川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. メイクアップ - つかさ

インタビュー メイクアップ - つかさ

インタビュー No.4416

不動のナンバーワン姫! 人気の秘訣はいい意味で普通…!? ハイクラスの美女が送るハイクラスのおもてなしを、ぜひどうぞ! 

「メイクアップ」つかささんのプロフィール写真

「メイクアップ」つかささんのプロフィール写真

「メイクアップ」つかささんのプロフィール写真

「メイクアップ」つかささんのプロフィール写真

「メイクアップ」つかささんのプロフィール写真

つかさ - メイクアップ - 2017.03.29
ナンバーワンの人気姫、つかささん。写真通りのイイ女感が溢れる、まさにハイクラスの美女! しか~し、ビジュアルの素晴らしさだけではナンバーワンにはなれません。その人気の秘訣を尋ねると、本人曰く『別に普通で特に何もないんですよ』と謙虚で飾ることもないとのこと。…って何もないわけあるか~い! そんな美女のナンバーワンの理由…、何かあるに違いありませんよね?

【不動のナンバーワン・奥さんや彼女がしない気遣い】

【即々の段階で舐めちゃう足やア○ル・血流でわかるフ○ラ】

【すぐにイカせたりはしない騎○位・最後はお掃除フ○ラ】

【エ○チだけが全てじゃない・いい意味で何もないからいいのかも】


【不動のナンバーワン・奥さんや彼女がしない気遣い】

不動のナンバーワンだそうで?
「どうなんですかねぇ~。たまたまです。本当にたまたま。うふふ」
あはは。自分では人気の秘訣はなんだと思う?
「う~ん…、私なりの考えと接客で、値段相応の付加価値って何かなって考えて接客はしてますよね。それでお客さんが満足するかはわからないですけど。うふふ」
ほうほう。高級店よりもさらにワンランク上のお店だもんね。
「そうですね。最初にフリーで割引で来たとしても、また来たいって思うにはどうしたらいいのかっていう感じかな。私は顔で売ってるとかそういうのではないので、それを補おうと思って接客している感じですね」
いやいや。綺麗でしょう!
「いえいえ。全然全然」
あはは。謙虚だね~。じゃあ、また来てもらうためにしていることは?
「いろんな気遣いかな。奥さんや彼女はしないだろうなっていう気遣いをするっていうところかな。完璧じゃないかもしれないけど、至れり尽くせりで、大丈夫? 何する? どうする? ってなんでも基本は私が尽くす感じでやってますね」
お~! お客さんがどうしたいかを聞いてあげると。
「お客さんが何をしたいのかっていうのを察知してやるって感じかな。お話してても目線が別のところに行ってて、あっ、このお客さんは今すぐお風呂入りたいのかなぁ~とか、お風呂入りたい人ってお風呂のほうを見て話してたりするから、表情とかを自分なりに察知してする感じかな」
なるほど~。お風呂に行きたいけど女の子が話してくれてるから、遠慮して話しを聞くってあるよね~。
「そうそう。話で誤魔化そうとしてるっていう風に思われたくないし、でもある程度の会話も必要なので、いろんな頃合いを見たりとかはしますね。お客さんは『いいよ、いいよ』って言いながらも、本当はもう1回したいんじゃないかなとか、私が疲れてるんじゃないかってけっこう気を使ってくれる人もいるから、なるべくそういうのは察知するようにしています」
お~! プロだね~! お客さんが遠慮している部分を気付いてあげると。
「そういう遠慮をお客さんにさせないように心掛けてますね。うふふ」
素晴らしいな~。綺麗な女性にそこまでされたら嬉しいだろうしな~。ちなみに、ビジュアルで褒められることは?
「『肌、綺麗だね~』とか『ツルツルだね~』って言ってくれるお客さんはいるかなぁ~って感じです。そんなもんかなぁ…。うふふ」
うんうん。確かに肌も綺麗! ケアも欠かさずに?
「あんまりしてないんですよね。別にエステとかに行ってるわけじゃなくて、ボディクリームを塗るくらいで、あとは親のお陰です。あはは!」
あはは。でもスタイルのよさは努力もあるでしょう?
「いや、全然よくないですよぉ~。中肉中背ですよぉ~。うふふ」

【即々の段階で舐めちゃう足やア○ル・血流でわかるフ○ラ】トップに戻る

攻め受けの割合はどう?
「攻めが6、7割で受けのほうが少ないですね。なのでお客さんを攻めるっていうことのほうが多いですねぇ~。うふふ」
へ~。
「基本はBッドをしてMットっていうのが多いのかな。3回っていうのはあんまり時間がなくって、2時間だったら比較的2回ってことが多いですね。やっぱり1回戦目はゆっくりじっくりする感じなので時間がかかってしまうのもありますし」
なるほど~。美人だし、最初は緊張しているお客さんも多いでしょ?
「うふふ。初対面の人は緊張している方が多いかもしれないですね。私もちょっと初対面は緊張しちゃうし、あと不安もあるっていう感じですね」
へ~。つかささんでも不安があると。
「やっぱり気に入ってもらえるかなっていう不安はありますよね。うふふ。最初はお互いに緊張してますけど、服を完全に脱いだらもうスタートですね。そこまでは会話をして分析して。うふふ」
あはは。全裸になったら積極的にと?
「いきなりそんなにグイグイじゃなくて、私はジワリジワリ、徐々にっていう感じですね。その辺は多分普通だと思うんですけど、お客さんが座ってたらチュウして乳首舐めて下を舐めて、そしたら寝てもらってあとは上から下まで舐めて行くっていう感じですね」
ほうほう。徐々にと。
「なのでチュウも徐々にですね。1番最初にするチュウよりかは、プレイの途中でしているときのほうがもっと激しくなるかなって気がしますね。やっぱり盛り上がりによっても変わるんじゃないかなぁ~。うふふ」
なるほどね~。
「あとは即フ○ラはもちろんですけど、洗っていなくても足舐めとア○ル舐めはすごいゾクゾクするらしくて、『エロいね~!』とか言われますね」
お~っ! それはすごいな~!
「それをすると『洗ってないのにそんなところまで舐めてくれるなんて初めてだよ~!』って言われますね。うふふ」
すごいな~! でも、いくらなんでも限度はあるよね。
「そうですねぇ~。あんまりにもっていうときはどうしてもあるので、そういう場合はフ○ラとかを念入りにしたりとか、ほかでフォローするようにしてますね」
うんうん。清潔に越したことはないもんね~。じゃあ、フ○ラで気を付けていることは?
「けっこうねっとり系で、最初からハイペースではしないかなぁ~。舐めてもそんなにいきなりガシガシはしないですね。徐々にっていう感じですね」
ほうほう。フ○ラも褒められるでしょ?
「褒められますね。フ○ラはちょっと自信あります。うふふ。イキそうになっちゃうお客さんもいて、それはなんとなく私もわかるから、あんまり激しくしないようにしますね」
なるほど~。イキそうになるのはわかると。
「微妙な硬さの違いですね。イクときってちょっと硬くなる感じしませんか? あとは舐めてて血流と言うか血の流れがわかることがあって、けっこうドクドクしてきたらヤバいって思って止めたりしますね」
お~! ドクドクがわかるほど口の中で密着しているんだろうな~。
「あぁ~、そういうことなのかなぁ~。でもその感じは口の中でなんとなくわかるので、お客さんに『ヤバい、ヤバい…』って言われなくても感覚でわかりますね」
ほう! 
「うふふ。そしたらもう入れようかっていう流れになりますね」

【すぐにイカせたりはしない騎○位・最後はお掃除フ○ラ】トップに戻る

フ○ラのあとの挿○はすぐイッちゃいそうだな~。
「イッちゃうお客さんもいますけど、だからって速くは動かさないかなぁ~。どっちみち速く動かしたらイッちゃうので。あはは! それにお客さんも早くイッちゃったらもったいないって思うだろうから、入れたまま動かないとか、スローで動かしたりとか、そんな感じで最初は見せるようにやりますね」
お~! なるほどね~! すぐにイカせないのってありがたいな~。
「やっぱり速く動かすと、この子、早くイカせたいのかな~って思っちゃうと思うので、そうはしないですね。でもお客さんが我慢できないっていうことはあるので、もし早くイッちゃったとしても、まだ時間あるしもう1回できるよ? って言って誤魔化します。うふふ」
あはは! 挿○は長く楽しみたいのが男心だもんな~。
「そう思うんですよね。だから、入っているっていう感じがみんな好きだから、私は本当にスクワット状態でゆぅ~っくり出し入れしているのを見せたりとかしますねぇ~」
すごいな~。太ももの筋肉使うよね~。
「もうM字で、スロ~で自分の脚の限界まで見せてって感じですかね。うふふ」
お~! さぞかしエロいだろうな~。
「あのアングルってやっぱり誰が見てもいいのかなって。うふふ。お客さんが、ヤバい、ヤラれてる、犯されてるっていうのは言いすぎだけど、そんな感じでお客さんが自分は完全に受け身だっていうアングルをしっかり見せてからイカせますね」
いいね~。エロいね~。イカせようと思ったらやり方を変えるの?
「前に手を着いてとか体勢を変えたりもするし、スクワットのままお客さんに手を握ってもらって、それもかなりきつい体勢ですけど、そのまま動いたりとかもしますね」
お~! すごいな~! もしかして、ナカが締まったりも?
「手の置き場所で締めやすいとか、きつくなる角度はあるから、イキにくそうなお客さんはそういう感じのアングルになりますね。それでも騎○位でイカなかったら、あとは体位を変えてもらうしかないかもしれないですね。イキにくい人ってやっぱり自分のイキやすい角度とか動かし方があるから、正○位とかになってもらいますね」
なるほどね~。じゃあ、正○位はどう?
「本当は正○位が1番好きなんです。うふふ。やっぱり当たるところが全然違うから、自分が気持ち良いって思うところに確実に当たる。あとは奥のほうが好きなので、奥に当たるので。うふふ」
ほうほう。正○位が1番好きと。
「最初は手をダラ~ンとしてると思うんですけど、すごい気持ち良くなってくるとお客さんのことをギュ~って掴んだり、もうだめぇ~って言って、首に手を回したりとか、もうだめですぅ~って言っちゃってると思います。うふふ」
お~! いいね~!
「声もけっこう出ちゃうと思います。基本私は声があんまり高くないんですけど、本当に感じてるときは声が高くなっちゃって、甲高い声が出ちゃうんです。うふふ」
いいね~。気持ち良くなると乱れちゃうと。
「特に大きさとか形が自分的にバッチリだったときは、入れた瞬間からもうヤバいみたいな。あはは」
あはは。いいね~。じゃあ、バ○クはどう?
「あぁ~、バ○クのヤラられてる感も嫌いじゃないですね。うふふ。けっこう背中を反っちゃったりもするし、あとは鏡の前でしちゃうとか。そのほうが顔が見えるからいいのかなぁ~。私は基本Mなので、恥ずかしいけど自分の顔を見られるっていう恥ずかしさがあっていいですよね。うふふ」
お~! いいね~! ちなみに、お客さんがイッたあとの余韻はどう?
「イッてすぐ抜いちゃうのは、ちょっとあっさりしすぎて寂しいなぁ~って思うので、少しギュッとして余韻を感じるほうが好きですね。あと終わったあとはお掃除フ○ラもしますし」
お~! いいね~! それはお客さんは嬉しいだろうな~。
「やっぱり嫌なお客さんもいて、『いいよ』っていいう人もけっこういるんですけど、でも基本はしますね。うふふ」

【エ○チだけが全てじゃない・いい意味で何もないからいいのかも】トップに戻る

どんな前戯が好き?
「いきなりガシッとっていう感じよりは、最初の入りからもうサ~って触って来たりとか、アソコも少し唾液をつけて濡らしてくれるとか、擦らずに押し当てるとか、指も探り探りゆっくり入れてくれるとか、そういう感じが好きですね」
なるほど~。じゃあ、特に攻められたい部分はある?
「背中と脚は気持ち良いですねぇ~。あとあんまりないですけど、足の指も舐められるの好きですね。うふふ。なんかゾクゾクするんですよね。別の快感があるっていう感じです」
お~! 舐めてもらって申し訳ないみたいな?
「いや…、そういう感じじゃないかなぁ~。もっと舐めなさいみたいな。あはは」
あはは。いいね~。
「うふふ。だからたまにMのお客さんはずっと舐めてくれたりしますね。私は基本はMなんですけど、そういうときはちょっとそういう感じになります。うふふ」
へ~。意外な一面だな~。じゃあ、Mットはどう?
「下手くそですよぉ~。するお客さんは6割くらいかなぁ~。ちょっと多いくらいです。常連のお客さんはあんまりMットはしないんですよね」
なるほど~。常連さんはつかささんに何を求めて来るんだろうね?
「エ○チしたいのはエ○チしたいんだけど、とりあえず一緒に楽しくすごすってことかなぁ~。別にエ○チするだけが全てじゃないっていう感じだと思います。イクことが最終目的じゃなくて、どこかしらでこう満たされるものがあればっていう。何回やったとかそういうんじゃなくて、その過程ですかね」
なるほど~。
「もちろんエ○チもしますけど、お話も大事なので。お互いにこんなことあったんだ、あんなことあったんだっていう話とか、とにかく楽しくすごす感じですね」
うんうん。密着しながらとかね。
「それはお客さんによるのかなぁ~。くっ付きながら話す人もいれば、向かい合ってガールズトークじゃないけどドリンクを飲みながら笑いながらみたいなときもるし。うふふ。自然体でやってます。本当、キャラを作らないので、自然な感じでですかね」
なるほど~。じゃあ、お客さんとは恋人同士のような感じかな?
「そういう感じのお客さんもいるし、年が離れてたら娘に近いような感覚とか。あとは言葉遣いは気を付けてますね。仲良くなったら、そこまでの敬語は使わないけど、言葉の使い方には気を付けてますね」
なるほどね~。いや~、まだまだ人気の秘訣がありそうだよね~。
「正直、何がよくて来てくれてるのかわからないんですよねぇ~。あはは。でも、いい意味で普通で、特に何もないからいいのかもしれないですね。うふふ」

【不動のナンバーワン・奥さんや彼女がしない気遣い】

【即々の段階で舐めちゃう足やア○ル・血流でわかるフ○ラ】

【すぐにイカせたりはしない騎○位・最後はお掃除フ○ラ】

【エ○チだけが全てじゃない・いい意味で何もないからいいのかも】

お客さんにメッセージを。
「お互いが楽しめるような時間をすごしたいです。楽しい気分で帰ってもらえたら嬉しいです♪」

[取材後記]
人気の秘訣をいろいろと聞きましたが、まだまだ何かある気がしてなりません。たぶん言葉として言えるのはこのくらいであり、もっと深い部分は、実際に会わないと伝わらないと思います。個人的には、男心をよ~くわかってらっしゃるということ。お客さんがどうしたいのかを察知し、言葉にしなくてもわかってくれるところ。そして本人は謙遜していましたが、もちろんビジュアルもいいです! ちなみに、値段相応の付加価値を付ける話の際、『こんなこと言っていいのかなぁ…』と言っていましたが、個人的にはありだと思いました。お客さんも値段相応の価値があるのか? と思うのは当然であり、女の子もまた当然意識しなければいけないことでしょう。その高いハードルを意識しているからこそ、ナンバーワンでい続けられるのではないでしょうか。そして思うのは、きっとつかささんの接客は残念ながら値段相応ではないです。それ以上に違いありません![PLAYGIRL/スープ]

つかさ(23才)
T155/B88(D)/W58/H85

メイクアップ』 - 吉原
TEL:03-6802-3730

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ