川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. ビッグマン - かなめ

インタビュー ビッグマン - かなめ

インタビュー No.3606

お薦めのコスプレベスト3でガツガツ来てください。脱がせるも脱がせないも貴方次第。お返しに生殺しのフ○ラはいかがですか?

「ビッグマン」かなめさんのプロフィール写真

「ビッグマン」かなめさんのプロフィール写真

「ビッグマン」かなめさんのプロフィール写真

「ビッグマン」かなめさんのプロフィール写真

「ビッグマン」かなめさんのプロフィール写真

かなめ - ビッグマン - 2014.02.21
いろんなコスプレが出来ちゃう店の女の子は、なかでもどんなコスチュームが好きなのか? それを着てどんなプレイがしたいのか? とても興味が沸いちゃいます。はたまた、コスプレに対して、自分の想像範囲外の楽しみ方も知りたいな~とも思ったりも。まずはその辺りから聞いて来ましたよ。


コスプレ店と知って、この店に?
「いえ。実は全然知らなかったんです」
そうなんだ。じゃあ、入店のきっかけは?
「知り合いの紹介なんですよね。ソープのお仕事に興味があったので、紹介して貰って来たら、コスプレ店だったって感じなんです」
それじゃあ、コスプレへの興味はなかった?
「ありました。なので、ちょっとラッキー♪ って感じで。うふふ。あんまりイメプレとかするのは得意じゃないんですけど、コスプレ自体は大好きなんです」
それはよかった。コスプレのよさってなんだと思う?
「いろんな格好出来るのが楽しいですよね。その職業になれるわけじゃないけど、ちょっとその雰囲気は味わえるというか」
うんうん。プライベートでのコスプレ経験は?
「少しだけありました。ハロウィンのときに、ディズニーランドに行ったんですけど、その時に不思議の国のアリスの衣装を着て行きましたね」
どこで買ったの?
「ネットで買ったんですけど、アリスの衣装としてのセットで買ったんじゃなくて、青いメイド服と、金髪のウィッグと、髪飾りとって、別でそれっぽいのを買い合わせて、アリスみたいに仕立てたんですよね。これ、写真なんですけど…(写メを見せてくれる)」
すごいな~。完璧じゃん。このセットで売ってそうなぐらい。ドンキとかよりクオリティ高いよね。
「ちょっとこだわったんですよね。せっかく着るし、あんまり安っぽい感じにしたくなかったので」
コスプレ好きは本物だね。
「そうなんです。なので、ここでのお仕事はエ○チなこと+αで、自分もコスプレを楽しんじゃってるんです」
じゃあ、かなめさんのお気に入り衣装、ベスト3を教えて?
「はい。えっと~…はい、OKです」
まずは第3位?
「キャビンアテンダントの黒ですね」
ほう。その理由は?
「これは、子供の頃とかの人気の職業だからというか、自分の人生の中で、このまま普通に生きてたら絶対に着れない衣装だからですかね」
実際にCAになりたかった?
「いやぁ、実際になりたかったわけではないんですけど、CAさんって、美人な人が多いイメージあるじゃないですか。それで、単純な憧れみたいなものは子供の頃から抱いてました」
なるほど。そういうのを聞くと、コスプレするの楽しそうだな~って思うよね。こっちも衣装着て一緒にエ○チしたくなっちゃいそうだし。
「あっ、そういう人で、自分の分を実際に持参した人いらっしゃいましたよ。さすがに、CAに対してパイロットの衣装を持って来たとかではないんですけど、私に体操服とブルマを履かせて、お客さんは男子用の体操服を持参してってした人いましたね」
へ~。いいね~。体操服ならすぐ用意出来そうだしね。
「そうなんです。普段、私が体操服を着るときは、お客さんは私服とかスーツなので、先生と生徒みたいな雰囲気になるんですけど、体操服同士だと、同級生みたいな感じになって、なんか余計にリアリティが増すんですよね」
体操服同士だと、実際にみんな経験したことあるシチュエーションだから、リアリティもありそうだしね。
「ですよね。なんか、一緒に体操服着てると、体育館の倉庫でこっそりイチャイチャしちゃってる感じを思い描いちゃったりとかして、テンション上がっちゃいましたね」
うんうん。じゃあ、続いて第2位は?
「ピンクのメイドさんですね。HPの写真の3枚目のですね」
(写真を見て)これ、メイドなんだ? もう、露出が多すぎてメイドに見えないんだけど。
「うふふ。そうなんです。でも、一応メイドなんですよね。小さいですけど、エプロンもあるので」
ほんとだ。でも、そんな所より、大きなオッパイと、丸見えのパンツに目がいっちゃうな~。
「あはっ♪ そう言われて見られると恥ずかしいですねぇ」
これのお気に入りポイントは?
「このメイド服、生地がツルツルしてるんですよね。なので、肌触りがとってもいいんです」
ほう。じゃあ、服の上からサワサワとか?
「あぁ~、そういうのいいですね。この衣装だと、触ってるほうも、触られてるほうも、すっごい気持ち良いんですよ」
じゃあ、脱がさずにこのままいろんなことしちゃったほうがいいのかな?
「あぁ~、それ悩みますねぇ~。この衣装のよさとして、脱がせやすさもあるんですよね。なので、そこはまぁ、お好みでですね」
そっか~。そうなると、お客さんも悩むだろうな~。
「うふふ。この衣装だと、パンツだけ脱がして挿○しちゃったり、もしくはパンツ脱がさずに横にズラしてオチ○チン入れちゃったりとかもいいんじゃないかと」
あ~、それもいいね~。
「ちなみに、うちのお店はこの衣装のままでどこまででも出来ますからね。この衣装のまま、一緒にお風呂入ってもいいですし、MットでLーションまみれになってもいいですし」
そうなんだよね~。そこまで言われたら、脱がさないで最後までしたくなっちゃうよな~。
「まぁ、Mットに関しては、肌触りとしてはやっぱり生肌が気持ち良かったりするんですけどね。衣装着てると雰囲気は興奮するんですけど、肌感覚としては、やっぱり生肌なのかなって思ったり」
なるほど~。じゃあ、脱がしたほうがいいのかな~? 最初は着たままエ○チして、一緒にお風呂入って、お風呂で脱がしてから裸でMットがお薦めかな?
「でも、それがもしセーラー服着てたとして、女子高生をヌルヌルにさせて、フ○ラとかさせちゃってるってシチュエーションとかもまたいいんじゃないですか?」
うんうん。それもいいな~。悩むね~。
「うふふ。みたいな感じで、お好みで服を脱がすタイミングを選んで貰えればいいかと思います」
いや~、これはお客さんも悩み所だと思う。その悩みがまた楽しさにもなるしね。
「ですよね。コスプレのよさですね」
じゃあ、いよいよお気に入り第1位を?
「スケスケの着物ですね」
へ~。そういうのもあるんだ。
「これ、なんと言って表現したらいいのか分からないんですけど、とにかくエロいんですよねぇ。この衣装着るときは、ブラジャーなしで、乳首が透けてる感じがとってもエロいんです」
ほうほう。
「なので、プロフィールの写真も、これを着て撮りたかったんですけど、ネットの写真とかだと乳首見えちゃダメで、ブラジャーをしなきゃいけないってことで諦めたんですよね。この衣装でブラジャーなんてしちゃったら、せっかくのエロさがもったいないって思って」
じゃあ、実際に見られるのはここでだね。
「そうなんです。これ、ぜひリクエストして欲しいです」
ポイントは、見た目のエロさだよね?
「そして、これも触り心地がサラサラしてて、気持ち良いです」
なるほど。これは、どう攻めればいいのかな?
「衣装の上から、オッパイをサワサワ触って欲しいです。衣装の触り心地と、ノーブラなので、乳首がちょっと透けちゃってるのもあって、絶対興奮して貰えると思います」
いいね~。ちなみに下は?
「パンツ履いてますけど、このときはTバックです」
それもいいな~。
「それに、この衣装を脱がすのも楽しいと思います。和服特有の、肌蹴ていく感じがとってもエロさが増していいんですよね」
帯はあるの?
「あるのとないのとあるんですよね。まぁ、帯があるのでも、ポチッとボタンで留めるタイプなので、クルクル引っ張って、あぁ~れぇ~ってのは出来ないんですけど、それでもそれを外す楽しさはあるでしょうし、帯はなくても、腰紐をほどいて衣装を真ん中から開いちゃうって楽しさはあると思います」
うんうん。脱がす楽しさもあるよね。
「コスプレは、脱がすときの楽しさはかなり大きいですからね。それに、私自信も脱がされてる瞬間が大好きですし」
かなめさんが楽しんでるポイントは?
「少しずつ裸になっていくことで、どんどんとエ○チすることへ近づいていってるんだなっていう、カウントダウン的な楽しさですかね。少しづつ脱がされていくことで、それと同時にテンションも上がっていっちゃうんですよね」
なるほど。
「あと、脱がされながらも、触れ合いがあるじゃないですか。ついつい触っちゃったみたいな触れ合いから、ガッツリと触られてるぅ~みたいなのもありますし、キスしながら脱がされてるぅ~とか。そういう、序盤のせめぎ合いみたいなのも、すっごい好きなんです」
相手を脱がすことも興奮する?
「そうですね。脱がすのも大好きです」
脱がしてテンション上がる服ってどんなのかな?
「Yシャツですかね。Yシャツのボタンを1つずつ外してるときは、興奮がどんどん積み重なっていっちゃいますよね。すぐに脱げなくて、1個づつ、徐々に脱げていくあの感じがとってもいいですよね」
ほ~。やっぱり、服に対してはかなり思い入れがありそうだね。
「ですねぇ。ここでお仕事して、コスプレじゃなくても、服自体という物も重要なんだなって気付いたかも知れないですね」
うんうん。
「なので、ぜひ一緒に、エ○チの前段階で、“服”という物で一緒に楽しみたいですね。コスプレとしての見た目や脱ぎ方、脱がせ方、全部ひっくるめて、一緒に楽しみたいです」


攻め受けの好みは?
「私はどちらも好きですね。お店では、お客さんの要望に合わせて応えるタイプだと思います。攻めでも受けでも、イチャイチャでも、お仕事的にして欲しいでも、なんでもそれに応えたいなと思ってます」
どっちも五分五分って感じ?
「五分というより、まさになんでも好きって感じなんですけど、言い方を変えると、両方というか、全部がいいです」
ほう。と言うと?
「我がまま言っていいなら、1日のうち、全部まんべんなくしたいって感じなんです。その日1日で、1人目のお客さんは攻めになって、2日目は受けになって、3人目はイチャイチャしてとか、そんな風だとチョ~幸せですよね」
あはは。そういう意味ね。
「まぁ、本当に我がまま言わせて貰うならですけどね。その日1日で、いろんなエ○チしたいんです。逆に、1日中攻めっ放しとかだと、途中で飽きちゃって、つまんなくなっちゃったりするでしょうし」
じゃあ、1人のお客さんとのプレイで、攻め受けいろいろしちゃうっていうのは?
「それはそれで、全然いいですよ。攻め受け両方したい人であれば、全然OKです。でも、人それぞれに、攻め好き、受け好きってあると思うので、あるならそっちをしていただければなって思いますね。ここでのエ○チは、私に気を使ったり、バランス考えたりして両方しようって思っていただかなくても、お客さんがしたいほうのエ○チをしていただければ、私もそれにお応えするので大丈夫ですよ」
うんうん。
「それに、攻め受けどっちかに好みがある人なら、どっちかに専念して貰ったほうが、いいエ○チになると思うんですよね。お客さんには、私を気遣って自分の好みのプレイを崩すようなことはして欲しくないです。どんどん自分が楽しくて、興奮しちゃうようなエ○チを、してきて欲しいなと思うんです」
それこそ、お客さんにも我がままになって欲しいんだ?
「ぜひぜひですね」
その中でも、かなめさんが感じちゃう攻められ方は?
「Bッドに座ってて、後ろから抱き寄せられると感じちゃいますね」
抱き寄せられながら、どうされたい?
「手はオッパイ揉んで貰って、同時にうなじにキスされたいですね。これされたら、一瞬で濡れちゃうかもしれないです。うふふ」
へ~。そんなに感じちゃうんだ?
「そうですね。カラダ全体の反応も大きいと思いますよ。ビクッ、ビクッて。それぐらい、うなじ攻められるとヤバいんですよね」
後ろからが重要なのかな?
「そうですね。あの、包まれてるって感覚が、敏感さを増幅させちゃうんだと思います」
なるほど。
「あと、背後からっていうことで、自分が見えない所から、攻められちゃってる感じも興奮しちゃうんですよね。SMとかはあんまり詳しくないんですけど、縛られたり、目隠しされたりする感覚って、こういうことなんだろうなぁ~って思ったりします」
拘束の経験は?
「タオルで軽く腕を縛られたことはあります」
どうだった?
「それをされたときは、腕を縛られて頭の上に上げた状態で正○位したんですけど、やっぱりちょっと興奮しましたね。自由さを奪われるってこういうことなんだぁ~って」
あらら。じゃあ、ちょっとSMっぽいプレイにも興味ありなのかな?
「どっちかっていうと、嫌いじゃないと思います。でも、あんまり激しいのはちょっと怖いかも」
うんうん。じゃあ、相談しながらだね。
「そうですね。少しずつ、ソフトにソフトにお願いしたいです」
他に感じちゃう攻められ方はある?
「さっきのSM話じゃないですけど、急にガッと来られるのも、ちょっと興奮しちゃうかも」
ほう。
「最初のコスプレの話のときは、ゆっくり徐々に進展してって言ってたんですけど、それとはまた別で、性欲を抑えきれないぃ~みたいな感じでガツガツ来られたりするのも好きなんですよね」
これまた、ゆっくりとガツガツとか。両極でも楽しめるんだね。
「そうですね。まさに、そのどっちかが好きなんだと思います。ゆっくりじっくりなのか、ガッと来られる感じか」
どういう状態でガッと来られたい?
「お部屋に入った瞬間とかにですかね。以前、そういう風になったときは、私の衣装がマイクロビキニだったんです。乳首とアソコがギリギリ隠れるぐらいしかないような小さいビキニで、それを着てたからか、お客さんがすっごい興奮してくれて、部屋入った瞬間にガッと来られたんですよね」
なるほど。まさに、もう我慢できないよ~って感じだ。
「マイクロビキニじゃなくても、ピッチリしたボディコンのようなの着てたときも、そんなことがあったような…」
確かに、衣装によってはかなり興奮を煽られちゃうもんね。
「なので、その辺はお客さんも、興奮した感情そのままに攻めて来てもらったりすると、私もそれで一緒に興奮しちゃいますね」
そこからさらに、どう攻められたい?
「基本的には舐められるが好きですね」
舐められたい部分は?
「やっぱり、オッパイとクリが1番かなぁ~」
オッパイはどう舐められたい?
「舐められるのはどんな感じでも気持ち良いと思います。大きくペロペロ舐められても、乳首の先をチョロチョロ舐められても。むしろ、その両方とか、いろいろやって欲しいってぐらいかも」
ほうほう。
「そうやっていっぱい舐められてると、もうアソコも濡れまくっちゃって、大変になっちゃうことありますしね。もう、グッチョグチョってぐらいに」
そんなに濡れちゃうんだ?
「溢れちゃって大変ってなるときありますよ」
じゃあ、その大変なアソコを舐められるとしたら、どう舐められたい?
「クリも、どう舐められてもすっごい感じちゃいますね。触られても感じるんですけど、舐められるともっとヤバいってなっちゃいます」
さらに反応しちゃうんだ?
「はい。あと、私のクリちゃん、他の女の子よりも大きいらしいんですね。それを見たお客さんみんな、大きいから舐めがいがあるって言って、いっぱい舐めてくれるんですよね」
へ~。そう言われると、興味沸いちゃうな~。
「うふふ。でも、私自身はあんまり分からないんですけどね。他の女の子と比べたことがないので」
そうだよね。どれだけ舐められても感じっぱなし?
「感じっぱなしです。ずっと気持ち良いので」
声も出ちゃう?
「いっぱい出ちゃいますね。オッパイ舐められてるときよりも、何倍も声出ちゃってると思います。カラダ自体も、じっとは出来なくて、クネクネしちゃったり、腰浮いちゃったりしちゃってますから」
なかなかの反応だね~。
「もう、本当に我慢できないんですよね。我慢しようと思っても、感じちゃうほうが大きくて、ついついってなっちゃうんです」
声はどれぐらい出ちゃうの?
「絶対、廊下まで聞こえちゃってると思いますね。たまに、他の部屋の女の子の声とか聞こえてくるときあるんですけど、私の声も絶対フロア中に響いちゃってるだろうなって思いますもん。うふふ」
いいね~。そのぐらい自覚あるんだね。
「そうですね。恥ずかしいぐらい出ちゃってると思います。他の女の子に会ったときに、私の声がどれだけ響いてるか聞いてみたいなって思うぐらいです。恥ずかしくって聞けないですけど」
あはは。それは確かに恥ずかしいよね。でもそれ、ソープの女の子あるあるなんだろうな~。
「うふふ。そうだと思います。自分の喘ぎ声って気になりますよね」
セリフが出たりとかは?
「言葉はあんまり言ってないかなぁ…。言うとしたら、気持ち良いぃ~とか、もっとしてぇ~ぐらいかなぁ…」
うんうん。十分言ってると思う。
「ある程度はちゃんと、今私気持ち良いですよぉ~っていうのを伝えたい気持ちもあるんですよね。なので、感じちゃってるときは、気持ち良いぃ~っとはよく言っちゃってると思います」
感じてるかどうかは、腰浮くぐらい反応してくれてるから、伝わってると思うけどね。
「いや~ん、それ言わないでくださいうおぉ~。自分で言ったけど、改めて言われると恥ずかしいですぅ~」
あはは。逆に、言葉攻めされるのはどう?
「出来る限りは答えますけど、私は恥ずかしくなっちゃいますねぇ」
その、恥ずかしがってる姿がお客さんは興奮してると思うよ。
「あぁ~、確かに、言葉攻めってそういうものなんですもんねぇ~」
例えば、『恥ずかしがってないで。アソコに何入れて欲しいの? だったらちゃんと言ってみな』って言われたら?
「いや~ん、恥ずかしくって言えないですぅ~♪ って返事しちゃうかも」
うんうん。そういうやり取りもいいね。
「あ~、なるほど。というか、こういうのはよくやってますね。実際に恥ずかしいので、そのまま素直にそう答えちゃってます」
『何入れて欲しいのか言わないとやめちゃうよ』
「いや~ん、止めないでぇ~♪」
あはは。なんだやってるじゃん。
「うふふ。まぁ、自分からおねだりしたりは、さすがにあんまり出来ないですけどね。お答えする分には、全然大丈夫です」
なるほどね。ちなみにナカへの指入れは?
「指入れも気持ち良いんですけど、やっぱりクリ派なんですよね」
イクことは?
「クリだと舐められてるだけでイッちゃいますね。指入れだけだとあんまりイカないかもですけど、クリでいっぱい感じさせられてから、オチ○チン入れられたら、ナカでもイッちゃうことありますね」
うんうん。イキやすいとかは?
「ん~、どうなかなぁ~。これは体調なのかも。イキやすい日と、イキにくい日があるって感じなんですよね。その日1日、毎回のエ○チでイクときもあるし、全然イカない日もありますし」
なるほどね。じゃあ、好きな体位は?
「正○位ですね。オチ○チンが入ってるのが見られるので」
ほう。アソコ見てたいんだ?
「そうですね。今、どうなってるのか? っていうのが気になっちゃうんですよね。同じように、お客さんが気持ち良さそうにしてるのも見ていたいですし」
あはは。観察しちゃうんだ?
「そうなんです。ついつい、興味沸いちゃって」
オチ○チンの突かれ方は?
「これも、正○位だと当たり所がいいので、、突き方はなんでもいいです。あんまり深く入るのと痛くなることがあるので、バ○クは苦手なんですけどね」
なるほど。他に、興奮しちゃう体位はある?
「これは、よっぽどのレアケースだったんですけど、Bッドでエ○チしてて、ちょっと場所移動しようかってなって、浴槽に移動したことがあるんです。それで、浴槽に足を入れた状態で、お互いに向かい合いながら立ってやってたんですけど、それでもなんだか動きづらいなぁ~ってなって、今度私が浴槽のヘリに、両手両足をついて仰向けになって、そこからオチ○チン入れてエ○チしたこととかありましたよ。これは、なんだこのすっごい体位はぁ~!? ってちょっと興奮しちゃいましたね」
あはは。まさに、なんだその体位って感じだね。
「もちろん動きづらいし、バランス悪いからやりづらいんですけど、でもなんか、こういう状況にちょっとテンション上がっちゃいますよね」
そういう、レアなシチュエーションは好き?
「好きですねぇ~。興奮しちゃいます。しかもそのとき、セーラー服着てましたから」
あはは。もう、余計になんだこれって状況だね~。
「うふふ。ですよね。あとから考えたら、笑っちゃう様な状況なんですけど、実際にエ○チの最中にそうなったら、オチ○チン入れるの継続していたいって思うから、ついついどんな体位でもお客さんの要望に合わせていって、こんなことになっちゃうパターンもあるんですよね」
うんうん。そういう要望にも、かなめさんはお付き合いしてくれるんだもんね。
「はい。むしろ、こういうのして貰ったほうが、テンション上がって楽しめますよね」


攻めのときはどう?
「攻めも楽しんでますね。私自信が受けの楽しさを知ってるので、それをお客さんに味わって貰って楽しんで貰うことで、私も楽しくなってるんだと思います。私が攻めて、喘いでくれたりしたら、すっごい嬉しくなっちゃいますから」
どう攻めて喘がせてるの?
「乳首舐めたりは好きですね。男性でも、こんなに乳首感じちゃうんだぁ~って思うことよくありますから。女の子みたいに喘いでくれたりする人、多いんですよ」
へ~。
「お客さんも、せっかく楽しみに来てるんだから、出来る限り気持ち良くなって楽しんで帰って貰いたいなって思うんですよね。そのために、私が攻めて感じるところがあれば、それを探して見つけて、いっぱい攻めてあげたいんです」
気持ち良い部分は探すのは得意?
「いやぁ~、これは様子みながらいつもやってるので、どうでしょう? まずは軽く攻めてみて、感じるかなぁ~、どうかなぁ~って慎重にしてるような感じなので、自信満々っていうのではないと思います」
けっこう気遣いながら攻めてくれるんだ?
「そもそも、攻められるのが苦手な方とかもいますからね。なんでもかんでも攻めかけたりはしないようにしてます。お客さんの好みを判断してから、いろいろ探って攻める感じなんでしょうね」
他に、攻めで大切にしてることは?
「フ○ラは絶対に気持ち良くなって貰うように大切にしてます。フ○ラに関しては、ちょっと自信あるって言えるかもしれないです」
ほう。どんなフ○ラしてくれるの?
「基本は、柔らかく、ふんわりしたフ○ラで、ずぅ~っと気持ち良いフ○ラだと思います。言い方を変えると、いい意味での生殺しのようなフ○ラですね」
あはは。生殺しか~。
「うふふ。ず~っと気持ち良いんですけど、絶対にイカせないフ○ラなんですよね。やわやわと気持ち良い刺激が続くので、ほんと生殺しのような状態だと思います」
イキそうになっちゃうお客さんもいるでしょ?
「そうすると、動きを止めたり、もっとソフトにしたりして調整しますね。言ってしまえば、イカせるフ○ラは簡単なんですよ。いっぱい動いて、激しい刺激を与えちゃえば、イカせられるんですけど、その逆のことを丁寧にすることで、生殺しのフ○ラを保てるんですよね」
それでもイッちゃいそうになることあるだろうな~。
「そういうときは、刺激を変えるんですよね。今までペロペロ舐めてたのを、今度は空気を含むようにして咥えてみたり、カリだけを吸うようにしてみたりとか、別の刺激にチェンジしたりするんです。そうすると、その刺激に対してはまだまだ耐えられる余力が残ってるみたいな感じで、またしばらくは生殺し状態を続けられるんですよね」
あはは。とにかく、オチ○チンの延命処置はいろいろしてくれるんだね。
「あと、刺激の変化の方法で、軽いディー○スロートもしちゃいますしね。あんまり激しくは出来ないんですけど、軽い感じなら奥のほうまで咥えたりも出来ますし」
あらら。これまた嬉しいサービスだね~。
「うふふ。とにかくあれこれ、出来る限りのことはやりつつ、お客さんの様子を見て、今の状態を感じ取って、ギリギリの所までフ○ラをず~っと味わって貰いたいなと思うんです。やっぱりフ○ラは、男性みんなが気持ち良いもんだと思いますからね」
攻めの挿○だと、騎○位はどう?
「騎○位も好きですね。受けのときの正○位でいろいろ見ちゃってるっていうのがありましたけど、騎○位のときも、上からいろいろ見ちゃってますからね」
あはは。正○位のときと見方の違いはある?
「お客さんの反応が全然違うところですかね。正○位は、お客さんが頑張ってる姿を見るのが好きなんですけど、騎○位のときは、全力で感じちゃってるだけの顔を見るのが好きなんです」
ほうほう。
「やっぱり、騎○位のときは、お客さんは感じることだけに集中してもらって、その気持ち良がってる顔を私に見せて欲しいんです。そうすると、私も楽しくなっちゃって、もっとテンション上がっていっちゃうので」
かなめさんも感じちゃう?
「私も感じちゃってます。騎○位だと、自分で気持ち良い所に当てれちゃうので、自分で感じて勝手にイッちゃってることもありますよ」
じゃあ、感度的にも満足出来てるんだ?
「はい。全然出来ちゃってます。なので、お客さんが受けっ放しの状態でも、何も気を使っていただなくても大丈夫です。ただただ、気持ち良くなっていて貰えれば、結果的に私も気持ち良くなれてるので」

かなめさんにとって、エ○チで重要なことは?
「相性を合わせにいくことですかね。エ○チって、最終目標はお互いが気持ち良くなれることだと思うんですけど、そのために大切なのは、エ○チが上手いか下手かというよりも、相性なんだと思うんです」
ほうほう。
「相性って、合う合わないで、どうしようもない物だと考えがちだと思うんですけど、私的には、相性ってある程度は合わせられるものだと思うんですよね」
ほう。どうやって合わせるの?
「相手の気持ち良いことはどういうものなのかというのをしっかり汲み取って、そこに対してちゃんと気遣いをすれば、合わせられる部分もあると思うんです」
なるほどね。
「それと、エ○チのときの安心感も大事でしょうね。この人にカラダを預けられる、もしくは私に預けてもらいたいって思い合えるような関係性や思いやりがあれば、それが結果的に相性に変わって、いいエ○チが出来るようになるんだと思います」
じゃあ、かなめさんとのエ○チは、完全に相性が合わないってことはあまりないんだろうね。
「そうですね。ある程度の合う合わないはあったとしても、お互いでいいエ○チにしようって思い合えれば、それなりに相性合うなって感じられるエ○チが出来ちゃうと思いますよ。むしろ、最初にこの人とは全然相性合わなさそうだなっていう人とエ○チを始めて、それがどんどんと合うようになって行くのを感じたりするのを、楽しんでたりもするかも知れないです。距離があればあるほど、それを縮めたときの嬉しさは大きいですよね」
なるほどね~。
「そもそもは、受付で写真を見て私を選んで来てくれてるんですから、少しでも私に興味を持って貰えてる時点で、相性は合わせやすい環境ではあると思いますしね。選んでくれてる段階で、お客さんが私の所に歩み寄って来てくれてますから、言うなれば、あとは私がどこまでお客さんに近づけるかってだけなんですよね。そこは出来る限り、私から近づけるように努力したいなと思ってます」
素晴らしい。


読者にメッセージを。
「一緒にエ○チして、楽しかったな~って思って貰えるよう、全力で頑張ります!」


[取材後記]
相手のしたいことに合わせてエ○チをすることを、とても大事にしてる女の子。お客さんのしたいことを受け止めるだけでなく、合わせにいくのが重要だと言ってくれました。う~ん、これはかなり嬉しい心遣いなはず。かなめさんとのエ○チは、コスプレでの興奮と共に、エ○チのときの相性の大切さも教えてくれるようです。ソープって…、いろんなことが勉強になりますな~。[PLAYGIRL/ビリケン]

かなめ(21才)
T164/B88(E)/W59/H88

ビッグマン』 - 吉原
TEL:03-5603-1197

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ