川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. ダイヤモンドクラブ - 篠田

インタビュー ダイヤモンドクラブ - 篠田

インタビュー No.4369

母性が溢れる、癒し系の現役大学生! 2人きりなので、思う存分に駄々をこねるなり、甘えるなり、王様気分なりしてくださいね♪

「ダイヤモンドクラブ」篠田さんのプロフィール写真

「ダイヤモンドクラブ」篠田さんのプロフィール写真

「ダイヤモンドクラブ」篠田さんのプロフィール写真

「ダイヤモンドクラブ」篠田さんのプロフィール写真

篠田 - ダイヤモンドクラブ - 2017.01.23
とっても優しくて、癒し系の現役大学生、篠田さん。若いのに落ち着いた雰囲気があって、居心地もよく、年上の男性を甘えさせちゃうほどの母性本能に溢れています。でも、実は自分も甘えたいらしく、本当はもっと気持ち良くなりたいのを我慢し、お客さん第一を心掛けているとのこと。インタビューを読んでいただければ、篠田さんがどれほどエ○チが好きな女の子かがわかると思いますよ!

【母性本能溢れる、癒し系の現役大学生】

【1人エ○チは、結局は誤魔化しでしかない】

【正○位でイッて、しばらくギュッとしていたい】

【チュウは1番気持ち良いから、いっぱいしたい】


【母性本能溢れる、癒し系の現役大学生】

若いのに気配りが素晴らしいよね~。
「そんなことは…。うふふ。気配りしすぎてないか、不安になるときがありますね」
あはは。でも、気配りはいくらされても嬉しいと思うな~。
「そうだと思ってやるんですけど、なかなか加減も難しいなって思って。お客さんがお洋服を脱ぐときに手伝ったりするんですけど、『あっ、いいよ、いいよ。自分で脱いじゃうから』って言う方もいて、あっ…、って。うふふ」
あはは。申し訳なくなっちゃうんだろうな~。
「なんか、介護されてるみたいって言う方もいて、そういう方には、じゃあ服を畳むのだけお手伝いしますって」
なるほど~。おもてなしの精神が素敵だわ~。
「うふふ。あんまり考えずにしているので、自分がされて嬉しいことをしたいなって感じですね」
うんうん。いいね~。あと、落ち着いているよね。
「すごいそれ言われるんですけど、でも自分では子供っぽいなって思うんですよね。パッと見大人っぽいけど、喋ってみると子供っぽいねとかも言われるし」
なるほど~。話してみると初々しさがあるよね~。
「うふふ。あとは、ご年配のお客さんが多いので、若いから敬遠されそうなんですけど、実はそんなこともなくていろいろ話題を振って話したりとかもするし、あんまりセカセカしないように、まったりと楽しめる空間を作れるように心掛けてますね。どうしても、最後時間が足りなくなってきちゃうと、ちょっとセカセカしちゃうときもありますね」
あはは。残り時間が少なくなるとあせっちゃうよね~。
「そのへんのタイムキープは、まだまだベテランの人との違いなのかなと思います」
うんうん。ちなみに、入店してどのくらいなの?
「始めて1ヵ月とかではないんですけど、普段は大学に行っていて週末に出勤してるので、そこまで経験は多くないんですよね。でも、それに慢心せずに、できることはしようと思って気は使ってますね」
なるほどね~。偉いね~。でも、現役大学生とは忙しそうだね~。
「そうですねぇ~。平日大学に行って、休みの日にお店に出てると、あれ、私いつ休めばいいんだろう…? って思ったりはしますね。うふふ」
うんうん。あと、さっきから目のやり場に困るくらい、オッパイが…。
「オッパイですか? うふふ。オッパイと肌の白さくらいしか取り柄がなくて。お客さんにもオッパイは綺麗だねって言われますね。形がいいとか、先端が小さいので、バランスがいいみたいなんですよね」
お~! 乳首が小さいと!
「乳首も小っちゃくて、乳輪も小っちゃいんですよね。うふふ」
ほう。何カップなの?
「これでEです」
Eカップ!? もっとありそうな感じがするけど…。
「私、アンダーが大きめなので、その分ボリュームが出てるんですよね。あとは、服によってはEに見えなかったりするみたいで、この服はオッパイが大きく見えると思います。うふふ」
あはは。なるほど~。そして、確かに色白美肌!
「日焼けしないように気を付けてるので、夏場とかは半袖に1枚薄いカーディガンを羽織ってますね。でも、本当に暑い日は腕まくりしちゃって、ひじから先だけが焼けちゃったりしましたね。うふふ」
あはは。なるほどね~。じゃあ、オッパイ好きのお客さんは多い?
「そうですね。オッパイ好きの人は顔を埋めてきますね。そういうときって、お客さんは年上の方ですけど、母性本能で可愛いなって思って、頭を撫でちゃったりとか。うふふ」
あはは。いいね~。癒されそうだな~。
「年上の男性だとしても、甘えてくれるのはすごい好きですね。それで、普段のお仕事とかが頑張れるなら可愛いなって。だって2人っきりだし、誰も見てないので、思う存分駄々をこねるなり、甘えるなり、王様気分なりしてくださいって感じです。うふふ」
いいね~。篠田さん、癒し系なんだね~。年下の兄弟がいそう。
「いや…、私1人っ子なんです。私もけっこう人に甘えたい派なんですけど、なかなか人に甘えるのって難しですよね。たまぁ~に、甘やかしてくれそうな方がいると甘えちゃいますけどね。うふふ」
ほう。いいね~。どんな風に甘えるの?
「中盤くらいになって、お茶とか飲みながら、軽くカラダを触ったりとか、そのあとひざに頭を着いたりとか、あとはお客さんが疲れてたりすると、マッサージとかをしたりするので、背中を揉んで、そのあとに後ろから抱き着いたりとか、それとなくする感じですね。うふふ」
いいね~。さりげない甘えか~。
「私は後ろからハグするのが好きなので、意図的にオッパイを押し付けたりとか。うふふ。それで、反応を見て楽しむっていう」
あはは。ドキッとしそうだな~。
「うふふ。でも、こうやって改めて人に話すと恥ずかしいですね…」

【1人エ○チは、結局は誤魔化しでしかない】トップに戻る

お客さんとエ○チな話をすることはある?
「しますね。『自分でしたりするの?』ってよく聞かれるので、毎週とか決まってるわけじゃないけど、したくなったら道具使ってやるよぉ~とか詳しく教えたりします。うふふ。あとは、最近オチ○チンが元気ないんだよっていう悩みとかも、疲れてるからとか、食生活なんじゃないかとか相談に乗ったりとかもしますね」
なるほど~。1人エ○チについての質問が多いと。
「けっこう多いですかね。3人に2人くらいには聞かれますね。うふふ」
あはは。確かに、清楚系だし、気になるよな~。1人エ○チはどういうときに?
「突然ムラっとくるときに、Bッドの上で布団かぶってしちゃうみたいな。うふふ」
あはは。可愛いな~。ちなみに、ムラっとするときは、店に来ていないときとか?
「あぁ~、そういうのもあると思うんですけど、なんかストレスが溜まったときに。三大欲求あるじゃないですか。睡眠欲、食欲、性欲って」
うんうん。
「たぶん、あんまり寝れてなくて、食事も微妙なときに、性欲の出番でしょっていう感じでくるのかなぁ~って。うふふ。だから、ストレス溜まってるときとかムラっとしますね」
なるほどね~。
「でも、1ヵ月しなかったりもするので、すごい久し振りにしたときはすごかったですね。何回でもイケる気がするぅ~みたいな」
お~! エロいね~!
「普段は、今日はイケるところまでしてみようって思っても、1回したら男性の賢者モードみたいになって、あっ、もういいやぁ~、私、何してるんだろう…、って現実を感じてしまうんですけど、久し振りにしたときは、1回やっても満足できなくて、もう1回やって、とりあえず片付けて、その数時間後にやっぱりもうちょっとやろうかなって思って、間隔を空けつつ結局6回くらいしてしまって、あっ、ちょっと恥ずかしい、私、何やってるんだろう…、って思いましたね。うふふ」
あはは。なんかわかる気がするな~。
「うふふ。でも、かなりスッキリしたので、三大欲求ってそういうバランスかなぁ~って。あと、できることなら自分でせずに誰かとしたいなぁ~って思いますね。1人でしたあとは誰かとしたくなります。結局、誤魔化しでしかないなぁ~って」
なるほどね~。やっぱり、相手がいるエ○チには勝てないよね~。
「そうですねぇ~。その場しのぎっていう感じなので。やっぱり、エ○チしているほうが気持ち良いし、性欲だけじゃなくていろいろ満たされる感じがしますね」
うんうん! 確かに! 相手がいるエ○チのほうが、気持ち良さの上限がない気がするな~。
「そうそう。相手が気持ち良くなってるのを見て自分も満足するし、エ○チしていろんな意味で受け入れられてるから、承認欲求みたいなものも満たされてるんだろうなって思うので、エ○チって大事だなぁ~って。うふふ」
うん! 大事だね~!
「やっぱり、満足の行くものを追い求めていくべきなのではって思いますね。同じ相手の人とずっとできれば、1番お互いのいいところを探せると思うんですけど、お客さんとはそんなにしょっちゅうは会えないっていうのがちょっと残念ですよね」
なるほどね~! でも、できることなら、もっと追求していきたいと! 素晴らしいね~!
「そうですね。ご高齢の方とか、『俺はイカなくても、女の子が気持ち良ければいいんだよ!』っていう方もいて、男性は自分の気持ち良さだけじゃなくて、相手も気持ち良くさせたいっていう方が多いですよね。私もけっこう相手を気持ち良くさせたいので、ちょっと男性っぽいのかなって。うふふ」
うんうん。母性本能が強いから、余計に気持ち良くしてあげたいって思うのかもね。
「あぁ~、気持ち良さそうな顔をしてるお客さんって可愛いなって思うんですよね。それでまたムラっときますね。だから、私が攻めてるのに濡れてきちゃったりすることもありますね。うふふ」
お~! いいね~! ちなみに、お店で性欲は満たせている?
「う~ん…。まぁ、そこそこにはっていう感じですね…」
あはは。もっと欲しい感じだね~。
「あはは! う~ん…、お店だと、したいときにできないし、自分の好きなようにするのはなかなか難しかったりするので、やっぱりお客さんに満足してもらうことが1番なので、そこは私の自由じゃないから、自分のやりたいこととの折り合いですよね」
うんうん。確かに。そのご奉仕意識は見事だね~。
「うふふ。お客さんが気持ち良くなるついでに、私も気持ち良くなっちゃおう~みたいなところはありますけどね」
いいね~。いっぱい気持ち良くなっちゃっていいと思うな~。
「お店で働いていて、大学も行っていて、忙しくて体力的に厳しいので、彼氏とかも作れないし、だから、こう足りない部分は1人エ○チで補う感じですね。うふふ」

【正○位でイッて、しばらくギュッとしていたい】トップに戻る

ご奉仕精神がすごいと!
「ご奉仕好きなので。お客さんにも、『Sっ気あるの?』って一瞬言われたりするんですけど、全然マゾなので、あはは。やってやり返されるのが好きなんですよ」
ほう! 最初はやってあげると。じゃあ、攻めるのが好きな部分は?
「乳首が感じるお客さんだったら、乳首を攻めるのが好きですね。けっこう乳首が弱いお客さんはアエいでくれたりするので、可愛いなって思うんですよね。で、乳首とあとオチ○チンとかを攻めながら、顔を見るのが好きなので、いいなぁ~って、それで濡れます。うふふ」
なるほどね~。
「あとは、攻めてて元気になってくると、今からこれを入れるんだなって思って、それでたぶん興奮してるんですよね。うふふ」
いいね~。入れられると思いながらのフ○ラと! エロいね~!
「うふふ。たぶん、無意識にそう思ってるんだと思います」
うんうん。じゃあ、大きいオチ○チンだったらもっと興奮しちゃったり?
「すごい大きかったら、普通に、あぁ~、入るかなぁ~? っていう心配になります。うふふ。でも、意外と大丈夫ですけどね。あっ、でも、大きさよりも元気さですかね」
あはは。なるほど~。硬さと。
「私は入口が狭いらしくて、だから、元気じゃないと入れづらいみたいで。なのでちょっと困ってます。入れちゃうと気持ち良いらしいんですけど、入れるのが大変みたいで、それをどう克服したらいいのかっていうのが最近の悩みなんですよね」
お~! なるほど~! 柔らかいとクニャっとなってしまうと。
「そう。クニャってなっちゃうし、あまり持続できなかったりすると、ちょっと休憩してリトライみたいな。お客さんで、『イカなくてもいいよ』って言ってくださる人もいるんですけど、私としては出して帰って欲しいって思うので、悩みますね」
なるほどね~。じゃあ、ナカも狭いのかな?
「大きいとキツいらしくて、あとは気持ち良いと締まるみたいですね。私もほかの女の子がどうなのかわからないので、比べようがないんですけどね。うふふ」
うんうん。でも、ナカも狭いなら気持ち良いと思うな~。じゃあ、好きな体位は?
「正○位とバ○クです」
なるほど~。
「正○位は、お互いの顔を見れるのが好きで、あとはチュウとかができるから。うふふ。正○位はそういうイチャイチャな感じがいいですよね。お客さんによっては、顔を見て様子を伺いながら、あっ、それ気持ち良い~って言ったりしますね。さりげなく。えへへ」
お~! いいね~! 気持ち良いって言われると、お客さんは嬉しいと思うな~。
「うふふ。私はありがとうございますっていう感じですね。気持ち良くしてもらえて。うふふ」
いいね~。ちなみに、篠田さんの顔を見られるのはどう?
「あっ、恥ずかしいですよ。うふふ。『すごいエロい顔してるね~』とか言われると、うわぁ~、めっちゃ恥ずかしい~、今、どんな顔をしてるんだろう…? って感じで、途端に恥ずかしくなりますね」
あはは。可愛いな~。目をそらしちゃったり?
「そうですね。半分目をつぶってたりしますね」
うんうん。目開けてこっち見てって言われたりね。
「『目を見て』って言われて、はい…、みたいな。うふふ。…すぅ~ごい恥ずかしいですね! ちょっと今、話してて手汗が止まらないんですけど。あはは」
あはは! いいね~! その恥ずかしがっている姿が、また可愛いだろうな~!
「うふふ。なんかすいません…。あはは」
じゃあ、バ○クのいいところは?
「バ○クが1番好きなんですけど、バ○クの犯されてる感じが好きで。うふふ。なんかこう、自分ではどうにもできない感じがいいなぁ~って」
お~! Mっぽいね~!
「Mが出ますね。バ○クは、1番アエギ声が大きくなりますね。正○位だと、お客さんの顔が近かったりするので、大きい声でアエいで平気かな? って心配になるんですよね。うるさくないかな? って。うふふ」
お~! アエギ声が大きいと! エロいね~!
「たまぁ~に隣の部屋とかから声が聞こえてくることがあって、ちょっと覗きたくなりますね。何してるのかな? って。うふふ」
あはは。確かに気になるよね~。
「何をしてたらそんなに大きな声が出るのかなぁ~? 楽しそうだなぁ~? って。接客中に聞こえてきたりすると、お客さんと負けてられないねぇ~みたいな話をしたりしますね。うふふ」
あはは。いいね~。じゃあ、バ○クでお尻ペンペンはどう?
「あ~、今のところ、あんまりそういう方がいないので、興奮するかといったらわからないんですけど、でも、そこは雰囲気がちゃんとできればムードに繋がるのかもしれないですね。何事も挑戦で。えへへ」
うんうん。なるほどね。ちなみに、お尻を褒められることは?
「お尻は大きいんですけど、大きいお尻が好きなお客さんは『いいお尻してるね~!』って言っていただけますね。うふふ」
ほう。いいね~。あと、騎○位はどう?
「騎○位は、う~ん…、すごい気持ち良かったりもするし、騎○位がいいってイクお客さんもいるんですけど、人によって気持ち良い動きがあるので、そこを探るのがちょっと難しいですね。あと、体格によってはもうちょっと私がカラダの関節を柔らかくしないとなって思いますね。うふふ」
あはは。カラダがちょっと固いと。
「固いですね。うふふ。なので、最近はストレッチをしたりしてます」
ほう。なるほど~。やっぱり、最初は騎○位になることが多い?
「騎○位か正○位のどっちかっていう感じですかね。騎○位から起き上がって、対面座○して、そのままワァ~って倒れて正○位とか」
お~! いい流れだね~!
「うふふ。抜かずに済むなら、入れたまま体位を変えるほうが気持ち良いですよね」
いいね~。対面座○もいいよね~。
「対面座○だと、女の子がちょっとだけ男性の膝の上に乗ってる感じだから、ちょっと上目じゃないですか。それでオッパイを舐めてくれるお客さんとかもいて、それはそれでちょっとまた可愛いなって思いますね。うふふ」
あはは。なるほどね~。絶対にオッパイ舐めちゃうよな~。じゃあ、ナカイキはどう?
「たまぁ~にあります。でも、イクってけっこう疲れちゃうので、大変ですね。もうヘロってなってます。うふふ。ちょっとグッタリしちゃうので、お客さんと添い寝をしてるときに本気で寝そうになっちゃったりとか。うふふ」
あはは。可愛いな~。イッたあとは、シュ~ンってなったり?
「あぁ~、う~ん…、1人エ○チみたいなシュ~ンではないですけど、あぁ~、やりきったなぁ~っていう達成感はありますね。『一緒にイキたい』ってお客さんが言うと、こう、ギリギリまで耐えて、それでイッてから早めにイクくらいに調整というか、抵抗してみたりとかしますね。うふふ」
お~っ! イクタイミングを合わせられると!
「そうですね。同じタイミングっていうのは、こだわるお客さんはいますね。で、イッたあとにギュッとするのが好きですね。だから、最後は正○位終わりとかのほうが、しばらくギュッとしてられるのでいいですよね」
うんうん。確かに。
「私はしばらくそのままでもいいんですけど、やっぱり寝っころがりたい人は、ごめん、離れるねぇ~みたいな…」
あはは。ちょっと寂しいと。
「うふふ。ちょっと寂しいですね。まぁ、すぐ真横にはいますけど、なんか終わっちゃったなぁ~みたいな。うふふ」

【チュウは1番気持ち良いから、いっぱいしたい】トップに戻る

どんな前戯が好き?
「難しいですねぇ…。でも、チュウはいっぱいしたいですね。で、あとはやっぱり、お互いに攻めつつ攻められつつがいいので、たまぁ~に警戒して指入れしたくないっていうお客さんもいるんですけど、ちゃんと爪とかを切ってあれば全然指入れしていただいてもいいので、遠慮しがちな人もいるので遠慮せずで。うふふ。もし痛かったら、それとなく伝えるしっていう感じですかね。こう、遠慮せずにグイグイ来て欲しいって言うか」
なるほど~。優しいお客さんが多いんだろうね~。
「そうですね。優しいお客さんが多いのが、ここのお店のいいところだと思います。うふふ」
あはは。いいね~。じゃあ、攻められたい部分は?
「私は背中が弱くて、エ○チなスイッチが入ると背中がすごい気持ち良いので、バ○クのときとかに背中を触られると気持ち良いし、1回したあととかに背中を触られると、わって思うので、それで早く2回目したいなって思ったりしますね。うふふ」
ほう。背中が弱いと。
「でも、やっぱチュウが好きなので、唇ですかね。チュウが1番気持ち良いです。うふふ」
いいね~。どんなチュウが好きなんだろう?
「舌を絡める感じのがいいですね。お客さんのおでことかにもチュウしたりもするし、いろいろバリエーションを変えてなんでもしますね。うふふ」
お~! いいね~! じゃあ、オッパイはどう?
「なんか、最初はあんまり敏感じゃないんですけど、だんだんすごい気持ち良くなるんですよね。初めましての人とかだと緊張しちゃうので、最初はちょっと反応が薄いかもしれないです。うふふ」
ほう。チュウをすると緊張が解けて感じやすくなったりは?
「そうですね。まさにそんな感じですね。チュウしながら揉んでもらったり、好きにしてもらうのが1番気持ちが入りやすいのかなって」
いいね~。じゅあ、くすぐったい部分は?
「脇の下は苦手です。舐めてくれるお客さんがいるんですけど、くすぐったいですね。すごいくすぐったい。うふふ」
へ~。まだ若いからかな~。
「脇の下、すごいくすぐったいですよ。えへへ。やりましょうかっていう感じなんですけど、男性は脇毛の処理をしないから舐められないんですけど、剃ってあるお客さんだったら舐めて、くすぐったいでしょ? って教えたいです。うふふ」
あはは。なるほど~。あと、ク○ニはどう?
「気持ち良いんですけど、イクかって言ったク○ニよりも指入れですね。ク○ニだとムラムラしてくるので、早く入れて欲しいなっていう気持ちになりますね。ちょっとせっかちなんですかね。うふふ」
あはは。そういうときはおねだり?
「舐めるの好きなお客さんもいるので、あんまり入れて欲しいっていう感じには言わないですけどね」
ほう。でも、ちょっとくらいは我がまま言っていいと思うな~。
「うふふ。今日、いろいろ話してて、もうちょっと言おうかなって思いました」

フ○ラはどんな感じ?
「お客さんの反応を見ながらなんですけど、気持ち良いスポットみたいなのはなんとなく知ってるので、その辺を重点的にですね。あんまり激しくというよりは、満遍なくねっとりっていう感じですね」
ほう。ねっとりね~。いいね~。
「最初舐めるときに、いきなりパク~じゃなくて、裏筋をス~って舐めてから、ようやく口の中に全部含むみたいな感じですかね。最初から激しくしてもつまんないかなって、ちょっとジラして。うふふ」
お~! いいね~! もしかして、自分が攻められるときもじっくりされたい?
「そうですね。基本的にはお客さんの好きなようにお願いしたいんですけど、少しジラしがあったほうが気持ち良いですね。うふふ」
なるほどね~。じゃあ、ほかにも得意な攻めはある?
「Mットのときとかに手でオチ○チンを触ったりすると、その力の加減がすごい気持ち良いらしくて、それはちょっと自信があります。うふふ」
お~! 絶妙な触り方と!
「力加減がちょうどいいらしいですね。こう~触ったりとか、亀頭をこう~したりとか…、。Lーションも付いてるので、さらにヌルヌルで動きやすいし、激しくやって欲しいって言われたら激しくしますけど、基本的に高まるところまで持っていくまではユラユラユラユラしてますね。うふふ」
あはは。手の動きすごいな~。まるで指揮をしているかのような感じ。
「うふふ! 手で触りながら乳首を舐めて、添い寝してくっ付いてるのが楽しいですね。挿○だと難しいから、それでイキたいっていうお客さんもいますね。ちょっとだけ寂しいんですけどね」
なるほどね~。できることなら挿○でイッって欲しいと。
「そう。挿○じゃないから。でも、それはまぁ、その方のコンディションとかもあると思うので。3回とかイケる人とかだったら、より達成感がありますね」
なるほど~。ちなみに、Mットはよくするの?
「Mットを希望するお客さんはそんなにいないですけど、肉付きがいいほうなので、Mットして欲しいっていう方も来られますね」
ほう。篠田さんはMットは好き?
「吉原のベテランっていうくらいのテクがあるわけではないので、不安ではありますけど、一生懸命やります。でも、ヌルヌルするのは好きなので楽しいです。うふふ」
うんうん。オッパイも大きいし、気持ち良いだろうな~。
「Mットのときは、ちょっとパイズリをしたりしますね。動きやすいので。うふふ」

【母性本能溢れる、癒し系の現役大学生】

【1人エ○チは、結局は誤魔化しでしかない】

【正○位でイッて、しばらくギュッとしていたい】

【チュウは1番気持ち良いから、いっぱいしたい】

お客さんにメッセージを。
「篠田です。うふふ。いろいろと慣れないこともあるんですけども、お会いした方にはなるべく満足していただいて笑顔で帰っていただけるように頑張るので、よかったら会いに来てください♪」

[取材後記]
ダイヤモンドクラブの女の子にインタビューし、毎度思うのが、ビジュアルもさることながら、とにかく性格のいい子が多いな~ということ。今回の篠田さんも、なんともいい子! 真面目だし、素直だし、人の話をしっかりと聞くし、めちゃめちゃ優しくてお客さん想いだし。きっと帰るときは、心からの『ありがとう』が言えそうです。そして、エ○チが大好きなところも魅力的。お店で満たせない欲求を1人エ○チで埋めている一方で、1人エ○チは誤魔化しでしかないとも言っている。1人エ○チでは埋められない何かを求めて、お店に来ている。みなさん、本当は甘えたいと言う篠田さんに、思う存分甘えさせて、いっぱい気持ち良くなった姿を見るのもいいと思いますよ![PLAYGIRL/スープ]

篠田(20才)
T160/B89(E)/W59/H90

ダイヤモンドクラブ』 - 吉原
TEL:03-3871-0020

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ