川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. プレジデントクラブ - 愛美麗子

インタビュー プレジデントクラブ - 愛美麗子

インタビュー No.3051

愛の性教育! 見てごらん。これがクリだよ。一緒にオナニーしよ。自分の手でしかイケない方には愛の手を!

「プレジデントクラブ」愛美麗子さんのプロフィール写真

「プレジデントクラブ」愛美麗子さんのプロフィール写真

「プレジデントクラブ」愛美麗子さんのプロフィール写真

「プレジデントクラブ」愛美麗子さんのプロフィール写真

「プレジデントクラブ」愛美麗子さんのプロフィール写真

愛美麗子 - プレジデントクラブ - 2012.03.26
プロフィール写真で見るより、何倍も柔らかく優しい雰囲気。そして声もとても美しかったんです。


あそこにあるL-ション、もしかして普通のと違う?
「あ、分かります? わたし、肌弱いから自分で用意してるんです」
シャンプーみたいに種類があるんですか?
「そうなんです。わたしのは、ちょっとの量ですごい伸びるんですよ。だからケチケチしてるって思わないでくださいね」
薄さっていうのは、だいたい決まってる?
「そうですね。落しやすくするためにもあまり濃くできないから、だいたい決まってきます。あと口の中にも入るから、あまり濃くしたくなくて」
口の中には絶対入っちゃう?
「うふふ。そうですね。舐めるし吸い上げもするから、どんな巨匠でも絶対に入ると思う」
男は口に入れることないから、そんなイヤな感じはないけどね。
「そんなに濃くないから、もったり付くこともなくて。薄いから、喋っても大丈夫な感じではありますけどね」
舐めたことない僕らの為に食レポお願いします。
「なんだろう…。飲むゼリーをもう少しダラッとした感じ。飲むゼリーはさらっとしてるから、プラス弾力を加えた感じ」
なるほど。それならイヤな印象はないかな。
「あ〜、でも、慣れないとイヤかも。違和感があるのに耐えれないと。だから終わった後にキスしてって言われても、口の周りに付いてたりするから、それでもいい? って聞くようにしてます」
MットとBッドでフ○ラの感覚違うかも。
「口の中にL-ションがあるから? う〜ん、そこまで違わないんじゃないですか? どうです?」
いやぁ、僕は気づかなかったから、やってるほうはどうなんだろうって。
「意識したら若干違うことに気づくかも。なんか舌の滑りがいいぞ、みたいに。うふふ」
ははは。ちなみにどこで買うの?
「お店で頼んでもらってるんです」
そうなんだ。じゃあ、ほかの子もそうしてるかもね。
「どうなんでしょう。ここは一応お店で普通のはくれるから、ほかにもいるのかなぁ…。さすがにほかの子のL-ションまではわからないですけど、わたしのはアロエエキスが入ってるんですよ」
へ〜。じゃあ、お客さんはアロエの効果を感じられるんだ。
「そうですね。肌が弱い人にはいいかもしれない。うふふ」
ほかにも自分で揃えた物ってある?
「入浴剤は、みんな自分で用意してる物で…それくらいかな。入浴剤はちょっとしか入れないのが拘りです」
へ〜。それは何で?
「匂いが気になるお客さんもいるから、軽く色が付くくらい。それに、Mットしてるときはお湯を冷まさない為と、蒸気上げる為にお湯を出してるから、もう1回入る頃にはもう透明状態で入れるんです。そうするとカラダに匂いが付くことは絶対ないし。でも、いい匂いなんです」
計算し尽くされてるんだね。
「うふふ。そうですね。あと石鹸は匂い付いちゃうから、聞いてから使うようにしてます」
へ〜。無臭はない?
「そうですね。それはさすがに難しい」
気遣いができてるんだね。
「この仕事するのには絶対必要だと思うんです。あと、今日は匂い付いてもいいっていうお客さんもいるから、何回来ていただいてても、毎回それは聞くようにしてます」
その日によって違うから?
「そうです。長年の月日が教えてくれました」
この業界はどのくらいなの?
「11年前に入ったんだけど、途中辞めてるから、歴的にはマイナス4年です」
復帰したのは?
「1年前の2月です。4年間は風俗とは違う仕事してて」
4年のブランクがあって、事情は何か変わってた?
「それは感じなかったかな。でもわたし、このグループしか知らないから、ほかだったら不安で無理だったかも。たまたま迷ってるときに、ここがリニューアルするって友達に聞いて、それで決めた感じですね」
ここのよさって?
「今までは年齢を気にすることがすごくあったんですけど、ここは気にしなくていいから、そういう意味でも楽。カマかけてくる人いるんですよぉ〜」
ははは。事情聴取みたいに?
「いますよぉ〜。知っても得しないだけなのに。でも、ここは熟女店だから、堂々と本当のことが言えるんです」
熟女として、若い子にはないよさって何だろう?
「やっぱり任せられるってことじゃないかな。その場の空気を把握して、お1人お1人お客様とこの2時間を、お互いに楽しむように持って行けるんです。ロボットじゃないから、はい。こっち。はい。こっち。なんてするんじゃなくて会話をしつつ。でも、会話だけで時間が無駄にすることもなく、流れの雰囲気を上手くできるのはわたし達の熟練された腕があってのことだと思うんですね」
それは経験知だもんね。
「そう。よくお客さんも『若い子と違うのは、ゆったりしながらもキッチリしてくれることだ』って」
ははは。逆説のような2つが上手くできてるんですね。
「そう。手抜きされることもなく、かといってせわしなくされることもない。本当にゆったりできるって」
僕のイメージでは、熟女=テクニシャンなんだけど?
「やっぱり歴が長いとそうなりますよね」
ちなみに熟女用の勉強会とかってあったりする?
「わたしは4年抜けてたこともあって、自分に自信がなかったからお姉さんに改めて教えてもらいました」
熟女に教えるってどんな方?
「専属の方がいて教えて下さったんですけど、60歳くらいの方で、『30年前は現役だったのよ』って言ってらっしゃったから…」
やっぱりすごかった?
「動きに無駄がなかった。あと、常に気づかれないように気を配ってましたね。見てるんですよ。見てないはずの所も。それで『そこ違う!』ってご指摘いただいて」
やっぱり熟女というハードルを越えたサービスだから大変だ。
「そうですね。若い子に教えるのとは違ったと思います。『下町育ちで口が悪いけど、悪気はないわよ』って言いながら、チャキチャキと完璧なものを仕込んでいただきました」
必要な要素って?
「やっぱり視野を広げることですね。必死さは1人1人あるんだけど、そこに余裕のオーラがあると、受けてるほうにも伝わるんですよね」
余裕があるからほかのことも見えるし。
「そうそう。そうだと思います」
その方なら目をつむってもできたりして。
「うふふ。多分あのくらい巨匠になればできると思う。だからこそ、安心して任せられるんだと思うし」
じゃあ、そのくらい安心して任せていいんですね?
「…どうなんだろう。うふふ」
ははは。
「なんだろう…。やっぱり7年とはいえキャリアがあるとは思ってなくて、まだ卵の殻にヒビが入ったくらいだと思ってるから」
ソープは奥が深いと?
「ほかの子やお姉さん方は見たことないけど、自分はまだまだって気がする」
じゃあ、今もまだ勉強中?
「う〜ん、そうだけど、でも2時間を自分も楽しもうと思ってる」


では改めて、麗子さんの武器は?
「うふふ。熟女の武器は、やっぱり若い子には出せない大人の感じ。不意に出る仕草とか、気配り。喋り方だって、話の引き出しはすごいいっぱいあるだろうし。やっぱり経験値があってこそのこともあるから。その辺は若い子よりもあると思う」
なるほど。それだけ経験があると、性癖とかってどうなの?
「う〜ん、自分の性癖はそれはそれであるんだけど、それ以外のことも楽しみ方を知ってるから、答えられるんじゃないかな。そりゃ得意不得意もあるかもしれないけど、楽しむ気持ちにはなれるはず」
いまだにビックリすることもある?
「例えば?」
単純ですが、ドMとか。
「あ、わたしはどっちかっていうとSっ気があるから、よじれられたり、声出されるとスイッチ入っちゃう。そうすると攻めに入ってるから、これでもかってやっちゃうわけ。それでお客さん喜んじゃって、この前、過呼吸で中断したことがあって。それはビックリしたかな」
それはすごい。そんなことになっちゃうんだ…。
「Iスのときに、なんかダラァってしてるから、どうしたの? って聞いたら『痺れちゃって…』って。これは危ないってBッドに横になって袋を口に当てたり、熱いタオルで蒸気吸ってもらったりしましたよ」
相手がMだと違う?
「それは相手に合わせてのことだから、わたしが攻めなきゃっていう拘りはないですよ」
でもスイッチが入った?
「うん。そのときはそう。ただ、そのときの流れ、雰囲気で受けでもスイッチは入るし」
働き出した頃と比べてどう?
「最初の頃は、今よりもっと度胸があったと思う」
逆に?
「今のほうが慎重になるかなって。昔はわからないなりに何でもやっちゃえって。でも、今だとそうはいかなくて、この方は何が好きなんだろうとか、いろいろ考えるよね」
前は、関係なく?
「うふふ。そうですね。気にできないから、気にしないって感じで」
何か失敗は?
「失敗はそんなになかったかな。でも勢いだよね」
過呼吸起こすって、今も勢いある感じだけど。
「うふふ。お互いにスイッチが入ると、ドンドン登り詰めて行っちゃいますよね」
そっか。受けるお客さんもスイッチ入ってるんだもんね。
「そう。そのときだって別に特別SMなことしたわけじゃないんですよ。本当にMのお客さんて敏感だから、乳首ペロッてしただけでも『あんっ』ってなるし、全身が性感帯になってる。それをもっと引き上げることをしただけ」
その『あんっ』て、男は言いにくいんだよなぁ…。
「うふふ。そういう人には、攻めながらも顔を見るんですよね。それでも普通の顔してたら、気持ち良くないの? どっちなの? て聞くの。うふふ」
なんか可愛いっすね。
「うふふ。そうすると『恥かしくて…』とか言う人が多いかな。でも2人っきりだし、2人の時間だから、そんな気取られたらわたしも困っちゃう。だから会話もそうだけど、エ○チも全部さらけ出して欲しいんですよね」
それを引き出すすべは、声掛け?
「あの、ドンピシャの所をイジると、ピクッって反応があるのね。そしたら、ここでしょ? って『別に』って言いながらも、そうしてエ○チしていくと、終わった後と始める前とは別人みたいに雰囲気とか変わるの」
声だけじゃなく一連のことで。
「そう。それで前に『エ○チするまでは、なんか上からって感じかと思ってた』って言われたことがあるんだけど、違うんですよね。まぁ、わたしの場合、特に見た目がキツく見られるから、そのイメージもあるかもしれないけど」
正直、僕も写真見たときはそう思った…。
「でしょう? だって『笑うんですね』まで言われたんだから。うふふ」
ははは。その人はよく来たね。
「うふふ。そうだよね。でも、おっかなびっくりでお試し気分で入ったみたい。『声ももっとしゃがれてるかと思った』って言われて。ちょっと酷くない? って。うふふ」
ははは。もしかして、写真が写真だからMの人多くなるんじゃ?
「若い人はそうかも。最近20代のお客さんも増えてきて。その年代の人はMの人が多いかな。奉仕されたいとか甘えたいとか」
そういうニーズを持ってる人は、熟女がいいんだね。ちなみにどのくらいのまで大丈夫?「どうだろう…。ムチ持ってきた人もいるしぃ〜」
えっ! ムチ?
「うん。叩いていいの? ってワクワクしちゃう」
ははは。どんなプレイになるの?
「壁を叩いて、このくらい大丈夫? って聞くの。それでその強さでパチンパチンてすると、『あぁ〜、女王様ぁ〜』って大声出すのね」
叫ぶの?
「うん。だいたいそういう人は叫ぶ。『もっとぉ!』とか『痛い!』って。だからわたしも、どうなの! って言っちゃうんですよね。でも、大声出し過ぎたら、口を掴んで言うの。うるさい! 黙んなさいって」
おおっ!
「もう止めちゃうよ! って。そうすると『ごめんなさい。女王様』って。うふふ」
ははは。お尻もする?
「はい。大丈夫ですよ。爪で傷つけないようにだけはしますので。それで前立腺をするときもありますね」
そのときってS心は?
「あるある。ここ? ここ? って」
ほかにはどんなニーズが?
「あとは…女性慣れしてないから教えてもらいたいっていう、お客さんも来ますね」
それは若い人じゃ無理だ。
「うふふ。そういうときは…見てごらん。これがクリだよって」
え〜っ!
「見たことある? って。そうすると、『生はない』とかいうから、じゃあ見てみる? って」
すごいなぁ。
「うふふ。それで見て見てって。わたしもM字になってみたりして。それで奥までってなると、半寝になってみたり」
見せたあとはどうなるの?
「場所を説明したら、そのあとは触り方をレクチャーして」
ちょっと僕も答え合わせしたいんですけど。
「うふふ。あの、クリにも縦派と横派と、あと円を描く3パターンがあるのね。それで好みがわかったら、優〜しくしてると…ほら、舌の所が濡れてくるでしょう? 濡れてるの確認してみて」
すごいなぁ。その勉強!
「うふふ。わたしはそうやってやっちゃう」
それは勉強になるなぁ。
「AVだと大事なところがわからないし、攻め方教えてくれないでしょう?」
多分正解じゃないと思うしね。
「だから、指を入れてガシャガシャする人は、AV好きでしょうって、すぐわかりますね」
ちなみに麗子さんは何派?
「わたしは…角度と強弱にもよるんだけど、けっこう縦横のコラボ? うふふ」
ははは。次のレッスンはどんな?
「じゃあ、一緒にやり合いっこしようって言って、触り合いっことかシックスナインになって、エ○チに入っていく感じ」
その入り方はちょっと試してみたいなぁ。
「けっこう女性慣れしてない方とかって、自分からおっしゃる方いますよ。『実は…』って」
応用がきくようには?
「わたしは、穴よりもクリちゃん派だよってちゃんと言って。指入れるくらいならオチ○チン頂戴って言ったり。でも、女性によっては違うから、大事なのは相手を知ることだよって」
なるほど。ちなみにオッパイ講習は?
「オッパイもありますよ。舐め方とか触り方。乳首だけコリコリしてたら女の子はイヤがるよって」
ほう。
「揉みまわしながら、ちょっと先っぽイジるくらいだよって」
ちなみに僕が試した噂は、指の間に挟んで揉めって。
「試してみてどうでした?」
全然でしたね。
「それは、指の間で挟み込むんじゃなくて、挟んだ2本の指で触るか触らないかのサワサワした触れ方のことだと思う」
なるいほど。摘むんじゃなくて。
「そういう風に揉みながら、ときには指をすぼめてみたり」
オッパイは表面でもいいんだもんね。
「そうそう。乳首って皮膚がデリケートだから、強くすればいいってもんじゃないの。わたしも乳首攻められ過ぎて、乳頭炎になっちゃったこともあるくらいで」
ええっ! なんですか。それ?
「乳首が炎症起こしちゃうの。本当にね2倍くらいに腫れちゃうの」
痛そう…。
「もう痛いってもんじゃなくて、ちょっと触られただけで激痛が走るの。で、避けるんだけど、そうもいかないから」
母性感じたい人は特にオッパイにいっちゃうでしょ?
「そう。いいんだけど、そこで摘んで引っ張ってゴリゴリみたいな。強く吸ってチュパチュパみたいな。だと…アウト! って」
うんうん。
「やんわりやんわり、痛いよ〜っていう言い方だけど」
いかに女性を喜ばせるかを意識すれば、そうはやらないはず。
「でも痛いの好きな女性もいるから、全員がダメってことじゃないんだけど、最初はお互い探りながら、気持ちいい? あ〜、もっとこうして欲しいなとか。あ、そこは違うとか、会話しながらするといいよって」
局部以外は?
「ただ擦ってんじゃなくて、撫でまわされるのが好きですね。でも、あまり詳しくゆっくり全部は教えらんないから、それはMットしながらこうされたら気持ちいいでしょう? って、受けになってもらって覚えてもらうの。まぁ、L-ション付いてるから、ちょっと違うけどって」
ぜひエ○チを覚えたい方はどうぞ。ちなみに童貞君も来たりする?
「はい。何人か頂きました。うふふ」
ははは。
「年齢問わず、非常に嬉しかったです」
記憶に残ってるんだね。
「そうなんですよね。だから、その辺は何回も確認取って、わたしでいいの? 本当に後悔しない? って聞いて」
ははは。でも、それによってプライベートで上手くいくわけだから。
「そうですね。そこまで教えてくれる素人女性はいないと思う。童貞君じゃない人でも、来れば楽しい遊び方がわかってくるだろうし」
攻め方がわかれば楽しみ方も変わる?
「そうですね。変わりますよ。受けてる女性が出す雰囲気が変わるんだもの」
やっぱり女性を気持ちよく感じさせることだね。
「そうそう。気持ちよくなってると思うと嬉しいし、気持ちよくしてくれてるっていうと嬉しいじゃない? それは男女問わずそうで、逆もそうだし。それで流れも変わるわけ。だから、たった1回のエ○チでも、深く内容がよければ満足できるんだけど、穴があるから入れました! だと満足はできない。それは熟女店だからできる大人のエ○チなんですよね」
やはり1回の質?
「そうそう。1回をすごい丁寧にとかですね」
やっぱりベテランの攻め方は違うのかな?
「違いますね。うふふ」
年配のお客さんが求めてるのは、その辺?
「年配が来るのって、やっぱり一息つきたいとか、男である以上女のカラダを求めなくなったらだめだとか。でも、やっぱり1番は普段の疲れやストレスを流しに来るってこと。そのためにも心からのサービスが必要なの」
やっぱり安心できる熟女だからできる。
「そうでしょうね。2人だと何でも話せるし、愚痴も言える。若い子だといろいろ格好付けちゃうから、吐き出しにくいんじゃないかな」
ちなみに会話ベースのお客さんも?
「そうですね。Mット用意しようとすると、『いいわ。ゆっくりしたいから』って。それでも一応少し時間が経って攻めようとすると、『本当にいいんだよ』って言われたり。そのときは無理強いもできないから、ゆっくり話しましたね」
その人はそれ以外のことを熟女に求めてきたんだろうね。
「そうだと思います。ただ、普通が3回だから、1回だといいのかなって思っちゃう」
普通が3回ってのもすごいね。
「中には4回、5回って人もいますよ」
すごいなぁ…。1回終わった後ってテンション下がってるのに、また上げることができるんだ。
「できる人って、オナニーでも1回じゃ終わらない人が多いと思うの」
ほう。
「だから、すごいオナニー好きでしょう? って聞くことある。なんで? っていうと、普通お口でするけど手じゃないとイケないとか」
えっ! そうなっちゃうの?
「あまり酷くなると、わたしの手でもダメで、ご自分の手じゃないとって」
ええ〜っ!
「角度とか握り方があるみたいで、起った時に挿○しても、結局中折れしちゃうの。で、それを克服したいって通ってるお客さんもいましたよ」
へ〜。それでその方は?
「すぐにはできなかったから、一緒にオナニーしたの」
お互いに?
「そう。うふふ。わたしだけが見てるのも何だからって、一緒に見せ合いっこして」
優しいなぁ。
「『自分で触ってるの俺に見せて』って言われて、オカズになったの」


Bッドはわかったんだけど、Mットは?
「わたし、どっちかっていうと、Mットのほうが好きで」いわゆるソープの醍醐味だ。
「そう。Bッドは、わたしが上でも大丈夫ですか? って聞くようにしてるの。本当はBッドではお客さんに上になって欲しくて」
そうなんだ。
「だって、Mットだとお客さんが上になれないじゃないですか。そうすると、触れないし見れないしで終わっちゃうことになるでしょう?」
確かに下からだと見にくいかも。でも一応、上で大丈夫ですか? なんだね。
「そうですね。一応して欲しいとか、わたし達がするものって思ってる方もいるんで。そのときはわたしが上でもそう言っておくことで『変わろうか』って言いやすくなるみたい」
なるほどね。でもすごい騎○位を味わえそうだから『お願いします!』って言いたくなるな。
「うふふ。すごいかどうかは…ね♪」
初体験の人には挿○方法も説明する?
「そうですね。入れてみて〜って」
腰の使い方も?
「それは、男性って何となく動けるんですよ。動物の勘かなぁ〜。だからIスのときも立ちバ○クでするでしょう? そのときに初めてだけど動けるって驚く方もいるんです」
Iスもしっかりやるんだね。
「そうですね。MットだけじゃなくてIスも大好きなの。だからIスもMットもやっちゃうから、Mットでイカなかったときに、じゃあBッドでっていうと時間がすごく厳しいの。だから、Iスが終わった時点で、必ず最後Mットでいい? って聞くようにしてる」
そうすると、基本的なプレイの流れは?
「Bッド・Iス・お風呂・Mットですね」
Iスのよさは?
「お客さんが全部見下ろすことができること。ウエストのラインとか、お口でしてるとことか。あと仁王立ちのときに咥えるから、『なんかイヤらしいね』って言われる」
立つんですね。
「そう。立ってもらって、股をくぐって、下から咥えるの。そのときにわたしは、絶対目を離さないで、覗きこんでるからって言うの。そしたら『なんかAVで見た!』って」
ははは。
「自分じゃわからないんだけど、『なんかイヤらしい顔だね』って言われました」
ちなみにIスでの挿○はあるの?
「ありますよ。Iスの上にわたしが跨ってする時もあれば、立ちバ○クだったり、アクロバティックだけど座ってるお客さんの上から入れて、後ろ手でカラダを支えたり」
それは相当筋肉使うね。
「う〜ん…そうですね。ただIスではイクことよりも、その後のMットかBッドでイク為のアイドリングって考えてます」
なるほどね。
「で、わたし的には、その後せっかくソープ来てるんだから、Mットがお勧め。初めて来た方には、これがくぐりIスですよぉ〜。これが潜望鏡ですよぉ〜。これがタワシ洗いですよぉ〜って」
うんうん。そのお客さん、友達とかに自慢気に言うんだろうなぁ…。
「うふふ。ある程度のソープの基本は教えて差し上げれますね」
Iスになんで穴があるかも。
「うん。今わかるよ〜って。だから、わたしはソープに来たからには、ソープでしかできないことを体験して欲しいなって」
非日常だもんね。
「そう。それでいうと、わたしがメインになるのってやっぱり浴室で、Bッドではお客さんが好きなように攻めて楽しんだほうがいいんじゃないかなって、思う所もあるんですよね」
Bッドでの非日常はないのかな?
「どうでしょうね。照れとかなくて、思いっきり楽しめるし、求めることも言い辛いとか気にしなくていいことかな。奥さんとかには無理なこともここなら言ったほうがいい」
でも、潮吹きなんかも非日常かも。
「わたしは潮は吹かないの。潮吹きの為にガンガンされると麻痺しちゃうの」
イクのは?
「本イキしちゃうんです。クリでも挿○しての角度でも。騎○位のときは自分でイケる角度にしちゃう」
じゃあ、女性をイカしたことがない人なら、それも非日常で体感できるんだ。
「うふふ。そうですね」
ちなみにMットでもイク?
「Mットはイクことよりも、お客さんを楽しませることが大事なの」
お客さん側の楽しみ方は?
「一つは感覚の楽しみ方。滑るのに強弱も付けてるから皮膚から伝わるものを楽しんでほしい。あとは、仰向けになった時に、後ろ向きになってるから、見せるようにするんで、それを見て目で能で感じて欲しいんです。あと、Mットの上で寝てるままにマッサージをして差し上げるんです。それもMットの特権。やっぱりBッドってどこでもできることだから、ここに来たらMットかIスのどっちかを楽しんでほしいんです。もちろんL-ションが合わないとか、付いてることでイカなくなる方もいるから、無理には言えないんですけどね」
まぁ、できるだけできる人には、僕からもお勧めしたいです。
「ぜひ、生の麗子に会いに来てください。ちゃんと笑いますんで。うふふ」


※取材後記
とても感じのいい人でした。そして心配りも最高にできてます。甘えたら、とことん甘えさせてくれそう。女性経験がまだという方。経験はあるけど、女性に不慣れな方。救世主の愛美麗子さんに、ぜひ! [Pスケ]

PLAYGIRL読者限定キャンペーン!

★プレジデントクラブ×PLAYGIRL コラボキャンペーン(インタビュー割)

インタビューをご覧いただき、ぜひ『愛美麗子』さんと遊んでみたいと思った方!

【 オールタイム・前日指名、当日指名もOKで・・・なんと5,000円割引! 】

さ・ら・に! 過去にインタビューが掲載されいているコンパニオンも対象となります!

・対象コンパニオン…インタビューが掲載されいてるコンパニオン。
・期間…9月7日(月)~9月18日(金)
・時間…土日祭日、オールタイムOK。
・前日指名、当日指名OK。(本指名は除く)
・割引の併用は出来ません。

※割引ご利用の際には、必ず『PLAYGIRLのコラボキャンペーンを見た!』と言ってご予約してください。事前のご予約と合言葉がない場合には、ご利用できませんのでご注意ください。



愛美麗子(33才)
T158/B88(F)/W56/H83

プレジデントクラブ』 - 吉原
TEL:03-3876-1140

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ