川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. キングスクラブ - あのん

インタビュー キングスクラブ - あのん

インタビュー No.3304

もう動かなくても気持ち良いんです。ただ入れてるだけで脳みそがトランス状態になって、頭がフワ~ってしちゃうの♪

「キングスクラブ」あのんさんのプロフィール写真

「キングスクラブ」あのんさんのプロフィール写真

「キングスクラブ」あのんさんのプロフィール写真

「キングスクラブ」あのんさんのプロフィール写真

あのん - キングスクラブ - 2013.02.05
お店の人から、『お客さんのリピート率が高い女の子なんですよ』と紹介された、あのんさん。ということは当然、その秘訣を探るべくのインタビューに…。人気の理由…なるほどといった感じですよ。


吉原のソープってどんな印象?
「最初来る時は敷居を感じましたけど、もう慣れちゃったかな」
吉原のソープ嬢としての資質って何だろう?
「ソープだからって、意識してる事よりも、接客業なら、どんな仕事も一緒だと思うんですよね。大事なのは、楽しい気持ちになっていただく事だと思うんです」
目指す所は?
「どうせ出会えたんだから、また会いたいなって思われるようになりたいですね」
その為に必要な事って?
「なんだろう。笑顔とか、心遣い。あと、気まづい雰囲気にはならないようにですかね」
プレイよりもその前後の雰囲気が大事?
「2時間だったらその時間をずっとです。エロな私だけじゃなく、色んな私を気に入ってもらえればなって。だから、エ○チする時はエ○チモードになるし、普通の会話をする時は、オバサンに感じるからやめなって言われるぐらいガハハって笑って過ごす事もあるんです。だから私も、自分の全てが出せるように、自然体で接客するようにしてるんです」
自然体でいるのって難しくない?
「仕事モードで自分を作るよりも、よっぽど楽ですよ。印象としては、皆と友達になっちゃう感じです」
恋人ではなく友達?
「う~ん、今までの恋人も友達っぽいんですよね。その境界線ってすごく難しいかも」
プレイも自然体?
「それは相手に合わせてですね。よくプレイ内容をお仕事系って思われるんですけど、私はそんな気持ちはないんですよね。たまたまお仕事っぽいのが好きな人が多いからかなぁ」
ほう。相手に合わせてだけ? 自分に合わせてって事はない?
「自分に合わせてっていうのは…あまりないかも。私が好きなエ○チのスタイルって多分面倒くさいと思うんですよね」
というと?
「私が好きなのは、スローS○Xなんですよ」
アダム徳永?
「そうそう。私の本質は、ゆっくりジワ~っていうのが好きかも。私も攻める時はそういう感じになってる事が多いですね」
して欲しいようにするんだ。
「そうですね」
じゃあ、あのんさんに先に攻めてもらったら、真似すれば良いね?
「う~ん、出来る人いるかなぁ。でもお客さんが好きなように攻めてくれるのでも、充分気持ち良いですけどね」
スローS○Xの良さって何?
「単純に気持ち良くて好きなんです」
ガツガツはイヤ?
「ガツガツにも色々あると思うんですけど、痛くなければ大丈夫です」
冷静に今、プレイ中の自分を思い返して、どう?
「どうなんだろうなぁ…ぷふっ、どうなんでしょうね。エロいねとは言われますけど」
自分ではどう思ってしてるの?
「こうしたらエロいだろうなとか、気持ち良いだろうなって思ってしてます」
エロさって大事?
「エ○チな事しに来てるんだから、その雰囲気も大事ですよね。それによってお客さんの興奮度も変わるし」
興奮させたい?
「はい。非日常を与えたいから、興奮した女の子の方が良いと思うんです」
興奮させるために、どんなことするの?
「本当、ささいな事なんですけど、フ○ラしてる時に、この視野だったらこの角度がエロいだろうなとか考えながら、カラダの位置を決めたり」
それ、どこで練習したの?
「練習はしてないですけど、きっとエロいだろうなって」
他にもエロさを醸し出す技ってある?
「音ですよねぇ。舐める時に、わざと出して」
それも研究して?
「うふふ。そうですね」
1番エロいのはどんな音?
「…それ、言わせるんですか?」
そう。
「えぇ~…なんだろう。ヒント下さい」
シュルシュル?
「ううん」
ジュルジュル?
「ううん」
チュパチャパ?
「でもなくて。唾液がもっと多い感じ」
ジュルル?
「もうちょい。うふふ」
ビチャビチャ?
「ううん」
ザバ~ン?
「あはは。全部混ぜた感じ」
あはは。他にエロさを演出するのは?
「良く言われるのは、手。手の動きがエロいみたいで」
どんな意識してるの?
「スローS○Xの触り方なんですけど、ジックリジワ~って」
ほう。そのエロさってどこで作られてきたの?
「う~ん、多分、今までのエ○チで、エロいなって思う男性の仕草とかをどんどん吸収して、自分の物にしてると思うんです」
そのエロさってどのお客さんにも同じく出してるの?
「それもお客さんに合わせてですね。あまりエロくない雰囲気の方には、そこまでエロエロには、なり難くて。やっぱりスイッチONで来たお客さんには、私もONになれるし。その辺も合わせちゃうかも」
あのんさんが先にONしたら、お客さんもスイッチ入るかもよ。
「そのエロさが良いとは限らないと思うんです。だから私からお客さんのスイッチを入れに行く事はあまりないですね」
じゃあ、お客さんはスイッチ入れてきた方が、エロいあのんさんに会えるんだね?
「うふふ。そうですね」
お客さんの望むエロさってどう測ってるの?
「そこが、難しい所で、エロさも1種類じゃないですから。スカトロがエロいって言う人もいるだろうし。その人のエロさには、私は答えられないだろうし」
確かにね。ちなみに僕のエロさは分かる?
「うふふ。それはインタビューじゃ分からないです。エ○チ始まりますって言う辺りから何となく分かってくるんですよね」
どこまで出して良いのかなって思う所もある。
「そうなんです。エロさを隠してる人だったら損しちゃう可能性があるんですよね」
お客さんでも女の子に合わせたいって言う人がいるかも。
「そうやってお互いに探り合いしてるなって分かったら、私はエロモードを上げれるんです」
探り合いしながら?
「そうそう、ちょっとずつ。それで、お客さんも、あ、ここまで来たなって気づいて、私ももっといって良いのかな? とかそういう風に一緒に登っていくんです」
気づいたらMAXになってそう
「うふふ。そうですね。それが理想ですよね」
あのんさんが、付いていけないお客さんいなかった?
「ジャンルは付いていけないのあるけど、エロさの大きさでは付いて行く。付いて行きたいですね」
ジャンルでダメなのは、スカトロだけ?
「あと、SMですね。痛いのもちょっと」
我慢系のSは? 超ジラすみたいな。
「そういうのは好き。楽しめます。目隠しとか拘束も、痛く無きゃ大丈夫」
イメプレは?
「できます。本当、痛い、汚い以外はどれも好きなんです。その中でも1番好きなのがスローS○Xって感じで」
スローS○Xするとして、性感帯は?
「…(ニヤニヤ)。うふふ」
あはは。恥ずかしい?
「はい。そうですね。スローS○Xみたいにジックリ優しくだったら、ハッキリ言って、全部なんです。強めの攻めだと、乳首は痛くなっちゃったりするけど、優しければ全部好きで」
なるほど。敏感すぎだからこそ、スローS○Xを求めちゃうんだ。
「そうなんですよ」
性感帯の中でも1番好きなのは?
「アソコですね。クリもナカも好きです」
そこも優しく?
「そうですね~。それでジラしながらされたい」
挿○の好みは?
「それは本当、好きなようにしていただいて。そこはアソコの相性でしかないと思うから、何が好きって言う事はないですね」
相性が合う人との挿○ってどんな感じなの?
「相性が合うと、もう動かなくても気持ち良いんです。ただ入れてるだけでも気持ち良い」
それでアンアンなっちゃうの?
「感じてるのは、脳みそなんです。アソコの感覚で気持ち良いんですけど、脳みそが感じてるって状態で」
へ~。そんな経験ない。
「なんだろう。トランス状態。頭がフワ~ってしちゃうの」
そんな人に出合ってみたいなぁ。
「アソコの相性は、何やっても合う人って稀にしかいなくて。だいたいが、この人は正○位、この人はバ○クって言うどれかに偏るんですよね」
あぁ~、じゃあ、何かは合うのね。
「そうですね」
何が合ってるかって分かるもの?
「オチ○チンで感じてもらうのが1番ですけど、少なくとも私の声は変ってると思います」
あはは。反応で分かるんだ。
「うふふ。はい。でも1番良いのは何やっても合う人と出会う事ですね」
その相手はどんなこと言ってるの?
「『他行けなくなる』って言ってもらえますね」
へ~。
「そういう人は、色んな所行っても、戻ってきてくれるんです」
アソコの相性は、調整できないの?
「そうですね。相性を調整するのは、難しいと思います。だから色んな所に行って色々試すのも良いと思います」
そんな事言う子は、あまりいないかも。
「だって1番気持ち良いエ○チしないと」
偉いねぇ。今後の目標は?
「まだ未開発の物があるなら、教わりたいんですけど、それが何なのかは自分では分からないんです。今の精一杯では頑張っているので。ぜひ教えてほしいですね」
うんうん。最後に読者にメッセージを。
「女の子を探してる方いましたら、とりあえず1回来てみてください。相性が、合うか合わないかを確かめに来て欲しいです」
あはは。


[取材後記]
インタビュー中、『寒くないですか?』と何度も気遣ってくれました。しかも、そのタイミングが絶妙。インタビューの妨げにならないように気を使ってくれているようでした。悟らせないような気遣い。一緒にいて気持ち良いのが分かる気がしましたよ。[Pスケ]

あのん(26才)
T152/B93(G)/W58/H87

キングスクラブ』 - 吉原
TEL:03-5603-0771

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ