川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. クラブオアシス - みその

インタビュー クラブオアシス - みその

インタビュー No.3490

私、フ○ラが本当に大好きなんです。ご希望なら1時間でも舐め続けます。でも、もし良かったら、私のことも攻めてください。声が大きくなって、甲高くなって、最後には、息が出来ないくらい感じちゃうんです♪

「クラブオアシス」みそのさんのプロフィール写真

「クラブオアシス」みそのさんのプロフィール写真

「クラブオアシス」みそのさんのプロフィール写真

みその - クラブオアシス - 2013.09.24
攻められるの大好き! ご奉仕も大好き! な、みそのさん。特に、フ○ラの話をしているときの瞳は、輝きに満ちていて、すっごく楽しそうでした。そこまで大好きなフ○ラって、一体…!?


ソープのお仕事は楽しい?
「楽しいですよ♪」
いいね~。どんなところが楽しい?
「たくさんの人に出合って触れ合えることですね。お客さんが10人来たら10通り、みんな違う人じゃないですか? そんなたくさんのお客さんとお話をしながら、色んなことを教えてもらえるのが楽しいですね」
なるほど。お話も好きなんだね。
「そうですね。あとは会話をしながら、この人はどんな人なんだろう? って予想するのも楽しんでます」
人間観察?
「そうですね。ちょっと話をしてたら、何となくどんな人か分かるようになっちゃいましたね」
へ~。それはすごい。
「話し方もそうですし、少し触れて分かることも多いです。それで攻め好きか受け好きか、判断しちゃいます」
その判断基準は?
「私が触ったときに、お返しの反応があると、攻め好きの方が多くて、逆に触っても、じ~っとしていて、されるがままの方は受け好きな人が多いです。そういった方は会話の段階でも、消極的なので分かりやすいです」
なるほど。ちなみに、どこを触るの?
「隣に座って、お話ししながら手を触ったり、軽く太ももを触るだけですよ」
ほう。それだけで分かる?
「はい。もう少し細かい話をすると、手を握り返して来る人は攻めも受けも好きですし、肩に手を回してくるような人は、少し攻め好きという人が多かったりしますね」
なるほど。その反応に、自分が合わせていくの?
「そうですね。そこはやはり、お客さんのご希望を優先したいですから」
うんうん。みそのさんは、どっちが好きなの?
「どっちも好きなんですけど、基本的にいえば受けが好きです」
受け好きね。
「たしかに、攻めはあんまりなんですね。でも、攻めというより、ご奉仕がしたくなってしまうんですよ。そういう意味で、どっちも好きなんです」
ご奉仕は、どういう時にしたくなるの?
「う~ん。どういう時だろう…。言葉で説明するのって難しい…。ん~、分からないです。あはは」
あはは。じゃあプレイの流れの中で聞かせてくれる?
「あはは。お願いします」


まずは、どんな感じで攻めて欲しい?
「そうですね~、最初にお客さんの服を脱がしてる段階で、いきなり押し倒されちゃうのには興奮しちゃいますね」
あはは。攻め好きなお客さんだと分かりやすいね。
「うふふ。そうですね。私、人間観察が好きって言ったじゃないですか? なのでいつもお客さんが部屋に入ってきた段階で、どんなプレイをするのかな? っていう妄想をスタートさせているんです。それなのに、いきなり押し倒されてしまうのでビックリしちゃうんですよね。あはは」
まだ妄想の途中だったのに~、って感じ?
「あはは。そんな感じです」
それが興奮に変わるわけだ?
「うふふ。そうですね。でもビックリするといっても、そういう人って、ちょっと分かるんですよね」
ほう。それはどこら辺で?
「第一印象で、なんとなくエロいな、っていう雰囲気を感じます」
へ~、じゃあ驚きと、やっぱりって気持ちが半分ずつ?
「あはは。そうですそうです」
割合としては、攻め好きな人が多いの?
「割と多いですね。特にすでに私が受け好きだと知っている方は、必ず初めから押し倒してきて下さるので嬉しいですね」
あはは。じゃあ、初めてのお客さんでも、ぜひ押し倒して欲しいね。
「あはは。そうですね。お願いします」
しっかり書いておきます。
「あと、下着も脱がせてくれる方だと、さらに興奮してしまいますね」 
ほうほう。
「基本的には、下着は自分で脱ぐことが多いので、そういうのもすごくキュンっとして興奮しちゃいます。あと服を来たまま押し倒されて、最中に脱がされるのも良いですね。私、攻められると本当に感じやすいので、その段階で濡れちゃってることもあるくらいなんです」
いいね~、押し倒してもらったあとは、どう攻めて欲しい?
「とりあえず雰囲気は恋人っぽくイチャイチャするのが良いですね。本当に彼氏としているような感じが好きなんです。愛されたいし、私も尽くしたいですし」
ほう。てっきり激しいエ○チになるかと思った。
「もちろん痛くなければ、激しいのも好きです。とにかく愛してもらうのが好きなんですよね。なのでお客さんの感情のまま、やりたいように攻めて下さい。うふふ」
じゃあ、我がままを言えば、どう攻めてほしい?
「もしよければ、まずは濃厚なキスがしたいです。あとは首が弱いので攻めて欲しいです。うふふ」
首が好きなんだ?
「はい。最初はくすぐったかったです。でも、ソープで働くようになってから、徐々に気持ち良くなってきて、くすぐったいんだけど気持ちいいって感じです」
くすぐった気持ち良いってやつだね。
「そうですね。なので触れるか触れないかくらいで舐めてもらうのが好きです」
他に性感帯はある?
「あとはオッパイが好きですね」
ほう。ちなみにオッパイ大きいよね?
「あはは。そうですか?」
何カップだっけ?
「EとFの間くらいですね」
いいね~、褒められるでしょ?
「うふふ。そうですね。自分では良く分からないんですけど、形もキレイって言って頂けます。あとはマシュマロみたいに柔らかいって褒めて頂けます」
大きくて、形が良くて、柔らかい。触れるお客さんが羨ましい!
「あはは。ありがとうございます。そういえば1回、そのオッパイを持って帰りたいって言われたこともありましたよ」
あはは。持って帰ってどうするんだろうね?
「枕にしたいって言ってましたね。あと神棚に飾りたいとも言ってました。あはは」
あはは。神棚ってなんなんだ?
「あはは。それは私も分からなかったですね」
まぁ、崇めたいくらいステキなオッパイだ。
「あはは。そうなんですかね?」
そのステキなオッパイは、どう攻められたい?
「えっと、乳房を揉まれながら、乳首を舐められたいです。我がままですかね?」
いやいや、いいんですよ~。
「本当ですか? 実はもう1つお願いさせてもらえるなら、左の方が感じやすいんで、多めに攻めて欲しいんです」
へ~、なぜそっちが感じるのかな?
「何ででしょうね? でも、心臓がある方が気持ちいいとか言いません?」
あ~、確かに聞いたことある。
「だからなのかもしれないですけど、間違いなく左の方が感じやすいんですよね」
左左右、左左右左、くらいのペースでいい?
「あはは。そうですね。そんな感じでお願いします」
次はどこを攻めたら良い?
「う~ん、太ももの付根の部分も好きですし、骨盤の辺も良いですし、そういう意外な所が気持ち良かったりしますね。あと最近だと、ヒザの裏の気持ち良さに気づきました」
ほう。最近気づいたんだ?
「そうなんです。お客さんに舐めて頂いて、やっぱり初めはくすぐったいなと思ったんですけど、すぐに気持ち良くなっちゃって。ビックリするので、ぜひ今度やってみてもらって下さい。うふふ」
え? 僕が?
「はい。実はヒザの裏の気持ち良さを知ってから、お客さんにもやってみたんですよ。そしたら気持ちいいって」
へ~、それはぜひ試してみたいかも。
「うふふ。オススメですよ♪」
結構、色んな所が感じるようだね?
「そうですね。でも、背中とワキと耳と…、あと足の指もなんですけど、まだちょっとくすぐったくなっちゃう所はありますね。でもくすぐったいところって、性感帯になるって言うじゃないですか? だからその内に気持ち良くなっちゃうんじゃないかと思ってます」
なるほどね。ヒザの裏と同じようにだね?
「そうですね。なのでお客さんのお好きなように攻めて下さい!」
あはは。じゃあそう書いておきます!
「お願いします。あとは、やっぱりクリ○リスとナカが好きです」
クリ○リスはどう攻めたら良い?
「指で攻められるのも好きですし、優しく舐められたらイッちゃいますね。うふふ」
イクとどうなっちゃう?
「声は結構、出しちゃってると思います。話している時の声は低いんですけど、気持ちよくなってくると、どんどん声が高くなっちゃいます」
へ~、確かに今の声は低めだね。
「そうですね。お客さんもそのギャップにビックリしちゃうみたいです」
そんなに変わるんだ?
「そうですね。お客さんには『セクシーだね』って褒めてもらえます」
それは聞いてみたいな~。
「あはは。でもイク時だけは静かになっちゃうんですよね。声にならない声を出してる感じで、なんというか、息が出来なくなっちゃうんです。息をするのも忘れちゃうというか。ただただカラダがビクビクしちゃってますね。うふふ」
あ~、見たい!
「あはは」
イキ続けたら大変なことになりそうだね。
「あはは。本当にそうですね。でもイクとくすぐったくなっちゃうので、連続ではイケないんです。なのでイッた後はちょっと時間を置いて頂きたいです」
了解です。ナカはどう攻めたら良い?
「ナカも指で優しく攻めて頂けたら嬉しいですね」
ほう。ちなみに同時攻めは?
「好きなんですけど、イクのはクリ○リスだけの時ですね。なので最後はクリ○リスだけの方が気持ち良くなっちゃいます」
なるほど。イッた後は攻守交代?
「そうですね。そのまま入れたくなっちゃう方もいて、それも好きなんですけどね。でもフ○ラがとにかく好きなので、させて貰えると嬉しいです」
ご奉仕したくなっちゃうタイミングかな?
「あはは。そうですね。イッた後って単純でしたね」
あはは。そうだね。そんなにフ○ラが好きなの?
「男性のオチ○チンって素直じゃないですか? 口の中でピクッと動いたり、大きくなったり。目に見えて反応が分かるところなので、本当に嬉しくなっちゃうんですよね」
なるほど。
「フ○ラは本当に好きすぎて、いつもしつこいくらい舐めちゃうんです。ほとんど毎回、お客さんに『そろそろ入れない?』って言われるまで舐めちゃってますね」
あはは。そんなに好きなんだ。最長で、どれくらい舐めてた?
「以前に『長時間フ○ラして欲しい』って言われて、その時は130分のコースだったんですけど、休憩とお話している時以外は、ずっと舐めてました。挿○している時間は3分くらいでしたね。うふふ」
それは凄い!
「初めにご要望を聞いた時に、服も脱がなくて良いと言われたくらいなので、休憩を抜いたとしても1時間以上は確実にしていたと思います」
へ~。それは、本当にフ○ラが好きだね。
「うふふ。そうですね」
フ○ラに、こだわりがあったりする?
「あります。まずはキスして、首を舐めて、乳首を舐めて…。そうやって徐々に下へ下へカラダを舐めていって、すぐにフ○ラにはいかないようにしていますね」
ほう。ジラすんだ?
「そうですね。そうやって、おへその下までいったら、次は太ももの付根を攻めて、またしばらくジラします」
で、お客さんが我慢できなくなったらフ○ラ?
「いえいえ、まだ早いです。私はオチ○チンにいくと見せかけて、もう一度、上まで戻っちゃいます」
え? 戻るってどこまで?
「キスまでですね。うふふ」
そんなに戻るんだ! お客さんのリアクションは?
「え、いかないんだ? って感じの表情ですよね。うふふ。でもそれが可愛らしくて好きなんです。それからまたゆっくり下に攻めていって、ようやくフ○ラですね」
結構ジラすね。
「そうですね。そうやってジラして、オチ○チンがビンビンになっていると、それも可愛くて嬉しくなっちゃうんです。うふふ」
なるほど。そこで愛情が出てくるんだね。
「そうですね。しかもさっきまで攻めていた人が…、って思うとさらに興奮しちゃいますよね」
なるほど。
「それでいざフ○ラになったら、ゆっくりしたり、速くしたり、強弱を意識するようにしています。あと、絶対に手は使いたくないんですよね」
ほう。それはどうして?
「単純に痛そうだからですね。Lーションがついていたら別なんですけど、男の人は皆さんそれぞれ、自分の手でするときの感覚を持っているじゃないですか? その力加減って人によっても違いますし、会ってすぐではなかなか分からないですよね」
確かに。
「実際に『フ○ラしながらしごいてくる子で、痛いときがあるんだよね』って話を聞くこともありますし。だからフ○ラをしているときは、手を握りあったり、乳首を触ったりするようにしています。お客さんには『手を使わないんだ』って驚きながら褒めて頂けますよ♪」
なるほどね。逆に手も好きなお客さんがいたら、対応できる?
「それはもちろんです。なるべくなら使いたくないですけど、そういうときは加減を聞きつつ、精一杯やらせて頂きます」
了解です。フ○ラをしたとき、お客さんの反応は?
「『舌がどうなってるのか知りたい』と言われた事はありますね。うふふ」
そんなにすごい舌使いなんだ?
「それが自分では良く分からないんですよね。でも、とにかくまず全体的に舐めて、お客さんの反応は見るようにしていますね。それで1番反応の良い早さと場所を見つけて、それから攻めるようにはしてます」
まずは分析してると。
「そうですね。でも気持ち良い場所が見つかったからといって、そこばかり重点的に攻めるわけではないです。それだとつまらないので、別のところも攻めつつですね」
いいね~。
「そんなことをしていると、楽しくなっちゃって、ついつい時間が経ってるのを忘れちゃうんです。うふふ」
あはは。そんなに舐めたらイッちゃうよ~。
「あはは。確かに『もうイキそう』って言わることはあります。でも、イク瞬間はオチ○チンが急に大きくなるので分かるから、そのときは、一旦フ○ラは中止します」
え? 一旦?
「うふふ。少し休憩したらまた舐めちゃうんです」
あはは。いつになったら挿○するの?
「あはは。夢中になりすぎて、挿○することを、つい忘れちゃうんですよね。『そろそろ入れたい』って言って頂けたら良いんですけど、言わない方にはいつまでもフ○ラを続けちゃうんです」
入れたくなったら、言ってくださいだね?
「うふふ。そうですね。お願いします」
じゃあ、挿○についても聞かせてくれる?
「はい」
好きな体位は?
「何でも好きなんですけど、特にバ○クは好きですね」
ほう。それはどうして?
「私、下付きみたいなんですよね。だから気持ち良いんだと思います」
なるほど。
「あと、最近は寝バ○クも好きになりましたね。当たるところが変わって気持ち良いんですよ」
他に、好きな体位は?
「そうですね~。正○位でくっつくのが好きです。同時にキスをしたり、オッパイを攻められると、さらに嬉しくなっちゃいます。うふふ」
イチャイチャプレイが好きって言ってたもんね。
「そうなんです。あとずっと顔を見られたり、鏡の前で『ほら、やられてるよ?』って言葉攻めをされるのも好きです。恥ずかしいんですけど感じちゃいますね」
ほう。羞恥プレイも好きなんだ?
「そうなんです。そうやって感情が高まってくると、バ○クと正○位ではイッちゃうこともあります。うふふ」


お客さんにメッセージをお願いします。
「イチャイチャするのが大好きです! そんなプレイが好きな方は、ぜひ1度いらっしゃって下さい」


[取材後記]
1時間舐めても平気なくらいのフ○ラ好きで、ご奉仕好き。さらに感じやすいカラダに、開発できそうな性感帯。イクときも、攻め好きにはたまらなく燃えそうな反応を見せてくれるようです。燃える要素満載なみそのさんと、濃厚なエ○チを楽しんでください。[PLAYGIRL/はけ夫]

みその(23才)
T173/B92(E)/W60/H90

クラブオアシス』 - 吉原
TEL:03-5808-2444

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ