川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. クラブオアシス - ゆいな

インタビュー クラブオアシス - ゆいな

インタビュー No.4234

丁寧な口調と応対の元営業事務OLさんが、イヤらしく、淫らに…。お風呂でかく汗以上に、Bッドでいっぱいかいて、ヘトヘトになるエ○チを!

「クラブオアシス」ゆいなさんのプロフィール写真

「クラブオアシス」ゆいなさんのプロフィール写真

「クラブオアシス」ゆいなさんのプロフィール写真

「クラブオアシス」ゆいなさんのプロフィール写真

「クラブオアシス」ゆいなさんのプロフィール写真

ゆいな - クラブオアシス - 2016.07.14
インタビューの際、丁重に迎え入れ、話し方までもとても丁寧だった、ゆいなさん! どうやら前職が営業事務ということで、そういう応対が染みついているとのこと。そして、エ○チについては受け好き! ということは、いろんな意味で、サービスの衣ごと、丸裸にしちゃって…。もう、お分かりかと思いますが、攻め好きな方には、必見の女の子ですよ!

【前職の営業事務が染み付いた丁寧な対応】

【精神年齢の高い男性に甘えたい】

【汗だくになってヘトヘトになるくらい、攻め尽くされたい】

【お客さんの興奮が、私にとっての性感帯】


【前職の営業事務が染み付いた丁寧な対応】

プロフィールを見ると、前職が営業事務をしていたと。
「はい。こちらのお店に入らせていただいたのが、2ヵ月くらい前で(取材時)、それまでは、営業事務をしておりました」
ほう。ちなみに、何系の会社?
「保険の代理店でした。そこで、営業さんが取ってきた仕事に対して書類を用意したり、誰かが出張に行くときには、その旅順の手配、チケットの手配をしたりしておりました。あとは、お客様からのお問い合わせの際は、電話対応をしたり、窓口対応もしたりして…」
なるほど~。それにしても、言葉使いがチョ~丁寧だね~!
「うふふ。恐れ入ります…」
あはは。すごいな~。恐縮しちゃうほどだな~。
「うふふ。お客さんにも、『あんまりソープでは聞かない言葉使いだよね~』と言われますね。『ちょっと、かしこまっちゃうな~』って。『俺もなんか、ちゃんとしないとだめなような気になっちゃうわ~』って。でも、全然、家にいらっしゃるような感覚でリラックスしてくださいねぇ~とは言うんですけどね」
あはは。お客さんの気持ちわかるわ~。
「うふふ。そうなんですねぇ~。でも、これがもう染みついちゃってしまってて」
なるほど~。じゃあ、その丁寧さは、プライベートでも?
「そうですねぇ~。基本的にはこんな感じです。お店でほかの女の子と喋ってるときも、こんな感じですし。まぁ、昔っからの友達とかとなると、当時の感覚で話ししたりするので、ちょっと砕けたような話し方にはなってるかもしれないですけどね」
なるほどね~。じゃあ、一緒に長い時間すごしたら、変化も?
「あぁ~、それは、相手の方のスタンスによりますかねぇ~。お相手が、丁寧な雰囲気がお好きな方でしたら、私はたぶん、今の感じでずっと接客させていただきますし、もし、ラフな雰囲気がお好きな方だったら、そこも少し、合わせさせていただくことが多いですかね」
ほう。
「何回か会いに来ていただいたりしてると、自然と砕けてきたりもしちゃいますけど…。でも、あっ、すいません…、今、勝手にタメ口でした、申し訳ありません! ってなっちゃったりとかして、元に戻したりもしつつで」
あはは。すごいな~。
「やっぱり、まずはお客さんに、しっかりと丁寧な接客をしないとっていうのがありますので。お客さんは、『全然気にしなくていいよ!』って言ってくれるんですけどね」
なるほどね~。しっかり者なんだね~。
「まぁ、そうなんですかねぇ~。親が教育熱心なタイプだったので、そもそもがこういう性格でもあるんですよね。誰に対しても、失礼のないように、ご迷惑をおかけしたりしないようにって」
へ~。
「その育ちの中に、さらに営業事務のお仕事で、丁寧な接客を学びましたので。いらっしゃいませ、お待たせして申し訳ございません、只今担当をお呼びいたします、少々お掛けになってお待ちくださいっていうような言葉の繰り返しで、私の中にできあがったものがあるんですよね」
すごいな~。こんな人が窓口にいたら、気持ち良いだろうな~。
「うふふ。ありがとうございます。恐れ入りますぅ~」
あはは。ちょっと、こういうやり取りがプレイにも感じてきたかも…。
「あはは。イメプレってことですよね。そういうプレイしたいってお客さん、いらっしゃいますね」
あはは。やっぱり!
「うふふ。お客さんに、前職が営業事務ってお伝えすると、『営業事務のお姉ちゃんに、俺のを咥えて欲しかったんだよね~』って、妄想されてたのを現実に叶える方もいらっしゃったり」
ほう!
「『パンストとか履いてたの?』『タイトなスーツ履いてたの?』って。うふふ」
あはは。妄想が広がるね~!
「うふふ。そうですねぇ~。で、それがまさに、リアルでしたので。もちろんパンストも履いてましたし、スーツスカートも履いてましたし」
いいね~! じゃあ、リアルイメプレもできちゃうね~!
「できると思いますねぇ~。今のところは、そういう会話はありましたけど、でも、実際にプレイとまではなったことはないんですが、たぶんできると思います。まぁ、できると言うか、普段の私のまま、状況を会社に置き換えるだけでそうなると思いますので」
なるほどね~。
「うふふ。まぁ、最初は戸惑うこともあるかとは思いますが、でも、大丈夫だと。私、あんまりAVとかは観ないんですけど、でも、そういう感じですよね。上司にセクハラを受けてたけど、気が付いたら、受け入れちゃって、興奮しちゃってた…、みたいな」
お~! まさに!
「あはは。どこまでご満足いただけるかわからないですけど、でも、できる限り、ご期待に添えるよう努力したいと思います」
うんうん! いや~、それにしても言葉使いがブレない! もうプレイに入っているみたいだわ~!
「あはは。言っていただけたら、当時の洋服用意したりもできますしね。そんな、しっかりしたスーツはあんまり着てなかったんですけど、オフィスカジュアルって感じので宜しければ」
いいね~!
「うふふ。なんか、窓口で、クレーム言われつつも、詰め寄られて、触られちゃうみたいな。『そうは言うけどさ、できなかったらどうしてくれるんだ?』みたいな。それで、申し訳ありません…、って謝るんですけど、でも、『言葉で謝るんじゃなくってさ、カラダでもしっかり…』みたいに言われて、それで、咥えさせられて…、みたいな」
お~! いいね~! そんな提案までしてくれると!
「あはは。こういうのもありかなって。今、チラっと思っちゃいまして…」
素晴らしいな~! 才能あるわ~!
「あはは。恐れ入ります。うふふ」
あはは。いいね~。これは楽しめそうだわ~。
「うふふ。ほんと私は、このままでもイメプレできると思いいますので。前職のシチュエーションを思い出しつつ、このお店での内容も合わせていけば、必然といろんなプレイにもなるかなと」
うんうん! いや~、これは、興味あるお客さんも多いと思うな~。
「うふふ。あっ、でも逆に、ニャンニャンなOLみたいなのはできないと思いますけどね。お仕事は、やっぱりしっかりしてこそ、それに対して報酬が得られる…。つまり、それがお仕事、と捉えてるので。できないですぅ~、先輩~、ニャンニャン~みたいな、そういうOLもいるんですけど、でも、私はそういうタイプじゃなかったので」
あはは。なるほどね~。わかる気がするな~。
「うふふ。実際にできてるかどうかは別として、しっかりと、お仕事に対する志は持っていないとと思いますので」
いいね~。ゆいなさん、おもしろいな~。
「いえいえ~。意識としては、そういう感じでして。まずはしっかりと挑戦心を持って、努力する。丸投げしたり、最初っから誰かに頼ったりしない。そう思うんですよね」

エ○チについてはどう?
「うふふ。ちょっと、淫らに乱れてっちゃうかも…」
お~! いいね~!
「うふふ。わりとエロいほうだと思います。どちらかと言うと、M寄りなタイプでして…」
ほう!
「うふふ。私、お尻が大きいほうでして、エ○チの最中に、お尻ペンペンされたり、前戯の最中にも、いっぱい舐められたりするのが大好きでして…」
お~! いいね~!
「お客さんの中にも、お尻フェチな方も多くいらっしゃって、それで、『このお尻いいね~!』って喜んでくれたりもするので、あ~、嬉しいぃ~! って。それで、お互いお尻に思いを込めた状態で、バ○クでパンパンしちゃうのが大好きでして」
あはは! いいね~! エロさも十分あるね~!
「いえいえ~。恐れ入りますぅ~」

【精神年齢の高い男性に甘えたい】トップに戻る

ソープデビューまでの経験は?
「少ないほうだと思います。過去にお付き合いした彼は、5人でした」
ほう。エ○チはどうだったの?
「なんと言いますか…、物足りないことが多かったです」
あらら。
「うふふ。エ○チしてても、彼が先にイッちゃって、それで、『シャワー先に浴びて来ていいよ』って、クールになっちゃって、1人で煙草吸ってる…、みたいな。私はまだ全然イケてないのにぃ~! って。私、オナホじゃないのよぉ~! って」
あはは。ゆいなさん…、急に卑猥なワードが…。
「あっ、失礼いたしました。えへへ」
あはは。おもしろいな~。
「うふふ。それで、エ○チ自体はちょっと、不完全燃焼なことが多かったんですよね。でも、友人とかの性生活話とか聞いてると、けっこう、充実してる子とかもいたりして。それで、世間はもっと、いろんなエ○チがあるんだろうなぁ~って、思い描くようにもなってきまして」
ほうほう。
「それと、私、甘えたな部分もありまして、仕事ではしっかりしたいんですけど、男女間の関係となると、年上の人に甘えたいって願望もありまして。それで、ソープのお仕事を知って、その2つが同時に叶う場所って思って、お仕事始めたんですよね」
ほう。
「とにかく、出会いたい! って時期でもありましたし。でも、普通にOLしてても、出会いなんてないじゃないですか。いろんな経験したいのにって」
お~! 出会いね~! ちなみに、年上のよさを知ったのは?
「あっ、それは、前職の社内でですかね。カラダの関係にいたることはなかったんですけど、でも、やっぱり優しく接してくれる方がいまして。あと、その方が、すごく奥様を大事にしてらっしゃる方で、あぁ~、こんな旦那様、羨ましいなぁ~って、憧れてた部分もありますし」
なるほどね~。理想は、どのくらい年上の男性?
「あぁ~、それで言うと、実年齢よりも、精神年齢が上って感じなんですよね。恐らく私の精神年齢は保育園生くらいなので、どんな方でも、まずは上なんですけどね」
いやいや~。ゆいなさん、しっかり大人でしょう!
「いえいえ~。ほんとは甘えたいんですよ。でも、甘えるのが下手で。それで、こんなしっかりした風を装ってる。なので、不器用なんです。我がままを出せないまま、自分では何もできない。そんなタイプなので、全然大人なんかじゃないんです」
いや~、今の意見こそ、大人だけどな~。
「いえいえ~。ほんと、幼稚園児なんですよぉ。ほんと、甘えたがりで…。でも、その表現が自分でできないから、子供なんです。さっき言った、優しい上司の人にも、甘えたかったんですけど、でも、私からは上手くアプローチできない…。まだまだ、足りないことばっかりだなぁ~って思いますね」
お~! ちゃんと考えているんだね~。じゃあ、精神年齢が高いと感じる男性とは?
「身の回りがしっかしてて、いわゆる、女子力の高い男子って感じではなくって、懐の深い人って感じなんですよね。相手に甘えさせるだけの容量を持った人、余裕を持った人って。そういう面を見受けると、あぁ~、この人、いい人だなぁ~って感じますね」
なるほどね~。いや~、さすがだわ~。
「いえいえ~。恐れ入りますぅ~」

【汗だくになってヘトヘトになるくらい、攻め尽くされたい】トップに戻る

ソープでのエ○チを経験してみて、どう?
「すごいなぁ~! って感じてます。お客さんが、満足100%吹っ切るような感じで、全力のエ○チをして来てくださるので、それを受けて、私もすっごい満足させてもらってまして」
お~! じゃあ、かなりの充実していると。
「うふふ。そうなんです。もう、汗だくになっちゃって、ヘトヘトになるまでエ○チしちゃう! みたいな。こんな経験したことない! っていうようなエ○チをいっぱいさせていただいてますね」
お~っ! 素晴らしいね~!
「もちろん、まずは、お客さんに満足していただくというのがあるんですけど、その、お客さんの満足の中に、『君も、1回イッときな!』っていうのがるんですよね。なので、そこはありがたくいただいて、気持ち良くさせてもらってまして。うふふ」
いいね~。攻め好きな人もいるしね~。
「そうなんですよねぇ~。そういう方は、1回戦終ってからのお風呂でもいっぱい触って来てくださって、そこでムラムラさせられたまま、Mットして、そこでもお客さんから攻められて、流してる最中も触られて、Bッドに戻って、3回戦目でもまたいっぱい攻めて来てくださって…」
お~! いいね~!
「そうなんです。これがもう、とにかく最高でして。そんなにしてくださって、申し訳ないなってほんと思うんですけど、でも『それが俺の満足だから!』って」
ほう。
「しかも、お客さんみんな、その度合いをよくわかってらっしゃって。やりすぎないってラインをしっかりと持ってらっしゃるんだなぁ~って。これ以上連続して続けると、ちょっとマンネリしちゃうようなムードになったり、あとは、度がすぎちゃうと、当然、アソコとかも痛くなっちゃうようなこともあるじゃないですか。その辺も、そうはならないようにわきまえながら、攻めて来てくださって。いやぁ~、すごいなぁ~! と」
すごいね~。いいお客さんに出会えているね~。
「そうですねぇ~。みなさん、よく見てくださってますよねぇ~。私の反応を見つつ、いろいろとあの手この手でしてくださってて。大人なお客さんが多いです。懐が深くって、余裕のある方ばっかりで。ありがたいなぁ~って思いますね」

【お客さんの興奮が、私にとっての性感帯】トップに戻る

性感帯は?
「1番は、ナカなんです。ナカが、すっごい気持ち良くって」
ほう。
「もちろん、カラダ全部気持ち良いんですけどね。背中撫で上げられたりするのも、クリを舐められるのも。なので、背中を撫でられながら、クリを舐められながら、手マンされるの最高です。うふふ」
お~! いいね~! 同時攻めがいいと。
「うふふ。そうですねぇ~。それで、Gスポットの辺りを刺激されつつ、イカされてって」
ほう。じゃあ、ナカイキが多い?
「そうですねぇ~。クリでもイッちゃうこともありますけど、でも、ナカのほうがイキやすいんですよね。ナカのほうが感度高いみたいで」
なるほど~。ちなみに、イクためのコツは?
「ポイントがあるんですよね。そこに指が外れてると、そこじゃないんですぅ~! ってなっちゃうんです。まぁ、Gスポットなんですけどね」
うんうん。じゃあ、外れていたら?
「そのままにしてることが多いですかね。私から言うのは、ちょっと違うかなぁ~って思うので」
ほう。遠慮しちゃうと。
「そうですねぇ~。そこまでは我がままになれないんですよねぇ~。でもまぁ、そこはやっぱり、お客さんの満足が1番ですから。私の満足をお客さんにお願いするのは、申し訳なくなっちゃうんですよね」
なるほどね~。じゃあ、聞かれたらどう?
「あっ、それは答えれると思います。もう少し、こっち、そっちって。お客さんも、もっと気持ち良くさせようとしてくれてるのかなって。そこは、甘えさせていただいちゃいますね」
いいね~。
「そういう意味では、お客さんの興奮が、私の興奮を煽ってくれる部分っていうのもありますよね。フ○ラしてるときとかも、『あ~、気持ち良い~』って言ってくれてると、あぁ~、私も興奮しちゃう~! って感じますし。なので、お客さんの興奮が、私にとっての性感帯とも言えるかもしれないですね」
いいね~。名言だね~。じゃあ、好きな体位は?
「正○位ですかねぇ~。正○位でも、いろんな正○位して欲しいです。普通に抱き付いての正○位もいいですし、最近あった特殊な正○位が、お客さんがM字になって股開いて、それで挿○するっていう。これ、すっごい気持ち良かったですね。奥まで入る感覚があって」
ほう。対面座○のような体勢かな?
「そうですねぇ~。正○位と、対面座○の間って感じですかね。奥のほうが気持ち良いので、それで、いっぱい奥まで突いていただいて。あとは、バ○クで奥を突かれるのも好きです。お尻ペシペシされながら。うふふ」
お~! チャームポイントのお尻を堪能しながらと。
「うふふ。そうですね。お尻、叩かれるのも、叩いてる男性も好きなので、お互いに、そこでも興奮しつつでですね。えへへ」

【前職の営業事務が染み付いた丁寧な対応】

【精神年齢の高い男性に甘えたい】

【汗だくになってヘトヘトになるくらい、攻め尽くされたい】

【お客さんの興奮が、私にとっての性感帯】

お客さんにメッセージを。
「まだまだ熟練テクにはほど遠いんですけど、できる限り頑張らせていただきます。お風呂でかく汗以上に、エ○チでいっぱい汗かいて、ヘトヘトになるくらいのエ○チしたいです! うふふ♪」

[取材後記]
前職の経験と家庭での教育からか、丁寧で真面目な女の子。そんな中、仲良くなってくると、砕けた一面もチラホラと見えるのところも魅力。丁寧な言葉使いから、急に卑猥な隠語が飛び出したり、ヘトヘトになるまでのエ○チが好きだったり…。攻め好きのみなさん! ぜひ、ゆいなさんをどう崩しながら楽しむか? を実現しに行ってください![PLAYGIRL/ビリケン]

ゆいな(22才)
T159/B84(C)/W57/H86

クラブオアシス』 - 吉原
TEL:03-5808-2444

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ