川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. 恵里亜 - 歩

インタビュー 恵里亜 - 歩

インタビュー No.4417

ソープ嬢のプロを越え、性のプロ的存在のAV女優! AVでは決して味わえない実物、五感を体感! ソープだからこその関係、第3の女!

「恵里亜」歩さんのプロフィール写真

「恵里亜」歩さんのプロフィール写真

「恵里亜」歩さんのプロフィール写真

「恵里亜」歩さんのプロフィール写真

- 恵里亜 - 2017.03.31
主にS女、痴女役の作品などで現役AV女優として活躍中の歩さん。実際の歩さんはというと…、太陽のように明るい性格で100点満点の笑顔を見せてくれる、スレンダーで綺麗でセクシーなお姉さんタイプ! ファンのお客さんは会った瞬間感動! AVを観て膨らませて来た願望を叶えてくれるそうです。性のプロの元には、様々なお悩みを抱えたお客さんも多いとのことで、歩さんだからこそのアドバイスを本音で話しているそうです。ビジュアルの美しさだけではなく、人間性にも惚れ込んじゃいましたよ!

【とっても素敵なスタイル抜群の現役AV女優】

【エ○チの感度を上げるための脚マッサージ】

【私に入った価値を持ち帰って欲しい】

【AVで観たことのある大好評のフ○ラ】

【お互いに変態おじさん】

【この場所で出会ったからこそなれる関係性】


【とっても素敵なスタイル抜群の現役AV女優】

綺麗だね~! 年齢不詳だわ~!
「あはは。本当ですかぁ~? ありがとうございます。うふふ」
素敵です! スタイルもめっちゃいいしね。
「これでもわりと筋肉質なんですよね。156センチあるので小柄なわけでもないし、太ってるわけでもないし、大きいわけでもないし、中途半端なんですよ。あはは」
いやいや。でも、確かにちょっと筋肉質かもね。
「こないだAVで温泉の撮影があって、私が岩に腕を置いてもたれかかってそれを後ろから撮るシーンがあったんですけど、背な筋がやばくて『使えねぇなぁ~!』ってなっちゃって。あはは」
あはは。格好いい背中だったと。でも、引き締まっている背中もセクシーだよね~。
「撮影会とかのときは筋肉を撮りたいって言って来てくださる方もいるんですけど、やっぱりそこまで男性には好かれないですね。あはは」
あはは。何かスポーツを?
「全然してないです。うふふ」
へ~! すごいな~! ちなみに、AVのイメージと違うって言われない?
「うふふ。言われますね。お客さんはけっこうAVの私を知ってらっしゃる方が大半で、わりとクールなイメージを持たれてることが多いんですけど、でも実際に会うと人間的には普通じゃないですか。本当にキャラクターがわりと普通なので。あはは」
うんうん。すごく明るいし、素敵。あと、聞いた話なんだけど、予約が取りづらかったときがあったとか?
「そうなんですよね。私が吉原にデビューしてから2、3年くらいはなかなか予約が取れなかったっていう方もけっこういらっしゃって、自分の名前が勝手に1人走りしたと言うか、なかなか予約が取れないっていうイメージが吉原の中で広まっちゃったんですよね」
ほうほう!
「いろいろな活動をしているので出勤日数がわりと少なくなっちゃって、月に7日とかそれくらいなので、タイミングが合わないと『半年越しだよ~!』って言われたりもするんですけど、今日決めて明日出るっていうときもあるので、チェックして気軽に予約していただけたらなぁ~って思いますね。うふふ」

【エ○チの感度を上げるための脚マッサージ】トップに戻る

「あの私、お客様とお部屋に入って来てご挨拶するじゃないですか。服を脱いでいただいて、まず最初に必ず脚のマッサージをさせてもらうんですよね」
へ~。珍しいね~。
「それには理由があって、男性が射○をするときは下半身の血行がいいほうが精○が通るときに気持ち良いんですよ。うふふ」
ほうほう! それはいいこと聞いたな~!
「うふふ。だからまずはそうやってリンパを流しながら、その間にどういうのが好きなのかなぁ~とか、どういう女性が好きなのかなぁ~とかを聞いて、それから自分のシフトチェンジをするようにしてるんです」
なるほどね~。最初にマッサージって初めて聞いたかも。
「たまに私のマッサージが好きすぎて、『最初の時間はマッサージにしてよ!』っていうお客さんもいるんですよ。あれ…? 私、脱がないんだぁ~みたいな。あはは」
あはは。マッサージ目当てと。
「そうなんですよ。だから人間としては嬉しいですけど、女性としてはちょっと寂しいときもありますね。あはは」
あはは。なるほど~。でも、なんでマッサージができるの?
「私が吉原に初めて来たときは、わりと70歳くらいのご年配のお客様が多くて、一緒にお風呂に入ってマッサージをしてもらって、ご飯を食べて、じゃあって帰られる方がけっこう多かったんですよね。要は勃たないっていうお客様なんですけど、せめて私がいる意味が欲しかったので、リンパを流すマッサージの講習に行って習って来たんですよね」
お~! じゃあ、独学とかではなく本格的なマッサージと。
「そうですね。マッサージを必ずするようになったのはそれからですね。そして3、4年前くらいにコラムとかを書き始めたんですけど、コラムっていろいろ調べるじゃないですか。脚の血行がいい場合とよくない場合の男性の感度を、イギリスで研究されている方がいて、男性の場合、脚の血行がいいと感度が約3倍上がるらしいんです。で、女性の場合は、靴下を履いた状態でエ○チをすると感度が7倍違うんですって。すごくないですか?」
へ~っ! それはすごいな~。
「あとこれはけっこう女性のあるあるなんですけど、女性は快感が襲ってくるときに寒いとか冷たいとかが気になっちゃって、妨げになっちゃうんですよね。じゃあ男性もそうなんだろうなと思って、基本はちょっと暖かくするようにしてます」
なるほどね~。
「でも男性の場合はあんまり暖かいとオーバーヒートしちゃうので、適度に暖かくで。うふふ。それを知ってからはエ○チの前にマッサージをするようにしてますね」

【私に入った価値を持ち帰って欲しい】トップに戻る

AVを観てくるお客さんは多い?
「半分はそうですね。だいたいご案内のときに、『あっ、本物だ~!』って言われる方が多いですね。その一言でAVを観て来られたんだなぁ~ってわかるので、ありがとうございますって。うふふ」
あはは。お客さんは嬉しいだろうな~。
「ただ1番困るって言うとおかしいんですけど、私は作品ではS女とか痴女が多くて、それが好きな方が来られる場合があるんですけど、その場合、お客さんの希望としてはご案内で会った瞬間に、てめぇ~、何で来てんだよって言われたいらしいんです。うふふ」
あはは! そのお客さんが知っている歩さんはS女の歩さんと。
「なんですが、初対面なのでそういうのが好きってわからないじゃないですか。会った瞬間にそんなことは言えないので、そこだけはすみませんって。うふふ。一緒にお部屋まで歩きながら『初対面で蹴っ飛ばして欲しかったな~』って言われて、いやぁ~、さすがにそれは人としてできないですって。あはは」
あはは。そりゃあ、そうだよね~。
「S系の作品以外だったら、超高級ソープ嬢っていうシリーズがあって、それにずっと先生役で出てるんですけど、それを観てファンになってくれて来てくれたっていうのが1番多い流れですね」
なるほどね~。やっぱり、AVの内容と同じことをして欲しいんだろうね。
「なかにはたまに大き鞄を持って来られる方もいますね。ようはSMプレイをして欲しいっていう。うふふ」
あはは。SMグッズが入っていると。
「そうですね。ボンテージとか、ヒールとか、ブーツとか。で、で踏んで欲しいとか。あとはサンドバッグっていうのがあるんですけど、ようは殴る蹴るの暴行をして欲しいお客様がいらっしゃるんですけど、それはわりと大変ですね。あはは。 そこでやるには何かと気を使わないといけないんですよ。だから以前のお店にいたときは、『歩さんのいる部屋はすぐにわかります』って言われてたんですよ。だいたい『ごめんなさい…』って言ってるお客様の声が聴こえるらしくて。あはは」
あはは。それは部屋で何が行われているのか気になるだろうな~。
「もちろんノーマルなお客様にはノーマルな接客をさせていただくんですけど、そういう方が来られたときは、わりと外に聞こえるくらいまで『ごめんなさ~い!』って」
あはは。謝りなさいって言っているの?
「いや…、もうお客様自ら謝ります。あはは。私、お客様の耳元で言葉攻めみたいなのを言うのが好きなので。うふふ」
お~! じゃあ、今みたいな明るい感じではなく?
「あぁ~、全然こんな感じじゃないです。もう成り切ってます。人が変わるらしいです。殺人鬼の顔をしているらしいです。あはは」
あはは。ちなみに、その表情と同じ顔付きはAVでも観られるの?
「それか、AVとは違って生身の人間が前にいるので、たぶん映像よりももっと危険な顔をしていると思います。AVはあくまでもエンターテインメントで見せるものなので、わりと五感で楽しんでいただくっていうのが私のモットーなんです」
お~! いいね~!
「だから普通のSとか痴女プレイじゃなくても耳元で喋ってたりとか、目を絶対に離さない瞬間があったりとか、そういうのでちょっとクラクラしてもらうっていうのが非日常かなっていう、自分の中のポリシーと言うか」
いいね~。ちなみに、実際もSっぽいの?
「極端だと思います。中途半端が嫌いなので振り切るほうが好きなんです。なのですごいSなときもあれば、すごいMになるときもあるんですけど、わりとすごいMのときに中途半端なことをされると、攻守交替になっちゃうので。えへへ」
なるほどね~。すごいな~。
「基本お客さんに対してはリアルファイトなので。うふふ。結局自分が入り込めなくてお客様を楽しませることができないのであれば、私がSに転じて入り込んだほうが、お客様も楽しんでもらえるかなみたいな。基本お仕事お仕事するのが好きじゃないので」
うんうん。いいね~。S男を続けるのは大変そうだしね~。
「そうですね。そもそもお客様という時点でMなんですよね。だから日常生活とは本当に真逆な世界観を楽しんでいただくほうが価値があるのかなぁ~って。もしくはSになりたいお客様にS指導とかもしますし。あはは」
あはは。いいね~。
「あとは彼女がいるんだけど、悩みがあるんですとか、いろいろと相談を受けることもあったりとか。コラムも書いてるので、わりと性産業のなかではプロ的な位置じゃないですか。そういう人に入ったっていうことの価値をお客さんには持って帰って欲しいんですよね」
なるほどね~。確かにいろいろ勉強して帰れそうだもんな~。
「はい。そういう楽しみを味わって欲しいし、で、逆に私のファンのお客様のなかには、『ダラダラしてていいよ』って言われる方もいて、ようは私の裏の顔というか普段の姿が見たいみたいな感じで、それを楽しみたいって方もいますね。それはもう遠慮なくダラダラさせていただきます。あはは」

【AVで観たことのある大好評のフ○ラ】トップに戻る

Mットはどう?
「Mットはあんまり求められないんですよね。もっとやって欲しいことがたくさんあるっていうお客様が多くて。なので、あまりMット優先ではないですけど、やりたいっていう方だったらしますし、Iスもやりたいって方だったらしますし」
なるほど~。Iスもできると。
「ほかにもっとあの作品のこのシーンをやってみたいみたいなことがあるので、じゃあそれをやりましょうっていうことが多いですね」
なるほどね~。ちなみに、Mットで好きな攻めはある?
「まぁ、だいたいみなさん、膝裏で挟んだリとかすると、『イキそうになっちゃう!』『だめ!』ってなりますね。えへへ」
あはは。いいね~。あと、Mットでするフ○ラはBッドとは違う?
「私、Mットではあんまりフ○ラしないんですよ。フ○ラは潜望鏡をしたり、Bッドで長いことするので、だからMットはMットの世界観を楽しんで欲しいんですよね。Mットでもフ○ラをすると、フ○ラ、フ○ラ、フ○ラってなっちゃうじゃないですか」
うんうん。確かに。
「だから基本Mットではあんまりやらないですね。もちろんやってって言われたらしますけどね。AV出身なので、即フ○ラのときとかに、顔を見ながらするっていうのにこだわっていて、これはAVで俗に言う主観でカメラを回している状態じゃないですか。で、お客さんも嫌じゃないけど、『見られると照れるよ~』って必ず言うんですよ。それが私はおもしろくて、Sスイッチが入るので、見ながらずっとやるようにしてますね。うふふ」
あはは。いいね~。エロい目付きなんだろうな~。
「えっと、お客様が好きなジャンルをマッサージのときに聞いているので、目を上げた瞬間にその顔をするようにしてます。うふふ。だから妖艶なのが好きな方には妖艶にしますし、可愛い系が好きな方には可愛い顔するようにしてます。うふふ。そうすると、『あ~、それ観たことある~!』って必ず言われるので。あはは」
あはは。いいね~。感動するだろうな~。
「お客様には『そのフ○ラ好き~!』って言われますね。私は舌が長いので、舌もののAVにもよく出てたりするんですよ。だからフ○ラしながら舌を出すので、上唇で咥えて、下から舌が出てるみたいな。だから口の動きと舌の動きが別々なんですよね」
お~っ! すごいな~! 気持ち良さそうだな~! そんなことができるのも経験からなんだろうね。
「遠慮なくどういうのが好きなのかを聞くタイプなので、男性はどうすると気持ち良いのかっていういろんなパターンを知ったっていうことが大きいと思います。だからお客様にも必ずどういうのが好きなのか聞きます。そこは恥ずかしがらずに、こういう場所だからこそ言ってちょうだいみたいな。うふふ」
なるほど~。いいね~。
「よく『俺、Sなんだよ~!』って言ってるお客様ほど受け身だったりするので、『手が痺れて来た!』『過呼吸っぽい!』って言うくらいまで攻めます。あはは」
お~! すごいな~! そこまで攻めはフ○ラに限らず?
「あぁ~、もちろん、もちろん。ぐり~んって回して背中を舐めたりとか、お尻の穴に指突っ込んだりとか。あはは」
あはは! すごいな~!
「あぁ~、この人いけそうだなって思うんですよ。で、終わって話を聞くと、やっぱりア○ル性感とかに行ってたりするんですよね。したことあるよね? て聞くと、『うん!』って。やっぱり! あはは。そういう風に曝け出すほうが、お客様として来ていただく意味とかがあるのかなって。どんなことをしてくれるんだろう? っていう期待を胸に抱いて来ていただくほうが嬉しいかなって」
うんうん! なるほどね~。ちなみに、フ○ラ顔を見られるのは恥ずかしくはない?
「全く! チュウのときに目開けっぱだったりしますから。あはは。『キスのときに目が開いてるのは珍しいよね~!』って言われますね。やっぱりお客様の反応が見たいので目は開けてるほうが楽しいんですよね」

【お互いに変態おじさん】トップに戻る

やっぱり騎○位をすることは多い?
「圧倒的にそうですね。AVも騎○位が多いので。うふふ。騎○位は見せるようにやったりしますし、あとはわりと体重をかけないようにするっていうのはモットーにしてますね」
お~! なるほど~。
「あと最初の5分くらいはいろいろやってみてお客様が好きなのを探すんですけど、人によって全然違うので、お尻がパーンパーンって当たるのが好きな方もいれば、オナホールが動いているみたいな感覚が好きな方もいれば、騎○位しながら乳首攻められるのが好きな方もいれば、けっこうビジュアルに興奮される方もいらっしゃるので、その辺はオチ○チンの具合を見ながらですね。あっ、ちょっと大きくなった、これかぁ~みたいなのは、なんとなくアソコで感じるので。うふふ。なので正○位とかは少ないんじゃないですかね」
なるほどね~。
「あと私は正○位でも動いたりしますよ。お客さんのお尻をガッて持って、自分が腰を上げるみたいな。あはは。 『えっ…!?』って言われますけど。ちょっとアクロバティックないんですよねぇ~、きっと。うふふ」
お~っ! エロいな~! じゃあ、バ○クはどう?
「バ○クもしたいお客様は全然お尻を持ってやっていただいていいですし、自分から動くときもありますね。それにIスのフィニッシュは基本バ○クじゃないですか。やったことないっていう方にはIスをするので、バ○クでイカれるお客様も多いですね。そのあいだお客様は基本動かないので、私が動いてするっていう」
なるほどね~。
「やっぱりお客様に合った角度があるじゃないですか。どこが当たるのが好きかっていうのはフ○ラをしてれば分かるし、自分のナカの凹凸がどこにあるのかは知ってるので、このへんに当てようかなぁ~みたいな。だから本当にイカせにかかったときは変な体勢だったりもしますね。あはは」
あはは。すごいな~。
「お客様には『研究家タイプなんだね~!』ってよく言われますね。あはは」
うんうん。確かに。じゃあ、歩さんが気持ち良くなるよりもお客さんを気持ち良くさせるのが第一?
「そうですね。でもイッてるのを見たいお客様もいるじゃないですか。そういうときは私がイク体勢を希望します。それに、こういうお仕事なのでやっぱり『1人エ○チ見せてよ!』っていうのは言われるのでしたりしますね」
あ~! 確かに見てみたいかも。
「でも、本当に女性がイク1人エ○チはAVみたいにハァハァ言ったりはしないんですよ。わりと黙々とやって最後に、うんっみたいな。あはは。これ女の子に話すと、『分かるぅ~っ!』って言うんですけど」
あはは。
「でも、男性も1人でしているときは、うんってイッて終わるじゃないですか。それと同じですね」
あはは。確かに。
「でもお客様はそれを見て『エロいな~!』って言うんですよ。たぶん黙々と自分の快感だけを感じ取ってる女性を見るとエロいんでしょうね。なんかわかる気はします。私も男性の1人エ○チは好きなので。黙々と自分の性とか快感に没頭している姿って人間の本能だなぁ~って思っちゃうんですよね。だから逆にさせたりもあります。Mのお客様とかには耳元で、ずぅ~っと囁いて、お客さんは『ハァ、ハァ…』って言いながら自分でシゴいてます。うふふ」
あはは。そうなるよね~。
「1回目とかだったら、そのまま上に乗っかってズボ~って入れて、耳をズバ~っと塞いで騎○位ずっとしてます。で、そのまんま目をそらさずにやってフィニッシュ。終わってパタ~ってなってるのを見て、可愛いなぁ~って思うんです。うふふ」
あはは。いいね~。
「基本変態おじさんみたいな感じです。うふふ。私は感じてる男性を見ると何もしてなくても濡れるので。わりとパッパッパッみたいな感じで触られると濡れなくってスンってなっちゃうんですけど、むしろもう『寝てていいよ』って言われてジーっと観察しながら、触るか触らないかくらいでされて、めっちゃ見られてるぅ~って思いながらその変態顏を見ているだけで濡れます。エロいことだけを考えてる顔みたいな。あはは」
あはは! 変体顔って!
「これが不思議なもんで、お客様が変態だったらなんでもいいんですよ。精神的な面が大きいのかもしれないですね。気持ち良いでしょ~アピールでフェザータッチをされるとだめなんですよね。なんかわかります?」
あ~、確かにわかる気がする。
「例えば、これがエロいでしょ~アピールでヨダレダラダラのフ○ラをされたときに、逆にそれで冷める男性もいるじゃないですか。それと同じだと思うんですよね。でも、その女性の頭の中がすっごいエロモードでヨダレダラダラなら、エロいなぁ~って思うんですよね。なんかその微妙な違いなんですけど、エロに熱中しましょうよっていうのが根本にあるんですよね」

【この場所で出会ったからこそなれる関係性】トップに戻る

「けっこうEDになられた方の相談とかも多いんです。実は僕はこういうことがあってどうしたらいいかわからない。だから相談に来ましたっていう方もいらっしゃって、1人エ○チをどうやってるかとかも全部聞いて、たぶんこれが原因ですねって話をして、それで勃つようになってきたら、じゃあ挿○しますか? って言って、終わって、勃ちましたねって終わることもあるし。本人が原因を理解するってことが大事なので、わりと精神的なエ○チを大事にすると言うか」
すごいな~。性に関しての総合的なカンセラーだね。
「あはは。女性からの依頼もけっこうあるんですよね。もちろん女性はお店には来られないですけど」
へ~。女性からもね~。
「そうそう。女性も男性も、たぶん人と比べられるものじゃないので、自分がおかしいんじゃないかって思ってる方がいらっしゃると思うんです。だって自分が大きいのか小さいのかもわからないじゃないですか。そういうのは全部答えるようにしてます」
なるほどね~。そういう相談をできる相手はなかなかいないもんな~。
「男性からしたら、私達みたいな性産業に勤めてる人間っていうのはいつでも切れる関係なんですよね。いつでも切れる存在であるがゆえに、何話しても大丈夫じゃないですか。だからお互いに正直に話ができるじゃないですか。なのでこっちも正直に言って、1足す1が2になったら、良かったねぇ~みたいな感じで相談にもいつも本気です。うふふ」
いいね~。お客さんも本音を聞きたいだろうしね~。
「そうそう。結婚されている方、彼女のいらっしゃる方、奥さんに先立たれた方、最近は付き合うのが面倒だからこういうところに来るっていう方、たくさんの方がいらっしゃるんですけど、そういういろんな価値観のなかで私たちは常にフラットでなければいけない存在だと思うんです」
うんうん。
「だから女性に相談できないことを唯一相談できるような存在でありたいなって思うので、エロに関してもエ○チをするに関してもそうなんですけど、お客様も痛いことは痛いって言って欲しいだろうし、私も気持ち良いことは気持ち良いって言いたいし。そういうのは奥さんとか彼女とかとはまた違う別の女性になりたいですね」
素晴らしいな~。でもそういう存在になったら、なんでも話せる存在として切れなくなっちゃうだろうな~。
「あっ、そうですね。だから1年振りくらいのお客様とかも多いです。1年振りとかでも覚えてますよぉ~、こういう話をしましたよねぇ~って言うと、『え~っ!』ってビックリされるんですけどね」
お~っ! 覚えてくれているのは嬉しいな~!
「そうですねぇ~。けっこう覚えているタイプなんですよ。やっぱり何かの縁があって出会ってるので。昔いろんなドラマで、『出会い方が違っていたら…』って台詞をよく聞いたんですけど、でもきっとそういう風に出会うべくして出会ってると思うので、お客様も自分に、自分もお客さんに生き方みたいなものは求めないので、それを度外視したキーパーソンでいたいなって思いますね。だからそこにガッツリとどぎつい印象を与えたいので、エ○チはもう頑張ってぇ~みたいな。あはは!」
あはは! そっちも重要だもんね~。すごい印象を与えているだろうな~。
「絶対に忘れないと思うんですよ。男性って特にそうだと思うんですけど、良くも悪くも『ものすっげぇ~女がいたんだよ!』『俺、忘れね~!』って思われたいです。そう思われることが、女性としても人間としても幸せだなぁ~って思うので、『あいつが元気だったら嬉しいな~!』って思って欲しいと言うか、そういうのは大事にしてますね」

【とっても素敵なスタイル抜群の現役AV女優】

【エ○チの感度を上げるための脚マッサージ】

【私に入った価値を持ち帰って欲しい】

【AVで観たことのある大好評のフ○ラ】

【お互いに変態おじさん】

【この場所で出会ったからこそなれる関係性】

お客さんにメッセージを。
「気軽に予約していただけたら嬉しいです。そこからどう楽しむかは一緒に話して決めましょう♪」

[取材後記]
いや~、とても堂々としていて格好よく、人間としての魅力も溢れています。そして、自分のナカの凹凸がどこにあるかは自分が知ってるとはある意味名言。お客さんを気持ち良く攻略するには、まずは自分のカラダを知るべし! とでも言いますか、その精度の高さがすごいです。さ~、みなさん! 奥さんでもなく彼女でもなく、第3の存在として歩さんはいかがですか? 格好付けずに、なんでも曝け出せる関係…、そうは見付からないですよ![PLAYGIRL/ープ]

(23才)
T156/B86(E)/W56/H88

恵里亜』 - 吉原
TEL:03-3875-3522

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ