川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

普通の体験取材があってもいいじゃない。みんなが期待してるんだから。
というわけで、今のソープランドの魅力を余すところなくお伝えするのが
このコーナー、【I LOVE N.Y.(にゅうよく)】なのだ。

店名・名前
未掲載店の為、店名名前は伏せてあります
年齢
サイズ
T B() W H

ユーザー名

「てて」記者

遊んだお店

・<格安店>未掲載店の為、店名名前は伏せてあります。 75分コース

遊んだ時期

・2017年8月

総評※記者の印象です

・お店の雰囲気
大変満足
・泡姫のビジュアル
大変満足
・プレイの満足度
大変満足

受付から女の子に会うまで

前々日の予約電話で、仕事終わりの時間が取れました。当日は警報が出るくらいの大雨でしたが、日暮里まで送迎車をお願いして無事お店に到着しました。 店に着くと入口の受付にて予約の確認と総額の支払いのあと、トイレを借用して待合室へ。
お茶を飲みながら待っていると程なく呼ばれました。

女の子の第一印象

階段の上で待っていたのは、ハーフっぽい綺麗なお顔の女の子です。
カワイイと美人を足して2で割らない(割ったらダメです)感じ。で伝わるでしょうか? それくらい綺麗な女の子です。

プレイ内容

「ご指名ありがとうございます。」

「こんにちは」

部屋に入り、簡単な挨拶の後、ホントにハーフっぽいので聞いてみると、生粋の日本人とのこと。出身は都会らしいのですが、一時期田舎に住んでいたことがあるらしく、当方の故郷と近くであることが判明。話が盛り上がります。
話しながらも、超美人のハーフの子と××することを妄想すると下半身がムクムクと反応し出します。

話しが盛り上がりますが、お互い服を脱がしながら気づいたら2人とも生まれたままの姿になっていました。
このお店は即○がないので、いつもならすぐにお風呂に行くのですが、彼女はチューをしてきます。もちろん受け入れない理由はありません。

「ん~っ」

「チュッチュッ」

フレンチなキスのあと、舌を入れると女の子も応戦してくれます。

「レロレロ」

「ん~レロレロ~」

しばらく抱き合いキスを続けます。スゴくイイ匂いがします。
ムネは大きいのですが、重力にしっかりと逆らっています。乳首がピンクでとてもキレイです。我慢ができずに乳首を口に含みオッパイを攻めます。

「レロレロ~ッ」

「あっ、あぁ〜…」

乳首を舐めながら、下に手を這わせると若干の湿り気が。

「んんっあんっ」

「気持ちイイです…」

徐々に濡れてきたアソコを攻めたくなって、顔を下半身の方にもっていこうとすると、

「だぁめぇ〜。お風呂入ってからぁ」

とたしなめられます。

「こんなになってるけど、ダメ?」

とお互いのアソコを指して聞きますが、

「キレイにしてから、しよっ!」

その仕草がなんとも言えないカワイさです。

お風呂でキレイにしてもらい、一緒に湯船に入ります。湯船では潜望鏡です。

「レロ、レロレロ」

「パクッ、ん~~~ッ」

「あっ、あぁ〜。はぁ…」

「気持ちイイ?」

「ウン。スゴク気持ちイイ…」

フ○ラがソフトでとても上手です。

イキそうになってきたので、Bッドへの移動お願いします。
女の子からの攻めも味わいたいと思い、女の子から攻めてもらうことに。当方のムスコはすでにビンビンです。女の子は優しく舌を伸ばし、

「レロ、レロレロ」

「パクッ、ん~~~ッ。レロレロレロ〜」

頭が真っ白になるような快感がムスコから伝わってきます。

「あッ、あ~~」

逝きそうなるのを必死で我慢します。我慢汁はダダ漏れです。
シ○クスナインの体勢からクリちゃんを重点的に舐めます。アソコは匂いもなく、しっかりと手入れがされているのでとても舐めやすいです。アソコを舐められ、あえぐ姿に興奮し、暴発しそうになったところで、

「はぁはぁ」

「入れていイイ?」

「ウン」

家族計画を着用し、正○位でインします。

「ンッ… あぁン…」

喘ぐ声も顔もカワイイです。
どこから見てもハーフっぽい顔立ちと、喘ぐ声で、スゴく興奮します。目と耳と、ムスコから伝わる感触が合わさって、スグに限界が来ます。

「ゴメン、逝きそう… 逝ってイイ?…」

「ウン、いいよ」

「あッ、ウッ、あぁ…」

逝ってしまいました。放心状態でボーっとしていると、家族計画を優しく外してティッシュで拭いてくれます。

しばらくおしゃべりTimeです。彼女はなんと音大出身とのこと。芸術系が得意な人は、Hにも積極的だと聞いたことがあります。
なるほどなーと、一人で勝手に納得してしまってました。とても家族思いで、優しい女の子な感じが、話しの内容から伝わってきます。
そうこうしてるうちに、ムスコも回復してきたので、2回戦スタートです。

「また舐めてもらってもイイ?」

女の子のフ○ラからです。

「レロ、レロレロ」

「パクッ、ん~~~ッ。レロレロレロ〜」

すでに1回逝ってるので、じっくりフ○ラを味わいます。ソフトな感じがとっても気持ちイイフ○ラです。聞くと、昔付き合ってた彼氏に鍛えられたそうです。
時間もなくなってきたので、挿○をお願いします。
2回目はバ○クです。

「ンッ… あぁン…」

奥深く入る感じが気持ちよさを増幅させます。
聞くと、女の子もバ○クが一番好きとのこと。奥深くまでゆっくりと出し入れします。
自分のムスコが、出たり入ったりしているのを見ながら、女の子の喘ぐ声を聞いていると、暴発寸前にまで高まります。

「あぁぁンッ、気持ちイイ」

「ダメぇっ、逝くゥゥ…」

「あッ、俺もダメ。ウッ、あぁ…」

最後は猛スピードのピストンで、お互いに絶頂に達しました。
お互いに息を切らし、後処理をします。
プルルルルと1回目のコールがなったところで、お風呂に向かいます。シャワーで軽く流し、着替えます。

「また来てくださいね」

最後は軽くキスし、階段の下まで見送ってくれます。とても優しく、心遣いがステキな女の子でした。

未掲載店の為、ポイントのみとなります。

情報量ポイント20p
合計20ポイント

ページの先頭へ