川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. シャトーペトリュス - 岩崎

インタビュー シャトーペトリュス - 岩崎

インタビュー No.3998

私のエロキャパは無限大です! お客さんからのリクエストを、全てエロく、そして股間も大きく、膨らましちゃいますよぉ~♪

「シャトーペトリュス」岩崎さんのプロフィール写真

「シャトーペトリュス」岩崎さんのプロフィール写真

「シャトーペトリュス」岩崎さんのプロフィール写真

「シャトーペトリュス」岩崎さんのプロフィール写真

「シャトーペトリュス」岩崎さんのプロフィール写真

岩崎 - シャトーペトリュス - 2015.08.20
以前にもインタビューに登場してくれた、岩崎さん。今回は、過去のインタビューを踏まえた上で、さらに岩崎さんの魅力を掘り下げました。聞けば聞くほどに湧き出る、岩崎さんの魅力。ちなみに、前回のショートインタビューでは、言葉攻めの話で盛り上がりましたが、今回はイメプレ話で大盛り上がりしました。ぜひぜひ、過去のインタビューと合わせてご覧ください。

【即興も任せてのシチュエーションプレイ】

【充実の浴室プレイ&安心して任せられるIスやMット】


【即興も任せてのシチュエーションプレイ】

過去のインタビューの反響はどうだった?
「ありました、ありました。お客さんに、『記事見たよ~』ってけっこう言われましたね」
お~。それはよかったです。
「けっこう、過激なこと言っちゃってたんですけど、みなさん読んでくれて、いい感じに私を知っていただけたみたいだったのでよかったですぅ~」
うんうん。じゃあ、今回もさらに深く、岩崎さんのことを。
「うふふ。わかりましたぁ~。宜しくお願いします」

まずは、以前のインタビューを振り返って。
「はい。まぁ、今も以前のときのお話と変わらずではあるんですけど、元々、受け好きだったのが、最近はSと言うか、攻め好きに変わって来たって感じなんですよね」
うんうん。元々は、どういう受け好きだったの?
「けっこう、オーソドックスな感じで、男性にしていただくのが好きって感じだったんですよね。それがけっこう、若い頃からず~っとだったんですけど、なんかここ最近になって、急にそれが変化して来たと言うか。たぶん、積極さを知ったんだと思います」
ほう。何かきっかけがあったのかな?
「たぶん、若いお客さんとプレイしてて、攻めの楽しさを気付かされたのかも。やっぱり、私は熟女という感じなので、年上のお姉さんに攻められたいっていう欲求を持ったお客さんがたくさん来てくれるんですけど、それで、そのお客さんのリクエストにお応えして、私が攻めるような展開になったりして、だんだんそれが楽しくなって来たと言いますか」
なるほど~。ちなみに、どんなリクエストを?
「けっこうシンプルに、お姉さんに積極的に攻められたいって感じが多いですね。あとは、もう少し具体的なのになると、あまり女性経験のないお客さんに、年上のお姉さんに無理やりされちゃったぁ~みたいなシチュエーションで求められたりとか」
お~。いいね~。
「うふふ。そう言うのも、興奮しちゃいますよね。まぁ、それがリアルに経験がない人なのか、経験はあるけれど、そう言うシチュエーションを楽しみたいから、そう言ってリクエストするのかは様々ですけどね」
うんうん。シチュエーションプレイの中で、あれこれしたいと。
「そうですね。けっこう、こうこう、こういう展開で~とか、こういう関係性で~とか、流れとかイメージをしっかり作り込んで持って来られるお客さんもいらっしゃるんですよ。それで、私もそれに乗っかって、一緒に楽しませていただいてるって感じなんです」
いいね~。そういうシチュエーションにも、ちゃんと対応できるんだね。
「そうですね。お客さんが細かく世界感を作って来てくれることが多いので、その話を聞いてると、私にもイメージが沸いて来て、いい感じにできちゃうことが多いですね」
ほう。じゃあ、設定は、細かければ細かいほうがいい?
「まぁ、それはどちらでもなのかな。細かくってもそれに合わせるのは楽しいですし、フリーで即興的なのにも、あぁ~、この感じねぇ~とか、この展開ねぇ~とか、これはお客さん求めてるんじゃないのかぁ~とか、そういうのを探り合いながらプレイを進めて行くのも楽しいですし。私は、どっちでも大丈夫なんですよね」
けっこう、柔軟に対応できるんだねぇ~。ちなみに過去に、何かお芝居の経験でも?
「あはは! いえいえ、何もないですよぉ~。ただただ、イメージを頭に思い浮かべて、実際にそれを、私だったらこうするだろうなぁ~って感じで、お話したりするだけですから」
へ~。じゃあ、例えばの設定は?
「例えば、団地に住んでて、隣の奥さんがエロくって、留守番してるところに急にピンポーンってやって来ちゃったところから、スタートするとか」
あはは。そんなAV、ありそうだな~。
「うふふ。まさに、AVみたいですよね。ありがちですけどね。でもほんと、そんな感じでよくシチュエーションプレイして楽しんでるんです」
うんうん。どんな感じで会話するか教えて欲しいな~。
「例えば…、ピンポーン。こんにちわぁ~(お芝居のスイッチ入った感じで言ってくれる)」
あはは。いいね~。じゃあ、僕も乗っかります。

『あっ、岩崎さん。こんにちわ。どうしたんですか?』
「あのねぇ~。お母さんに用事があったんだけどぉ~、いらっしゃるぅ~?」
『あっ、いえ、今日はパートに出ちゃってるんですよねぇ~』
「そうなんだぁ~。…で、あなたは? 今日は、お休み?」
『はい。そうなんです、今日は仕事休みで、ゴロゴロしてたんですよ』
「あらぁ~、そうだったのぉ~。お休みはいつも、1人でいることが多いの?」
『そうですね~。特にすることもなくって…』
「あらぁ~。じゃあ、1人で家で、何してるのぉ~?」
『いやっ。まぁ~、それはちょっと…』
「うふふ。何々ぃ~? 何してるのぉ~?」
『いや、まぁ、ちょっと…。言いづらいは言いづらいんですけど…』
「なにぃ~? もしかして、イヤラしいことでもしてるのぉ~?」
『あっ、いやっ、その…』
「あらっ、まぁ~。もう~。いつもイヤらしいこと、1人でしちゃってるの?」
『いやいや。そんな、恥かしいですよ~っ!』
「そうなのぉ~? もぅ、顔赤くしちゃってぇ~。可愛いわねぇ~。そんな、1人でしちゃってるってことは、彼女は?」
『いや、今、いないんです…』
「そうなのぉ~。と言うか、今までは? もしかして、経験、ないんじゃない? ってこともないか。あなた、モテそうだもんねぇ~」
『いやいや。あの、まぁ、実は、そうなんです…。経験、まだないんです…』
「あらぁ~、そうぉ~。じゃあ、今のお相手は、エ○チなDVDとか、ネット動画なんだぁ~。どんなの見ちゃってるの? 教えてごらんなさいよぉ~?」
『えっ、そんな…。あの、なんて言うか…、けっこう、熟女物のやつが好きでして…』
「うふふ。そうなのぉ~。いいわねぇ~。でも、私ぐらいの歳は、だめなんでしょ~?」
『いえいえいえいえっ! そんな、そんなっ! 岩崎さん、とっても魅力的です!』
「まぁ~、嬉しいこと言ってくれるわねぇ~。でも、お母さんみたいな感じじゃない?」
『それが、いいんです…。僕、マザコンなので…。そういうので、興奮しちゃうんです…』
「そうなのぉ~。…で、お母さんは、いつ帰って来るの?」
『えっと…、けっこう、遅いみたいです』
「あらぁ~、そうなんだぁ~。うちと同じねぇ~。うちはいっつもだけどね。主人が仕事仕事って言って、いっつも帰り遅いのよねぇ~」
『そっ、そうなんですか…』
「うん~。そんな毎日だから、やっぱり寂しくなっちゃうのよねぇ~」
『は、はぁ…。じゃあ、岩崎さんは寂しいとき、どうしてるんですか?』
「寂しいときぃ~? 寂しいときはぁ~、やっぱり自分でしちゃうとき、あるのよねぇ~」
『えっ…。そ、そうなんですか…』
「恥かしい話だけどねぇ~。こんな歳になって、何やってんだろってね」
『いえいえ。そんな、歳なんて、全然関係ないですよ。岩崎さん、素敵ですよ』
「そう言ってくれるの? 嬉しいわねぇ~。ねぇ、ちょっと、時間あるなら、一緒に、どう? 私を…、試して見ない?」

来たね~。ここからだ! こういうことか~。
「あはは。そうです、そうです。こんな感じ」
けっこう長くやり取りするんだね~。だからこそ、リアリティがすごかったわ。
「うふふ。まぁ、それもケースバイケースですけどね。けっこう、短い時間でガッと行くときもありますけど、でもだいたいは、こんな感じでジワジワとお話を進めて、その間のドキドキしてる感じを楽しんじゃうことが多いんですよね」
すごいな~。全然詰まらず、ポンポンと展開してくれたし。
「うふふ。楽しかったですね~。記者さんも、童貞で控えめな性格ってキャラがはっきりしてたので、すっごい分かりやすくてやりやすかったです」
うんうん。僕が童貞キャラだったからこそ、あのジワジワ来る感じ?
「そうですね。やっぱり、そんな子にガバッと行くのは、ね。刺激が強いと思いますから」
さすがだわ~。そうなると、キャラやシチュエーションによって無限だね。
「できちゃうと思います。そういう細かくを設定つけて、いろいろリクエストしてくれるお客さんもいらっしゃいますしね。今のは団地の設定でしたけど、2世帯家族で同居してる義理の兄の嫁をやって欲しいとか、かなり家族構成までしっかりした設定でリクエストしてくれたるすることもありますし」
細かいね~。しかも、今の設定の話とかも、めちゃくちゃ楽しそうに話すもんな~。
「あはは! やっぱり、好きなんでしょうね。興味がどんどん膨らんでくると言うか。やり取りを考えてる最中は、めちゃくちゃウキウキしちゃってますもんね」
うんうん。
「あと、こういう設定から実際にエ○チの展開になったら、もうその設定のままエ○チになるので、内容が濃くなるような感じがあるんですよね。会って間もないお客さんだとしても、なんだかその世界の中では十分に知れちゃってる関係ができちゃうと言うか。例えそれが、現実でないとしても、プレイ中はそれが現実になりますから」
確かに! 関係性ができたほうが、燃え上がるのもわかる気がする。
「ですよね。シチュエーションでやり取りしてるときも楽しいですし、そのあとのエ○チもよりよくなりますし。なので、こういうプレイはいいですよねぇ~」
じゃあ、攻めるに限らず、お客さんのリクエストを受けての楽しみが、今は大きいのかな?
「そうですね。それで、もっと攻めるようにしてください! みたいな展開をリクエストされたら、それはもっと燃えちゃいますけどね。やっぱり、そんな感じで攻めたことは過去にはなかったんですけど、設定の中で盛り上がってとなったら、グイグイと攻めれちゃう私がそこにはいるので。なので、そういう攻めの楽しさを、それで覚えちゃったって感じなんですよね」

【充実の浴室プレイ&安心して任せられるIスやMット】トップに戻る

浴室でのプレイについてはどう?
「Mットも好きですし、ボディ洗いについても、その場その場で、けっこう丁寧にしたり、エ○チにしたり、様子見ながらやってるって感じですね」
なるほど。岩崎さんは、お仕事も安心して任せれそうだもんな~。
「うふふ。まぁ~、一応は一通り、しっかりできてると思いますね」
ちなみに、その場その場で様子見ながらとは?
「やっぱり、だいたいは即フ○ラ即挿○で1回戦してからの浴室じゃないですか。なので、ボディ洗いのときに、お客さんがどういうテンションなのかって部分を大事に見てますね」
ほう。
「例えば、1回戦終わってからのボディ洗いの時間は、やっぱり休憩の時間と捉えてる方も多いと思うんです。そんなときに、執拗にオチ○チンをいっぱい触っちゃったら、くすぐったいからやめて~ってなる方もいらっしゃると思いますし」
確かに。
「逆に、復活が早い方は、ボディ洗いの最中にも私のカラダをいっぱい触って来たりして、なんならオチ○チンも大きくなって来てぇ~ってなったりすると、あっ、もういい感じなんだ、じゃあ、私もっ! ってなって、オチ○チンを手コキしたり、泡流してからIスフ○ラしちゃったり、そのままバ○クで入れちゃったりぃ~ってときもありますし」
お~っ。Iスバ○クか~。
「うふふ。そうですね。それも、お客さんの復活次第と言うか、ムラムラのテンション次第ですけどね。私は、復活してもうここで2回戦できるのなら、いつでもしちゃいましょうよ♪ って感じではあるので」
いいね~。実際、Iスバ○クは、なかなか機会がないんだよな~。
「まぁ、そうですよねぇ~。Iスでしなくても、このあとMットもあるし、そのあと時間次第ではBッドに戻ってからももう1回ってできますもんね。回数多くできない人は、Iスで1回出しちゃうのはもったいないって感じる方もいるかも知れませんね」
確かに。じゃあ、4回とかイケちゃうお客さんは、全然OKと。
「はい。それはぜひぜひです。Iスでしちゃっていいですし、たまぁ~に、浴槽の中で混浴しながら挿○しちゃうこともありますから」
お~っ! それもエロいな~。
「うふふ。混浴してて、同じ方向向いて一緒に入ってたら、お尻の辺りでムクムクとしたものを感じちゃってて、それで、気付いたらもう、ナカに入っちゃってたぁ~みたいなね」
エロいな~!
「うふふ。もう、したくなったら、いつでもしましょ♪ って感じなので。気持ちが乗ったときが、エ○チのしどきだと思ってますから」
いいね~。これぞ、最高の時間をすごしてるって感じだよな~。
「あとはまぁ、Iスでも浴槽でも、挿○だけで、イカなくてもいいと思いますしね。やっぱり、Mットとか、Bッドで全力でイキたいって人は、その途中ではイカずに途中で止めてっていうのもありだと思いますしね」
それも嬉しいな~。楽しさだけを堪能できると。
「もちろんです。それで、さらにムラムラを大きくさせた状態で、MットとかBッドをさらに楽しんでもらえればと思いますので」
うんうん。じゃあ、Mットについてはどう?
「Mットに関しては、そんなに高度なテクニックがありますって言えるような感じではないと思うんですけど、一応心掛けてるのは、ゆっくりと、1つ1つの動きを丁寧にしようとは思ってますね」
うんうん。
「まぁ~、何もなければ、私の動きの流れが決まってるので、それをさせていただくことが多いって感じなんですけど、でもこれもケースバイケースで、お客さんが途中で手を出して来てくれることもあるので、そのときはお客さんのしたいようなことを邪魔しないように、一緒に絡み合いながらMットするみたいなこともありますし」
なるほどね~。ちなみに、どういう手の出し方?
「単純に、触って来るだけもありますし、挿○のときに逆になることもありますし」
ほう。Mットで正○位と。
「そうですね。まぁ~、滑らないようにタオルを敷いてって感じですけどね。やっぱり、何もないと、滑って転ぶと危ないので」
うんうん。そういう、逆転も好き?
「そうですね。お客さんが楽しんでいただけるのであれば、全然いいと思います。でもまぁ~、やっぱり挿○までは、私の流れを一通り受けて欲しいなぁ~っていうのも少しあるかも。これも感じて欲しい、あれも好きかも知れないって思いながら、全部受けていただきたいなぁ~って気持ちはあるので。途中で中断って感じになると、あぁ~、あの動きができなかったなぁ~、してあげたかったなぁ~って後悔した気持ちになっちゃうかも」
なるほどね~。まずは、全て受けて欲しいと。
「そうですね。Mットはやっぱり、ね。お客さんにもそういう楽しみを受けて感じて欲しいなって思いますから」
うんうん。じゃあ逆に、岩崎さんが思う、Mットの楽しさは?
「やっぱり、反応ですね。どこをどう滑ってても、お客さんそれぞれに反応が違うので、いい反応があるところを見つけて、そこを刺激してるときが楽しいですよね」
やっぱり、反応がある、ないとでは全然違うと。
「違いますねぇ~。反応あるところを見つけると、ここだぁ~! ってテンション上がって、私も、もっとやってやるスイッチみたいなのが入るんですよね」
いいね~。ちなみに、反応の大きさも関係はある?
「まぁ~、大きければ大きいほどわかりやすいですけど、でも、こそっと反応してるのを見つけたりとか、あとは、どうしても反応しちゃってるっていうのを見つけるのも楽しいですよ。そんな、アンアンとアエがなくても、感じるところを刺激してると、オチ○チンが1段階、ムクッとなったりとかね。そういうのを確認するだけでも、あっ、反応してくれてるぅ~って感じれるので」
うんうん。じゃあ、統計的に、ここがよく反応するって部分は?
「それは、ありがちかもしれないですけど、タマタマの裏辺りから、オチ○チンの根元付近までの、あのフワフワとした柔らかい部分を攻めてるときですかね。あそこを刺激してると、みんな、うっ、ってなったり、それこそオチ○チンがムクムクってなったりする方が多いと思います」
いいね~。ちなみに、どんな体勢で?
「お客さんがうつ伏せになって、お尻を突き出してもらってる体勢ですね。私がお客さんの下に下半身だけ入れ込んでって感じの。そのときは、アナルも攻めますし、その、フワフワしたところもいっぱい攻めますし」
いいね~。その体勢は、されてる方としては、全てを捧げます! って感じだもんな~。
「あはは。そうですよねぇ~。どうにも動けないですもんねぇ~」
けっこう、恥かしい体勢でもあるしね。
「うふふ。だと思います。だって、もう、いろんなものが丸見えですもんね。なので、そのシチュエーションも手伝ってか、お客さんはいい反応してくれることが多いんですよね」
わかるな~。じゃあ、その体勢になったら、岩崎さんはスイッチが入ったと思えばいい?
「うふふ。いいと思います。もう、本気でウキウキしながら、あれこれいっぱい刺激しちゃいますから」
いいね~。ちなみに、そういうのが恥かしすぎちゃうお客さんには?
「います、います。でも、いったんはやりますね。で、どうでしょう? って。それで、本当に恥かしすぎてだめって人は止めますけど、『恥かしい、恥かしい!』って言いつつも、『あれ? やってみたら、この感じ、ちょっと好きかも…』ってなるお客さんも多いですし」
なるほど。何かが芽生えたのかもね。
「そうですね。それで、もっとして欲しいってなるお客さんもけっこういるんですよね。なので、とりあえずはちょっとだけでも、受けてもらえればなって思いますね」
いいね~。そういう乗せ具合も、岩崎さんは上手そうだもんな~。
「うふふ。ありがとうございます。一応、刺激の加減とかは、そういうお客さんにはちゃんと調整はするよう気をつけてますね。くすぐったくなりすぎずとか、そういう感じで」
うんうん。やっぱり、お仕事も十二分に任せれる、岩崎さんだわ。
「いえいえ。うふふ。ありがとうございます」

【即興も任せてのシチュエーションプレイ】

【充実の浴室プレイ&安心して任せられるIスやMット】

お客さんにメッセージを。
「したいこと、恥かしがらずになんでも言ってくださいね。一緒にそれを、楽しみましょうぉ~♪」

[取材後記]
お客さんのしたいことを察知するアンテナが、とても敏感だと思いました。今、お客さんがどうしたいのか? 何を求めてるのか? を察知し、合わせてくれる。こういった能力についても、とても優れていると思います。現に、即興でシチュエーションプレイの会話をしてみましたが、あれこそ僕の会話を受け取りつつ、しっかりリードもしてくれつつといった感じでした。こういうスキルの高さもまた、熟女の女の子の魅力の1つなんだと思います。[PLAYGIRL/ビリケン]




岩崎
T166/B83(B)/W58/H85

シャトーペトリュス』 - 吉原
TEL:03-3873-4020

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ