちゃうのでそうなっちゃいます」

【波打ってキュッと締まる名器・チュウは好きだから積極的に】トップに戻る

クリでもイク?
「はい。けっこうあります」
いいね~。どんな風に攻められるとイッちゃう?
「クリを舐めながら指入れしてもらったりですね。うふふ。オチ○チンとかだったらどんな体位でも。でもそんなにちょこちょこイクわけじゃないんですけど、もちろん相性とかもあるし、あとは突き方とかが上手く合ったときに驚異的なイク感覚に襲われることがあります。うふふ」
お~っ! 驚異的ってすごいな~!
「そう。とんでもない快感が。うふふ。自分がイキやすいのかどうかはわからないけど、『もうイッちゃったの?』って言われることがあるんですよね」
なるほど~。イキやすいんだろうな~。
「イッたときに締め付けがあるらしくて、お客様には『イッたのがわかるよ』って言われて。うふふ。あとはナカが波打っているところがあるらしくて…」
お~! ナカが波打っていると?
「自分ではわからないんですけど、ナカが波打っててキュって締まるらしくて、あとは穴が小さいみたいで、『すごい締め付け感があるね~』みたいに言われることがあるんです。入れてみたらわかるみたいな。うふふ」
いいね~! 波打ってるって珍しいかもな~。
「だからお客さんも気付いたらもうイッってたとか、もうイッちゃったとかっていうことがありますね。でもすぐイッちゃったらもったいないから、すぐにはイッちゃわないようには気を付けてますけど。うふふ」
あはは。なるほどね~。それはすぐにイッちゃうだろうな~。
「フ○ラとかでも、『もうイッちゃうからだめだめ~』みたいな感じになるときがあるんですよね。それでイッちゃったら短い時間になりすぎてもったいないし、お客様それぞれイケる回数があるので、ちょっとでもそのイキそうな気持ち良い瞬間がいっぱいあればなぁ~って思うので、ジラすることもありますね。うふふ」
なるほどね~。ジラもしたまらないよね~。
「挿○中もジラしますし、フ○ラとか手コキの時点でジラしたり。まだだめだよぉ~、もうちょっと我慢してねぇ~って言って、そんな感じかな。うふふ」
お~! その言い方、可愛いな~! もう、声だけでもイッちゃいそうだわ~。
「だめです。そこではだめです。うふふ」
あはは。だめか~。でも我慢できないかもな~。
「うふふ。まだイカないでねぇ~って言って、もうちょっと楽しんでもらえるようにちょっと一瞬ソフトにして、ポイントを避けて余韻を楽しんでます。気持ち良さそうな顔を見ると可愛いなぁ~って思っちゃいます。うふふ」
いいね~。じゃあ、騎○位でもジラしたり?
「しますね。騎○位も得意だと思います。うふふ」
お~! スタイルがいいから下からの眺めもよさそうだもんな~。
「うふふ。どうなんだろう…。でも、高速とかですると本当に一瞬でお客様が『イッちゃう、イッちゃう』ってなって、そうなったらちょっと止めてみたいな感じですね」
いいね~。ちなみに、騎○位は青山さんも気持ち良くなれる?
「はい。騎○位だといろんなところが擦れるから気持ち良くなるかなぁ~。自分も気持ち良くなりつつ、お客さんも気持ち良くなるみたいな感じだと思います」
なるほど~。一緒に気持ち良くなるのっていいね~。
「一緒のタイミングでイケたときとかって、一体感が生まれる感じがしてすごい嬉しいです。チュウをしたりとか、そのままちょっと余韻を一緒に味わったりして。うふふ」
うんうん。いいね~。チュウも積極的にしちゃうの?
「チュウは好きなので、けっこう積極的にします。かなり、常に。うふふ」
お~! かなりっていいね~。
「うふふ。でもチュウが苦手なお客様もいるので、そのときは我慢します」
え~! 青山さんのチュウなら嬉しいと思うけどな~。
「うふふ。初めにチュウしたときに、あんまり好きじゃなさそうとか、苦手そうってわかるんですよ。そう思ったらそこはなるべくしないようにしますし、逆に好きそうだなぁ~って思ったらいっぱいしたりとかですね」
なるほどね~。どんなチュウが好き?
「前戯とかでするのはベロベロなので、お風呂とか会話しているときとかは途中途中でチュッてしたりとかがいいですね。そういうイチャイチャした感じのチュウも好きです。うふふ」
いいね~。お客さんとはイチャイチャな感じと。
「そうですね。いろんなお話をするので、もちろん途中の話も盛り上がるときもあるので、そういう時間も楽しくすごさせていただいてますね」
なるほどね~。休憩中もくっ付きながらね?
「隣にチョンって座って、一緒にドリンクを飲んで、下半身とかいろんなところをナデナデとかスリスリして、常に触れてたいですね。うふふ」

【雰囲気があると大胆になっちゃう・口の中いっぱいに入っていると興奮しちゃう】

【苦手を克服させちゃうMット・四つん這いにしてア○ル攻め】

【背中側を攻められるのが好き・潮はシ○クスナインでも噴いちゃう】

【波打ってキュッと締まる名器・チュウは好きだから積極的に】

お客さんにメッセージを。
「ここでの出会いも一期一会だと思ってすごい楽しみにしています。遠い所から貴重な時間を使って来ていただくので、本当に目一杯楽しんでいただきたいなって思います。どのお客様にも毎日感謝しているので、その気持ちが伝わればすごい嬉しいなって思います。苦手なMットも好きなものに変えさせられると思うので、ぜひ遊びに来ていただいて、一緒に楽しい時間をすごしたいです♪」

[取材後記]
いや~、必要以上にテンションが上がってしまいました。綺麗なビジュアルで可愛いらしい性格! 落ち着いていて控えめな感じだけど、話し出すとたまに止まらなくなり、『すみません…。私、話しすぎちゃってませんか?』と照れた表情もまた可愛いかったです。あとは…、と、魅力要素を挙げ出したらきりがないので、もうあとは実際に会っていただいたら、納得してもらえるはずですよ![PLAYGIRL/スープ]

青山りく(21才)
T160/B88(D)/W55/H88

エクセレントクラブ男爵』 - 吉原
TEL:03-3874-3116

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ