川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. ペパーミント - ゆめか

インタビュー ペパーミント - ゆめか

インタビュー No.4167

と、に、か、く、エっロいお客さんと、エっロいエ○チと、エっロいキスが、大っ好きなんです!

「ペパーミント」ゆめかさんのプロフィール写真

「ペパーミント」ゆめかさんのプロフィール写真

「ペパーミント」ゆめかさんのプロフィール写真

「ペパーミント」ゆめかさんのプロフィール写真

「ペパーミント」ゆめかさんのプロフィール写真

ゆめか - ペパーミント - 2016.04.04
前職が看護師だったという、ゆめかさん。優しそうで、面倒見もよさそうで、そしてテキパキとした感じが、まさに、看護師さんっぽい印象! そんな、ゆめかさんに、巷で噂さの、看護師さんはエロい!? と聞いてみたところ、やっぱりエロいんだそうですよ。これは興味深いですよね~。もちろん、ゆめか看護師のエロさもしっかり聞いてきましたよ! いや~、エロかった…。

【エロいことが好きという、想い】

【キスのないエ○チはありえない】

【男のカラダフェチ&硬いオチ○チンが好き】


【エロいことが好きという、想い】

前職が看護師と。
「そうなんです。病院に勤めてました。病棟勤務だったので、夜勤とかもやってたんです」
へ~。でも、確かに看護師さんにいそうな雰囲気があるね。
「うふふ。それ、お客さんにもすっごい言われますね。プロフィール見てなかったお客さんにも言われたりして。話したら、『やっぱり~!』って」
うんうん。しかも、すっごい仕事ができそうだし。
「あはは。それはどうなのかなぁ~。まぁ、一般的には、ちゃんと仕事してたほうかなと。うふふ」
うんうん。それにしても、看護師さんって大変なんでしょ。どうしてまた看護師さんに?
「子供の頃に、憧れたんですよね。私が小さい頃に祖母が入院してて、そのときにお世話になった看護婦さんが素敵な方で。それで、私も将来は看護婦さんになろうって思ったんですよね」
へ~。いい話だね~。
「あはは。いえいえ。けっこう、普通な感じで。なんかね、家族に医療従事者がいて、そのあとを継ぐからぁ~とかって子も中にはいますけど、私は全然、そんな感じじゃなかったです」
あはは。なるほどね。あと、看護師さんは、面倒見もいいんだろうなって?
「あぁ~、それはあるかも。性格的に、まんざら間違ってないですねぇ~。えへへ」
いいね~。ゆめかさんは、どんな面倒見屋さん?
「まぁ、病院でも、患者さんをお世話するのがお仕事で、それがもう当たり前と言うか、普通なわけじゃないですか。そういうのが、全然苦じゃないと言いますか。お世話させてもらって、私も嬉しいみたいな」
ほう。いいね~。
「その点で言うと、ソープのお仕事も、共通する部分ありますけどね。お風呂でサービスしたり、もちろんBッドやMットでサービスしたりと。お客さんに気持ち良くなってもらうことを、させていただくと言うような感じで」
お~! 素晴らしい!
「うふふ。まぁ、病院とソープの大きな違いは、来てくれる方が、元気かそうじゃないかの違いはありますけどね」
あはは! 確かに!
「うふふ。なのでまぁ、元気でもそうじゃなくっても、とにかく人のお世話をするのが好きなんですよね。人のためになりたいみたいな気持ちはあるんですよね」
素晴らしいね~。じゃあ、私生活ではどう?
「あっ、それは全くになっちゃうかも。私生活は、全然そういうのがだめで、よく友達に『気ぃ利かなさすぎぃ~!』とかって言われちゃうくらいで。あはは」
あはは。でも、意外だな~。
「うふふ。なんか、スイッチ入んなきゃだめなんですよねぇ~。さぁ、やるぞって環境じゃないと。プライベートでは、そのスイッチ入んないんですよね。なので、職場のデスクは綺麗にしてるけど、家の机は散らかっちゃってるみたいな」
あはは。確かに。
「うふふ。でもまぁ、プライベートでも、たまぁ~にスイッチ入っちゃうと、とことんやっちゃうんですけどね」
へ~。ちなみに、血液型は?
「あはは。O型です」
あはは。あっ、もしかして大雑把の、O?
「あはは。どうでしょう。そうなのかな。まぁ、気分屋なのかな。プライベートは。うふふ」
あはは。でも、仕事はしっかり者と。
「うふふ。そうですね。けっこう、仕事には集中してやるタイプですね。けっこう、とこととんって感じで」
うんうん。あと、巷の噂では、看護師さんはエロいって。
「あはは! それ、みんな言いますねぇ~。それ、正解です」
あはは! 正解なんだ!
「うふふ。まぁ、これは私の勝手な考えかもしれないですけどね。私ももちろんエロいし、病院の頃の同僚も、みんなエロかったです。病院内で、不倫したり、医者がセフレだったりとか、そういうもありましたし」
お~! もしかして、ゆめかさんも?
「いえいえ。私は同業者に興味がなかったので。医者って、変態なんですよぉ~」
あはは!
「うふふ。そうなんです。なんか、アナルプレイが好きだったり。私はそういうの苦手だったので、だめだったんですよねぇ~。普通のエ○チが好きなので」
あはは。お医者さんは、人体に対してのハードルが低いのかな?
「あはは。それは確かにあるかもしれないですねぇ~。だから、ちょっとアブノーマルな方面に興味行く人多いんだと思います」
へ~。おもしろいな~。
「うふふ。そうなんですよねぇ~。医療の世界は、ちょっと不思議な面ありますよねぇ~」
あはは。じゃあ、ゆめかさんが好きなエ○チは?
「エっロいエ○チが好きです!」
あはは! いいね~!
「うふふ。お客さんも、エっロいお客さんが好きで。舐め方とかも、エっロぉ~い感じのお客さんが好きです。舐め方ひとつで、その人がどのくらいエ○チ好きかわかっちゃいますから」
あはは! そんな見分けもできちゃうと。テクニシャンなのかな?
「あぁ~、テクニックとはまた違うのかなぁ~。たぶん、想いなんだと思います。エロいことが好きっていう、想い!」
お~っ! なるほどね~!
「内面から来るエロさですよね。それでいて、ストレートなエロさ。アブノーマルとか、ちょっと違う感じじゃなくって、もう、エロいのが好き! の、ド真ん中! って感じですね」

【キスのないエ○チはありえない】トップに戻る

攻め好き? 受け好き?
「根っこの部分は、受け好きなのかな。でも、お店では、攻めになるのが楽しいです」
ほう。サービスとしてのスイッチから?
「そうですね。やっぱり、そうなることが多いですしね。私から攻めることが」
なるほど。じゃあ、印象に残っているエ○チは?
「それもやっぱり、ねっとぉ~り舐められたり、イヤらしぃ~いキスしたりする感じのエ○チになりますかねぇ~」
ほう。攻められて?
「いえ。私から攻めててもで。基本的には、お店では私から攻め始めるんですけど、そんなときに、私のキスの受け方が、ねっとぉ~りの、エっロぉ~い感じだと、いいエ○チだなぁ~って感じるんです」
なるほど。キスが重要なのかな?
「そうですねぇ~。キスは、かなり重要ですね。キスがないと、エ○チじゃないって思うくらいですもん。うふふ」
お~! いいね~!
「キスって、伝わるし、共鳴するじゃないですか。私のキスで、お客さんもエロくなってくれるというか、エロい人は、察知してくれると言うか。あっ、この人、エロい! って、お互いに思う感じがあると言うか」
あ~、確かに!
「うふふ。ですよねぇ~。その、お互いの気持ちが通じ合った瞬間に、もう、それがエ○チのスタートみたいな。そうなると、あんまり攻め受けとか、サービスがぁ~とかってモードじゃなくなることもありますしね。もう、愛し合うエ○チ、みたいな」
いいね~。深い話だね~。
「うふふ。そうなると、自然と手が出たり、唇が出たりし合いますしね。そんなエ○チになるのが好きですし、そうなったら印象深くなりますよねぇ~」
うんうん。じゃあ、流れはセオリー通り?
「そうですねぇ~。その上に、エロ~いのを乗っけて行く感じで。服脱がせ合って、お互いに攻め合いっこで。もちろん、私から積極的にして行きますけど、でも、気付いたらもう、お互いにってなっちゃってるみたいなねぇ~」
いいね~。
「私がリードして行く段階で言うと、私が下に座って、チュウしてハグして、それでお触りし合いっこってなって、それで、Bッドにちょっと押し倒すような感じで」
ほう。
「まぁ、そういうのも、お客さんの反応を見ながらですけどね。まだまだ、オチ○チンがフニャフニャの人には、けっこうアソコへのお触りも多くしちゃうと思いますし、ギンギンになっちゃってる方だと、もう、どんどん次に行っちゃう感じにもなりますし」
なるほど~。
「まぁ、あんまり、無理して、オチ○チン大きくしよう! とかも思ってないですけどね。あせらず、じっくりのときはじっくりするし、どんどん行っちゃうときは行っちゃうし。そのへんはほんと、お客さんの様子見つつって感じなんですよね」
うんうん。じゃあ、ゆめかさんの嬉しい、お客さんからの積極さは?
「それもやっぱり、チュウになるんですよねぇ~。ほんと、チュウがとにかく大好きだし、大事だと思うんです」
なるほど。
「舌使いとかが、トゲトゲしくないチュウって感じで」
ほう。トゲトゲしくない。
「はい。表現するの難しいんですけど、なんか、ただのソフトじゃないって感じで、まろやかな感じ? チュッ、チュッのキスでも、ディープキスでも、トゲトゲしい感じじゃなくって、エっロいキス。そんなのが興奮しちゃいますね」
うんうん。そんなキスを受けると、ゆめかさんは?
「もう、興奮しちゃって、飛び乗っちゃいます!」
あはは。飛び乗っちゃうんだ!
「そうですね。お客さんには横になってもらって、それで、私からもっと攻めちゃいます」
いいね~。加速させられちゃうと。
「あはは。まさにそうだと思います。キスで、私のテンション上げられて、それで加速しちゃう。それで、いっぱい攻めちゃうようになっちゃうと思います」
あはは。いいね~。じゃあ、乗ったあとは?
「また上からいっぱいチュウして、自分からオッパイをお客さんの顔の前に持って行って、舐めてもらうようにしちゃったりしちゃいますね。興奮して欲しいし、私も感じさせられたいし」
エロいね~。ゆめかさんの欲求も込みでと。
「えへへ。そうですね。私から攻めるような体勢にはなってますけど、でも、芯にあるのはお互いでの気持ちなので。なので、一方的にずっとってなるよりも、お客さんにもいろいろして来て欲しいんです。そんな気持ちを込めて、ちょっとした挑発行為なのかな。うふふ」
いいね~!
「オッパイを目の前に持って行って、むしゃぶりつくように舐めてくれるお客さんだと、またテンション上がっちゃいますしね。まぁ、あんまり舐めてくれなさそうだったら、私からもっと押し付けちゃったりもしますけど」
あはは! いいね~。
「うふふ。それで、ちょっとフ○ラしたら、シ○クスナインの体勢になって、そのまままた舐め合いっこ」
お~! お互いにね。
「そうですねぇ~。なるべく、お互いでし合えるような体勢になって行きたいなとは思いますね」
うんうん。女の子から誘うシ○クスナインは興奮しそうだな~。
「えへへ。そうですよねぇ~。私も、お客さんはどう思うかなって一瞬考えますけど、でも、やっぱりこっちのほうが、さらに興奮してくれるだろうなぁ~って思うので、行っちゃいますね。私も恥ずかしいですけど、お客さんにもそんな気持ちを持ってもらって、それでお互いに恥ずかしいところ舐め合いましょう! みたいな」
あはは。いいね~。
「この感じの思いを共有できると、また次も1個上の気持ちでできちゃいますしね。その次への弾みになると言うか」
なるほどね~。それもわかるな~。
「うふふ。なので、アソコ舐め合って、感じさせ合う行為ではありますけど、それと同時に気持ちも上げ合う行為って気持ちもあるんですよね」
いいね~。ちなみに、フ○ラのこだわりは?
「えへへ。フ○ラは、昔っからすっごい褒められるんです。『ゆめかの口だけでいいから持って帰りたいよ』とかって言われたり」
お~っ! 最高の評価だね~!
「うふふ。そうなんですよねぇ~。ありがたいことに。あんまりにもフ○ラしすぎちゃって、イカせちゃうこともあったりしちゃうんですけどね」
うんうん。上手そうだもんな~。
「うふふ。そうなんです。気を付けてるんですけどね。でも、ついつい『耐えられなかったよ~』って言われて」
すごいね~。
「言われるのは、吸引力がいいみたいなんです。吸い舐めって感じではしてますけど、でも、私的には普通にやってるってくらいの気持ちなんですけどね」
ほう。ちなみに、プライベート時代から上手だったの?
「そうですね。素人の頃は、あんまり言われた記憶ないですけど、お店入って、新人の頃から『上手だね~』ってよく言われてましたね」
素晴らしいね~。センスあるんだろうな~。
「あはは。ほんと、こんな感じかなぁ~ってくらいなんですけどね。でもまぁ、喜んでもらえてるので、よかったです」
うんうん。じゃあ、シ○クスナインのあとは?
「そのまま挿○でもいいですし、攻めて来てもらえるなら、攻めて来ていただいても」
なるほど~。理想は?
「うふふ。して欲しいです!」
あはは。本当は受け好きだしね。じゃあ、どうされると嬉しい?
「えへへ。理想を言うと、四つん這いにされたいです」
お~! エロい体勢だね~!
「えへへ。四つん這いって、エロいじゃないですかぁ~。好きなんですよね~。バ○クがいいってことじゃなくって、四つん這いで攻められるのが、好きなんです」
ほう。どんな風に?
「いろいろ舐めて欲しいです。背後から上に覆い被さるようにされて、それで背中舐められたり。アソコとかは、後回しにしてるような感じで、まずは私の見えないところから、見えない部分をいっぱい舐めて欲しいです」
いいね~。背中は性感帯?
「はい。すっごい感じちゃいます。気持ち良いです。サワ~っとされるのもいいですし。舐めて、触って、いっぱい刺激して欲しいです」
ほう。そのあとは?
「オッパイとアソコもして欲しいです。オッパイも、舐められるのが大好きなので、いっぱい舐めて欲しいです。揉まれるのも気持ち良いし、もう、摘まんで痛くされること以外だったら、なんでもして欲しいって思います」
エロいね~。
「いろんなバリエーションで舐められると、さらにヤバいんですよね。ペロペロペロ~から、ちょっと吸い舐めみたいにされたりとか。ちょっと刺激あるような感じなのも好きなので、そういうのも織り交ぜられつつって感じで」
いいね~。吸われるのも好きと。
「はい。ほんと、痛いほどでなかったら、なんでも感じちゃうんですよね」
なるほどね~。じゃあ、アソコは?
「クリも、いっぱい舐められたいです。クリは逆に、バリエーションって感じより、一定に舐められてるようなのが好きなんですよね。徐々に快感が蓄積されて行くような感じで、どんどん感度が上がっちゃうと言いますか」
ほう。ちなみに、イク?
「イッちゃいますね。イキやすいと思います。舐められてると、だいたいはイッちゃいますから」
いいね~。じゃあ、ナカは?
「ナカも気持ち良いです。指でも全然感じちゃいますね。イク、イカないで言うと、クリじゃないとイカないんですけどね。でも、気持ち良いのは気持ち良いんですよね」
なるほど~。指入れはどんな感じ?
「ナカは、ソフトが気持ち良いです。あんまり、ガシガシされると感じれなくなっちゃうかも。指入れっぱなしで、ウニウニぃ~って感じで」
なるほどね~。連続ではイケる?
「あぁ~、1回イッちゃうと、指とかク○ニだとくすぐったくなっちゃいますかねぇ~。オチ○チンだと大丈夫なんですけど」
ほう。じゃあ、好きな体位は?
「正○位ですね。入り具合の角度的に、正○位が1番気持ち良くって」
ほうほう。さらにリクエストがあるなら?
「うふふ。ほんと、正○位ならなんでも気持ち良いんですよね。抱き付いての感じでも、カラダ起こしての感じでも。あっ、あとはやっぱり、チュウして欲しいです。最初にもいっぱいチュウしましたけど、エ○チの最中もやっぱり、いっぱいチュウしてたいんですよねぇ~」
いいね~。本当、キス好きなんだね。
「うふふ。ほんと、大好きなんです。キスなしのエ○チはありえないですから。チュウすることで、ほんと、エロさは全然増しちゃいますもんねぇ~。うふふ」

【男のカラダフェチ&硬いオチ○チンが好き】トップに戻る

プロフィールによると、手フェチと。
「うふふ。そうなんです。男性の手が大好きで」
へ~。どこが好きなの?
「男性らしさなんですかね。血管が浮き出てるところとか、たまんないです」
ほう。もしかして、看護師さん目線?
「あはは。それはどうかなぁ~。看護師目線で言うと、注射しやすい腕だなぁ~になっちゃいますけど、でも、女目線としたら、セクシーだなぁ~って感じで」
あはは。なるほどね。じゃあ、お客さんがもし、俺の手、好きにしていいよって?
「あはは。そしたら、血管の張り具合を、プニプニに触らせて欲しいです」
あはは。ちなみに、セクシーだと思うのは、手だけ?
「あっ、そう言われると、男性のカラダ全部かも。筋肉とかも好きです。触りたくなっちゃう」
ほう。
「Mットとかしてて、お客さんのお尻が、プリッってなってると、めっちゃテンション上がっちゃいますもんね。可愛いぃ~! って感じで。いいお尻だなぁ~! って」
あはは。じゃあ、俺のカラダ全部、自由にしていいよって?
「あはは。そしたら、ペタペタ触りたいです。筋肉の厚みとか、張りとか、硬さとか。そういうの、いっぱい触らして欲しいです」
あはは。造形美だね~。
「うふふ。そうですね。エ○チではあんまり触らないような部分とかも、いっぱい触らせて欲しいです。ふくらはぎとか、そういうとこもペタペタって」
あはは。いいね~。じゃあ、オチ○チンは?
「オチ○チンも、そういう意味でも興味深いんですよね。硬くなってるオチ○チンは、いっぱい見させて欲しいし、触らせて欲しい」
ほう。硬いのが好き?
「あはは。そうですぅ~。それは確かにそうですぅ~。筋肉も、オチ○チンも! えへへ」
あはは!
「オチ○チンに関しては、大きくても小さくてもいいので、硬いのが好きなんですぅ~」
あはは。じゃあ、日本人のオチ○チンは合うね。
「えへへ。そうですねぇ~。硬いオチ○チン、大好きですぅ~。うふふ♪」

【エロいことが好きという、想い】

【キスのないエ○チはありえない】

【男のカラダフェチ&硬いオチ○チンが好き】

お客さんにメッセージを。
「エ○チぃ~な気持ちで来て欲しいです。それで、エっロいエ○チがしたいです。うふふ♪」

[取材後記]
インタビュー全体を通し、ゆめかさんが1番強く言っていたのは、キス! とにかく大事で大好きだということ。キスにより、気持ちが繋がり、高ぶり、興奮と…。ゆめかさんとのエ○チは、キスに始まり、キスに終わると言っても過言ではないでしょう。ぜひみなさんにも、キスで股間を熱く、そして硬くしてくださいね。[PLAYGIRL/ビリケン]




ゆめか(29才)
T160/B85(D)/W59/H83

ペパーミント』 - 吉原
TEL:03-5603-5769

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ