川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. 王様と私 - 麻耶

インタビュー 王様と私 - 麻耶

インタビュー No.4027

長身で巨乳のダイナマイトボディの美女と、動物のような激しい、くんずほぐれつなエ○チはいかがですか?

「王様と私」麻耶さんのプロフィール写真

「王様と私」麻耶さんのプロフィール写真

「王様と私」麻耶さんのプロフィール写真

「王様と私」麻耶さんのプロフィール写真

麻耶 - 王様と私 - 2015.09.28
真っ赤なスポーツカーからグラサンをかけた長身の美女が、ロングヘアーをかき上げながら、ミニスカートから伸びる長い美脚を地面に下ろし、車から降りる姿を想像してみてください。麻耶さんを一言で言うなら、そんなイメージ! 街ですれ違えば、異性はおろか同姓も、ハッとしちゃう憧れ的美女!

【真っ赤なスポーツカーの似合う長身美女】

【Tバックかノーパン】

【ブラからはみ出ちゃうほどの性感帯】

【1番自然な動物的なバ○クが好き】


【真っ赤なスポーツカーの似合う長身美女】

綺麗だね~。
「うふふ。ありがとうございます」
いや~、小顔だし、スタイルも素晴らしい! 誰かに似てるって言われない?
「最近、よく西川史子先生に似てると言われます。お風呂のときに、髪の毛をアップにするじゃないですか。そのときに似てるねって言われることがありますね」
あ~、ちょっとわかるかも。
「なんか、きついイメージなので、最初はちょっと嬉しくはなかったんですけど、あんまり言われるので、テレビを見るとついつい目が行ってしまいますね。私ってこういう顔しているんだぁ~みたいな。あはは」
似てはいるけど、麻耶さんはきつい顔立ちではないと思うな~。
「うふふ。私もそこまできついつもりはないんですけど、そう見えるのかなぁ~と思って。うふふ」
うんうん。そして、身長も高いよね。
「172cmくらいですね。なので、高身長好きな方がけっこういらっしゃいますね。そういう方の場合は、大抵私のほうが身長が高いです。うふふ」
なるほどね~。でも、何を食べたらそんなに大きくなるの?
「あはは。プロフィールにお肉好きってあると思うんですけど、何が好きって聞かれたらお肉かなって。ステーキとか好きですねぇ~。私、ワインが好きなんです。ステーキと一緒に飲むワインは最高ですよね」
あはは。いいね~。ちなみに、赤と白は?
「普段は赤で、夏は白って感じです。お客さんともお酒の話になると、つい盛り上がっちゃいますね。うふふ。お酒を飲むための料理ですよね」
うんうん。お酒と料理が、美味しさを高め合うと言うかね。
「うふふ。あと、家では飲まないですけど、シャンパンも好きですね。本当に食べ物によって何を飲むかが決まります。今日はこれが食べたいから、このお酒って感じで。普段、飲みに行くよりも、家で飲むほうが多いので、自分で料理を作って飲みますね」
なるほど~。お酒、強そうだもんね。
「うふふ。たぶん、強いほうだと思います。周りには『そんなに飲むの?』って言われます。うふふ。ワインだったら、1日1本は飲みます」
お~。すごいね~。
「1本は軽くて、休みの前の日とかになると、2本くらい空けちゃう。ほぼ毎日飲んでて、そんなに翌日には残らないんですけど、仕事の前の日とかは最近は控えてます。うふふ。最近はチェイサーを必ず置いとくみたいな感じで、お水を挟みながら飲んでますね」
いや~。上品な日常を送ってるな~。
「そう見えますけど、実際はそんなにでもないんですよ」
飲んで、そのままグダッと寝ちゃったり?
「します、します。けっこう、見た目からテキパキしてそうって思われるんですけど、意外とのんびり、おっとりな性格なんで、抜けてるとかけっこう言われるし。見た目とは違いますね。うふふ」
へ~。確かに意外かも…。お客さんにも言われる?
「なんか、イメージがちょっと違うみたいですよ。見た目と喋ってる感じが。でも、お客さんともけっこう軽快にお話するので、キャバクラに来た感じがするとも言われますね。うふふ」
確かに。話していて、楽しいもんな~。
「こういうところって、意外とBッド1回、Mット1回みたいな感じがあるものの、1回終わってちょっと飲み物飲みながら喋ってたりすると、それがヒートアップしちゃって、私が、えっ、もう1回しません? って言っても、『話が楽しいからいいや』て言って。で、帰りに『俺はソープに来たのか、キャバクラに来たのか。なんか合体したような感じだな~』って言われたり。うふふ」
あはは。なるほどね~。ちなみに、前職も接客業?
「接客業もしたことはありますけど、前職は事務でしたね。車が好きなので、車関係のお仕事をしてました」
ほう。車が好きか~。
「それも珍しいって言われますけどね。うふふ」
グラサンして、赤のオープンカーとか似合いそうだもんな~。
「いやぁ~、そんな格好いいもんじゃないですよぉ~。オープンカーは乗ったことありますけど、あんまりいいもんじゃないですね。風がすごいので、ずぅ~っと髪の毛を直している感じで。あはは。ビシッと髪の毛をアップにしておけばいいのかもしれないですけど、そのままなびかせる感じでは、あれは無理ですね。ごっちゃごちゃみたいな。あはは」
あはは。なるほどね~。
「それに、オープンカーに乗ると、私はカラダが大きいからちょっと狭いし、コンタクトは乾くし、髪はぐちゃぐちゃだし、こりゃ無理だなって感じでしたね。あはは」
へ~。じゃあ、好きな車は?
「今まで、スポーツカーに乗ったことはないんですよ。いろんな車に乗って来ましたけど、スポーツカーはないので、1回は乗ってみたいですね。こっちに来てフェラーリとか高級なスポーツカーを見ると、あぁ~、運転してみたいなぁ~って思いますね」
あ~、運転をするほうなんだ。
「運転するほうです。助手席でもいいんですけど、乗ってみたいなってのはありますね」
なるほど~。運転も好きと。
「好きなんですけど、長距離は危険ですね。眠くなるんです。車に乗ると眠くなるっていうのが、子供の頃から治らなくて、長距離になると助手席でも必ず眠くなるので、高速に乗るときは必ず友達とかに運転してもらいます。あはは」
あはは。友達に運転させて、助手席で寝ちゃうと。
「あはは。いや、寝ないように頑張るんですけど、もうなんかカクカクいいながら。それが運転してたらそうじゃないのかって言われたら、運転しててもそうなんですよ。それが致命傷だから、こっちに来てから全然運転してないんですよ。お陰でゴールド免許です。運転しないから。あはは」
あはは。完璧な女性の可愛い一面だな~。
「いやぁ~、全然可愛らしくないですよぉ~」

【Tバックかノーパン】トップに戻る

理想のエ○チはある?
「まぁ、普通のラブラブよりは、どうせするなら激しいほうがっていうのはあるかなぁ~。あはは」
ほう。いいね~。
「お互いが気持ち良ければそれでみたいな。ひとつ変わったことと言えば、私は元々この仕事をする前にはドM体質だったのが、この仕事をしてちょっとSっ気が出てしまって。うふふ」
へ~。
「すごく敏感に反応してくれる人を見ると、ちょっと、うふふって楽しくなっちゃうところが出て来て、ちょっと苛めたくなるような反応をされると、好奇心が湧いて来ると言うか、ワクワクするようになっちゃったっていうのはありますね」
なるほど~。じゃあ、プライベートでは、あまり攻めることはなかった?
「こうしてって言われたらするけど、それもMの中のひとつで、ご奉仕という感じだったので、自分から攻めるってことはそんなになかったですね。それが今は、Mのお客さんの反応が楽しいみたいな。うふふ」
ほうほう。新しい自分を発見したと。
「男の人でも乳首が感じるってことを知ったのも、この仕事を始めてからですね。私が乳首をイジられることはあっても、逆にすることはプライベートではなかったので、あぁ~、そうなんだぁ~みたいな。すごい不思議でしたね」
なるほどね~。
「私、S体質な人しか付き合ったことがないのかもしれないですね。攻めるほうが好きみたいな。だから『フ○ラしてくれ』って言われるくらいで、それ以外には言われたことがなかったですね」
じゃあ、ソープで覚えたことは多いかもね。
「多々ありますね。やっぱり、ここで覚えたことで1番のことは、苦労したけどMットですよね。最初は、すごい苦労しましたから。うふふ」
うんうん。Mットは大変だよね~。
「そうですねぇ~。最初は、Mットが苦手だったんですよね。なぜかと言うと、私、Mットに身長がぴったりなんですよ。足を延ばすと下の溝についてしまうから、動きづらくて、そんなに動ける範囲がないというのと、ちょっと気を抜くと溝に沿って落ちちゃって、それで怪我をしたこともあったので。うふふ」
なるほどね~。身長が高いと、そういう苦労もあるのか~。
「でも、Mットって気持ち良いですよね。ソープ特有なものだし、最初はお姉さんに教えてもらったので、女の人のオッパイってこんなに気持ち良いんだなって思って、男の人がオッパイを触りたくなる気持ちがわかりましたよ。うふふ」
お~。その気持ち、わかっていただけましたか~。
「あはは。わかりましたね。やっぱり、Lーションって日常的には使わないじゃないですか。ソープ特有で気持ち良いし、お客さんも反応がいいですよね。でも、イクかイカないかは2手に分かれますね。ヌルヌルしすぎて感覚が取れない人はイケないし、逆にヌルヌル感だけで、もうだめ~って人もいるし」
うんうん。
「反応がいい人は、もう挿○する前にヌルヌルあれこれしているうちに、『あ~、もうだめ!』っなっちゃう人も多いですよ」
お~っ。すごいな~。
「『そんなにいろいろされてると、イッちゃうから待って~!』って言われると、こっちも、うふふと思って、1回止めてみたりして、ジラして苛めたりして。うふふ」
いいね~。ちなみに、何か秘訣があるの?
「たぶん、Mで乳首の反応がいい人は、だいたいMットでの反応もいいと思います。男の人でも、オチ○チン以外にも性感帯があるので、その性感帯を探りつつそこを攻めてるみたいな」
なるほどね~。
「Mットじゃイカないなぁ~と思ったら、Mットではイチャイチャ感とかヌルヌル感で遊ぶ感じで、あとはゆっくりBッドでって感じですね。今はコツを掴みつつ、新しい技を覚えてみようかなと思って、ネットでちょっと調べてみたりして、お客さんにやってみたりしてますけど」
ほうほう。どんな技があった?
「けっこう、普通ですけど、ここも使えるのねって思ったのは膝ですね。膝の裏でオチ○チンを挟むと、それが意外と好評で『うわ~、気持ち良い~!』って人が多いですね。ここってコキコキしてるから痛いのかと思ったら、なんかほどよいらしくて、それはびっくりしましたね」
いいね~。脚が綺麗だから、視覚的興奮もあるんだろうな~。
「確かに、格好的にはすごいですからね。うふふ」
個人的には、綺麗な脚で足コキをされたいな~。
「あぁ~、足コキ。それはまだ求められたことはないですね。あっ、でも、過去に脚フェチの人はいました。ひたすら脚に執着しているっていうのはありましたね。それに、ストッキングとか網タイツ持参の人はいますよ。それは全然OKなので」
うんうん。絶対似合うだろうね。
「男の人の願望的には、ストッキング破りってのも興奮するみたいですね。ノーパンにストッキングみたいな感じで」
確かに。アソコの部分に穴を開けて挿○とかね。
「そうそう。うふふ。意外と、着る服によってはプライベートでも下着は履かないときもあるんで。うふふ。忘れたとかじゃないですよ」 
えっ!? ノーパンってこと?
「そうです。うふふ。ブラジャーを忘れたことはありますけど、下着はあえて履かないときもありますよ」
ほう。でも、なんでまた?
「夏とか浴衣を着るときは、まず下着は着けないです。ブラジャーとかパンツを着けちゃうと、変にラインが目立っちゃうので、そういうときは履かないっていうのは昔からなんです」
なるほどね~。
「あと、すごいタイトなお尻のラインが見えるスカートとかだと、TバックでもTバックのラインが変に出てしまうんですよね。意外と他の女の子を見てて下品だなって思っちゃって、それだったらストッキングとかでクッととお尻を上げているほうが綺麗だなって思って、いっか履かなくってって思って。あはは」
あはは。さすがにストッキングは履くと。
「履きますね。そのままはさすがにスースーするので。うふふ」
でも、確かに男性は、女性のお尻見るよな~。
「そう。意外と見ているっぽくて、私もカラダのラインが出る服を着ている女の子をついつい見ちゃうんですけど、普通のパンツのラインでも格好悪いし、Tバックのラインでも、いかにもTバック履いてますっていうのが見えて、下品だなって思うんですよね」
なるほどね~。
「普通のパンツだと、ジーパンでもライン出ますからね。私は、昔からTバックしか履かないんです。エロ体質ってのもあるんですけどね、元々。うふふ」
あはは。ちなみに、お店ではどんな下着?
「もちろん、上下は絶対に揃えていて、黒系が多いですかね。下はTバックです」

【ブラからはみ出ちゃうほどの性感帯】トップに戻る

プロフィールでは、性感帯はオッパイと背中と。
「ネットには背中とオッパイってなってるんですけど、乳首です。あはは」
あはは。どうされるのがいい?
「乳首は、舐められるのがいいです。吸われるのは苦手なんです。伸びちゃうぅ~って思うので、舐められる感じが好きですかね。すごく敏感なので、服と擦れるだけでピンって立っちゃうんですよ。ワンピースを着ててもブラジャーでカバーしきれずに、立ってるのがわかるときがあるんですよ。それくらい、ピーンと立っちゃってるので、反応がすごいです。オッパイ好きの人はたまらないらしいですね。うふふ」
Gカップだよね。
「Gあって、乳首がピンって立ってる感じです。舐めやすいねって言われますね。オッパイ自体はすっごい柔らかいって言われます。揉まれるのも嫌いじゃないんですけど、全集中が乳首に行ってるみたいで、なんかいつの間にか性感帯が乳首になってたっていう」
へ~。10代の頃は違った?
「違がいましたね。逆にオッパイを触られるのが苦手だったんです。オッパイは感じないから、あんまり触らないでって感じだったのが、今はもう、触って触ってぇ~ってついつい言ってしまうくらいですから。うふふ。カラダが変わったんですかね。徐々に開発されている感じはします」
いいね~。ちなみに、オッパイは昔から大きかったの?
「そこそこ。ここまではないものの、徐々に徐々にって感じですかね。でも、自分についているものだから、そんなに大きいって感覚はないんです。あんまり、自分では見えないし。たまに、ブラジャーから乳首が出ていることがありますからね。ポロッとしちゃうことがありますね。何かしてて、なんかおかしいなって思って見てみると、顔出してるみたいな。あはは」
あはは。半カップのブラ?
「そうなんですよ。半カップのほうが形が綺麗に見えるので、フルカップは嫌いなんです。半カップを着けると、ポロって出ちゃうみたいで、覗くとちょっと出てるみたいなことが日常であるんですよ。あはは」
いいね~。
「乳首が感じるって気づいたのも、日常で服に乳首が擦れる感じから気づいたんですよ。うふふ」
あはは。で、あと背中も好きと。
「以前は背中だったんですけど、乳首がすごく性感帯になってしまったので、背中が気持ち良くないわけじゃないけど、乳首には勝てないみたいな。あはは。元々、後ろから攻められるのが好きなんですよね。前から来られるんじゃなくて、後ろからゾワゾワってされているのが、たまらないかなっていう。うふふ」
ほう。後ろからか~。
「後ろから背中を舐められたり、オッパイや乳首を触られたりするのもたまらないですね。私、Lーションはいらないよねってくらい濡れちゃうんですよね。それが『Lーション塗ってる?』って聞かれるくらい反応がいいんです。お客さんに喜ばれますけど、自分ではびっくりします。いつも濡れてるんじゃないのってくらい濡れてるので。うふふ」
すごいな~。でも、スイッチはいつ入っているの?
「チュウして、オッパイとか触るじゃないですか。そのチュウの時点でそこそこ感じてはいるけど、結局は私、乳首がスイッチなんですよ。あはは。下を触られる前に、乳首だけでもうビッチャビチャみたいな感じになっちゃって、それでもうびっくりされます。『すごいことになってるよ』みたいな。あはは」
いいね~。乳首がスイッチか~。
「そうなってくると、下が反応してくるからしたくなりますね。うふふ」

【1番自然な動物的なバ○クが好き】トップに戻る

クリはどう?
「敏感ですね。けっこう大きいって言われるので、自分ではわからないけど大きいほうなのかなって。私はクリ派なので、クリではイクんですけど、逆にナカではあんまりイケないんですよね」
ほう。じゃあ、クリでイカせるためにはどうしたらいい?
「1番は、乳首を舐められながらクリを触られるのが好きですね。クリを舐めながら、乳首を触るのでもイクことはイキますけど、どっちかと言うと、オッパイを舐められたほうが感じますね」
へ~。
「最近の悩みではないけど、ナカでっていうのが経験がないので、そこら辺がどうなんだろう…。これから開発されるかなって期待しつつですね。うふふ」
なるほどね~。でも、同時攻めは、気が散ることはない?
「あぁ~、あちこち攻められたり、自分のポイントじゃないところになると、やっぱり気がそれるのと、私の場合、時間が長いと気が散り始めちゃってイケなくなるんですよね。イカないと悪いよなぁ~って思っちゃって、イケなくなったりもありますね」
なるほどね~。男もあるかもな~。騎○位で頑張ってくれてるから、早くイカなきゃみたいな。
「あせりが余計にイカなくなる原因でもありますよねぇ~」
うんうん。じゃあ、クリでイッたあと、さらにクリを攻め続けられるのはどう?
「それが、よく1回イクとそのあとすぐイキやすくなるって聞くんですけど、私は1回でパーンと発散しちゃうのか、イケないんです。1回はじけちゃうのか。確かにクリとかでイッたあとに、すぐ挿○してエ○チをするとすごく気持ち良いものの、ナカではイカないんですよね」
なるほどね~。
「最近、ポルチオっていうのにすっごい興味があって、それってどう開発されるんだろう? っていうのをネットとかで調べてて…、どこにあるんだろう? みたいな。自分のカラダ調べみたいな。うふふ」
ほう。子宮の入り口とかって聞くけどね。
「そこで、すごくイキやすくなるって聞いたものの、まだそういう経験ないなって。たぶん、クリ派になったのはオモチャですかね。ローターとかに興味を持ってしまったから、クリ派になっちゃったのかなって。あはは」
ほうほう。ローターを使用の1人エ○チと。
「そうですね。ローターは必要ですね。でも、あんまりローターを使ってると、普通のエ○チでイキにくくなっちゃうのでやめました。今は、指で普通にイケるようになりました。うふふ」

好きな体位は?
「バ○クかな。1番している感じっていうか、されている感じがあるので。ちょっと動物的ですよね。動物の交尾ってみんなバ○クだし、なんか1番自然って言うか。あはは」
あはは。確かに。ちなみに、Mなのもある?
「M心がくすぐられるのは、やっぱりバ○クで、腰をガッと掴まれると、よりされてる感じがしますよね。騎○位だと、どうしても気分として、Sっぽい感覚が出て来るかな。騎○位をしながら、手を着くと、ちょうど相手の顔の近くにオッパイが行くから、触って触ってぇ~ってやっちゃいますね。あはは」
うんうん。そりゃあ、触りたくなるよな~。
「うふふ。相手の目の前に出すって言うか。正○位も嫌いじゃないし、1番ラブラブ的な感じになるのは、チュウしながらの正○位なのかな。でも、燃えるのはバ○クかな。うふふ」
立ちバ○クとかね。
「そうなんです。立ちバ○クもするんですけど、あれは身長的に難しい場合がありますね」
なるほど。脚も長いしな~。
「したがる方も多いんですけどね。Bッドに手をついたり、鏡台のところでやったり。やっぱ鏡があるから、その分興奮するっていう人もいるし」
自分の顔見て! みいなね。
「あはは。そんな感じですね。自分の顔は見れなくはないですけど、そう言われてしまうと意外と恥ずかしい。あはは」
うんうん。自分の顔を見て、さらに盛り上がったりは?
「いや…、逆に自分の顔を見ると冷静になっちゃうから、言われているので興奮する感じですね。うふふ」

【真っ赤なスポーツカーの似合う長身美女】

【Tバックかノーパン】

【ブラからはみ出ちゃうほどの性感帯】

【1番自然な動物的なバ○クが好き】

お客さんにメッセージを。
「お互いが気持ち良くなれるような激しいエ○チをしましょう♪」

[取材後記]
いや~、完璧な女性でした。インタビュー後、お客さんのように見送ってくれたのですが、ヒールを履くと180cmに届こうかという高身長は、隣に並ぶだけでゾワゾワ、ムラムラして来ちゃいました。でも、特に強調したいのは気配り。ビジュアルよし、人柄よし、そしてエロさよしのパーフェクトガール! もう、完敗です。ぜひぜひ、そんな麻耶さんと、激しいエ○チで、大興奮しちゃってくださいな。[PLAYGIRL/スープ]




麻耶(21才)
T172/B97(H)/W58/H88

王様と私』 - 吉原
TEL:03-3871-7331

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ