川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. サンタフェ - マリン

インタビュー サンタフェ - マリン

インタビュー No.4335

いっぱいしたいからソープの世界に来た、常にエ○チをしていたい派! めっちゃ気持ち良くて快感がたまらない、完全オチ○チン派!

「サンタフェ」マリンさんのプロフィール写真

「サンタフェ」マリンさんのプロフィール写真

「サンタフェ」マリンさんのプロフィール写真

マリン - サンタフェ - 2016.12.08
素人からの入店で、インタビュー日は入店1ヵ月という、マリンさん。これはきっと、まだまだドキドキなのかな~と思いきや…、けっこう楽しんでいる様子! それもそのはず、ソープの世界に来る前は、日々エ○チがあってこそ! さらにもっとしたい! そして、多くのエ○チを求め、ソープデビュー! そんな中、ソープならではのサービスもメキメキと上達中! これは将来有望株を予感させる女の子ですよ!

【いっぱいエ○チがしたくてソープの世界へ】

【ソープならではのエ○チにワクワクドキドキ・普段はMだけど、ドMのお客さんにはSになっちゃう】

【オチ○チンの快感がたまらない、完全ナカ派・イキたいときは、騎○位で自分のいいところに当てちゃう】

【Mットはメキメキ上達中・Mットはお客さんへの恩返し】


【いっぱいエ○チがしたくてソープの世界へ】

素人新人さんだったらしいね。
「はい。そうなんです。まだ入ったばっかりで…、1ヵ月たったくらいですかね(取材時)。でも、私、なかなか筋がいいほうかもしれないです。Mットとかも、けっこうできちゃってるんじゃないかなぁ~って思えるので。うふふ」
お~! いいね~! 
「うふふ。ほんと、最初の最初は全然でしたけどね。でも、入ってすぐにお姉さんに教えてもらって、『ここから先は、実際にやんなきゃ上達しないもんよ』って言ってくれたんですけど、その言葉を信じていろいろ試しつつやらせてもらってたら、けっこういい感じになってきまして」
ほう! 素晴らしいね~! じゃあ、楽しくできていると!
「えへへ。そうなんですよねぇ~。やっぱり、できることが増えていくっていう実感っていいですよね。楽しさに繋がりますし。あと、エ○チも気持ち良いですしね。うふふ!」
あはは! いいね~! 
「まぁ、ちょっとさっきは、余裕ですぅ~風に話しましたけど、でも、ドキドキはありますよね」
うんうん。
「やっぱり、人対人なので、初対面の人っていう感じでドキドキしちゃいますよねぇ~。この人はどういう人なんだろう~って感じで」
なるほど~。
「で、そこから先に、どういうサービスをしたら喜んでくれるんだろう? とかっていうのも考えたりするんですけど、そういうのが頭をグルグルし始めると、なんか緊張してきちゃうんですよね」
なるほどね~。
「サービスについてはいろいろできるようになってきて、自信を持てることで安心感を覚えることはあっても、初対面の人ってなると、いつになってもそれは初めてのことなので緊張にはなりますよねぇ~」
うんうん。ちなみに、人見知り度はどう?
「あっ、それはけっこう平気なほうなんです。なんなら、人のことが好きなので、いろいろ観察するのも好きだし。ただ、お店となると、喜んで欲しいって気持ちが大きいので、そこは自分の気の引き締まる部分とかもあって、自分との戦いなんですよね」
ほう。
「あと、お店では、ただエ○チするんじゃなくって、出会いとしても大事にしたいので。人と人の繋がりって言うのかな。そういうこともしっかりいたいなって思いますし」
いいね~。カラダの関係だけじゃないと。
「そうなんです。それは、今後としてもそうですし、その日にもあるエ○チの内容にも影響してくることだと思いますし」
なるほどね~。素晴らしいね~。関係性を大事にしながらエ○チをしたいと。
「そうそう~。そうなんです。だって、普通に考えたら、会ってすぐの人とエ○チしちゃうなんて、すっごい変なことじゃないですか。その変なことをクリアしていくためには、やっぱり短い時間の中にも、しっかりと関係性を育めたらなぁ~って思うんですよね」
いいね~。マリンさん、人間味が深くて暖かいんだね~。
「うふふ! いえいえ~。まぁ、お店入って感じたのは、ただエ○チをするって感じではあるんだけど、でも、その中にはいろんなエ○チがあるんだなぁ~っていうのも感じたんですよね。それってやっぱり、当然人が違うんだから、内容も違って当然だよなぁ~って」
うんうん。しっかりしているね~。
「うふふ。いえいえ~」
じゃあ、もしかして、プライベートの経験人数は少なかったり?
「あはは。それは…、けっこう多いかも! まぁ、多いと言うか、いろいろあったほうって感じかな。人数で言うと、十何人って感じですけど」
ほう。それは彼氏の人数?
「彼氏もいますし、同時進行のセフレがいたこともあったりして。うふふ」
お~! セフレもいたと!
「えへへ。はい。最初はワンナイトで始まっちゃうんですけど、でも、そこからさらに関係が深くなっちゃって、セフレに発展しちゃうんですよねぇ~。それが、最高は5人くらい同時進行しちゃったこともあって。うふふ」
あはは! すごいな~! でもそれは、人間関係を大事にする、マリンさんだから納得だわ。
「あはは。なるほどぉ~。確かにそれはあるかもしれないですねぇ~。1回エ○チして、そこからセフレになったとしたら、その後の付き合いも長いんですよね。なので、彼氏じゃないんだけど、でも、いい仲がずっと続いちゃうみたいな」
あはは。すごい状況だね~。ちなみに、セフレと彼氏の区別は?
「それはもちろんあるんです。まぁ、彼氏ともエ○チするんですけどね。でも、彼氏が都合悪いときとか、忙しいときはエ○チできないこともあるじゃないですか。そういうときには、セフレとエ○チってなっちゃうんです」
お~! それほどエ○チを求めていたと!
「うふふ。そうなんです。で、1回気持ち良いエ○チができる人と出会えたら、セフレになっちゃうみたいな」
あはは! エ○チ大好きなんだね~!
「えへへ。はい。なので、その気持ちもあってソープに来ちゃったんですよね。もっといっぱいエ○チしたくって。うふふ」
あはは。いいね~。常に欲求不満状態みたいな。
「あはは。でも、それあるかもしれないです、エ○チは常にしてたい派かもしれないです。えへへ」

【ソープならではのエ○チにワクワクドキドキ・普段はMだけど、ドMのお客さんにはSになっちゃう】トップに戻る

今は、いっぱいエ○チができる環境にいると。
「えへへ。そうですねぇ~。嬉しい環境になっちゃいました。うふふ」
あはは。いいね~。でも、今は、選んだセフレではなく、どんな人が来るかわからない状況だけど?
「うふふ。そうですね。でも、そういうのも、ちょっと楽しんじゃってるかもしれないです。お店ならではのドキドキもあって」
お~! いいね~! じゃあ、ドキドキとワクワクの両方なのかな?
「そうそう~。そうなんですよねぇ~。で、結果的に、その2つがぶつかり合って、ドキドキが勝っちゃうんです。まぁ、やっぱりどういう人が来るのかわからないから、正直、ムラムラの発動がなかなかしづらいときもあったりもしますけど、でも、予想が付かないと言うか、想像のしようもないから、そういうときはけっこうエロい動画とかを観ちゃって、それでムラムラしちゃった状況でお客さんをお迎えすることもあったりしますし。うふふ」
あはは! すごいな~! ムラムラ状態にして待っていると!
「うふふ。はい。普段はあんまり観ないんですけどね。でも、やっぱりせっかくエ○チするんだから、最高潮のテンションでしたいなって思うので。もちろん、当然エ○チしたい! のボーダーラインは超えてる状態でお店に出勤してるんだけど、ボーダーラインどころじゃなくって、最高潮で行きたいなって」
お~! 素晴らしいね~! エ○チへの意気込みも十分と!
「えへへ。はい。で、それだけ意気込んでお迎えして、ちょっと、その直前に観たAVとは違うノリのエ○チになったりすることも逆に楽しくって。わぁ~、そんな感じのエ○チになっちゃうんだぁ~みたいな。うふふ」
あはは。いいね~。
「うふふ。私、どっちかと言うとM寄りなんですよ。なので、よく観ちゃうAVとかは、女の子が襲われてる系とかなんです。で、前にもそうやって、襲われちゃう系のAVを観てからお客さんをお迎えしたんですけど、そのお客さん、見た目はすっごいごっついんですけど、ドMだったんですよ」
あはは! 真逆だったと!
「そうなんです。で、わぁ~、どうやって攻めたらいいのかわかんないけどぉ~!? って思ったりもしたんですけど、でも、一応ちゃんとご案内して、最初にボディ洗いとかから始まったときに、お尻をちょっと洗ったら、めっちゃ反応してくれて。えっ!? こんなに強面なのに、こんなに敏感なの!? って」
あはは! うんうん!
「それで、それまでは攻めることがあんまりわからなかったりもしたし、まぁ、今も全然わかってないんですけど、それなのに攻めるのって楽しい~って感じちゃったりして。うふふ」
いいね~。
「ほんと、そんなことになったの初めてだったので。そのお客さん、女の子みたいに、きゃっ、ひゃって感じで、すっごい悶えて、すっごい感じちゃってたんです。それがもう、可愛くって、可愛くって」
あはは。いいね~。
「そのリアルな反応も楽しかったし、そのお客さんのビジュアルからのギャップもすごかったですし。とにかく楽しくって、楽しくってで。こういうことって、セフレとのエ○チとかじゃあ絶対に経験できなかったことだなぁ~って思いますねぇ~」
いいね~。ソープならではと。
「そうなんですぅ~。なのでほんと、お店が楽しんですよねぇ~。ほんと、こんな経験したことないってことがいっぱいで。うふふ」
うんうん。いいね~。ちなみに、強面のドMのお客さんとのエ○チはどんな感じだったの?
「それも、その反応からついついしちゃったんですけど、アナルに指入れちゃいました!」
あはは! すごいね~!
「えへへ! はい。だって、めっちゃ反応してくれるんですもん~。普通に考えたらね、ちょっと躊躇しちゃいそうなもんだと思うんですけど、でも、あのお客さんの反応見ちゃったら、私からやりたいって思っちゃったくらいで」
あはは。攻めたい願望に駆られたと。
「そうなんですぅ~。普段はMなのに、Sになっちゃった自分がそこにいて。あれはほんと楽しかったですねぇ~。うふふ!」

【オチ○チンの快感がたまらない、完全ナカ派・イキたいときは、騎○位で自分のいいところに当てちゃう】トップに戻る

どんな風に攻められたい?
「性感帯を突かれるような刺激をされちゃうと、にゃん~ってなっちゃうんですよね。私、特に背中が性感帯で、あれ、なんていうんでしたっけ? なんちゃらタッチってやつ?」
フェザータッチかな?
「あっ、そうそう! それを背中にされちゃうと、もうヤバいんです! あれ、大好きなんですよねぇ~。うふふ」
あはは。にゃんって可愛いな~。
「うふふ。かなり、ふにゃんってなっちゃうんですよねぇ~」
いいね~。じゃあ、ほかに性感帯は?
「あとは、ナカですねぇ~。私、完全ナカ派なんです。オチ○チン派と言いますか。もう、オチ○チンの快感がたまんなく気持ち良いって感じで。うふふ」
お~! エロいね~。ちなみに、オッパイはどう?
「舐められるのはめちゃくちゃ好きです。優しく優しく、ペロペロペロ~って感じで舐めてもらうのはめっちゃ気持ち良いですね」
ほう。じゃあ、ク○ニや指入れは?
「それも気持ち良いです。クリも、優しく舐めてもらったり、指入れも、優しくしてもらったりすると、めっちゃ感じちゃうんです」
いいね~。で、完全ナカ派と。
「そうなんです。そんな感じのオッパイとか、クリとか、指でとかも全部気持ち良いんですけど、でも、それ以上にもっともっとオチ○チンがめっちゃ気持ち良いんですぅ~。イクことに関しても、クリとか指はまれにイクんですけど、オチ○チンだとすぐイッちゃいますし」
お~! いいね~。じゃあ、どんな挿○が好き?
「奥派なので、奥のほうを突くような感じでして欲しいです。好きな体位は、バ○クなので、バ○クで奥のほうをいっぱい突いて欲しいですね」
エロいね~。で、イッちゃうと。
「あっ、イクのは、またちょっと違うんですよね。バ○クは、高まる系の気持ち良いなんです。で、イキやすいのは、正○位か、騎○位なんです」
へ~。違いがあると。
「そうなんですよねぇ~。これは、なんか自分でもわかんないんですけど、そうなんですよねぇ~。なので、1番イキやすいのは騎○位で自分のいいところに当てちゃって動いてるときなんです。うふふ」
ほう。1人エ○チみたいだね~。
「うふふ。そうですね。なので、私がイキたい~って欲求に駆られたときは、私から、騎○位させてもらってもいいですか? って聞いちゃったりしますし」
お~! じゃあ、騎○位をお願いされたら、イキたいと思っていいと!
「えへへ。そうですねぇ~。完全にそうだと思います。うふふ」
あはは。エロいね~。ちなみに、イクための騎○位は、どんな動きなの?
「上下の出し入れって感じじゃないですね。ズブッと奥まで入れた状態で、前後にスライドするような動きなんです」
ほうほう。どこの刺激が重要?
「やっぱり奥のほうなのかなぁ~。奥のいい感じのところに、オチ○チンの先っちょを当てて、それでイッちゃてると思いますね。えへへ」

【Mットはメキメキ上達中・Mットはお客さんへの恩返し】トップに戻る

Mットもよくなってきたと。
「うふふ。はい。ほんと、最初は、お姉さんに、『センスないんじゃない~?』みたいに冗談っぽくですけど言われてたりもしましたしねぇ~」
へ~。じゃあ、かなり上達したんだね~。
「うふふ。そうですねぇ~。けっこう頑張ったと思います。ほんと、最初はバランスが全然取れなくって、ずっとフラフラしちゃってたんですよね」
なるほど~。
「やっぱり、バランス感覚って慣れないと難しいんだなぁ~って思いますもん。バランス悪いと、Mットの上で上体を立てれないし、滑るのも真っ直ぐ滑れないですしねぇ~」
うんうん。そういうことが言えるってことは、クリアできた証拠だね~。
「うふふ。そうですねぇ~。そういうのは、けっこうできるようになったと思いますね。ずっと、もっと上達したいって思ってましたし。もっとサービスできるようになって、お客さんに喜んでもらいたいって気持ちもありましたし」
いいね~。素晴らしいね~。お客さん想いだわ~。
「うふふ。いえいえ~。だって、ソープと言えばMット、Mットこそ醍醐味みたいな部分もあるって知ったんですよね。なのに、Mットできないってだめじゃんって思って。それもあって、勉強しなきゃだめだなぁ~って」
うんうん。なるほどね~。
「あと、こういう話をお客さんとしたら、『じゃあ、俺が台になってあげるから、だめでもいいから練習してみる?』って言ってくれる方もけっこういて。で、そのお客さんの気持ちにもしっかり応えなきゃっていう想いもあるんですよね」
お~! 素晴らしいね~! いや~、本当、マリンさんがお客さんとの繋がりを大事にしてるからこそだね~。
「いえいえ~。でもほんと、お客さんには感謝ですね。これからも、もっともっと上手になって、お客さんに満足してもらえるようなサービスをしたいなって思いますね。Bッドでは私をいっぱい気持ち良くしてもらったりしてるので、私からは、Mットでお客さんに気持ち良くなって欲しいなって。それは、私からの恩返しなんですよねぇ~。うふふ!」

【いっぱいエ○チがしたくてソープの世界へ】

【ソープならではのエ○チにワクワクドキドキ・普段はMだけど、ドMのお客さんにはSになっちゃう】

【オチ○チンの快感がたまらない、完全ナカ派・イキたいときは、騎○位で自分のいいところに当てちゃう】

【Mットはメキメキ上達中・Mットはお客さんへの恩返し】

お客さんにメッセージを。
「このインタビューを読んで、少しでも気になってもらえると嬉しいです。と言うか、気になってくれたら、絶対会いに来てくださいねぇ~! 絶対に! うふふ♪」

[取材後記]
と~ってもお客さん想いの女の子です。ソープ嬢とお客さんでも、できる限りその垣根を越えた関係になりエ○チがしたい。そのほうが、私もお客さんも楽しめる。シンプルなことではありますが、これはけっこう重要なことですよね。そういう気持ちは、お客さんにも伝わるもの。そして、気持ちのある子のサービスは、やっぱり違うもの。エ○チとは、まずは気持ちと共感する方は、ぜひぜひ、マリンさんに会いに行ってくださいな![PLAYGIRL/ビリケン]

マリン(20才)
T151/B85(E)/W55/H84

サンタフェ』 - 吉原
TEL:03-5603-1612

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ