川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. シャガール - ゆい

インタビュー シャガール - ゆい

インタビュー No.4352

初体験は20歳の今年の夏で経験人数は1人! とっても可愛い、ガチガチの箱入り社長令嬢が、今、箱を飛び出しエロエロ嬢へ! 

「シャガール」ゆいさんのプロフィール写真

「シャガール」ゆいさんのプロフィール写真

「シャガール」ゆいさんのプロフィール写真

「シャガール」ゆいさんのプロフィール写真

ゆい - シャガール - 2016.12.27
真っ白な肌で、お人形さんのような雰囲気をした、チョ~可愛い、ゆいさん。なんと社長令嬢らしく、厳格な家庭環境で育ったとのこと。ビジュアルは、垢抜けて今時の女子大生といった感じなのですが、インタビュー中は、背中をピシッとさせ、脚を揃えて座るなど、とてもお行儀がよく、内面まで綺麗でピュアなお嬢様。異性との交際はもちろん許されず、そのことが逆にエ○チに対する好奇心を増大させ、ソープでいろいろな男性との出会いやエ○チなことへの新発見が、とっても楽しいらしいですよ!

【今年の夏に初体験したばかりの箱入り社長令嬢が初風俗】

【初イキは、ジェットコースターで上ってから降りた感覚】

【バ○クが大好きで、イクよって言われるとすごい興奮】

【好奇心旺盛なので、全部知りたいし、やってみたい】


【今年の夏に初体験したばかりの箱入り社長令嬢が初風俗】

小顔だし、可愛いね~!
「いえいえ。ちょっと今、よれててごめんなさい。あはは」
いや~、全然でしょう! 肌も白いし、お人形さんみたいだもんな~。
「え~、嬉しいです。うふふ。そうですね、肌はわりと白いほうかもしれないです」
わりとじゃなくて、かなり白いと思うよ。
「かなりですかね。あはは。でも、これでも焼けたほうですね。いつもはもっと青白いんですけど、今年の夏はけっこう海とかに行って、これでも焼けたねって言われるほうなんですよ」
なるほど~。特に脚の白さがすごいよね。
「あはは。でも、背中にある焼けた跡が消えなくて、後ろが残っちゃってるんですよね」
あはは。背中は日焼け止め塗りづらいもんね。
「そうなんですよぉ~。初めはめっちゃ塗ってたんですけど、私は海に行ったらガチで泳ぐタイプなので、だから塗ってたらきりがないし、もったいないからもういいやって思って途中から付けなかったんです。そしたら、まんまと焼けちゃいましたね。うふふ」
あはは。泳ぐのが好きと。そう言えば、プロフィールによると社長令嬢と?
「そうなんですよ。まぁ、一応。ううふ」
確かに座り方も上品だもんな~。アナウンサーのようにしっかり脚を揃えて。育ちのよさが伺えるわ~。
「あはは。無意識なんですよぉ~」
うんうん。無意識なのが綺麗な女性の証拠だと思うな~。やっぱり、家は厳格だったの?
「けっこう厳しかったです。常に送り迎えとかがあったし、友達と遊びに行っても、LINEで現在地を連絡しないといけなくて。あと、喫茶店に行ったらレシートを写真で送れって言われてたんですよ。そんなことまでしてましたね」
すごいな~! それは厳しいわ~! ちなみに、それを怠ったらどうなるの?
「罰とかはないんですけど、もう私は従わないといけないような空気感になってて、お母さんに悲しい顔とかもさせたくないので、いい子にしてようって思って。うふふ」
なるほどね~。偉いね~。じゃあ、男性と付き合うとかは大変だね~。
「なかったです。だから、男の子の話とか一切したことないです」
え~っ! 初めて付き合った経験は?
「付き合ってはないんですけど、一応初めて経験したのが、今年の夏…」
え~っ! 今年の夏!?
「うふふ。それは幼馴染だったんですけど…」
それは希少だわ~! ちなみに、初体験はどうだった?
「う~ん、なんだろう…。気持ち良くはなかったですよね。相手もまさか私が処女とは思ってなかったので、終えたあとにそう言ったら、めちゃめちゃ驚かれました。『えっ!? 初めて!?』って感じでした。うふふ」
うんうん! こんな可愛い子が処女って驚くよ~!
「うふふ。でも、そのときは本当痛くって、男性のモノも映像でしか見たことがなかったので、初めて見たようなもんだし、これ入れられるの怖い~って思って、ほんとそういう素直な感想でしたね。無理無理ぃ~みたいな」
なるほど~! それは緊張したでしょう?
「緊張と言うよりも、途中で止めたかったです。あっ、無理だわって。でも、私も20歳だし、周りの子も普通に彼氏がいてしてるじゃないですか。若干私もあせりじゃないですけど、このままでいいのかなぁ…? みたいな感覚だったから、ここはもうするしかないなって。うふふ」
なるほどね~。意を決して幼馴染と初体験と!
「そう。幼馴染は昔からお母さんも知ってるから、別に男の子と遊んでるっていうくくりには入らないから、その子とは普通に会えたんです」
なるほど~。お母さん、ちょっと油断したね~。
「そうですよねぇ~! 私、まんまと裏切ってますよねぇ~! あはは! 本当、お母さんごめんなさいって感じです。うふふ」
あはは! でも、ドキドキしそうだわ~。
「ほんと、幼稚園のときから一緒にいたんですけど、高校で3年間会わなかったんですよ。で、3年振りくらいに会ったら、ちょっと大人っぽくなって変わったなって思いました」
うんうん。素敵だと思ったと?
「素敵ってわけじゃないんですけど、男の子っていう感じから、大人っぽくなったなっていう。急成長したなぁ~みたいな。あはは」
なるほど~。同じように、ゆいさんのこともそう思ってたかもね。
「そうですかねぇ~。でも私、『相変わらず変わらないな~』って言われましたよ。うふふ」
あはは。男はそういうもんだよな~。綺麗になったとかは、思っていても言えなかったりね。
「そうなんですかねぇ~。うふふ。言えないですかねぇ~」
うんうん。青春だな~。で、エ○チは好きになったの?
「そうですね。なんかいいなって思えるようになりましたね。でも、元々エ○チに対して、ずっとすごい興味はあったんです。だから、やっと自分も経験できたっていう嬉しさもありましたよ。そんな珍しいもんじゃないと思うんですけど、私からしたら、ずっと抱いていたものだったので。うふふ」
なるほど~。じゃあ、抱きながらソープの世界へと?
「そうです、そうです。もともと高校生くらいのときから、こういうお店とか業界に興味を持ってて、でもやるのは20歳からだからって思ってたんです。だから、別に勇気を振り絞ったからとかじゃなくて、ほんとに興味があったからで、もう決めたらお願いしますっていう感じでしたね」
お~っ! もともと興味があったと!
「お客さんにも、もけっこう『なんでまた急に始めたの?』『勇気がいったでしょ?』とかって言われたり、不思議がられるんです。『何か困ってるの?』って聞かれますけど、何も困ってないですし。うふふ」
あはは。でも、お客さんの気持ちわかるな~。逸材だもんな~。
「うふふ。あとは、男性と関わる機会とか接点があんまりなかったので、そういう意味ではいろんな男性に1番出会えるお仕事かなって。普通の飲み屋さんとかだと、話したりはしますけど、そこまでで終わるじゃないですか。でも、それ以上のことを知りたいなって思ったんですよね」
うんうん! なるほどね! いろいろ知ることができるもんね!
「そうですよね。だから、男性にも興味があって、知りたいなっていう思いがあるんですよね」
なるほどね~! で、実際にソープの仕事を始めてみてどう?
「初日とかは、ほんとに何もわからないしどうしようって思ったんですけど、でも人見知りはしないタイプなので楽しかったです」
お~! でも、さすがに緊張はしたでしょ?
「緊張はしましたね。でも、緊張しているのを出さないようにしようと意識しました。こっちが何もやらなかったら困っちゃうので、失礼がないようにって思いました。うふふ」
いいね~! しっかりしているね~! じゃあ、どんなときが楽しい?
「そうですねぇ~、私…、けっこう泳いだりするのが好きです」
あっ、うん…、泳いだりね。
「あっ、そういうことじゃないですか?」
あはは。ソープの話ね。
「あはは! お客さんとの話ですね。そういうことじゃないですよね…、すいません。うふふ」
あはは。おもしろいな~。
「接客中は、気持ち良くなってる表情とかを見たり、『気持ち良いよ』とか言ってもらえると、私も嬉しくなってニヤニヤしてるだろうなぁ~って思います。自分がすることに対して相手に喜んでもらえると、自分も楽しくなりますね」
お~! ご奉仕精神だね~! ソープは、女の子から攻めることも必要だもんね。
「はい。私はやったことがないので、これでいいのかなって思いつつやってます。うふふ。ソープの手順が載っているDVDをいただいて、それを観て、一応こういうときにこうするんだなっていうのは、ちょっと頭に入れましたね」
なるほど~。ちなみに、入店してどのくらいなの?
「11月中旬にデビューしたので、まだ1週間ちょっとで、今日で出勤5日目ですね(取材時)」
ほう。じゃあ、まだまだわからないことだらけだね。
「そうですね。こういう業界で働くのも初めてなので」
うんうん。今、経験人数が増えていると。
「そうそう! そうですね。もう、ここのお店で指で数える感じで増えてますね! うふふ」

【初イキは、ジェットコースターで上ってから降りた感覚】トップに戻る

よかった攻められ方は?
「舐めてるときに円を描くように舐められたんです。そのときにゾワッとして、でも、くすぐったいとかじゃなくていい感じのゾワゾワ感だったんです。うふふ。あっ、気持ち良いって感じる前に、気持ち良くなっちゃってたのですごいなぁ~って思ったんですよね」
ほう。どの部分がよかった?
「もう、全体的ですね。円を描くようにでしたね。舌使いとかなのかな」
なるほど~。じゃあ、逆にくすぐったい部分は?
「私は、耳がくすぐったいと思います。うってなっちゃう。まだちょっと気持ち良いって思わなくて、くすぐったいんです」
ほう。耳以外は大丈夫と。
「大丈夫ですね。なんか、最初は足の指をパクってされるのがくすぐったかったんですね。でも、最近は気持ち良いなって思います。足の指なんか、普通の恋人同士とかだったら、たぶん舐められることないじゃないですか。だから、初めてされたときは、えっ!? って思いましたけど、気持ち良いなぁ~って思います」
なるほど~。確かに、なかなか攻められる部分じゃないもんね~。じゃあ、イク経験した?
「イキました、イキました! なんかピクピクしましたね。足がガクガクするみたいな。うふふ」
ほう! 初イキの感想は?
「そうですね。ジェットコースターで上って行って降りたときみたいな感覚でした。うふふ。上がって下がるみたいな感じで」
お~! 降りる直前に何かが溜まる感じだよね~。
「そうそう! で、降りるときに、あ~っみたいな。イッたあとだと、ちょっとぐったりで、イッたあとに攻められ続けたら、何か出ちゃうみたいな感覚で、そこはちょっとやめてって言うか、やめちゃう。うふふ」
あはは! 何か出ちゃいそうになったと!
「なんか、やめてぇ~ってなっちゃいましたね。おかしくなっちゃいそうな感覚…? さらにそこを越えたら何かあるんですかね。あはは」
それは潮かもね~。潮噴きに興味は?
「あります、あります。もう出そうってなったときにやめたいって思って、ちょっと止めたんですけど、でも出しちゃえっていうときは出せると思うんです。でも、お客さんにかかっちゃいそうで…」
なるほど~。じゃあ、アソコの攻められ方でよかったのは?
「指入れしながら触られるのもヤバいって思いましたけど、クリを上下に攻められてたときが1番よかったですね」
ほう。上下にと。
「お客さんが舌を上下に動かして、で、舌だけじゃなくて顔ごと上下にするみたいな。あはは。見た目はめちゃくちゃ激しいんですけど、でも気持ち良かったです。集中してそこを攻められてる感じで、ヤバって感じでしたね」
お~! エロい光景だな~!
「あとはお客さんに言われたのが、腰が人よりも上がってるみたいで、カラダがめっちゃ柔らかいねって言われるんです」
ほうほう。腰が上がるか~。
「アソコを攻められてるときに力が入るので、反る感じでお尻が上がっちゃうんですよね。無意識なんですけど、そういう癖があるみたいで、すごい気持ち良いゾーンにきているときに自然に腰が上がっちゃうんです」
お~! それはエロいね~! ちなみに、イクと入れて欲しくなる?
「そうですね。イッたあとに入れると違いますね。イク前に入れられるのも気持ち良いんですけど、イッたあとだと1回満足したあとのカラダだから、受け入れ態勢ができてて、もっと濃いんですよね。1回満足感を得てる感覚だから、さらに燃え上がると思います。うふふ」

【バ○クが大好きで、イクよって言われるとすごい興奮】トップに戻る

好きな体位は?
「私、バ○クがすごい好きだなって思うんですよね。バ○クって、お尻を突き出す感じで背中が反るじゃないですか。そのときに当たるのがすごい気持ち良いんです。自分がそういう体勢になってるのもちょっと興奮するし。うふふ」
お~! バ○クの体勢もセクシーだろうな~!
「鏡とかもあるじゃないですか。鏡に映ってるのを見ると1番興奮しますね。なんか綺麗じゃないですか。女性のラインと、男性の突き出しているラインがすごい綺麗だなって」
お~! 確かに! 男性目線だと、女の子のくびれとお尻のラインがいいんだよね~。
「うふふ。そう、お尻を触られたりとか、密着して胸を触られてたりする感じもいいんですよね。あとは、入れられる瞬間が、バ○クはすごい気持ち良いなって。本当に、入ったっていう感覚! 正○位とかでも入る感覚はありますけど、バ○クが1番、あっ、入れられたなって感じますね」
あはは! エロいな~! ちなみに、お客さんがバ○クでイッちゃってもいい?
「あぁ~、全然! バ○クのときに『イクよ~!』って言われると、すごい興奮します。えへへ」
ほう! もしかして、バ○クはヤラれちゃっている感もある?
「そうそう! そうなんですよ! 入れられちゃってる感みたいな。うふふ。あとは、カラダをめっちゃ抑えられてる感じもあるから、ガシッてお尻を掴まれてる感もあるから、よくないですか? バ○ク。あはは」
あはは。バ○ク、いいよね~。あと、ナカイキは経験した?
「ありましたね。そのときは座○? 向かい合って座ってて、そのときに、あっ、イクって思って、で、イケたんです。めちゃくちゃ攻められたあとのすぐだったのでイッちゃったのもあると思うんですけど」
お~! 座○でイッたと!
「座○のギュッと密着した感じがすごい好きです。包まれてる感じがします。あと、けっこう騎○位してって言われるんですけど、難しいですよね。どう動こうみたいな。『気持ち良いように動いていいよ!』って言われるんですけど、これで大丈夫かなぁ~? っていう感覚です。うふふ」
なるほどね~。どんな風に動くのがいい?
「M字で動いたり、あとは前に擦ったりし。私が1番入ってるなって感じるのは、上下ですね。でも、アングル的にはすごい恥ずかしいです。うふふ。脚をめっちゃ開いて大胆ですよね。あはは」
お~! エロいね~! スタイルもいいから、綺麗だろうな~!
「うふふ。騎○位で挿○した状態で、私はお客さんにベタ~っとして、下から突かれるのもすごいいいなぁ~って思います。それも密着してるじゃないですか。体位っていろんなのがありますね。えへへ」
うんうん。いいね~。じゃあ、正○位はどう?
「イクってなったときは正○位になりますね。正○位しているときに肩に手を回すじゃないですか。そのときにお客さんを見ている感じがすごい好きです。うふふ。くって頭を持たれて、顔を向けられるのも好きですけど、自分でやるのもなんか好きですね。うふふ。よくないですか? 距離も近いし、顔も見れるし」
うんうん! いいよね~! おねだりとかもしちゃうの?
「あぁ~、そうですね。『どうして欲しい?』って聞かれると言いますね。最初は恥ずかしかったんですけど、でもやっぱりしてるうちに、本能的に本心を言っちゃいますね。盛り上がってきたら、恥ずかしいとかじゃないですね。えへへ」
お~! いいね~! 本心を言っちゃうと!
「はい。お客さんもそれですごい気持ち良くなってくれてて、そういう風に夢中になってくれたらなおさらいいですよね」
なるほどね~。あと、お客さんがイッたあとは、すぐに離れないほうがいい?
「ちょっとくっ付いていたいですね。パッパッて抜いてっていう感じだと、ちょっと寂しいですよね。はい、ひと仕事終えたみたいな。あはは! あと、お客さんは動いてるから疲れるじゃないですか。そのあとの息が切れてる吐息の感じを聞くのがすごい好きです。あっ、頑張ってくれたんだなって思って、すごいキュンとします」
いいね~。気持ち良くしてくれてありがとうみたいなね。
「そう。してくれて、それでハァハァってなってるといいですね。うふふ。途中とかも、『気持ち良い…』とか、『うっ…』とか、そういうのが聞こえると、より興奮しますね。うふふ」

【好奇心旺盛なので、全部知りたいし、やってみたい】トップに戻る

お風呂に一緒に入ったりも?
「そうですね。私はどっちがいいかなって思うんですけど、個人的には背中を向けて入って、で、包まれるのがすごい安心しますね。なんか愛されてる感みたいな。うふふ」
いいね~。イチャイチャした感じ、いいよね~。ちなみに、潜望鏡はする?
「潜望鏡ってあれですか? お風呂の中で腰を上げて…、しました、しました! 私、それ好きです!」
あはは。いいね~。
「ヨダレをどれだけ垂らそうが…、お湯の中だし、好きにできるじゃないですか。私はけっこう、お湯の中のほうが開放的になりますね。あはは」
あはは! 泳ぐの好きって言っていたもんね。
「そうなんです。お水の中にいるのがすごい好きなので。だからなんですかね。すごい開放的になります。ピチャとか、ちょっとお湯をかけてイチャイチャもできるし。うふふ。楽しいですよね」
あはは。楽しそうだな~。じゃあ、お客さんとは恋人同士のような雰囲気?
「そうですね。基本的には、密着してキスしたりっていう感じですね」
いいね~。どんなキスが好き?
「私は、けっこうべっとりというのよりも、ちょっとソフトな感じで、チュッみたいなのが好きですね。すぐ離すんじゃなくて、ソフトだけとちょっとゆっくりみたいな。溜めるじゃないですけど、ん~っみたいな。うふふ」
あはは。
「なんだろう…、投げキッスみたいな感じかも。投げキッスって、ん~、むってやるじゃないですか。その感覚? あはは」
あはは。いいね~。
「うふふ。イチャイチャ感がありますね。すっごいドロドロにっていうのはまだやったことがなくて、私は舌がちょっと短いんですよね。だから、あんまり上手くできないのかなって自分でも思ってるんですよね。だから、チュッチュチュッチュしてるのが好きかなって。うふふ」
なるほどね~。ちなみに、自分では性欲は強いと思う?
「強いと思います。だって、経験自体は周りの子よりは遅かったですけど、周りの子たちが話している以上に私はすごい頭にあったし、常に考えてましたから。街を歩いてたり、電車に乗ったりしたときも、あっ、この男性はどんな感じだろう? って考えたことありましたもん。うふふ」
ほうほう。厳しい家庭環境で押さえ付けられていたのもあるのかもね。
「そうなんですよ! どっかで私もこういうところあるんだぞぉ~みたいな。うふふ」
うんうん。じゃあ、妄想しながら1人エ○チで発散したり?
「あぁ~、それはなかったですね。モゾモゾしたくなったことはあったんですけど、自分でするってことはなかったですね。寝たりとか、音楽を聴いたりして誤魔化してました。うふふ。やっぱり、自分の中でちょっといけないことなのかなって、まだ自分には早いのかなっていう考えもあって、興味あるけどその辺は矛盾してましたね。あはは」
ほう。
「でも、たまにちょっとこうサワサワとかしてましたけどね。うふふ。でも、あぁ~、だめだって思ってやめてましたね。えへへ」
なるほどね~。ピュアだね~。じゃあ、今後覚えたいことはある?
「覚えたいことはなんだろうなぁ~。究極の攻め方みたいのを学びたいです。攻められてだけじゃなくて、その倍くらい男性を攻められるようになりたいです」
お~! ちなみに、今のは攻め受けの割合は?
「攻られるほうが多いですね。自分でもやったりしてますけど、それを超えてないので」
なるほど~。でも、好奇心旺盛だからすぐにいろいろ覚えそうだよね。
「そうですね。えへへ。全部知りたいです。全部やってみたい。うふふ。」
ちなみに、以前インタビューした女の子は、電マ、ローター、鞭、ロープなど、いろいろ持っていたよ。
「あはは! ハード! ハード! うふふ。でも、一般的にはハードだって言われてることも、これからちょっとずつできるところからやってみたいなって思いますね。道具だったり、あっ、こうするんだぁ~みたいな」
お~! やっぱり、好奇心旺盛だね~!
「好奇心、ありますね。うふふ。逆に、お客さんに教えてもらいたいですね。こうするんだよ~みたいな」
うんうん。いいね~。ちなみに、イラ○チオはしたことある?
「イラ○チオ…?」
(イラ○チオの説明をする)
「あぁ~、それはしてないですけど、それも強引さなんですかね。頭を持って奥にみたいなの。私はそういうのも好きなほうだと思います。なんかこう…、しゃぶれよみたいな。あはは!」
お~! Mっぽさもあると!
「私はやっぱり、お客さんの表情だったり反応が見たいんですよ。そういうのでやっぱりくすぐられるのがあるんですよね。私は舐めるのがすごい好きだなって思うんです。なんか好きなんですよね。なんなんだろう…、あの感覚。やっぱり喜んでくれるからっていうのに繋がるんですかね」
なるほど~。じゃあ、フ○ラはどう?
「でも、褒められましたね。うふふ。『本当にそんなに経験ないの?』っていうのは、ほぼほぼほとんどの方に言われます。『えっ? 本当に初めてなの? そのわりにはめっちゃできてるじゃん!』みたいな。私もそんなに反応されるとは思わなかったので、これでいいんだなって。えへへ」
お~! センスがあるんだろうね。
「どうなんですかねぇ~。でも、あるお客さんが、『フ○ラの気持ち良さっていうのは、上手さとかじゃなくて力加減なんだよ!』って言われて、『ゆいちゃんは力加減がすごい上手だね!』って言われたんですよ」
ほう。優しいのかな?
「たぶんそう。優しい感じで、でも弱すぎず強すぎずでちょうどいいって言われました。あはは」

プロフィールによるとパイパンと。
「あっ、パイパンです。もう、ずっと脱毛通ってて、もう全部ないです。うふふ」
ほう! 何かきっかけが?
「私、下着が好きなんですけど、可愛い下着とかってけっこうラインが出るんですよ。やっぱりお毛けがあるとちょっと出ちゃうし、ないほうが絶対綺麗に可愛く履けるなって思って。だから、1番の理由は可愛いデザインの下着を履きたいからお毛けいらないってなったんですよね」
なるほど~。下着が好きと。
「好きです! めちゃくちゃ好き! 本当に好きです! 見えないところのおしゃれが好きです。だから、お客さんには、『変わった下着だね!』とか、『初めて見たよ!』とか言われますね」
ほうほう。じゃあ、どんな下着が好き?
「私が好きなのは、紐だけじゃなくて、例えば紐にレースが付いてたりとか、上がヒラヒラで、下は普通の紐で、バ○クにリボンが付いてて、形も普通のショーツじゃなくてTバ○クってわけじゃないんですけど、ちょっと説明しづらいんですけどそういう感じの…」
なるほど~! 可愛い下着なんだろうな~! Tバ○クもよく履くの?
「私はTバ○クが多いです。ショーツでも後ろが透けてて、リボンがあってっていうタイプも可愛いんですけど、Tバ○クのほうがラインは綺麗なので。うふふ。下着はすごい好きですねぇ~。えへへ」

【今年の夏に初体験したばかりの箱入り社長令嬢が初風俗】

【初イキは、ジェットコースターで上ってから降りた感覚】

【バ○クが大好きで、イクよって言われるとすごい興奮】

【好奇心旺盛なので、全部知りたいし、やってみたい】

お客さんにメッセージを。
「まだデビューしたばっかりなんですけど、楽しませる自信はあるので、私のことを頭に残して欲しいなって思います。素敵な出会いを待ってます。うふふ♪」

[取材後記]
いや~、とても希少な女の子です。さすが社長令嬢、インタビューを終えて部屋を出る際も、まるで客室乗務員のように、前で両手を合わせて腰から曲げる深いお辞儀。しかも20歳というから驚きです。そして、なんと言っても希少と言えるのは、今年の夏に初体験をし、経験人数1人でソープの世界へ! ガチガチの箱入り娘が、箱を脱出しエロエロ娘へと! ちなみに、オチ○チンやクリ○リスのことを、『そのもの…』『そこ…』と言っていましたが、あの恥ずかしがり方は本物です。経験は少ないけど、エ○チなことに好奇心旺盛な女の子! 今、まさに旬と言えるでしょう![PLAYGIRL/スープ]

ゆい(20才)
T158/B84(C)/W54/H82

シャガール』 - 吉原
TEL:03-5824-0018

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ