川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. オーキッド倶楽部 - すみれ

インタビュー オーキッド倶楽部 - すみれ

インタビュー No.3135

イキそうになった硬いオチ○チンがいい。出てる感じも気持ちいい。あぁ~、出てる♪ って。

「オーキッド倶楽部」すみれさんのプロフィール写真

「オーキッド倶楽部」すみれさんのプロフィール写真

「オーキッド倶楽部」すみれさんのプロフィール写真

「オーキッド倶楽部」すみれさんのプロフィール写真

「オーキッド倶楽部」すみれさんのプロフィール写真

すみれ - オーキッド倶楽部 - 2012.06.14
おっ、今どきのギャル!? やっぱり、よく出没するのひゃ渋谷!? みなさん、たまにはギャルとのエ○チもいいんじゃないですか? なんて紹介しようと思っていたのに…!?


なんか、雰囲気からしてギャルっぽいけど?
「あの…わたし、色黒だからギャルって見られがちなんですけど、実は全然なんです」
違うんだ?
「子供のころに海外に住んでて、すごく焼けちゃったみたいで。だから、ギャルの日焼けとは違うんですよ」
そうなんだ。
「熱いの嫌いだし、さらに焼けしちゃうから、外も歩きたくないくらいで」
ははは。見た目で判断しちゃいけないってことだね。
「そうなんです。けっこう誤解されちゃうんです」
でも、羨ましがられない? 友達とかに。
「全然そんなことないですよ。だって今、世間は美白ブームですよ」
なるほど。安室奈美恵ブームの頃とは違うんだね。
「安室ちゃんブームの頃は、まだ小さかったんですよね。今だったらよかったのに…」
じゃあ、得はしてない?
「してないですね。美白が羨ましい。白くなる、色白サロンとかあったら入りたい」
ははは。でも、肌は綺麗だしいいと思うよ。
「いやいや。見た目でサーフィンやってそうとか、ちょっと軽そうだって見られちゃう。喋ってても見た目と違ったってお客さんによく言われるくらいなんで」
そうなの?
「そう。お迎え上がっての最初の印象と、部屋に入って喋ってるわたしの印象が違うって」
でも、ギャルとのエ○チって、憧れだったりもするんだけどなぁ。僕ら2軍には…。
「なんですか? 2軍って?」
たとえで言うと…修学旅行で女子の部屋いっちゃおうぜっ! っていう軍団じゃなくて、部屋でプロレス技をかけ合う軍団のほう。
「じゃあ、1軍はちょっとヤンキー系?」
そうそう。だから、僕らにとっては得と感じる。
「そう感じてくれると嬉しいんですけど、やっぱりお父さん世代にはちょっと嫌だなって思われてるんじゃないかって」
もしかして言われたとか?
「言われてないですけど、愛想が悪そうじゃないですか」
ははは。てことは、すみれさんにとってもギャルのイメージはあまりよくないと?
「うふふ。わたしはギャルじゃないんで、特に」
改めて確認するけど、ギャルじゃないと?
「全然ギャルじゃないです!」
クラブとか行ったりしない?
「友達に連れられて、何回か行きましたけど、わたしには合わない…」
ははは。じゃあ、どこに出没するの?
「わたし、田舎から通勤してるんで、全然東京には出没しないんですよ」
へ~。そうなんだ。どの辺に住んでるの?
「○○です(吉原まで2時間くらい)」
あらら。大変だ。朝早いでしょ?
「今日は8時の電車ですね。サラリーマンでいっぱい。でも、始発駅なんで必ず座れるんです」
ははは。電車で何してるの?
「ただただ、ボ~っとしてます」
ははは。
「寝ちゃうとスリに遭ったりとか、あと隣の人の肩に頭乗せちゃってたりとか、迷惑かけるかもしれないし」
えっ! スリに合ったの?
「いや、テレビでやってるじゃないですか。警視庁24時とか」
ははは。まぁ、そうだけど。
「だから電車では人間観察してます」
人間観察? 携帯いじったりしないんだ?
「下向いてると酔っちゃうんで。前に具合悪くなって、出勤して来たのに駅から病院に直行したこともあって」
あらら。やっぱギャルじゃないわ!
「うふふ。わかってもらえましたか?」
うん。でも、近くに引っ越して来ないの?
「家賃高いじゃないですか」
まぁ…。実家?
「実家も近いんですけど、一応1人暮らしです」
田舎だと車生活?
「そうですね。だから、休みになるとけっこう車で出掛けてますよ」
でも、海は行かないと?
「うふふ。はい。ギャルじゃないんで。友達と温泉とかパワースポットによく行きます」ははは。何のパワーをもらいに?
「仕事運と恋愛運と金運。うふふ」
ははは。けっこう行ってるね。
「はい。けっこう回りましたね。特に恋愛運」
効果のほどはどう?
「う~ん…これから?」
ははは。ちなみに浅草の恋愛運の所には行った?
「あまり都会は得意じゃないんで。中部とか関西とかには行きましたね」
車で関西? 運転するの?
「そうですね、2、3人でフラッと行くんで、代わる代わる。けっこう運転好きなんで」
へ~。都会や電車が得意じゃないのに、どうしてまた吉原に?
「去年の夏から勤めたんですけど、その前に1度田舎でソープの体験行ってみたんですね。でも、田舎ってすごい知り合いがきそうじゃないですか」
まぁ~ね。
「それに地方って安いから、変なお客さんが来るかもって。怖いじゃないですか」
怖い経験したの?
「いや、テレビでやってるじゃないですか。警視庁24時とか」
ははは。好きだね、警視庁24時。
「あの、1回電車で被害に遭って…」
そうなの?
「男の人が後ろから、自分の下半身を押しつけて来て」
うわぁ~。硬い物?
「硬かったですね。しかも、そこまでくっつかなくてもいいでしょ! ってくらい。そんなに混んでなかったんですよ。なんで真後ろにいるんだろう? って」
それって周りから見ても変な感じでしょ?
「そうなんです。だから隣に立ってる女の子も大丈夫? って顔はしてるんですけど、誰も助けてくれなくて。そのまま何駅か…」
途中で降りちゃえばよかったのに。
「降りたら、わたしの駅に行く電車は、その後けっこう待たなきゃならなくて」
ははは、田舎はね。
「そうなんです」
でも、降りて他の車両に乗るとかさ。
「それが、やっぱりそういうときってどうしていいか、わからなくなって固まっちゃうんですよね。パニックで」
怖くて?
「はい。だからそういうテレビ見てても、次はわたしかもしれないって思っちゃうんです」
なるほどね。納得。


ちなみに、このお店を選んだ理由は?
「実は、最初わからなくて、違う所に面接行ったんですね。そしたら、そこが若い女の子のお店じゃなくて、そこにこんな見た目ギャルが行っちゃったから、うちの感じじゃないねって言われちゃったんです。それで、その帰りに駅まで送迎してくれた運転手さんが紹介してくれたんです」
運転手さんが?
「あの、わたし多分、帰りに笑って話ししてたんですね」
面接落ちた帰りに?
「わたしの中でのモットーで、笑っていれば相手も気分悪くないから、いつも笑顔でいようってあるんですよ。それで帰りに笑顔で話ししてたら、気に入ってくれて。それでここは若い子もいるお店だったんで」
へ~。よかったね。その笑顔でいようみたいに、接客のテクニックはある?
「がんばって喋る」
ははは。でも、会話も大変でしょ?
「わたし、さっき言ったみたいに、いろんな所に行くから、あまり困らないんですよね」
確かにね。どこでも話せる?
「はい。たとえば、地元が長野の人なら、行ったことありますよって。それで、今度行くときにお勧めの食べ物とか聞いたり。やっぱり行ってるから、けっこう濃い話しになるんですよね。どこどこの温泉がいいとか」
そういう情報聞いたら行かなきゃならないじゃない。
「はい。けっこう行ったりもしてて」
そりゃあ、教えて側も嬉しいわ。
「今はいっぱい行きたい所が溜まってて、もう休みが楽しみなんです」
じゃあ、お勧めの旅行先でも教えてよ?
「お勧めはいっぱいあるんですけど、逆にお勧めしない所とかはありますね」
へ~。じゃあ、旅行の前に相談しに来たほうがいいね。
「うふふ。大阪だったら大阪の話もできるし、沖縄もできるし…」
北海道は?
「行きましたね。あと、海外も」
そっかそっか。住んでたんだもんね。
「はい」
どこの国?
「東南アジアなんですよ」
へ~。何歳のときに住んでたの?
「2歳から12歳までです。だから幼少のときは、ずっとむこうの言葉で育って」
今も喋れる?
「喋れますよ。人生の半分くらいは向こうですからね。あと、お母さんが通訳してるんで、今もたまに忘れないようにって、そっちの言葉で喋ることもあるし」
へ~。
「たまぁ~に、通訳の仕事を頼まれることもあります」
そりゃあ得してるわ。でも、それから日本に来て大変じゃなかった?
「大変でした。今でも向こうの言葉で感じて、日本語に変換してる感じです」
若いからできたんだろうね。
「それは親の狙いだったみたいで。この時期ならどっちも話せるだろうって」
感謝だね。
「いや…いい迷惑ですよ。すごい苦労しましたから。思春期を言葉の壁ですよ」
そっか。ちなみにエ○チのときは向こうの言葉?
「12歳までしかいなかったから、そういうのは完全に日本の文化しか知らないですね」
初恋も日本?
「それは向こうでしましたね。恋愛感情とかには壁は感じなかったですけど、変わってるのは、付き合うって言葉は日本独特で。ほかの国ってどうやって始まっているのかなって」
へ~。好きって言葉?
「そうなんですよね。好きって言われて、それでもう付き合ったことになるっていうか。好きだからどうするって言う言葉がある日本はいいなって、そこは思いましたね」
じゃあ、始めて付き合ったのは?
「高校1年生です」
その頃は日本語ペラペラ?
「まぁ、普通に日本語で受験してるから」
中学校で頑張ったんだ。
「そうですね。最初は、授業で何言ってるか全くわからない状態で。英語だけは、かなり得意でしたけど」
歴史とか大変だったでしょ?
「親が頑張って教えてくれましたね。そこは感謝です。ただ、本当言葉がわからなかったから、虐めもありましたね」
そうなんだ。
「それがあっての告白じゃないですか。本当に好きなのかなって思ったりしちゃって」
ちょっと苦労がトラウマで、あまり信用できなくなっちゃったんだ。
「今は全然大丈夫なんですけど、当時は。だから最初は、彼氏はエ○チも気持ちよくないんだろうなって思ってた」
すみれさんはどうだったの?
「わたしは、付き合っていく中で、心を開いて行くまでは全然気持ちよくなかったですね」
へ~。じゃあ、エ○チは気持ちが大事と?
「大事ですね。愛情とかがないと気持よくないですよ」
でも、お店での愛情って難しくない?
「付き合うとか、結婚とかじゃない愛情ってあるじゃないですか」
ほう。愛情スイッチはどこで入るの?
「最初、話ししてて、だんだんと高まって行きますね」
さっきの笑顔で、お客さんも心を開いて。
「そうですね。見た目怖い人でも、楽しくお話ししてるうちに、気持ちが作られて濡れちゃう。うふふ」
へ~。じゃあ、エ○チのためには気持ちが大事で、その気持ちを作るのは会話だ。
「そうですね。会話がないままだと、どうしていいかわからないし、してる最中だってどこが気持ちいいの? って聞きたいし」
なるほどね。確かに男も気持ちが作られてないと、気持ちよくないかも。
「男性のほうがナイーブって聞くんですけど、でも『緊張するよ』って言ってる人はだいたいすごく立ってる。うふふ」
ははは。で、どんなエ○チするの?
「エ○チも会話っていうか、言葉じゃなくカラダで話す感じなんですよね。だから、受け攻めも相手に合わせていく感じです」
攻めるも好き?
「感じてる顔とか、気持ちよさそうなのを見るのは好き」
盛り上がる?
「はい。そうですね。ドンドンしたくなっちゃう」
押し倒されるのは?
「それも、もちろん好き。お客さんがしたいエ○チを一緒にすることが好きなんで、わたしの中でこれがしたいとかあまりないんですよね」
Sのお客さんにはMになる的な?
「よくMっぽいとは言われますし、あと本質的にもMだと思う」
ほう。
「でも、ちょっと痛いのはできないんで、ソフトMですね」
じゃあ、Mの客さんにはSになれるの?
「ソフトSって感じですけど、全然できますよ」
すごくエロいことをしたいお客さんは?
「大歓迎です。普通に『すごく気持ちよさそうな顔してるね』って言われますし」
ほう。どうされるのが1番好き?
「1番好きなのは、やっぱり男の人の感じてる顔を見たとき。声とか聞いちゃったら、わたしもすごく声出ちゃう」
挿○でのこと?
「うふふ。そうですね。そうなると、入れっぱなしで動かさなくても、すごい気持ちよくなっちゃうんですよね」
へ~。感覚に特化すると、どこが1番気持ちいい?
「耳と首以外ならほとんどどこでも感じます」
耳と首は苦手?
「あの、くすぐったいにも2種類あるじゃないですか。それのダメになっちゃうパターンですね。ほかの所もくすぐったくなっちゃうんです」
そりゃあ、ダメだね。エ○チなテンションが下がっちゃうね。
「そうなんですよね。気持ち戻すのに大変で…」
1番いい攻められ方は?
「舐められると感じちゃうんで、指よりも舌でして欲しい」
1番気持ちいい部分は?
「性感帯としてはクリです」
中よりも?
「断然クリが好きなんです。ぜひ、舐めて欲しいですね。中は挿○して、最後にお客さんがイク瞬間が好きなんで、本当に1番気持ちいいのはそのときですね」
男は気持ちいいけど、そのときの女の子も気持ちいいものなの?
「男性がイク瞬間って『イキそう!』って激しくなるじゃないですか。そのときにオチ○チンが硬くなっていくのがわかるんですよ。それがいい。それで、出てる感じも気持ちいい。あぁ~、出てる♪ って」
ほう。達成感?
「それだけじゃなくて、本当に男性がイクと、わたしもイッてる感覚になるんですよね」へ~。
「だから、思いっきり気持ちよく、中でイッて欲しい。手とか口でしてて、イキそうって言われたら止めますよね」
いいね~。
「中でイッてって。そのために来てるんでしょって」
その気持ちよくイクためになら、ご要望には答えると。
「そうですね。コスプレ好きなら全然しますし。あと、オモチャとかも。わたしも好きなんで」
ははは。コスプレは何着たの?
「メイドも着たけど、キャラクターっていうか、ガードルとかストッキングとかTバックとか、エ○チな下着」
ほう。それはぜひともドンキホーテに寄ってから、すみれさんに会いたいね。
「うふふ」


お客さんにメッセージを。
「時間は短いですけど、その中でわたしができることの全てで要望にお応えしますので、なんでもしに来てくださいね」


※取材後記
すみれさんは、ギャルではなく、小麦色に焼けた笑顔の可愛い女の子でした。訛りもあって、話し方もこれまた可愛く「ここが気持ちいいんですか?」だなんて…。あぁ~、文字だとイントネーションが伝わらないのが残念。みなさん、たまにはギャル…ではなく、小麦色に焼けた笑顔の可愛い、ちょっと訛りのある女の子とのエ○チはいかがですか?[Pスケ]

すみれ(20才)
T163/B84(D)/W56/H83

オーキッド倶楽部』 - 吉原
TEL:03-3874-0070

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ