川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. 王様と私 - リノ

インタビュー 王様と私 - リノ

インタビュー No.4267

完全風俗未経験で経験人数2人! でも、エロ予習はバッチリ! とにかく2人で積極的になって、すっごいエ○チぃ~なエ○チがしたいんです♪

「王様と私」リノさんのプロフィール写真

「王様と私」リノさんのプロフィール写真

「王様と私」リノさんのプロフィール写真

「王様と私」リノさんのプロフィール写真

「王様と私」リノさんのプロフィール写真

リノ - 王様と私 - 2016.09.09
完全風俗未経験でソープの世界に来たという、リノさん! なんですが…、本当に? と思えるほど、かなりエロエロに仕上がっちゃっています! 未経験の子のインタビューのたいがいは、初仕事の苦労や、緊張、新鮮に感じることなどの話になるのですが、リノさんは、『よりエロい雰囲気でエ○チができるように、いろいろ考えるし、求めちゃうんです!』と…。いや~、これは、かなりの逸材臭が漂いますよ!

【風俗完全未経験&ソープの世界に来る前に芽生えた興奮】

【ソープデビュー前にちゃんと予習】

【ソープで新たな性感帯を発見&体勢の調整で、より快感を求めたい】


【風俗完全未経験&ソープの世界に来る前に芽生えた興奮】

新人さんらしいね。
「はい! そうなんです。お店入って、まだ1週間くらいなんです(取材時)」
ほう。ちなみに、風俗歴は?
「全然何もなくって。このお店が初めてなんですよねぇ~」
お~! 完全風俗未経験でもあったと!
「うふふ。そうなんですぅ~。うふふ」
でも、リラックスしている雰囲気あるよね。
「いやぁ~、そんなことないですよぉ~。意外と緊張してますしぃ~」
あはは。見えないな~。とっても明るいしね。
「あはは。まぁ、お話するの好きなので。今日はなんか、いろいろお話するって聞いたから、ちょっとワクワクしてるんですよねぇ~!」
あはは。嬉しいね~。それにしても、溢れる元気さと明るさがいいよね~。
「えへへ。いつもこんな感じなんですよねぇ~。まぁ、もし記者さんが、スーツをビシッと着てて、真面目そうな雰囲気だったら、ちょっと私も硬くなっちゃってたかもしれないですけど、ラフな感じなので、よかったです。あはは!」
あはは。リノさん、話し方に、おもしろいノリがあるよね~。
「いやぁ~ん。そうですかぁ~? あはは!」
あはは。いいね~。で、お仕事始めてみてどう?
「めっちゃ楽しいです! だって、だって、これ(Mット)! すごくないですか!? こんなのあるんですよ! ヌルヌルしてて、すごい楽しいぃ~! って」
あはは。ちなみに、Mットの存在は知っていた?
「全然知らなかったですぅ~。ほんと、全く!」
へ~。完全に未知数だったと。じゃあ、ソープの世界に来たきっかけは?
「知り合いの子が働いてたんですよね。それで、お話聞いて、へ~! そんな世界あるんだぁ~! って興味持って、私も入ったんですよね」
ほう。どんな風に聞いたの?
「エ○チする所って。うふふ」
あはは。シンプルだね~。聞いたときの感想は?
「うふふ。すごぉ~い! って。いっぱいエ○チしてるんだぁ~! って。あと、お部屋の中の話聞いても、『お部屋の中にお風呂場があるんだよ』とか、『股のところが開いてるIスがあるんだよ』とかって聞いて、へ~! って思いながらも、どんなだろぉ~、実際に見て見たいぃ~! って感じで興味も沸いちゃったんですよね」
あはは。ちなみに、ソープに来る前の経験人数は?
「2人です」
お~っ! 少ないね~!
「うふふ。そうなんですぅ~。これやっぱり、驚かれるんですねぇ~。昨日来てくれたお客さんともその話してて、すっごい驚かれちゃいましたし」
うんうん。希少だよね~。
「うふふ。2人とも彼氏でした。中学のときから5年間付き合ってた彼と、そのあとに、ちょっとだけお付き合いした彼がもう1人ってだけなんですよね」
なるほど~。彼らとのエ○チはどうだった?
「楽しかったです。エ○チ、好きでした」
ほう。いいね~。どっちの彼とのエ○チがよかった?
「5年付き合った彼とのエ○チのほうがですかねぇ~。彼がすっごいエ○チに興味津々で、いろんなことも試したいってタイプだったので」
へ~。
「その彼は、私より5つ上で、社会人の人だったんですよ。なので、私より経験ある人だったんですよね」
ほう。どんなエ○チだったの?
「うふふ。その…、なんて言うか、束縛とか、支配欲が強い人だったんですよね。それで、私達のルールとして、彼が帰って来る前に、私は先に部屋にいて、お迎えをしないといけないみたいなのがあったんです」
ほうほう!
「それで、彼が帰って来たら、玄関でお迎えして、チュウして、私が片手でネクタイを外すことが絶対っていうのもあって」
すごいね~。亭主様って感じだね~。
「そうなんです。それで、上着脱がせてハンガーにかけたら、まずエ○チって感じで」
お~っ! お風呂にする? ご飯にする? それとも私にする? と!
「あはは。そうなんです。それが、いつも1択で、私からなんですよね。で、そのあと、ご飯で」
あはは。すごいね~。
「で、ご飯のあとは、お風呂入って、それで、じゃあ寝ようかって一緒にBッド入って、で、またエ○チ」
どひゃ~! エ○チは2回と!
「うふふ。はい。そうなんです。なので、その彼は、とにかくいっぱいエ○チがしたい人って感じだったんですよね。それで、私も一緒にエ○チしてて、気持ち良いし、嬉しいしで、やっぱり私もエ○チ好きなんだなぁ~って感じてましたね」
いいね~。ちなみに、帰宅直後のエ○チの感想は?
「めちゃくちゃ嬉しかったです。イチャイチャしたい気持ちが大きいからこそのエ○チって感じですもんね。エ○チ求めてくれるって、やっぱり嬉しいです」
ほう。いいね~。
「あとね、帰って来てすぐしたいって思ってくれてるのも、あぁ~、早くしたくて、ちょっと急いで帰って来てくれたりもしたのかなぁ~みたいな」
あはは。なるほどね~。でも、一旦、落ち着いてからとか、お風呂入ってからって思わなかったの?
「いえ。むしろ、そのまんまのほうが私も興奮しちゃうんです。お仕事から帰って来て、その働いたあとの汗と言うか、匂いがある感じのほうが、私もムラムラしちゃうんですよね」
お~! 匂いフェチなの?
「えへへ。そうなんですよねぇ~。やっぱり、人間と人間! って感じがするので。そういうのも感じながらエ○チするの大好きなんです」
いいね~。エロいね~。
「うふふ。なので、このお店入ってからも、それ感じて楽しませてもらってるんですよね。お客さんも、やっぱり気を使ってシャワー浴びてから来てくれてると思うんですけど、それでも、家出てからお店来るまでに汗かいちゃったりとかしちゃうと思うんです。その匂いを感じるのが、たまんなく興奮しちゃって」
お~っ!
「うふふ。お洋服脱がせたあと、パンツを預かって畳んだりしてると、フワッと洗剤の匂いと、男性の匂いとが混じって香ってきたりするんですけど、あの瞬間、くぅ~! ってテンション上がっちゃうんですよね」
あはは。好きなんだね~。
「えへへ。そうなんですよねぇ~。男性の匂いって、やっぱりエ○チなんですよね。うふふ。その、前に彼との経験があったからなのか、私の頭にそういうイメージが埋め込まれちゃってて。なので、お客さんとのエ○チのときも、いっぱい匂い嗅がせて欲しいんですよねぇ~」
いいね~。エロいね~。ちなみに、彼とのエ○チの内容は?
「うふふ。まぁ、普通な感じがありつつも、縛られちゃったりとかもしてましたね」
お~! そっち系もありだったと!
「うふふ。そうですねぇ~。してましたねぇ~。簡単なロープとかでですけど、両手両足縛られたり」
ほう!
「あとは、○○みたいなのを○○してエ○チしたり(自粛)」
どひゃ~! それは自粛だわ~!
「あはは。そうなんですねぇ~。でも、そういうの試してみて、ムラムラしちゃって。なんかお互いに、もっと興奮したい! って気持ちがあったんですよね。なので、性癖として、SとかMとかがあって、そういうエ○チになったって感じよりも、もっと興奮してエ○チしてみたかったから、いろんなチャレンジ精神も生まれたって感じだったんだと思いますね」
なるほどね~。
「あと、犯されてる感も好きで。彼なんだけど、でもエ○チになると、ちょっと野性化しちゃうみたいなのが嬉しいのかなぁ~。だから、縛られて、犯されてるぅ~って感じちゃうのとか、バ○クでいっぱい突かれてるみたいなのも興奮しちゃってましたねぇ~」
ほう。
「あとは、喧嘩したあとに犯されちゃうとかね。もう、喧嘩しちゃって険悪な雰囲気なのに、彼は私の腕を取って、それでBッドに押し倒して犯されちゃうみたいな。これも、最初は、やめてよぉ~! とかって言ってるんだけど、でも、気付いたら濡れちゃってて、感じちゃっててで。うふふ」
お~! エロいね~! そのシチュエーションはすごいね~!
「うふふ。そうですよねぇ~。それで、エ○チ終わったら喧嘩も終わってるみたいなね。あはは!」
あはは。強制エ○チで仲直りと。
「うふふ。そうなんですよねぇ~。私も、ほんと、やめて! やめて! って言ってるのに、なぜか濡れちゃうんです。で、彼も、アソコに指をスッとやって、『何濡らしてんだよ!』みたいなことを言ってきて」
ほう。言葉攻めもあったと。
「そうなんですよねぇ~。それ言われて、また濡れちゃって。うふふ」
いいね~。じゃあ、リノさんはMっぽいのかな?
「うふふ。かもしれないです。やっぱり、やられて興奮ってありますねぇ~。えへへ」

攻めについてはどう?
「うふふ。好きです!」
いいね~。Mっぽいけど、攻めも好きと。
「えへへ。そうですねぇ~。その彼とのエ○チでも、長く付き合ってエ○チしてると、弱点とかもわかってくるじゃないですか。そういうのを突いちゃうのが楽しいんですよね。乳首舐めたり、お尻の穴も舐めたりとかしたら、ビクッ! ってなって、なんか楽しぃ~! みたいな」
ほう。アナル舐めね~。
「うふふ。そうですねぇ~。だから、お店でもMットでいっぱいお尻の穴、舐めちゃいますし。穴舐めてると、お客さんも声出ちゃったりするじゃいないですか。それがなんか楽しくって」
いいね~。
「えへへ。エ○チな雰囲気になるのは楽しいんですよねぇ~。だから、いい反応してくれるんだったら、いっぱい攻めちゃうんですよねぇ~。うふふ」

【ソープデビュー前にちゃんと予習】トップに戻る

ソープデビューするときに何か準備したことはある?
「うふふ。しました。めっちゃいっぱい、エ○チなDVD観ました。ソープAVみたいなのもあって、吉原編、堀之内編、金津園編みたいに、地方によってやり方が違うみたいなのを紹介するAVも観たりしましたし、もしもAV女優さんが高級ソープ嬢になったらぁ~みたいなAVもいっぱい観ましたし」
お~! すごい予習したんだね~。
「うふふ。なんか、お仕事始めるのに、情けないサービスはできないなぁ~って思ったので。来てもらうのに、満足してもらえないのは、私も納得できないですし。Mットできません! Iスできません! エ○チも下手くそです! みたいなのだったら、お客さんがっかりされるじゃないですか」
なるほどね~。素晴らしいね~。
「当たり前ですよぉ~! あはは。こう見えて、ちゃんとしたいって思うタイプなんですよぉ~。お店でお姉さんに教わる前に、吉原で有名なお姉さんのところに教わりにも行きましたしぃ~!」
お~! それはすごいわ~! ちょっと意外かも。
「いやぁ~ん! 意外じゃないですよぉ~! あはは! ほんと、頑張らなきゃって思ってるんですもん~。うふふ」
あはは。偉い偉い! で、教わってよかった?
「よかったですねぇ~。その方もめちゃくちゃ厳しい方で、かなり吉原で有名な方なんですけど、『ここはずっと膝ついてなきゃだめ!』って言われたり、ピシッ! としなきゃ怒られちゃうような内容でしたし」
へ~! すごいな~。
「うふふ。でも私は、スパルタのほうが燃えちゃうタイプなんですよね」
あはは! Mだね~!
「あはは。そうかもぉ~。なんか、仕込まれるのが好きなのかも。あはは!」
あはは。いいね~。
「でもねぇ~、ほんと、とにかくそのお姉さんが魅力的な人でして。一瞬で憧れちゃいましたねぇ~。私もこんな風になりたい! って思いましたし」
なるほど~。いや~、素晴らしいモチベーションだわ~。
「あはは。いえいえ~。でも、まだまだこれからですからぁ~。うふふ」
うんうん。ちなみに、今の時点での実力はどうなの?
「えへへ。ちょ~っとだけ、自信つきました。お店入って、1番最初についたお客さんに、『初めてとは思えないわ』って言ってもらえたので」
ほう! 予習の甲斐があったと!
「えへへ。そうなんです。なので、よかったですねぇ~。お姉さんに教わったときには、思いっきり膝ぶつけちゃったりして、コケまくっちゃってたんですけど、お客さんとのときは全然だったので。いや~、お姉さんのおかげですねぇ~。うふふ」

お客さんとのエ○チに求めるものは?
「攻めも受けも、いろいろしたいですね。お客さんにしてもらって、いっぱい気持ち良くしてもらうことも嬉しいですし、でも、受けてばっかりじゃなくって、ちゃんと、私からのサービスで気持ち良くもなって欲しいから、私からも攻めたいですし」
なるほど~。せっかく勉強したんだしね~。
「えへへ。そうですねぇ~。まぁ、攻めも受けも、エロ~くしたいです。どっちになるにしても、エロ~いエ○チしたいですね。私もお客さんも、すっごい積極的な感じで、お互いにエ○チぃ~な感じのエ○チがしたいです」

【ソープで新たな性感帯を発見&体勢の調整で、より快感を求めたい】トップに戻る

性感帯は?
「あっ、これ、お店入ってから気づいたのが1ヵ所あるんですけど、首筋がなんかすっごい感じる! って」
ほう。
「それ感じたのが、お客さんとエ○チしてるときに、バ○クでしながら、私に覆い被さるような感じになって、それで私の両腕をBッドに押さえつけた状態で、首筋を舐められたんですよ。それがほんと、チョ~気持ち良くって!」
なるほど~!
「まぁ、犯されてるような感じが好きっていうのもあるので、バ○クと両腕を押さえられてっていうのだけでも興奮だったんですけど、でも、そこからさらに、うなじの辺りも舐められて、さらにゾワゾワした中で感じさせられちゃっって。あれはすごかったですねぇ~」
へ~。すごいね~。
「えへへ。首筋が気持ち良いなんて感じたことなかったのに、こんなことあるんだぁ~! って思っちゃいましたね。あっ、これも、性感帯ってことなんだ! って」
いいね~。じゃあ、オッパイとアソコはどう?
「オッパイも気持ち良いですぅ~。って、恥ずかしいですねぇ~! うふふ」
あはは! 急に照れたね~。
「うふふ。なんか、自分の感じちゃうところを披露するのって、改めて考えると急に恥ずかしくなっちゃいました。えへへ。で、えっと、オッパイは、なんかカラダ反らすような感じで、背筋を少し反らして、オッパイを張るような感じにされてる状態で、サワサワ触られちゃうと、めっちゃヤバいです」
お~! それはエロいね~!
「あはは。いやぁ~、恥ずかしいぃ~。なんかね、最初お客さんはBッドに座ってて、それでハグしたりしてると、腰に手が当たりつつ、でもチュウもするから、背中反ってきちゃうんですよね。その状態で、オッパイも触られたら、あぁ…、ってなっちゃうんです」
いいね~。エロいね~。それは男としても、すごくくわかるわ~!
「あはは。いやぁ~、恥ずかしいなぁ~。うふふ。しかもそれがね、まだ服着てる状態とかだったら、乳首とかも服の下から浮いちゃってるから、それをまた触られちゃったりするのも、あぁ…、って。あはは」
あはは。それもエロい! いいね~。じゃあ、アソコについては?
「クリもナカも気持ち良いんですけど、どっちかと言うと、ナカのほうが感じちゃうんですよねぇ~」
ほう。ナカ派と。ちなみに、クリはどんな風に攻められたい?
「思いっきり足広げられて舐められるのが好きです。うふふ」
お~っ! 大胆だね~! もしかして柔軟なの?
「うふふ。はい。柔らかいです。足は180度開くので。もともとダンスしてたんですよ」
へ~! いいね~!
「うふふ。あとは、M字の状態でも、股は大きく開いた状態にされて、アソコを触ったり、舐められたりしたいです」
いいね~。エロいね~。でも、開くことで何か変わるの?
「たぶん、見た目的にエロいからかなぁ~。やっぱり、エ○チな雰囲気でエ○チなことされるのが自分でも興奮しちゃうからだと思います」
エロいね~。ちなみに、イク?
「はい。イッちゃいます。けっこう、すぐイッちゃいます。でも、恥ずかしいので、頭の中真っ白で、あんまり覚えれてないんですよね」
ほう。でも、恥ずかしいと言いつつも求めちゃうんでしょ?
「あはは! そうですねぇ~!」
あはは。じゃあ、1番好きなナカは?
「ナカは、奥のほうが気持ち良くって、指でもオチ○チンででも。私、アソコが下付きなんですよ。なのでバ○クの体勢で、ナカの奥のほうをジュボジュボして、押し上げるような感じでしてもらうのが大好きです。うふふ」
いいね~。エロいね~。ナカイキもする?
「えへへ。はい。イッちゃいます…。って、恥ずかしいぃ~! あはは!」
あはは。で、好きな体位はバ○クだったよね。
「えへへ。そうですねぇ~。バ○クでいっぱい、犯すようにして欲しいです。やっぱりエ○チになると、ヤラれてる感感じたいんですよね。あと、バ○クの体勢の中でも、お尻をグイッと上げられてるようなのがさらに好きで。腰の位置が変わるのかな…? ナカの入り具合が変わるのかな…? なんでかわかんないですけど、そうしてもらうとより感じちゃうんですよね」
エロいね~。めちゃくちゃ快感を求めているね~。
「いやぁ~ん。あはは! だってぇ~。これ、まずいですかねぇ~? 私、めっちゃエロい子みたいになっちゃってますね」
うんうん。なっているね~。でも、素晴らしいです。
「あはは。いやぁ~ん! 恥ずかしいですぅ~! うふふ」

【風俗完全未経験&ソープの世界に来る前に芽生えた興奮】

【ソープデビュー前にちゃんと予習】

【ソープで新たな性感帯を発見&体勢の調整で、より快感を求めたい】

お客さんにメッセージを。
「私のことを少しでも知ってもらえると嬉しいです。それで、知ってもらって、興味持ってもらって、いろんなことを…、いろんなエ○チをしたいです! 宜しくお願いします! うふふ♪」

[取材後記]
完全風俗未経験でありながら、かなりエロエロな、リノさん! 話を聞いて、そのほとんどの理由に、『そのほうがエロくなるから』と。プライベートの経験人数は、わずか2人…。でも、しっかりとエロく成長してソープデビュー! これはもう、元彼に感謝です! そして、本質的にもっているM気質と、デビューに向けての意欲的な予習結果も期待大! これは間違いなく、今後も目が離せない女の子ですよ![PLAYGIRL/ビリケン]

リノ(21才)
T165/B90(F)/W56/H84

王様と私』 - 吉原
TEL:03-3871-7331

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ